@ウィキモバイル @wiki検索

フラッシュゲームとか好きだから! Wiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

剣と太陽のツインテール


剣と太陽のツインテールγ

サイトURL
http://mogera.jp/gameplay?gid=gm0000002102
ゲーム紹介サイトURL
http://sc2gg.net/
制作者Twitter
https://twitter.com/sc2gg_wagomu
概要
ハック&スラッシュ型簡易RPG。移動や戦闘が簡略化されたスピーディーな進行が特徴。
主人公にもレベルなど成長の要素はなく、ランダムに手に入る装備品によってのみ強化を行う。





ゲームの流れ

操作はほぼクリックのみ。
アイテム欄はマウスホイールを使うか、右端の黒いタブをドラッグすることで上下に動かせる。
ゲームデータはオートセーブ制。いつでもゲームをやめた時点から再開できる。

まずは準備画面から始まる。
最初に用意されているアイテムを装備した後「ダンジョンへ潜る」を選び、行き先と目標階層を指定すると探索開始。
ダンジョン内での操作は全自動。各階には1体ずつ敵が現れ戦闘になるが、これも自動で処理される。
敵を倒すごとに確率でアイテムが1個手に入る。戦闘で負けるか目標階層に着くと探索は終わり、準備画面に戻る。

手に入れたアイテムはそのまま装備するほか、「合成 / 売却」で売ってルクス(得点)に替えたり、
合成してより強力なアイテムに強化した上で装備することもできる。
以上を繰り返して主人公の装備を整え、ラストダンジョンを踏破するのがゲームの目的となる。


Tips

制限時間
戦闘
アイテム
便利機能


能力値

作中で「敏捷」と「俊敏」、「火」と「炎」と表記揺れがあるが、それぞれ同一のものである。

基本パラメータ
攻撃力に関係
体力 最大HP・防御力に関係
敏捷 回避率・攻撃速度に関係
器用さ 命中率・クリティカル率・敵の先制攻撃率に関係
敵がアイテムをドロップする率に関係
攻撃速度 戦闘中の攻撃頻度に関係。100(%)が基準

戦闘ステータス
最大HP 初期値10 + 体力x10 + オプション
攻撃力 力 + 装備品の攻撃力 + オプション
防御力 体力 + 装備品の防御力 + オプション
回避率 {(俊敏+A)÷10} + 装備品の回避率 + オプション
命中率 {(器用さ+A)÷10} + 装備品の命中率 + オプション
クリティカル率 器用さ÷50 + 装備品のクリティカル率 + オプション
攻撃速度 {武器の攻撃速度 + (俊敏÷10)} x {オプション + 100}(%)

属性関連・特殊効果オプション
火属性追加ダメージX
水属性追加ダメージX
雷属性追加ダメージX
敵に攻撃する際、Xの値だけダメージが追加される
火追加ダメージは雷属性の敵に、水追加ダメージは火属性の敵に、
雷追加ダメージは水属性の敵に対して特に有効
火攻撃減衰率X
水攻撃減衰率X
雷攻撃減衰率X
特定の属性を持つ敵からの攻撃を受けた際、X%だけダメージが軽減される
火攻撃減衰率は炎属性の敵の攻撃を軽減する。水と雷も同様
上限値は100
物理攻撃減衰率+X% 属性を持たない敵からの攻撃を受けた際、X%だけダメージが軽減される
追加固定ダメージ+X すべての敵に対し、Xの値だけダメージが追加される
与ダメのX%HPを回復 敵を攻撃する度に、与えたダメージのX%だけ主人公のHPが回復する
表示上、主人公のHPが満タンの場合は発動しない
フロア攻略時X%HPを回復 次の階へ行く度に、自動的に主人公のHPが最大値のX%だけ回復する
レアドロップ率+X 敵の出すアイテムがレアやSレアになる確率が増す
正確な計算式は不明。100に達するとアイテムが全てSレアになる
攻撃ブロック率+X% 敵からの攻撃をX%の確率で無効化する
カウンター発動率+X% 敵から攻撃を受けた際、X%の確率で
受けたダメージの1.5〜2倍程度のダメージを与え返す


合成システム

合成は2〜20個のアイテム(素材)を消費して行う。
合成すると素材に用いた中からランダムに1つのアイテムが選ばれ、これをベースとした特定のアイテムに変化する。
変化後のアイテムは基本的に、ベースよりも一回り高性能なものになっている。これを利用してアイテムを育てていく。

