ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

:ショタ獣姦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

374 :ショタ獣姦 1/3:2008/11/27(木) 03:04:43 ID:2XHjrFPG
人間を襲うように調教された犬が発見された。
飼い主は逮捕され、犬はしかるべき施設へ運ばれた・・・はずだった。一匹を除いては。
3頭いた内の1頭が、偶然にも輸送車から抜け出した。
危険な犬が、ある住宅街に迷い込んだという知らせを聞いたのは、あきらがとっくにその犬と遭遇した後だった。

「あきらー、お母さん、おばあちゃんの所に行って来るから。留守番お願いね!」
お母さんは車の窓を開けながらあきらに言った。これからおばあちゃんの家に行って介護をしてくるのだ。
結構な時間帰ってこないので、あきらは留守番をすることになっている。
「わかった。行ってらっしゃーい」
お母さんを見送ったあきらは、ペットの犬のペロにおやつをあげようと思って、玄関のドアを開けっ放しにして家に入った。
それが事の発端だと知らずに・・・・・。
庭からペロの鳴き声が聞こえる。怒っているようだとあきらは思った。
あきらが外を見ようと振り向くと、後ろには大きくて黒い犬がいて、あきらを睨んでいた。
ペロの吠えている意味が、今分かったと思った。
けれど、怖くて動けないし、声も出ない。
(おしっこもらしちゃいそう・・・・)
そうしているうちに、犬が僕に近寄ってきた。あきらのおしりの匂いを嗅ぎ回ってる。
いつ噛み付かれちゃうんだ?!そんな不安がよぎる。
「グルルルルゥウウ・・・」
太ももに噛み付かれたかと思った。
「ひっ・・・あ・・・・・・・・ああ・・・・あ?」
(ああ、おしっこ・・・もらしちゃった・・・・・。)足元に水溜りが出来る。
犬は、あきらの足の臭いを嗅いだと思ったら、あきらのズボンとパンツを食いちぎった。
「うわああああぁ!!!!」
びっくりして、おしっこの水溜りに尻餅を付き、またおしっこを漏らした。
「うああああ・・・・ひああ・・・」
ぱしゃぱしゃと水溜りが大きくなる。
犬はお構いなしで、あきらのおちんちんの臭いを嗅いでいる。
怖いのに、鼻息がかかってくすぐったい。
「あ・・・ん、くすぐったいよぉ」
一瞬、犬と目が合ったと思った。すると、犬はあきらのおちんちんを舐めだした。
「ぺちゅっ、ぺちゅっ、ちゅくっちゅるんっ♪」
(おちんちんとろけちゃうぅう・・・)
「あっ!!やぁ・・・・ん・・・は、あン・・・・・だ・・・だめぇ・・・」
イヤラシイ声を聞いて犬はとても楽しそうにおちんちんを舐めている。
「やあっ!ああ、あ、おしっこ、またでちゃうう・・・」
あきらは、腰とおちんちんがむずむずするような、熱いような変な感じになる。
「あんっ、でちゃ、でちゃううぅ!!!あああああん!!!!へんんんっ!おしっこおおぉほおお!!!!」
「ぴゅくっ♪ぴゅるるる♪」
白い「おしっこ」が犬の鼻先にかかる。
犬はまだ出せと言わんばかりに、あきらのおちんちんを咥えてじゅぽじゅぽと音を立てて吸う。
「またっまたでちゃううう!ああああんんん!!!!!」
(犬におしっこを搾り取られちゃった・・・。)
犬はおちんちん以外にもあきらのお股や、おしりの穴を舐めはじめた。
「やあん。おしっこついててきたないよぉ」
その時、あきらは黒い犬の体の真ん中にピンク色の何かが動いているのを見た。


375 :ショタ獣姦 2/3:2008/11/27(木) 03:06:52 ID:2XHjrFPG

よく見ると、ぬらぬらと光っている犬のペニスだった。
犬のペニスを見ながらおまたを舐められて、くすぐったいのを我慢していると、犬がいきなりのしかかってきた。
「わっ!くるし・・・!」
犬は、あきらが苦しがってもがいてる間中ずっと動いていて、犬のペニスをあきらのおしりにこすり付けていた。
ときどき犬のペニスがあきらのおちんちんと擦れることがあって、あきらはまた「おしっこ」が出そうになった。
「ああんっ!おちんちんびくびくするう♪」
そんな快感に身を委ねていると、あきらは「ミチッ」という今までに聞いたことのない音を、自分の尻の穴から聞いた。
犬のペニスがあきらの菊門に挿入ったのだった。
「ひぎいいいぃ!!んぎいいいいいい!いたい!いたいよぉおおおおお!!おちんちん入っちゃったあああぁあ!???」
あきらは犬の攻めから逃れようとするが、犬は前足であきらをがっちりとホールドしており、逃げる余地はない。
大型犬対低学年なのだ。勝ち目はなく、あきらは抵抗の甲斐なく大人しくその身を捧げなければならない。
「ずちゅっずちゅううっ・・・ぬちゅっぬちゅっ♪ぬぷっぬぽおお・・・・」
「うっ・・・くぅうう・・・・・・なん、なんで・・・・」
イヤラシイ結合音とあきらのうめき声が部屋に響く。
犬の性行為は長く、
苦痛に耐えるように歯を食いしばっていたあきらだが、身体の内に起こる変化に戸惑いを隠せないでいた。
どうもお腹の中が熱くてむずむずするのだ。
「ふぁぁぁっ、ああん!おしり、おしりが熱いよおっ!ど、うしてぇぇ・・・・!?」
犬のペニスが出たり入ったりする度に、あきらの前立腺をごりごりと攻める。


