舞-乙HiME 0~S.ifr~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニーナ(猫)

シフル一巻で出てきた猫。某少女に似ている・・・。


レナ・セイヤーズ

ガルデローベの歴代記録をすべて塗り替えた才媛であり、歴代のマイスター乙HiME(オトメ)の中でも伝説的な人物になる人。
所有GEM・通称「 孤高の紅翡翠 」→「 蒼天の青玉 」。

自分の持っている力に恐れを抱いており、ガルデローベでは学生用GEMを何度も破壊していたらしい。
左胸にHiMEのものに似た痣があり、それが濃くなるごとにオトメとしての力が強くなっていくようだ。

最終巻ではGEMのプログラムを書き換えて、「蒼天の青石」とは少し違うローブを披露した。

事件終結後もブルースのオトメとして働いているようである。

マスターはブルース・ヴィントブルームⅡ世。


シフル・フラン

シュバルツに誘拐されそうになったところをレナとブルースに救われた、エアリーズ出身の少女。 14歳。

なぜ自分が狙われているのかを、敵であるジョン・スミスに教えられて困惑している。

実はヴィントブルーム王家の血を引いている。 父親は現ヴィンドブルーム国王の王弟のひとりであり、ブルースは従兄にあたる。

最終的にどんどん髪の毛が上へ尖って伸びている。 舞-乙HiME最終話で出てきたニナの髪型にそっくり。


ラケル・マヨール

レナと同期のマイスターオトメ。 所有GEM・通称は「 拘龍の薔薇輝石 」。

五柱であるイルマのことを「イルマ姉様」と呼んでいる。

マスターはシオン・マーガレット派遣司祭。


エリオット・チャンドラー

レナと同期のマイスターオトメで五柱・一の柱。 所有GEM・通称「 銀河の藍玉 」。

レナに恋心(?)を抱いている。

任務と友情の間で葛藤していたが、ブルースの頼みで彼らに力を貸すことにした。


シスター・シオン

弱冠17歳という若さで派遣司祭を務める才女。 エアル教団からブルースたちに手を貸すべくやってきた。

契約のオトメはラケル・マヨール。

M-9(エム-ナイン)

シュバルツが発掘した切り札にして、地球時代のアンドロイドのひとつ。 ミユの姉妹機にあたり、シリーズの中で唯一真祖との戦闘データを持つ。

一見すると華奢な少女だが、戦闘力はミユを上回り、さらには「孤高の紅翡翠」のローブをまとっていたレナですらもかなわないほど。


キョウコ・ツマブキ

五柱・四の柱にして、「 旋風の紅水晶 」の持ち主。 マスターはもちろん真祖フミ・ヒメノ。

ウーナ・イルマ・レイとともに、シフルを抹殺すべく動いていたが、のちにそれが原因で1か月の資格停止を言い渡される。

タイユァン出身で、後輩のサクラ・ハザクラを「サクラ姫様」と呼んでいる。

イルマ・バンデベルド

五柱・五の柱にして、「 氷雪の銀水晶 」の持ち主。 マスターはもちろん真祖フミ・ヒメノ。

ウーナ・キョウコ・レイとともに、シフルを抹殺すべく動いていたが、のちにそれが原因で1か月の資格停止を言い渡される。

レイ・ジャガーノート

五柱・三の柱にして、「 奏凛の橄欖石 」の持ち主。 マスターはもちろん真祖フミ・ヒメノ。

ウーナ・キョウコ・イルマとともに、シフルを抹殺すべく動いていたが、のちにそれが原因で1か月の資格停止を言い渡される。

ウーナの補佐であり、五柱の纏め役でもある。




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。