【赤屍蔵人】

【作品名】GetBackers-奪還屋-
【ジャンル】少年漫画

【世界観】
無限城には無限の可能性による平行世界があり時間軸の中から分岐する※1
また、無数の時間軸と無限の空間が複数の次元の中で下位的に存在する※2(三次多元×複数=三次多元×α)
他に複数の世界(グラウンドゼロ、冥界等)があり(無限城で三次多元×α+2α)
無限城の外には現実世界と高位現実世界がある(=単一宇宙×2)
そうした奪還屋世界(以下GBセカイとする)(三次多元×α+2α+単一宇宙×2)の外にはそれを内包するより大きいセカイがあり
その外側にまた内包するセカイがありその外側には、という構造が内側にも外側にも共に合わせ鏡のように無限に繰り返される(多重宇宙論)
(三次多元×α+2α+単一宇宙×2)^無限で三連次×α+(2α)^∞+(単一宇宙×2)^∞
さらにそのGBセカイのの分岐として無限に広がる砂漠世界が上書き的に存在する※3(一次多元三連次×α+(2α)^∞+(単一宇宙×2)^∞)
そのようなGBセカイは次元界面活性作用により無数に存在する(魔鏡効果理論)(一次多元三連次×α+((2α)^∞)×∞+((単一宇宙×2)^∞)×∞)
また、GBセカイを一つの次元とみたのがバビロンであり
GBセカイは無限城以外基本的にはバビロンと完璧に近い形で同じである(=単一宇宙×2)
よって合計で一次多元三連次×α+((2α)^∞)×∞+((単一宇宙×2)^∞)×∞+単一宇宙×2である

※1 act12,⑤⑥ウラ
※2 vol.90 >>144,>>184
※3 GBセカイが無限の広さということになるので最大値ルールにより、世界観相応の広さ

【世界図】
     天上界バビロン(GB世界はバビロンに完璧に近い形で作り上げられたが、どちらも現実世界)
         ↑
        バビロンの扉
         ↑
      グラウンド・ゼロ(全ての終わりであり、セカイの始まりであるという世界)
         ↑
        天国の扉(この扉を開くとグラウンド・ゼロ)
         ↑
     奥の院(ベルトライン最上部)
         ↑
     DER SCHLOSS(ベルトライン中層)
         ↑
       ベルトライン
         ↑
 ベルトライン入り口(入り口それ自体が形のない位相世界)
         ↑
       無限城最下層
         ↑
     ソドムナード(あるはずのない世界、無限城とは似て非なる場所)
         ↑
高位現実世界(現実世界より高次元のものでそこから現実世界には干渉できるが現実世界からは干渉できない)
         ↑
冥界(死んだ人間が存在する、ベルトラインの時空が混沌となるとここと繋がる)

【MAKUBEXの胎内と多重宇宙】
MAKUBEXの胎内の外にはまたMAKUBEXがいてそこはまたMAKUBEXの胎内という構造が
内にも外にも合わせ鏡の世界のように永遠に続いている。
多重宇宙も同様に極大世界も極小世界も全ては閉じられた輪のように繰り返されている。
極小はすなわち極大とイコールであり『無限』とはただの繰り返し、虚しいリフレインである。

【バビロン】
精密なネジ巻き時計のように理路整然としていていわば絶対的君主国家の世界。
その世界の最高集団であるブレイントラストの代表が銀次の母、天野博士である。
バビロン世界の銀次を亡くした天野博士はただ一つの望みを叶えるため世界の創造を考える天野博士はバビロン住人のすべての人の間に恐怖と絶望と微かな希望を植え付けすべての意思を統一して一点に収斂させることでGB世界を創る原動力となした
その過程で絶望の中から「意思の力」に目覚めた者が出始める。それが超越者であり、バビロン住人が覚醒した存在である
その際セカイの全てを察知した赤屍はこの世を動かす摂理とは人の意思そのものであることに気づく
強く望めば力が手に入る。摂理とはそういうものだと赤屍を言う
無限に折り重なる偶然が世界を創り出しその結晶が一人一人に人間になっていきすべては「意思の力」に帰結する
人とは世界を創り出す神そのものであり、願う気持ちが世界を作っていく
セカイの頂点に立つ一人の創造者の手でセカイのあるべき姿を構成させる意思を試みる
銀次は仲間がいて、敵がいて、見知らぬ誰かもたくさんいて、でもすべてを銀次が知るセカイであってほしいと願い無数の「何か」を混じり合わせ対流させて形を成し、セカイを作りあげた。