合成にはさらにいくつかの法則が存在する。
これを利用することで狙ったアイテムや、より多くの・強いオプションを持ったアイテムが作りやすくなる。

オプションの数値上限

継承で累積できるオプションの値には上限がある。
オプションの上限値に近付くほど、合成時に合算される値が少なくなる。
HP 100 各属性追加ダメージ 50
力・体力 50 各属性減衰率 30%
敏捷・器用さ・運 80 追加固定ダメージ 15
攻撃力 100 物理攻撃減衰率 10%
防御力 50 フロア攻略時X%HPを回復 20%
命中率 10% 与ダメのX%HPを回復 20%
回避率 5% レアドロップ率 20%
クリティカル率 10% 攻撃ブロック率 10%
攻撃速度 60% カウンター発動率 15%


ユニークオプション

一部の高レベルアイテムには、そのアイテム独自のオプションが固定で備わっている(ユニークオプション)。
このオプションは一般のオプションとは別のため併存可能。この場合は最高5個までオプションが付くことになる。
+  一覧

特殊合成

特殊合成の組み合わせは、公式情報によるとVer0.5時点で全120パターン。
特殊合成でのみ手に入るアイテムは全84種類。


+  剣・全属性剣 現在9種類・11パターンを確認
+  大剣・斧・槌・槍 現在4種類・9パターンを確認
+  各種ネタ武器 現在4種類・5パターンを確認

+  左手・頭 現在10種類・12パターンを確認
+  胴 現在7種類・15パターンを確認
+  足・ベルト・肩 現在12種類・12パターンを確認
+  腕・手・靴 現在14種類・15パターンを確認
+  首 現在8種類・16パターンを確認
+  指輪 現在11種類・22パターンを確認
+  カード 現在5種類・6パターンを確認


通称・変身

主人公の能力値に応じて通称が変化する(他にも影響を与える要素があるかは不明)。
+  通称一覧

また能力値や装備、通称によって、主人公の姿が変化する。
+  変身条件


武器

武器は剣・大剣・属性剣・全属性剣・斧・槌・棍・槍・各種ネタ武器に大別される。
(カテゴリ名は本ページ独自のもの。合成時にはすべて、装備部位が同じ「武器」として扱われる)
攻撃力のカッコ内の値は、その武器の力ボーナスも加味した値。

櫂木刀以外はすべて片手持ち。
レベルの低いものは攻撃速度に、高いものは能力値ボーナスに優れる。
+  現在24種類を確認

大剣

すべて両手持ち。カタナ以外は若干攻撃速度が遅い。
種類は少ないがその分限界まで鍛えやすい。
+  現在7種類を確認

属性剣

片手持ち。各種の属性を持った剣とその材料。
活火山など序盤の属性付きダンジョンの攻略に役立つ。素の攻撃力は普通の剣より低い。
なお村雨は敵を倒して手に入るものと、アイスソードからの合成で作れるものの2種類が存在し、それぞれ別物として扱われる。
(それぞれ説明文が異なる。性能は全く同じ)
+  現在13種類を確認

全属性剣

光の大剣以外は片手持ち。3属性すべてを併せ持った剣とその材料。
バランスがよく大抵のダンジョンで通用するが、突出した属性がない分特定のダンジョンを攻略する用途には不向き。
十分鍛えないと実用的な強さにならない・全属性耐性を持つ敵には無力といった難点もある。
+  現在12種類を確認

片手持ちと両手持ちが入り混じっている。
体力ボーナスが高く、両手持ちの欠点をある程度補える。高レベルのものは雷属性追加ダメージが追加。
+  現在9種類を確認

モーニングスター以外はすべて両手持ち。
攻撃速度と命中率でかなり劣る反面、攻撃力とクリティカル率はダントツという極端な武器。
+  現在13種類を確認

金砕棒以外はすべて片手持ち。如意棒は命中率がやや高い。
モーニングスターは槌系統、金砕棒は丸太系統にも存在するが、これらとは別物として扱われる。
(それぞれ説明文が異なる。性能は全く同じ)
+  現在8種類を確認

