ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

:無題(エロ本・続編?)

220 :名無しさん@ピンキー:2008/10/30(木) 16:52:23 ID:KriMxINT
俺の兄ちゃんはすげー嫌なやつだ。
俺をすぐ子ども扱いするし、ワガママだし、乱暴だし。
それにいじわるばーっかりするし。
ほんっとにヤなやつ!
…けど俺は、その兄ちゃんの言うことに逆らえないでいる…。

「ほら、早くしろって」
「やだよ!…母ちゃんいるじゃん…」

兄ちゃんに呼ばれて部屋に行ったら「Tシャツを捲って乳首を見せろ」とか言い出した。

「別に大丈夫だろ?大声出すワケじゃねーんだし」
「でも…」

兄ちゃんはニヤリと笑う。

「ナニお前、なんか期待してんの?」
「そっ…そんなワケない!…もう…やればいいんだろ、やれば…」

俺は両手でTシャツを捲り上げて乳首を見せた。
兄ちゃんは…すっげー近くで俺の乳首見てる…。
なんかこの格好…俺から見せてるみたいで…恥ずかしい。

「…も、いいだろ」
「もーちょっと……あ~、乳首立ってきたな~」

ツン、と左の乳首をつつかれる。

「ンッ…ちょっ…」
「Tシャツちゃんと持ってろよ」

兄ちゃんはそう言うとつついた乳首に口を付けた。

「やっ、あっ、やめろって!」

あわててTシャツを離したけど、兄ちゃんの頭に被っただけで何の効果もない。
兄ちゃんはそのまま乳首を吸い始める。

ちゅーーっ!チュッチュッ!ちゅばっ!!

「やっ…やだってば…ぁ…んふ!」
「声出すなって。ほらちゃんと持ってろよ」

またTシャツをムリヤリ持たされた。
だからこれは…こんなの、自分から乳首吸わせてるみたいだろぉ…。

「やだぁ…んんっ、あふっ!」
「んーっ、乳首かわいー」


221 :名無しさん@ピンキー:2008/10/30(木) 16:54:20 ID:KriMxINT
今度は右側の乳首に吸い付かれる。
左側は兄ちゃんの指につままれてしまった。立ってる乳首をコリコリといじってくる。
右側は唾でヌルヌルする唇と舌にこすられて、歯で噛まれて思いっきり吸われて…。

(むっ、無理だって!声出るよぉ…んきゅう!)

「…っも!いつまで乳首吸ってるつもりなんだよっ…!」
「んー?おっぱい出るまで」
「出るわけねーだろっ!」

このバカ兄!
あーもー、なんでコイツが俺の兄ちゃんなんだ!

俺が兄ちゃんのエロ本こっそり読んでたのがバレて…
それは俺も悪かったかもしれないけど…あ、あんなこと、までしたんだから…もういいだろ?
けど兄ちゃんは「言うこと聞かないから母ちゃんにバラすからな」とか言って、こんなことばっかりさせられるんだ。

「あー真也の乳首ってちっちゃくて歯触りがよくて、口の中に入れるとなんとなく甘く感じるんだよなぁー。
なんでかなぁ?ミルク出るんじゃねーかなぁ?んちゅーーっ!!」
「ひいぅっ…!知るかよそんなこと…やっ…んもっ、マジでやばいって…」
「わかったわかった。んじゃホントにミルク出るとこ吸ってやるよ」
「え…」

兄ちゃんはズルッと俺のハーパンをパンツごとずらして、俺のチンチンを出した。
ミ…ミルク出るとこって…!

「いただきマース」
「だっ、だめ!」
「はむっ」
「やっ…ああはあ!」

俺のチンチンを兄ちゃんが舐めて…吸って…あくぅん!しぼってるぅ…!!

「ばか…っ、声出るっ!出るからやめ…んふぅっ」
「Tシャツくわえてろよ。ぜってーデカい声出すなよ?」

兄ちゃんは俺の口にTシャツを突っ込んだ。

「んふぅー!んっ、んっ、んんっ!」

もーこいつマジ最悪。マジ最低。マジ鬼畜。
こんなことされたら…されたら…あっ…。

(あふう!兄ちゃんの口ん中熱いよぉ…あ、やだ、やだっ!兄ちゃん本気で……!)
ミルクしぼりしようとしてる!!


