ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

:ショタまおう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

156 :名無しさん@ピンキー:2008/10/19(日) 17:50:09 ID:J5R3ptYS

勇者はとうとう魔王を倒した。
すると、魔王の身体がぼやけていき、本当の姿が現れた。
「…ってオイ!子どもじゃねーか!」
勇者は思わずツッコミを入れた。
「子どもってゆーな!僕は…僕は、魔王なんだぞ!世界で一番えらいんだからな!!」
癇癪を起こしたようにジタバタする魔王。
つまり、今までのおぞましい姿は、この幼い魔王の強力な魔力によって作られた張りぼてだったのだ。
しかしその魔力も切れた今、そこにいるのはただの子どもだった。

お仕置きターイム☆

「なっ、なっ、何をする!わわっ…やめろ~!」
魔力のない魔王など勇者からして見れば赤子同然。身ぐるみはがすくらいどうということはない。
勇者は魔王の小さな乳首に吸い付いた。
「ひゃっ…やあん!なんで…おっぱい、吸うの…?
あっ、あっ、噛まないでっ……やっ、つままないでぇっ!僕、おっぱいなんか出ないよぅ…」
魔王の泣きが入るが、勇者はしつこく乳首を責めた。
ツンと立った乳首を口の中で転がし、甘噛みし、感触を楽しむ。
ちゅうっ!ちゅばっ、ちゅばっ、レロレロレロレロ…コリコリコリッ!
反対の乳首は指先で何度もはじき、固くなった乳首を乳輪ごとつまみ上げ、こすり立てた。
ピンピンピンピン…きゅううぅぅっ!コシコシコシコシ…。
「あっ…あんっ…はっ…はふっ!やだぁ…何か、ヘン…っ!」
魔王は脚を閉じてモジモジし始める。勇者は脚の間に身体を挟み、魔王を開脚させた。
すると、魔王の小さなペニスがぷるんっ!と立ち上がった。
「何これ…っ、やめっ…!あっ、あっ…あん!」
両乳首を責めつつ、勇者は魔王の股間に手を伸ばし、まだ幼い形のそれを柔らかく揉みしだく。
「あんっ!ひゃあっ!!何かヘン…変な気分になるぅ…ああっ、先っぽやめてぇ…!」
まだムケきらない皮を使って先端をこすってやると、透明な液体があふれてくる。
「ぬるぬるっ…ぬるぬるしたの出てきてるっ、何コレ…っ、気持ちいいよおぉ!
…あああああん!!そんなに速く動かさないでっ!
ヒッ!おっぱい吸っちゃやだ…おっぱい出ないからあ…っ!
んっ、んっ……っ…らめっ…んくっ…っこぉ……おしっこ、もれちゃうよぉ……っ、
もれっ、もれちゃうっ!もらしちゃうからああぁぁっっっ……んああああああああ!!」
ぴゅるるるるるるるるるるる!ぴゅぴゅぴゅっ!!
幼い魔王の精通汁が飛び出した。
初めての快感に魔王はぼんやりしながら荒い息を繰り返し、
摩擦に耐えたペニスは可愛らしさを残したままヒクヒクと震えていた。


その後もさんざんお仕置きを受けた魔王。真っ赤な顔で涙をこらえながらポカポカと勇者を叩く。
「ばっ…ばかばかばか!お前なんかだいっきらい!!」
可愛いなぁと思いながら勇者は聞いた。
「お前さぁ、なんで世界征服なんかしようとしたんだよ」
「…っく…だっ、だって、僕が世界で一番になったら、みんな遊んでくれると思ったんだもん…」
魔王はその強大な魔力を制御できず、たくさんの失敗をおかしてきた。
周りにいた者はすべてそれに巻き込まれ、魔力をコントロールできるようになったころには独りぼっちになっていた。

勇者は魔王の頭にそっと手を置いた。
「これから俺がいてやるから、もうそんなことすんなよ」
「…!!」
魔王は一瞬、驚きと喜びの表情を浮かべたが、先ほどの辱めを思い出す。
「おっ、お前なんかいなくていいっ!ばかばか!!
帰れ!!帰れーーーーーーーーーーーーーっっっ!!!」


おしまい