なのは世界年表

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

12月2日 なのは、リンカーコアの蒐集を続けるヴィータの襲撃を受け、戦闘に。
     なのはが初めて体験する、カートリッジシステムを使用して魔力を瞬間的に強化する「ベルカ式」魔法の一撃に
     なのはは負傷。レイジングハートも破損するが、そこに救出に現れたのはフェイトとユーノだった(A'sDVD/第1話)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     戦闘。
     フェイトとヴィータの戦いにアルフ、シグナム、ザフィーラが加わる。劣勢な戦いになのはは傷ついた体を押して
     結界破壊のスターライトブレイカーを放とうとするも、シャマルの手によってリンカーコアを奪われてしまう。
     そしてクロノは映像によって「闇の書」の存在を確認する。(A'sDVD/第2話)
     なのはとフェイト、ギル・グレアム提督と出会う。
     フェイトの保護観察官にあたるグレアムは「自分を信頼してくれている人を裏切らないこと」条件に、
     フェイトの行動を制限しないことを約束した。(A'sDVD/第3話)
     リンディ、クロノたちアースラのスタッフが、「闇の書」の捜索、魔導師の襲撃事件の担当になる。
     アースラは修復中のため、臨時作戦本部をなのは宅の近所に決定。アリサとすずかも引っ越し先を訪れ、
     フェイトと初対面。一方、ヴォルケンリッターとの対戦で破損したレイジングハートとバルディッシュは、
     自らの強化「ベルカ式カートリッジシステムの搭載」を願い出る。(A'sDVD/第3話)
     ある日の出来事。はやて・守護騎士一同と、なのは・フェイトらが、偶然同じスーパー銭湯へ。
     すずかとはやて、アリサとヴィータなど、偶然の出会いはあったものの、なのは・フェイトと
     ヴォルケンリッターの遭遇はなし。(A'sサウンドステージ01/第3.5話)
     フェイト、聖祥大付属小学校へ編入。なのはと同じクラスに。(A'sDVD/第4話)
     レイジングハートとバルディッシュの修理が完了。
     転入1週間後のフェイト。徐々に学校に馴染み、友人たちとの日々を過ごす。(A'sTHE COMICS/ReporIV)
     クロノはユーノに無限書庫での「闇の書」についての調査を頼む。
     クロノは自分の師匠であるリーゼ姉妹を訪ね、ユーノの調査への協力を依頼する。(A'sDVD/第6話)
     はやての夢の中で管制人格と出会う。
     闇の書の歴史と守護騎士たちの過去を知って悲しむが、目覚めた時にはその記憶を一時的に無くしていた。
     (A'sサウンドステージ02/第6.5話)
     再び現れた仮面の戦士
     管理局に捕捉されたシグナム・ヴィータ・ザフィーラ。仮面の戦士は、なのはの攻撃からヴィータを救い、
     その数分後に別の場所でシグナムと戦闘を繰り広げていたフェイトの背後からリンカーコアを掴みだした。
     (A'sDVD/第7話)
     捜査司令部がアースラに戻される。
     「闇の書」対策の最後の切り札となる反応砲「アルカンシェル」を搭載したアースラ。
     フェイトのリンカーコアが奪われたことや、駐屯所の管制システムがハッキングされたこともあり、
     司令部はアースラへと復帰。(A'sDVD/第8話)
     ユーノは「闇の書」の本来の名前が「夜天の書」ということと、本来の目的と、その改変の変遷を報告する。
     無限書庫での調査を続けるユーノ。引き続き「闇の書」の停止や封印方法について調べを続ける。(A'sDVD/第8話)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
12月13日 はやてのお見舞いに行ったなのはとフェイト。「闇の書」の主・はやてとの初めての出会い。
     守護騎士たちじゃ見舞いの際を避けることで出会わないようにつとめる。
     そして「闇の書」がはやてを侵食する速度が上がってきていることも判明する。(A'sDVD/第8話)
12月22日 「闇の書」の収集が残り60ページまで進む。
     守護騎士たちは入院を続けるはやての元に戻らず、ひたすらに収集を続けていた。(A'sDVD/第9話)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
12月24日 蒐集から戻った守護騎士たちと、はやての見舞いに訪れたなのはとフェイトが病院で鉢合せをする。
     シグナムたちからはやてが闇の書の主であることを聞かされ、ユーノのレポートで「闇の書」の過去を知っていた
     なのは達とフェイトは真実を伝えようとするが、騎士達はそれを聞き入れず、戦いとなる。戦いに最中、乱入した
     仮面の戦士によって守護騎士たちのリンカーコアが強奪。それによって完成した「闇の書」と守護騎士達が消滅
     させられたことに衝撃を受けたはやてによって封印が解かれ、「闇の書の意志」が目覚めてしまう。(A'sDVD/第9話)
     事件の背後にはグレアムの姿が。
     2人の仮面の戦士はクロノによって、リーゼ姉妹であることが判明。仮面の戦士の動きは「闇の書」の完全なる封印を
     狙ったグレアムによるものだった。(A'sDVD/第10話)
     「闇の書」内部に吸収されるフェイト