222 :名無しさん@ピンキー:2008/10/30(木) 16:55:32 ID:KriMxINT
「んんふーっ!…っぷはあっ!…ちょっ…ダメって兄ちゃんっ…!」
「んー、しんひゃのだーめんみうくー。んくぅ…」
「うああ…っ、兄、ちゃん!声出ちゃう…!」
「んあ?手で口塞いどけ。母ちゃんに聞かせんじゃねーぞ…んむぅっ」

俺は言われた通りにしっかり口に手を当てた。
兄ちゃんは吸い方が激しくなってきて、右手は俺の乳首をいじって、
左手お尻の間を…肛門をツンツンつついて…。

こんなの……こんなの、全部気持ちいいに決まってるじゃんか!
もーっ!兄ちゃんのいじわる!!

あっ…お尻に指入ってきてるぅ…。
んっ…乳首つねられるとジン!ってするし…。
はぁあっ…もうっ、チンチンそんな奥までくわえるなんてぇ……っ!

真上から兄ちゃんをにらんでたら、兄ちゃんは急に立ち上がった。
俺の身体をくるっと回して前に倒す。

「な、なに…」
「やーっぱミルク出すには種付けが必要だなぁと思ってー」
「え……え?」
「俺のザーメンで真也のミルク作ろうな~」
「な、何…?」
「お前できるだけ声我慢しろ……よっ、んっ…くうぅ!」

俺の口は兄ちゃんの手にふさがれて、お尻には兄ちゃんのチンチンが…。

「!!んふうっ!んぐうぅぅーーー!!」

あっ、あっ、あああああうううぅっ!!
またチンチン入れられちゃったぁ…っ。
もうやだよー…。だってこれ…これ…おかしくなる…っ!

「んふっ、んぐっ!んぐっ!ふうぅん!!」
「あ~っ、やっぱ真也のケツ、スッゲーな!
いーっぱいザーメン出してやるから、しっかり孕んでチンポミルクたっぷりだせよ?」
「んふーっ!んふふーっ!」

(もうダメだから…っ、もういっちゃうよぉぅっ!!)

「…おしっ!出すぞっ、出すぞっ、出すぞおぉっ!!」

兄ちゃんが最後に俺のチンチンを激しくこすりながら、兄ちゃんのチンチンでお尻めちゃくちゃにして……。

「ンンンーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」

ああう!ああん!!やああああぁぁぁっっっ!!!
お尻の中に兄ちゃんのが…兄ちゃんの精液が…出てる…ぅ…。


223 :名無しさん@ピンキー:2008/10/30(木) 16:57:07 ID:KriMxINT
「おっ…うっ…ふう~……抜くぞ。もれないようにケツは締めとけよ」
「んぅ…?…っ!ふうぅ!」

チンチンを抜いたあと、兄ちゃんは口で俺のチンチンを…っ!

(ひやっ…あひっ…んやあああああぁぁぁーーーーーっっっ!!!)

あふっ…あふぅっ…チンチンミルクしぼられちゃったぁっ…。
あっ、あっ…兄ちゃん飲んでる…やだあ…恥ずかしいぃ…っ。



「もーっ!今のでこないだエロ本見た分はおしまいだからな!」
「わーかったよ…つまんねーの」

兄ちゃんがどう言おうと絶対もうムリなんだからなっ!

「まぁ、じゃあこれまで通りってことで。新しいエロ本は一人で楽しむかぁ…うひひ~」
「えっ…」

新しい…。

「…なあ真也。夕飯の間、ケツのザーメン出すの我慢できたら、見せてやってもいいけどぉ…?」

兄ちゃんのいじわるな笑い顔。
…もー…ずるいずるいずるい…。
そんなこと言われたら……我慢するしかないじゃん…。

「んじゃーメシ食うかぁ~」
「……兄ちゃんのバカ……」

いじわる。いじめっ子…。

俺はお尻に力を入れながらパンツとハーパンをはいて部屋を出た。

(…んんっ、お尻…熱いぃ…っ…)

次はどんないじわるされるんだろう…って思うのは、兄ちゃんのせいなんだからな!
俺がしてほしいんじゃないんだからな!!



おわり