【ベルトライン】
入り口はそれ自体が形がない位相世界、異次元である
そこでは空間がねじ曲がり、上下がなく人の目に捉えられる世界ではなく物質の存在が曖昧となっている。
次元が常に移り変わり過去現在未来が不定理で存在し過去から未来に続く様々な時空があり時空が崩壊するとその歴史が閉幕する。
キバヤシによると時間と空間というのは次元という概念の中で下位的に存在していて
時間軸は流れる川のひとつに過ぎず、強固な意志で時間の流れをつかめれば乗り越えることができる。
空間は、時間が川なら地であり川を渡って向こう岸に移動した場合はまた別の川が見えてきてそこに広がるのはすでに別の光景である。


【用語】
バビロンの時間:普通の時間軸とは違うため通常の者が動きを捉えたり攻撃を当てたりすることはできず、
        バビロンの者から見ると止まってる状態に見えたりする。
踏み越えし者:「上」の人間。審判を下す者のことも言う。
「上」の人間:バビロン世界から墜ちて来た者。超越者と違いGBセカイに来たらバビロンの扉を開けなければ上に戻れない。
審判を下す者(ザ・ジャッジ):目に聖痕(スティグマ)を刻まれた者。その者は「聖痕」を以て全てを見届け、真実を伝える役割を持つ。そのためそれまではアーカイバによって生かされる。時間軸を乗り越えられるのも一種の力らしい。
超越者:覚醒者。生死の境を超え、あらゆる限界を超え、すべてを超越した者。
    GB世界とバビロン世界を自由に行き来できる。

簡易
【名前】赤屍蔵人
【属性】超越者
【攻撃力】赤い剣:軽く振っても崩壊した空間をふっ飛ばしたり次元を斬り裂ける。不死であり神の力を持った相手を刺し殺す。
【防御力】超越者であるため不死。完全に無に還されても瞬時に復活して攻撃できる。
【素早さ】常時因果律を支配しているアーカイバより強いため0時間行動可能
【特殊能力】血液変化:全身の血液を自在に変化させる事が出来る
      分身:少量の血液から実体であり全てが自分自身という分身を無限に生み出す
      世界移動:超越者は世界を突き破って自由に行き来できる
      不確定性原理:考慮しない
【長所】キバヤシが一番好きなキャラ。
【短所】いまいち本気が分からない。登場するたびに髪やコートが伸びる。
【参考】全能超え:原作者であるキバヤシが作中最強と明言しているためアーカイバより強い



