難易度表 > ふつう > クープランの墓

クープランの墓(ふつう)


詳細・攻略

  • クープランの墓より、「プレリュード」のアレンジ。
    • 編曲は、増渕裕二
  • DS3にて初出。その後AC14に収録された。
  • ★×7で、235コンボ。BPMは140。
  • 天井スコアはシリーズによって異なる。
    • DS3:687970点+連打
    • AC14:689350点+連打
    • 初項:800点、等差:210点
  • ふつうコースで24分が出てくるのはこの曲と炭坑節どんちゃんえかき歌マッピー音頭バベルの塔のみ。
  • 24分音符は、65小節に1カ所だけ(3連打)だが、コンボカッター的な役割をしている。それ以外は★×5~6程度の譜面。クリア自体はかなり楽な方かも。
  • 本来は12/16拍子であるが、この譜面では12分音符のリズムを利用して4/4拍子に埋め込まれている。
  • 作曲はボレロと同じラヴェル
  • 「クープランの墓」とは、フランスの作曲・モーリス・ラヴェルが作曲した最後のピアノ独奏曲。調性はホ短調。
    プレリュード(前奏曲)、フーガ、フォルラーヌ、リゴドン、メヌエット、トッカータの順より構成されている。曲はそれぞれ、第一次世界大戦で失った友人達への追悼が込められている。
  • 因みに、終楽章である「トッカータ」は、曲中最も壮大に盛り上がる部分で、数多のピアノ曲の中でも屈指の難易度を誇る。
    速度(BPM)は144が指定されているが、その速度で弾くには、相当の技術が必要とされる。
  • 曲IDはcrscpr
  • かんたん
  • むずかしい
  • おに

コメント


譜面

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル