ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

キュウマ×スバル(誘い受け)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

706 :名無しさん@ピンキー  2009/12/14(月) 23:25:30 ID:xe0rphgF  
キャラ:サモンナイト3よりキュウマとスバル
キュウマ×スバル(誘い受け)


「いいじゃんかぁ、やろうよ〜」
「ダメです!スバル様が自分などと・・・」
外界とは遮断された忘れられた島。鬼妖界集落「風雷の郷」。
そこは、鬼人族の姫君、ミスミによって統一された集落。
永遠の安寧が約束された空間に今日も飛び交う子どもと大人の声。
「そんなこといって、ほらぁおおきくなってんじゃん」
「ス、スバルさま!」
ミスミ邸の離れ、そこでは、姫君の大事な子息スバルとその護人であり、武術の師であるキュウマが淫らな行為を行っている。

「おれ、ちゃんと練習したから気持ちいいよ!」
スバルがキュウマのペニスを両手でやさしくもち、その幼い口に含む。
まるで、アイスキャンディーのように竿を上から下へとその口を這わす。
「い、いけません!そのようなこと、リクト様が生きていたら・・・」
キュウマは必死にスバルを制止するが、一向にスバルはやめようとしない。
むしろ、片手でキュウマの玉を揉みながら、反対側の手で自分のペニスを弄る。
次第にキュウマは快楽に流されはじめる。
「きゅうま、ひもちいい?」
スバルがペニスを咥えながらキュウマに問いかける。
「き、気持ちいいです・・くっ、で、でます!」
そういうとキュウマのペニスはペニスをスバルから抜き取り、精液がスバルに目掛けて飛び掛った。
それは、スバルの顔を汚していく。
「いっぱいでたな!んっ、おいしい!」
スバルが自分にかかった精液を指ですくい舐め始める。
その姿にキュウマにあった、ほんの少しの理性は見事に砕け散った。

 

707 :名無しさん@ピンキー  2009/12/14(月) 23:26:00 ID:xe0rphgF  
「あぁああん、おっきぃよぉお」
スバルのアナルにはキュウマのペニスが挿入されていた。
キュウマは、ゆっくりと出し入れを繰り返す。
もちろん、スバルへの愛撫も忘れない。未発達なスバルのペニスを手で揉み扱く。
しごくたびに「はぁあん、きゅうま、きゅうまぁあ」と甲高い声が部屋に響く。
キュウマはスバルを抱きかかえ、所謂騎乗位にする。
根元まですっぽる入るキュウマのペニス。
「ああぁあ、きゅうまぁ、ぜんぶぅ、ぜんぶっ、はいってるぅ」
喘ぎながら、必死に腰を動かすスバル。
キュウマはその姿に愛おしさを覚えながら、自らと、大切な主の快楽を与えるため、下からつきあげる。
「あぁあ、でるよぉ、でる、でるぅ〜」
「自分ももう限界、くっ!」
スバルのペニスから精液が勢いよく出てくる。
それと同時に、キュウマの精液は、スバルの体内を蹂躙していく。

「きもちよかったな!またやろう!」
すべて終わったあと、キュウマは底なしの罪悪感に苛まれていた。
いくら、主からの命令とはいえ、大事な主君の子息に取り返しのつかないことをしてしまった。
しかもこれが初めてではない。キュウマは、切腹を覚悟した。
「また、やろうな、キュウマ!」
キュウマを覗き込むスバル。
(そうだ、自分はスバル殿を護るとリクト様に誓った)
キュウマがスバルを抱きしめ、耳元で囁く。
「御意」



「ちょいとキュウマや」
スバルを抱きかかえ、部屋に送った後、キュウマはミスミに呼び止められる。
「はい、なんでしょうミスミさま」
キュウマが問いかける。ミスミは眉を八の字にしながらキュウマに答えた。
「確かに、兵の精液は摂取したものの力になる・・・やめろとはいわんが、せめて、声を抑えてくれ」
キュウマの顔が凍りつく。そして、切腹しようとミスミに介錯を頼むのはまた別のお話

〜おしまい〜