「ぴゅっ、ぴゅくっ♪」
それに呼応するかのように、あきらのおちんちんからは、断続的に白い「おしっこ」が溢れ出している。
その様子に気がついたのか、あきらは一層混乱してしまったようだった。
「ひぃん♪お、ちんちんっ!あつくて、気持ち、いい、よぅ♪おしっこおお、でてるぅ」
「あひぃん、そこ、ごりごりしちゃ、らめぇぇえ♪」
あきらの腰も犬の腰の動きに合わせてがくがくと動いており、おちんちんからはとろとろと「おしっこ」が出ている。
完全に犬との性行為に心と身体を奪われているようだった。
そんな時、
「じゅぽっ、じゅぽおおおおっ、ぬちゅっ、ずりゅうううう♪ぐっぽおおおおぉぉぉぉおおおお!!」
「ぎゃああああ!!また、いひっ、いたいいいいい!!」
あきらの菊門に犬のペニスについている「瘤」が膨れ上がったのだった。
完全な形になってにあきらの胎内に納まっている犬のペニス。内側から拡張されるあきらの胎内。
「あああああ!!いたいいいいい!!!」
突然もたらされた痛みに、あきらは大粒の涙を零しながら耐えている。


376 :ショタ獣姦 3/3:2008/11/27(木) 03:09:03 ID:2XHjrFPG
どれくらい時間が経っただろうか、まだ5分も経っていないかもしれない。
あきらにはこの時間が永遠に続くように思えた。
しかし、犬の大きなペニスを挿入されてとろけきった菊門、だんだんと「瘤」さえも快感になってきたのだった。
「ああ・・・あん♪」
犬のペニスが擦れるたびにあきらは切なそうに喘ぐ。
犬は苦しそうに息をしている。ペニスや「瘤」はどくどくと脈打ち、ついに射精の瞬間を迎えた。
「びゅくっ!びゅるるるっ!!」
その音を合図に犬は全ての精液をあきらの胎内に叩き込んだ。
「どぷっ、どぷぅぅうううう♪」
「あああああんん♪ぼく、犬のおしっこでカンチョーされてるうぅううう♪」
犬の精液はあきらの胎内に納まりきらず、あきらの菊門から溢れ出し、
床に溜まっていたあきらのおしっこや精液と混じり合った。

やがて犬の射精は終わった。
あきらはすっかりとろけきった表情で、だらしなく口からよだれを垂らしている。
犬が己のペニスを抜こうと、身体を動かした。
入り口に「瘤」が引っかかっているのか、上手く抜けない。
「いやあっぁああああ!おしりぃい、もうらめぇぇぇえ♪」
どうやらあきらの胎内を刺激しているようで、あきらのおちんちんは、見る見る彼の精一杯の大きさを主張し始めた。
「あっ、ああっ、、でちゃ、でちゃううう!!!」
「にゅぽんっ」
「ああああっああああああんん♪おおおおおほおおおおおぉおおおお♪しゅ、しゅごいいいいい!!れひゃぅううううう♪」
「ぴゅるるるっ、びゅるううううっ、びゅくうぅぅぅぅぅ!」
犬のペニスがあきらの菊門から抜かれると同時に、あきらはとても気持ちのいいたくさんの「おしっこ」をし、気を失ってしまった。
崩れ落ちたあきらの菊門から犬の放った大量の精液がこぽこぽと溢れ出る。
犬は行為を終え、気だるそうに、しかし満足そうにその場を立ち去った。

その後、あきらはお母さんが帰る前に目を覚まし、犬との濃厚な時間の後始末をすることが出来た。
また、件の犬は次の日までは捕獲され、無事施設へと送られたのだった。

あきらはこの日の出来事を思い出し、こっそりとおちんちんやおしりを弄っては「おしっこ」を出すようになってしまったのだった。
あきらが「おしっこ」のことを精液だと知るのは、まだ先の話だ。
 終