すべて片手持ち。
レベルが上がると全属性の追加ダメージを得る。全属性剣よりは強いが攻撃速度が若干遅い。
+  現在12種類を確認

キッチン用品

以下はネタ武器(ネタでない武器もあるが)。
すべて片手持ち。鍛えるほど攻撃速度とクリティカル率が上昇する。
+  現在5種類を確認

クッキークリッカー

主系統である各種クッキーは両手持ち、伸ばし棒は片手持ち。
クッキーは運が急変動する。鍛え続けるとLv3からLv1へ戻るのも特徴。
+  現在5種類を確認

彼岸島

すべて両手持ち。
槌に引けを取らない威力がある上、命中率や攻撃速度が普通で扱いやすい。
+  現在6種類を確認

キルラキル

すべて片手持ち。
鍛えるほど命中率とクリティカル率が大きく伸びる。攻撃力も実用レベル。
+  現在5種類を確認

初音ミク

両手持ち。能力値には3と9ばかりが並ぶ。
レベルも39である点に注意。同種5個合成に混ぜると無条件にネギ★ができてしまう。
+  現在2種類を確認

半沢直樹

両手持ち。能力値には4と2ばかりが並ぶ。
鍛えると攻撃速度と命中率、クリティカル率が激増する。
+  現在2種類を確認

シュタインズゲート

片手持ち。
そのままでは平凡だが、特殊合成により追加固定ダメージに特化した武器と化す。
+  現在4種類を確認

SIREN

片手持ち。これといった特徴はない。
種類は多いがレベルアップが遅く鍛えにくい上、性能もあまり伸びない。
+  現在6種類を確認

銀魂

片手持ち。ジャスタウェイは攻撃力は法外だが攻撃速度があまりにも低い。
パトリオットは逆に、攻撃力は普通だが攻撃速度が凄まじく高い。
+  現在4種類を確認

おこなの?

片手持ち。3属性を併せ持つ。★が付いた状態から更に強化できる唯一の武器。
鍛えると炎属性重視から水属性重視に変化するが、更に一周回って炎属性に戻る。いずれも素の攻撃力は低い。
+  現在4種類を確認


防具

防具は装備部位ごとに、左手・頭・胴・足・ベルト・肩・腕・手・靴・首・指輪に大別される。
またレベルに沿って、レザー → アイアン → はがね → カーボン → 黄金 という強化系統が見られる(一部除く)が、
中にはこの系統から外れて全く別のアイテムに変化するものもある。
防御力のカッコ内の値は、その防具の体力ボーナスも加味した値。

左手

今のところ全て盾。
多くの盾が高い属性減衰率を持つ。両手持ちの武器とは同時に装備できない。
+  現在22種類を確認

兜と頭飾りに大別される。後者は回避率重視。
+  現在31種類を確認

鎧と服に大別される。
鎧は防御力が高く力と体力に高ボーナス、服は耐性重視。
+  現在23種類を確認

胴防具とセットになっているものが多いが、性能は若干劣る。
+  現在21種類を確認

ベルト

力と体力に高いボーナスを持つものが多い。
+  現在18種類を確認

肩当てとマントに大別される。
いずれも器用さにボーナスが付く。マントは回避率や耐性重視。
+  現在20種類を確認

肩防具より値は劣るが、器用さにボーナスを与えるものが多い。
+  現在18種類を確認

これも器用さを若干底上げするものが多い。
+  現在30種類を確認

ほとんどのものが敏捷に大きなボーナスを与える。
+  現在23種類を確認

防御力よりも装備特典が重視されたものが多い。
+  現在35種類を確認

指輪

属性攻撃減衰率を大きく強化するものが多い。
命中率や攻撃速度が上がるものがある唯一の防具でもある。
+  現在32種類を確認

カード

γ版より実装された新アイテム。装備すると特定の能力値が上昇する。
一度ダンジョンから戻ると、装備していたカードは自動的に消滅する。いわば使い捨てのドーピングアイテム。
+  現在35種類を確認


ダンジョン



禁断の森
ダンジョンLv1 全5階層 ボスHP:約120 クリアボーナス:(1000xクリア回数)ルクス
初期装備でもまず最後まで踏破できるはず。敵は3属性全ての攻撃に対しある程度弱い。

活火山
ダンジョンLv2 全6階層 ボスHP:約350 クリアボーナス:(1500xクリア回数)ルクス
敵は全て炎属性。能力値は攻撃力に偏っている。

無限湿地帯
ダンジョンLv2 全6階層 ボスHP:約500 クリアボーナス:(1500xクリア回数)ルクス
敵は全て水属性。能力値はHPと防御力に偏っている。

雷平原
ダンジョンLv2 全6階層 ボスHP:約350 クリアボーナス:(1500xクリア回数)ルクス
敵は全て雷属性。HPがやや低く、回避率が少しだけ高い。
ボス敵は攻撃力が低い代わりに連続攻撃を使用(攻撃速度200ではなく、一手で二回攻撃してくる)。

次元のはざま
ダンジョンLv3 全8階層 ボスHP:約600 クリアボーナス:(2000xクリア回数)ルクス
様々な属性の敵が入り混じって登場する。ボス敵は恐らく攻撃力重視、3属性全てに弱い。

カムチャッカ地獄
ダンジョンLv4 全8階層 ボスHP:約750 クリアボーナス:(3000xクリア回数)ルクス
敵は全て炎属性。能力値は攻撃力(特に火属性追加ダメージ)に偏っている。

