ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

:無題 344


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

344 :1/2:2008/11/24(月) 14:46:16 ID:DuWCi9IT

「直、ここへこい」
「…は、はい…」
白い着物を来た直は震える体で声の主に近付いた。

直はイケニエとして、直の住む村の雨神、雨喜に献上されたのだ。
ここ2年、村には雨が降らずに村は貧困を極めていた。
体の弱い直は働くことも出来ないため、今回のイケニエとして選ばれたのだった。
「おまえ、男だな?」
「はい…献上は女の子ですが…今年は僕…」
「そうか。まあ雨もご無沙汰だったから男のほうが好都合か」
雨喜はニタリと笑って震える直の腰を引き寄せた。
「あ、あの…僕はどうすれば…」雨喜に抱きつかれた直は困ったような顔で言った。
「なんだ、おまえは何も知らんのか?」
「…はい」
雨喜は直の帯を掴むとシュルっと解いて、はだけた。
「だろうな、こんな桃の肌をして」
「な、なにを」
直は押し倒されてしまい、これから起こることへの不安と恐怖で真っ青になっている。
「おまえは俺の嫁になるんだ。俺が精子を出す度に村には雨がふるんだが、以前の贄は自害してな」
カラリと笑う雨喜に直は身震いした。

「あ…あんっ、あ、あっやぁ…」
直の性器を口に含み、軽く吸っては口から出し入れを繰り返す。
下で先をつつき、唇で圧迫しながら、初めての行為て乱れる直を見つめる。
「やぁっ、あんっ…そこ…もぅ、や、あぁん」
いやいやをするが、直の小さな体は雨喜の長い腕で、身動きが殆どとれていない。
ちゅくっ…ち…くっち…ちゅ…。
水音が洞窟に響いて、直を耳から犯す。
「…あっあぅ…ひゃっ…ん…、うき…さまぁ…」
直の性器は既に勃ち上がり、先走りがとろとろ溢れている。
「嫌じゃないだろ、おまえの性器が喜んでいる」
目に涙を浮かべながら喘ぐ直を満足そうに見つめる目。
「そろそろ俺も耐えられん」
雨喜は自分の着物の裾を捲ると、自分の猛る性器を取り出した。
そしてそれを直に見せつけるように直の顔に近付けていく。
「直、よく見ていろ。これからおまえの体で、村に雨を降らせてやる」
「ひぃっ…や、やらぁ!」
「泣くな、辛いのは最初だけだ」
暴れだそうとする直を、うつ伏せにして押さえつけると、腰だけを無理に突き出させた。
直の孔は堅く閉ざし、なにも受け入れようとはしない。
雨喜は懐から小さなヒョウタンを取り出すと、その中にあるゲル状の液体を孔に垂らし、孔から袋、そして性器へと伝って、直の溢す精子と混ざりあっていく。
「いやぁ、やっ…やめっ…」



345 :2/2:2008/11/24(月) 14:47:41 ID:DuWCi9IT
「大人しくしていろ、すぐに悦くなる」
そう言って、直の堅く閉ざした孔に性器を突き立てた。
「ひぎぁっ、あぁぁぁぁ!!!!」
叫び声を洞窟に響かせる直に構わず、腰を押しては引くを繰り返し、足元を媚薬と精子と血液で汚していく。
「いやぁぁぁぁ!」



っていうのを読みたい
手が進まないので誰か続きを頼むorz