     激しい攻防を繰り広げる「闇の書の意志」となのは・フェイト。懸命に事態収束にあたるが、フェイトは
    「闇の書」内部に吸収される。フェイトは「闇の書」の中で自分の過去と記憶に向き合い、同時にはやても
    「闇の書の意志」と対話する。フェイトは過去の記憶に別れを告げ、はやても「闇の書」の防御プログラムを切り離し、
     管理者権限を得る。(A'sDVD/第11話)
    「闇の書」の防衛プログラム「闇の書の闇」を破壊、「闇の書」事件は解決する。
    「闇の書の意志」に「祝福の風・リインフォース」の名を贈ったはやて。守護騎士プログラムも復旧し、騎士達は再生する。
     そして、暴走を始めた「闇の書の闇」のコアを宇宙空間の軌道上へ転送、アルカンシェルにより、完全消滅させる。
     (A'sDVD/第12話)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     リインフォースとの別れ。
     はやてへの侵食は止まったものの、再び狂った防衛プログラムを生成してしまう、というリインフォースは
     自ら消滅することを選び、騎士たちの見守る中、愛する主であるはやての前で「世界で一番幸福な魔導書」
     としてその長い生涯を閉じる。(A'sDVD/第13話)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     事件その後
     グレアムは希望辞職の形となり、故郷へ帰ることに。フェイトは「執務官になりたい」という夢を語り、
     なのはも魔法と向き合い、管理局の仕事を継続するつもりであることを語る。ユーノは無限書庫の司書へ。
     はやても嘱託魔導師として、守護騎士たちも管理局任務への従事という形で保護観察を受けることに。(A'sDVD/第13話)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1月4日 任務を終え、平和な時間を過ごすなのはとフェイト。はやてはそんな2人にリインフォースへの思いを馳せる。
    (A'sTHE COMICS/ReportIV)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     なのは・フェイト・はやて、時空管理局に仮配属。
     資格取得、試験や研修などで忙しい日々を過ごす。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4月   4年生になったなのは・フェイト・はやて・アリサ・すずか、5人で一緒のクラスに。
    足も徐々に良くなり復学を果たすはやて。そして土曜日、リンディ運営のお花見が開催される。その席でフェイトは、
    リンディからの養子縁組の申し出の答を出す。はやてはリインフォースの名を継ぐ自身のデバイス作成プランを考え、
    融合型デバイスの作成を決める。(A'sサウンドステージ03/第14話)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5月  なのは、フェイト、はやては時空管理局に正式に入局。
   なのはは武装隊の士官候補生、フェイトは執務官候補生としてアースラに勤務。はやては特別捜査官候補生に。
   シグナムたちはは武装隊の特別捜査官補佐になっていた。(A'sTHE COMICS/TheEpilogue of ACES)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
6月~12月 はやて、特別捜査官として正式採用。
     ロストロギア関連の事件解決に才覚を発揮。なのはとフェイトもそれぞれの部署で士官として正式採用され、
     キャリアを重ねる。リンディは艦長職を退き、本局勤務へ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2年後、新春 はやての手によって、リンカーコアを分け与えるという形でリインフォースIIが誕生。
      八神家の末っ子として日々を過ごし始める。同時期、聖王教会の関連任務で招かれた先で、はやては
      カリム・ヴェロッサの義姉弟と知り合い、古代ベルカ式継承者同士として友人に。以降、互いに気安い仲となる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2年後、冬 教導隊入りを目指して日々を過ごしていたなのは、武装隊の演習でヴィータや隊員たちとともに異世界に。
     その際、「事故」が発生。なのは、負傷する。(StrikerS THE COMICS/Episode2「A's to StrikerS」Phase2)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2年後冬-3年後、夏 フェイト、半年に一度の執務官試験に2連続で落第。
       (StrikerS THE COMICS/Episode3「A's to StrikerS」Phase3)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3年後、夏 なのは現場復帰。リハビリ生活を続けながら、再び夢を目指し始める。
     秋口には実質上の完全復帰、魔導師ランク「S」を取得。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3年後、冬 フェイト、執務官試験合格。(SoundStageM TheStrikerS)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4年後、春 なのは念願だった教導隊入りを果たす。(SoundStageM TheStrikerS)
