山陽本線 乗り継ぎプラン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■東海道・山陽本線の乗り継ぎについて


■東海道・山陽本線の列車運用情報



山陽本線青春18きっぷの普通列車&快速列車、乗り継ぎ情報

米原←(15-30分毎)→姫路(相生)←(60分毎)→岡山←(10-20分毎)→三原
三原←(30分毎)→広島←(5-15分毎)→岩国←(30分毎)→(徳山)新山口←(30分毎)→下関

  • 大阪⇔岡山2時間半程度、大阪⇔広島6時間程度、岡山⇔下関6時間半程度です。

  • 一番のネックは姫路~岡山 間です。運転本数が少ないので
    「ラクしたい人」は新快速電車播州赤穂発着、赤穂線経由もお勧めします。
    赤穂線経由の姫路~岡山 間はおよそ2時間以内(山陽線経由より30分程度多い)です。

  • 倉敷駅以遠から伯備線・山陽線からの直通播州赤穂行に乗ると岡山で座れるかも。

  • 乗換駅を相生とした場合、在来線ホーム、コンコースには売店はありません。
    自動販売機程度になります。(お買い物は姫路・岡山をお勧めします)

  • 三原⇔広島方面は 呉線経由もあります。呉線経由の所要時間は山陽線経由より 1時間半程度多くなります。
    瀬戸内を眺めたい方、三原始発の列車を活用した人はこちらもお勧めします。
    なお呉線はトイレのない電車もあります。


山陽本線乗りつぎ 駅ビル情報 - 休憩、お土産、キレイなトイレなど。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。