【名前】赤屍蔵人
【属性】超越者
【大きさ】186cm
【攻撃力】右ストレート:電子で構成された雷帝を数十mほど吹っ飛ばす
     チタン合金製医療メス:この世のすべてのものを切断する来栖のナイフと同等の威力
     赤い杖刑:十何本かのメスが相手のこの世のすべてのものを切断する光のナイフとぶつかり
          (どっちも直径数mの球状波×十何本分になり)相殺し合った。
     赤い暴風:数的に赤い杖刑より強い。数百本以上のメスが相手の周囲を覆う気流となり一気に相手に襲いかかるという技。
     赤い闇:影(縦50~60m以上、横30mくらい)が十本程相手に向かって伸びる。
         相手を無に還す「光」のエレメントに対抗した「闇」のエレメントであるため当たると相手は消滅する。
     赤い剣:魂のない霊体を斬り殺し、高次元の者が力を合わせても干渉できない空間から
         何でも出来るというカードで攻撃する相手を刺し殺し、不死かつ神の力を持った決して敗れざる超存在を刺し殺す。
     赤い槍:2m超の長さの槍。終わりにしたいと思った時に使うものらしいので赤い剣よりたぶん強い。
【防御力】衝撃が熱に転化され周囲に衝撃波が発生し当たると蒸発する蛮の本気のパンチをメスで軽く受け、
     それより強いであろう回転蹴りを顔でモロに受けて無傷。
     相手の精神を崩壊させる音色を聞いても平気
     GB世界ごと消し飛ばすという雷帝のプラズマ(空間破壊・次元破壊・分子消滅・魂にも干渉)を余裕で相殺する爪状態より強い
     羽根状態の蛮の攻撃を食らいまくってもかすり傷程度で最後の蛮の渾身の一撃でダメージを受ける
     超越者:生死の境を超えた超越者であるため死なない(本人は死がイメージできないので死なないと思っている)
         それゆえ息が無くなって脈が止まっても肩が取れかかるほど切られても
         臓器をズタズタに引き裂かれても触れただけで皮膚が溶ける猛毒の煙の中にいても無事
        完全に無に還されても何処からともなく無く血の1滴が相手の背後の影にポタリと落ち、そこから瞬時に復活して攻撃を行える。
【素早さ】無限にスピードが上がり速さというものを通り越す蛮を時間軸を掌握して一方的に攻撃出来る
ベルトライン住人を聖痕の力により時間軸を乗り越える事で一方的に倒せる踏み越えし者が
さらに神の力を持ち速すぎてその動きをただ立ってるようにしか見えないレベルを遥かに超えた
聖痕持ちカーストナイツを軽くあしらう蛮が止まって見えるバビロン時間に棲息し
さらにその時間さえ支配する鏡を一方的に叩きのめせる蛮の攻撃を10億分の1m単位でかわし
上の世界から誰も気づかない速さで蛮にメスを刺す
【特殊能力】原作者曰く、作中最強のキャラとのことなので全能超え。
      自分の血液が混じったものを支配する。壁や柱に垂直に立ったり宙に浮いたり瞬間移動したりできる。
      プルトニウムをそのままポケットに入れながら長時間戦闘することができる。直接手で持つことも可能。
      血液変化:全身の血液を自在に変化させる事が出来る。血が混じれば何でも武器に出来る。
      赤い分身:少量の血から全て自分自身という分身を一瞬で無限に生み出す。
     威圧:周囲の空間が弾け周りにいるものは魂が抜かれるような感覚に襲われ、
        立っていられなくなる
     量子力学不確定性原理:超越者である赤屍にとってイメージできないことは起こりえない(どうでもいいので省略、一応下で説明) 
     世界移動:超越者は世界を突き破って移動出来る
【備考1】超越者(大いなる未知数)は世界を作る意志の力に目覚めた者であるためGB世界に来てもアーカイバがどうこうできない
    (来栖や鏡等もバビロン世界の人間だが超越者ではないのでアーカイバ世界に来たらアーカイバに対して無力になる)
    アーカイバのシナリオの妨げになるのでアーカイバの力を使った鏡(アーカイバ曰く神の力を持った決して破れざる超越者)が
    赤屍を殺しにかかったが余裕で圧倒した(赤屍曰くずいぶんと私もなめられたものですね)
【備考2】赤屍の能力とカオス理論(どう関係してるかは不明)
    運命というのは唐突に訪れるものではなくすべては「想像」の範囲内であり計算が成り立つということである。
     主客を逆転して考えるとある種の強い「想像」が運命を導く。
     一見無秩序に見えるものでもその背後には無数の秩序構造を持つように
     どんな複雑怪奇な現象にも必ず法則性がある。
    つまり全ての偶然が必然として起こったと考えられ、予測不可能な事象というものはありえない
【参考】赤屍「私にはイメージできないんですよ己の死が、だからきっと死ぬことはないでしょう。そういうものですよ『摂理』とは」
    影沼「超越者である赤屍にとって・・イメージ出来ないことは起こり得ない」
    来栖「想像出来ないものは存在することもない。森羅万象はそこに存在を認識されて初めて生まれ出ることものかもしれない」
【長所】キバヤシが一番好きなキャラ。
【短所】登場するたびに髪やコートが伸びる。





修正vol.83 750
  vol.84 124
89スレ目
58 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2011/12/29(木) 22:09:49.62 ID:p8CfoA6T
奪還屋組 考察
ヨグ=ソトースが1連次なのでそれより(一連次多元×α)×α+単一宇宙×3α+単一宇宙(テンプレにはないけど魔鏡を入れてさらに×無数)で

赤屍蔵人>アーカイバ>ヨグ=ソトース


753 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 14:36:16.41 ID:6RtPoJGv
赤屍蔵人 考察
(単一宇宙×3α)+(単一宇宙)の全能殺しなのでここ

ラインハルト=母神ダヌ=エデンバイタル=Q>赤屍蔵人>パララックス