海底大神殿
ダンジョンLv4 全8階層 ボスHP:約1500? クリアボーナス:(3000xクリア回数)ルクス
敵は全て水属性。能力値はHPと防御力に偏っている。

ビルスキルニル
ダンジョンLv4 全8階層 ボスHP:約750 クリアボーナス:(3000xクリア回数)ルクス
敵は全て雷属性。HPがやや低く、回避率が少しだけ高い。
ボス敵は雷平原のものと違い連続攻撃は使わず、攻撃力や防御力の高いバランス型になっている。
攻撃は雷属性追加ダメージよりも素の攻撃力重視。

バベルの塔
ダンジョンLv5 全10階層 ボスHP:約1400? クリアボーナス:不明
ラストダンジョン。
敵は3属性全ての追加ダメージを伴った攻撃を行う(公式情報)。弱点は特になし。
光・闇・虹のLv1首防具の出現率が比較的高い。ボスは高確率でライジングサンを落とす。
なお一定の条件を満たしてボスを倒すと、倒した際にちょっとしたイベントが発生する(条件は未確認)。

アケロン
ダンジョンLv6 全10階層 ボスHP:約7000? クリアボーナス:(200000xクリア回数)ルクス
隠しダンジョン1。8階層までは禁断の森からビルスキルニルまでのボス敵が再登場。
ただし1階層の敵以外はHPが1000を超えており、攻撃力や防御力も大幅に強化されている。
9階層と10階層の敵はこのダンジョン独自のもの。どちらも驚異的な攻撃力を誇る。
(9階層の敵は素の攻撃力重視、10階層の敵は属性追加ダメージ重視と思われる)
アイテムはレベルの武器や防具が拾える。ボスはバベルの塔と同様ライジングサンを落とす。
クリアボーナスも破格。七日間モードではハイスコア狙いにおける最大の稼ぎ場となる。
ちなみに同一プレイ中に2回以上ボスを倒すと、倒した際にちょっとしたイベントが発生する。
(3回目は2回目と違ったイベントが起きる。4回目以降は3回目と同じ)

クリスタルの大樹
ダンジョンLv6 全5階層 ボスHP:約200 クリアボーナス:(10000xクリア回数)ルクス
隠しダンジョン2。現れる敵はどれも異様に防御力が高く、生半可な武器では傷一つ付けられない。
命中率や回避率もずば抜けており、こちらがミスを連発している間に確実に削ってくる戦法も特徴。
アケロンとは違った理由で攻略は至難の業だが、踏破すれば最強のクォーツ系武具が必ず1つ手に入る。
道中の敵もたまにクォーツ系武具を出すことがある。

忘却要塞ラピュタ
ダンジョンLv7 全5階層
隠しダンジョン3。アケロンの比ですらない強敵が続出する。
敵はいずれも、手番が回るたびに激しい連続攻撃を繰り出してくる(一発ごとの攻撃力は低め)。
特にボスは「一定回数攻撃すると追加固定ダメージ増加」を容易に達成してくるため、少し長引いただけで目に見えて被ダメージ量が増す。攻撃ブロックも突破されやすい。
アイテムは光の破片を始めとした光系の装備が多数。虹系の装備や最強レベルのカードなども出る。

地殻古都バビロン
ダンジョンLv7 全5階層
隠しダンジョン4。やはり敵が極めて強い。
ラピュタと違い敵は特殊な攻撃は行わないが、その分一発ごとの攻撃力が大変高くなっている。
アイテムは黒曜石の欠片を始めとした闇系の装備が多数。虹系の装備や最強レベルのカードなども出る。

-時の最果て-
ダンジョンLv8 全1階層
最後の隠しダンジョン。雑魚敵は登場せず、最強のボスとの対決のみが待っている。
その強さは公式で持ち越し可能数6個を推奨してくる(=負ける前提で戦うことを勧めてくる)ほど。
倒しても特にアイテムは残さない。一度クリアするとそのプレイでは二度と挑戦できなくなる。
クリアした際に意味深なアナウンスが発生するが、プレイ上何らかの変化が起きるかどうかは不明。


出現アイテム

+  一覧


時間無制限モード

通常の「七日間モード」でアケロンを踏破しつつゲームクリアすると、時間無制限モードでゲームを始められるようになる。
このモードは以下のような特徴がある。また時間無制限モード限定の高難易度ダンジョンも登場する。






