ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

:無題 286

286 :名無しさん@ピンキー:2008/11/14(金) 07:08:17 ID:QGfT5Jc2

児童虐待の証拠として数枚のDVDを応酬、確認することとなった。
人が出払っていて自分だけでやらなければならなかったのだが。

『はああああぁぁぁぁぁンンン!!!!!あひいぃん!いいよぉっ、おちんぽ太くて気持ちぃひいぃぃぃ…!!』
『こいつマジで好きモンだなぁ。キュンキュン締め上げてくるぜ』
『もう10回以上イッてんじゃね~?』
『最高のザーメン便器だわコレ…うおぉっ、俺もイキそう。また中にぶちまけてやるからな!』
『や…だめぇ…中出ししないで…っ』
『今さら何言ってんだ。お前のケツ、とっくに種壷になってんぞ?』
『…だって、また熱いの出されたら…またイッちゃう…っ』
『へへっ、なら期待には応えねーとなぁ?…おらっ、おらっ、そらそらそらぁっ!』
『らめぇ!そんな奥にっ……んはあああ!!出てるぅ!熱いっ、熱いじゃーめんっ、奥にいっぱいいぃぃ!!…くひゃああああああ!!!』
『こいつもイッたな?…くおぉっ!ケツマンが痙攣して尿道まで絞り取られる…っ』
『あひいぃん!はひいぃぃ…はひいぃぃ…けつアクメしゅごいよほぉ…おふうぅん!』
『…よっと…ケツ穴からザー汁がごっぷり出てきたぞ…アヘ顔と一緒に撮ってやるぜ』
『やはあぁぁ…撮らないでぇっ…恥ずかしいぃぃ…』
『なら今度は俺が栓してやるよ。んっ……く、うおーーっ!』
『いひいいいッ!おちんぽまたっ、また来たあっ!!いっぱいズコズコしてくらしゃいひぃ!!』
『ケツ穴すんげートロットロ!もうマンコじゃねーかw』
『はいぃ…けつまんこですっ、僕のお尻はおちんぽハメまんこアナルれすぅ…ほああっ、おほおうっ!』
『じゃあ俺お口いただくわ。はい、アーンしてー』
『うぐっ?!んぐぐっ…んじゅっ、じゅるっ、じゅるっ、じゅぼじゅぼじゅぼ!!』
『うあ~口マンコもたまんねーわ…くおっ!のど締まる…っ、こんな小せえ身体でよくやるぜ…』
『んぐっ、うぐっ、んはあ…おちんぽおいひいっ…ちゅぐっ、ちゅぐっ!』
『のど締まるとケツも締まるみてぇだぜ』
『ん~~~っ!』
『分かってるって。上も下もガンガン犯してやるからな』
『んんん~~~~~っ!!』
『くあーーっ!これがおこちゃま口マンの締め付けかぁ!やべーわコレ、マジで売りには最高じゃね?』
『ケツマンも極上のハメ穴だしな。がっぽり稼いでもらおうぜ。お前も毎日大好きなチンポ入れられて嬉しいだろ?』
『んぐぐっ、ぷあっ!はひぃ、嬉しいです…毎日毎日…アナルセックスと…おちんぽミルクいっぱい…はあぁぁ嬉しい…っ』
『おらっ!気合い入れてしゃぶれよ!』
『うぐぐっ…んく…じゅぼじゅぼっ!んじゅっ、んじゅっ、んじゅっ!!』
『ケツ締めんのも忘れんなよ……そーりゃ!!』
『ンググググーーー!!』
『くぅっ!のどマンも締まるぅ!』
『ケツ穴最高!ハメ穴に成り果てたショタアナルオナホ最高!!』
『おしっ!俺イクわ。ぶっかけてーけど…おら、口開けて舌出せ!!』
『んああーーーーー』
『……出るぞ出るぞっ、出る!受け止めろよ!!』
『ああーん……あひゃああ!あちゅいのがいっぱいお口に……ンクウゥゥーー!!』
『こぼれたやつも全部舐めろよ』
『はぁい……ぴちゃ、んく……ひぃんぎゅううう!!!』
『俺もザーメンミルク穴に出そう~出そう~あ~~~~~っ!!!』
『はぎゅううぅぅ!!また出てるぅ…またイッちゃう…イッちゃうイッちゃ……あああああああ!!!』
『おっ、おおっ、突く度に噴射するなぁ…トコロテンかw』
『はぁあん!…好きぃ…おチンポ好き…あにゃるせっくしゅ大しゅきぃ!!あひええぇぇ……あひっ、はへっ…あへええぇぇ……』

この少年は今別室に保護され、このあと話を聞くことになっている。
「…へへ…ふへへ…」
自分の何かが変わった瞬間だった。