     フェイト、魔導師ランクS取得。同時期に携わった事件で、研究施設から1人の少年「エリオ・モンディアル(当時4歳)」
     を保護。数か月の仮保護期間を置いた後、正式に保護責任者となる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4年後、秋 はやて、上級キャリア試験受験、合格。指揮官としての道を進み始める。
     リインフォースII、局員採用試験合格。それを受けて、はやてはそれまで彼女と共用で使用していた魔導書型ストレージ
    「蒼天の書」を正式にリイン専用とし、自身用のストレージを作成。その名を、かつて自身の運命を開いた魔導書と
    同じである「夜天の書」とし、「夜天の主」の名とともにその使用を開始する。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
6年後=新暦71年、春 なのは・フェイト・はやて、私立聖祥大付属中学校の3年生に。
          「ちょっとした同好会的任務」へ向かう。(A'sDVD/第13話)
  その任務で出会ったロストロギア「レリック」が、後の一同の運命を大きく変えることになることを、一同はまだ知らなかった。
   (StrikerS THE COMICS/Episode1~2「A's to StrikerS」Phase1~2)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
その後2週間後 休暇を利用して、はやての研修・演習先であるミッドチルダ北部へと遊びに行ったなのは・フェイト。
      同日、ミッドチルダで暮らす少女、スバル・ナカジマとギンガ・ナカジマは、父・ゲンヤ・ナカジマが部隊長を務める
      部隊に遊びに来る予定だったが、突然の空港火災が発生。スバルとギンガの2人はそれに巻き込まれる。
      臨時協力の魔導師として、現場の救助に向かったなのはとフェイト。スバルはそこでなのはに救出され、
      以降、自らの道を進み始める。(StrikerS/第1話)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
新暦71年 はやての「自分の部隊を持ちたい」という夢が、カリムの協力によって早い時期での実現の可能性を帯びてくる。
     管理局地上本部が持て余すロストロギア「レリック」の保守管理・対策部隊としての構想で部隊の準備が進み始め、
     はやてに協力するフェイトは部隊の人材探しに取りかかる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
新暦72年2月 フェイト、ある事情から竜召喚師の少女キャロと出会い、行き場のなかった彼女を保護。
      保護責任者としてキャロの立場を確保する。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
新暦72年5月 フェイトの希望指名によって、本局勤務の通信士兼デバイスマイスター、シャリオ・ルフィーニが
      執務官補佐となり、フェイトと行動を共にしはじめる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
新暦72年6月~ スバル・ナカジマ12歳。ミッドチルダの管理局陸士訓練校に入行。当時13歳のティアナ・ランスターと出会い、
       「自作デバイス持ち同士」ということから、ルームメイト兼コンビに。
       以降、魔導師としての道を進み始める。未熟なスバルに最初は苛立ってばかりのティアナだったが、
       スバルが秘めた思いやその前向きさに少しづつ共感を覚えてゆく。なお、ティアナはこの時期スバルの紹介で
       ギンガに出会っている。(StrikerS THE COMICS/Episode4~5「Starting Stars」Phase1~2)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
新暦73年5月 スバル・ティアナ、訓練校卒業。陸士386部隊・災害担当突入隊へと配属される。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
新暦75年3月 機動六課、4月からの正式稼働を前に準備が進んでゆく。隊舎セッティング開始。
      エリオ・モンディアル、管理局員としての研修課程を修了。管理局員となり、機動6課への配属が決定。
      キャロ・ル・ルシエ、辺境自然保護隊から機動六課への配属が決定。アルトやヴァイスら、
      一同が機動六課へと集結してゆく。(StrikerS THE COMICS/Episode7「Started Riot 6」)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
新暦75年4月 スバル・ティアナ、魔導師ランク試験「陸戦Bランク」を受験。
      そして、なのはとスバルは再開する…。(StrikerS/第1話)

ツールボックス

下から選んでください:

リンク元をみる 新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。