攻略

初回攻略

まずは装備の充実。禁断の森を何回か回ってアイテムを集め、合成で強化していく。
特に武器を真っ先に鍛えたい。丸太やカッターはLv2でスタートが早く(同種5個合成がやりやすい)、高レベルまでのステップも短いのでおすすめ。
当面を楽にするだけならヒートカッターなどの属性武器を鍛え、次の属性付きダンジョンに備えるのも手。カタナもLv4で雷属性を持った雷電になる。
防具は慌てて鍛える必要はない。適当に合成してみてもいいし、後々の合成材料としてキープでもいい。
素材が揃ったら強化レザーシリーズを作ってみるのも一案。

次のダンジョンは活火山・無限湿地帯・雷平原。それぞれ難易度は同じ(敵のタイプは違うが)なのでどこから攻めてもよい。
禁断の森でいくつか属性武器や防具が手に入っているはずなので、それが効果を発揮するダンジョンから手を付けてみよう。
それぞれのダンジョンでは火龍や吹雪といった属性付きの高レベル武器が出るので、これを使えば他のダンジョンの攻略も容易になる。
防具も豊富に手に入る。はがね系には鍛えると突然化けるものがいくつかあるので狙ってみるのもよい。
属性なしの武器はあまり出ないので、ここまで使ってきたものをさらに鍛えるか、属性武器の中で気に入ったものに切り替えるかになる。
合成素材が足りない時は禁断の森で稼ぐのも手。属性武器が揃ったら光の剣や光の大剣を作ると長く使える。

3ダンジョンが余裕でクリアできる戦力があれば、次元のはざまも問題なくクリアできるはず。
カムチャッカ地獄・海底大神殿・ビルスキルニルは、それぞれ活火山・無限湿地帯・雷平原の強化版といったところ。同じく属性武器とそれなりの防具があれば踏破できる。
アイテムは武器防具共に、即戦力になる代わりに合成での伸びしろが小さい(★が付いて終わり)ものがほとんどになる。素の性能よりもオプションを重視して最終装備を吟味したい。

アケロン攻略

とにかく敵の攻撃力が高いので、これへの対処が最大の課題となる。
大きく分けると「与ダメの+X%HPを回復」で回復しながら戦うか、回避率重視でひたすら避けるかの二択になるだろう。
前者は一発の威力=回復量がまず重要。ヘラクレスの棍棒★など攻撃力とクリティカル率の高い武器がほしい。
後者は目標回避率100%。これで9階と10階の敵はほぼ完封できるが、8階までの敵はクリティカルヒットという必中攻撃を度々出すため万全ではない。
どちらの場合も攻撃速度と防御力、各属性の減衰率は必須となる。特に属性を持つ敵の中で最も強い8階の敵に備え、雷攻撃減衰率は重視したいところ。
回復重視の場合も回避率が20〜30%くらいあるとより勝率が上がる。

特に回避率が高い防具は以下の通り。
+  一覧

クリスタルの大樹攻略

高い防御力を貫くにはこちらも攻撃力を充分に高める・追加固定ダメージを利用するなどの手が考えられる。
クリア回数が増えるとさらに防御力が上がるので、それにも対応できる後者の方がより効果的。
追加固定ダメージだけに頼るなら計15〜20ダメージはほしい。高攻撃力も両立できるならもう少し少なくて済む。
できれば高回避率にも対策をしたい。もっとも明鏡止水など、命中率の高い武器を使ってもさほどミスは防げない。
必中攻撃であるクリティカル率で代用した方が手堅い。バイガエシー★ならこの武器だけで84%もの率を確保し、ミスを大幅に減らすことができる。
ver0.3ではカウンター攻撃を利用する手段もある。これは敵から受けたダメージに依存するため自分の攻撃力も敵の防御力も関係なく、ここの敵のHPは基本的に低いので、複数アイテムでカウンター率を上げておけば有効なダメージを与えやすくなる(とはいえあまりに周回数が多くなると敵の攻撃力が上がりすぎるため、カウンター狙いで攻撃を受けること自体が危険になってくる)。
敵の命中率やクリティカル率は非常に高いので、回避重視の構成は効果が薄い。HPと防御力を十分に上げておこう。


実績

実績の一覧。
負荷対策のため、以下のページに掲載しました。
剣と太陽のツインテール:コメント


小ネタ



不具合情報など

基礎パラメータにおいて「敏捷」とされている項目が、装備品データにおいては「俊敏」とされており、表記が食い違っている。


コメント

負荷対策のため別ページに分割しました。
コメントは以下のページからお願いします。
剣と太陽のツインテール:コメント

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: 不具合 ダンジョン 太陽

美容室予約ならヘアサロン@pedia
リラクゼーション情報サイト
中古車情報なら自動車@pedia
グルメクーポン情報サイト
PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]