ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

少年戦士ジリオン最大の危機:第3話 329-332


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

329 :名無しさん@ピンキー 2010/05/16(日) 00:03:00 ID: GTE1BUxV
    続編投下します。



    「少年戦士ジリオン最大の危機」

    何度見ても滑稽だな。先日の監視カメラの映像を見ながら、本当にそう思う。
    軍服を着た筋骨隆々の男が、手足を拘束された一見少女のような風貌の少年に、睨みつけられて退散する光景。
    「笑えない冗談だ」
    そう呟くがあの時感じた恐れは紛れもない本物なのだ。こちらに恐怖を感じる要素など一つもありはしないのに。
    むしろ本来震えるべきは奴の筈だ。俺は一体奴の何を恐れてる?敗北を重ねたトラウマとでも言うのか?
    「・・・・・・馬鹿馬鹿しい」
    そう馬鹿馬鹿しい。奴に何を感じようが今は何も出来ないただの子供だ。それをなぶり尽して、その先の顔を知りたかったのではないのか?
    しかし腹立たしい事に今の俺は、恐怖と何か得体のしれない感情に支配されている。
    「軍人失格かもな・・・」
    そうやって答えの出ぬまま眠るしかなかった。もしかしたら奴の最大の武器は、あの戦闘スーツなどではないのかもしれん。



    「今晩はザロフ将軍閣下」基地に入ると待っていたのは無機質な副官の声ではなかった。
    「ベネド・・・参謀?生きていたのか?」
    「正直死にかけましたけどね」
    俺の目の前いる長めの銀髪と、美貌を持つ帝国軍の軍服を着た少年ーーーー実年齢は知らんが見た目は少年のこの男。
    紛れもないベネド参謀だ。てっきり皇帝と共に死んだと思っていたが。
    「意外ですか?ボクが生きているのが」
    そう悪戯っぽい笑みを浮かべる。皇帝の遠い親戚にあたるらしいが、やはりこいつとは馬が合う気がしない。
    「あんたは皇帝のお気に入りだったからな。ジリオンにやられてなくとも、殉死でもしたと思ってたよ」
    「手厳しいですね閣下。まあ閣下のような方からすれば、陛下の寵臣にすぎないボクなど気に入らないのは分かりますが」
    「・・・・・・否定はせん」
    相変わらず何を考えてるか分からん男だ。腹芸では勝てそうもない。
    「それで参謀殿は何か用で?帰還命令なら出ていないが」
    「閣下は奴を、ジリオンを捕えているらしいじゃないですか」
    「・・・・・・なぜ、それを?」
    「ちょっとこの基地のシステムを拝見させて貰いまして」
    油断も隙もないなこいつは。
    「監視カメラの映像も見させていただきました。・・・・・・しかし失礼を承知で言わせて貰えば、少々手ぬるいかと」
    「ほう俺が手ぬるいと」
    「はい。閣下は今の所奴を抱いて射精させただけです。しかしジリオンの心は全く折れていない。」
    俺に対する皮肉のつもりか?当然あの逃げ出した映像も見ているだろう。
    「実はボク軍に入る前は陛下直属で、めぼしい捕虜を男女問わず奴隷に堕とす仕事をしてまして」
    「つまり、奴を参謀殿が調教なさると?」
    「ええ、できればお願いしたいんですよ。陛下の無念を晴らすためにも」
    その言葉と表情には、ジリオンへの深い憎しみが見てとれる。 大した忠誠心だ。
    「あいつの正義の味方の仮面を引き剥がして、チンポ狂いの奴隷にしてご覧に入れますよ」
    自信たっぷりだな。それと前線にほとんど出ていない強みか、奴に対する引け目のような物が全くない。
    「ジリオンは手強いぞ?参謀殿が、これまで堕としてきた連中と一緒にしない事だ」
    「ご心配なく閣下。十分理解してます」
    正直いけ好かない人間だが、やらせてみる価値はあるか。
    「いいだろう、では明日から・・・」
    「明日?今からで十分ですよ」
    「こんな時間にか?」
    「こんな時間だから良いんですよ。ゴッツゴも今日は必要ないです」

330 :名無しさん@ピンキー 2010/05/16(日) 00:07:14 ID: GTE1BUxV
    ベネドを先頭に二人が牢に入ってくる。純也は全裸にされており手錠は後ろ手、足も棒に縛られている。
    そのため股間と肛門が丸見えになっており、その趣味の人間なら堪らない姿だろう。
    「・・・これは?」
    「副官さんに頼んでおいたんですよ。奴隷に服など必要ないでしょ?」
    当然の事のように答えるベネド。
    「お久しぶり純也君。憶えてる?言っておくけどボクは閣下みたいに、優しくないよ。人間でいられると思わないでね」
    「ンンフゥッ!」
    ベネドの脅しめいた言葉にも、純也は引く事なく睨みつけている。
    「正義の味方はカッコイイねぇ・・・どんな状況でも諦めないって事?でもこれはどうかな?」
    「ンフウッ!?」
    ベネドは純也の股間の柔かい玉を握り締めている。
    「ここを潰されてもそんな顔できる?」
    (なるほど・・・暴力で恐怖を与える気か)
    急所をそんなふうにされて痛くない筈がない。純也の顔が苦痛に歪む。
    「止めて欲しかったら、もっと媚た顔してご覧よ。早くしないと純也君女の子になっちゃうよ?」
    「ムムゥ・・・ン」
    轡の奥から声も苦しそうだ。しかし挑むような顔は変わらない。
    「へぇ確かに良い精神力だね。それに免じて止めてあげるよ」
    純也の股間から手を離すベネド。完全に弄んでいる調子だ。
    「でもね・・・・・・そんなの無駄だから♪」
    そう笑いながら言うと、ベネドは鞭を取り出す。SM用などではない皮製の本格的な物のようだ。
    「これ何に使うか知ってる純也君」
    「ンムゥ・・・」
    知らない訳がない。これからされる事を想像し、純也は体中に力を込めた。
    「そんなに固くならないでよ。オチンチンは固くして良いけどね」
    その言葉と同時に振り下ろされる鞭。そして独特の破裂音が牢内に響く。
    「どう?一度やっつけた連中に裸にされて、鞭で打たれる気分は?悔しかったら反撃してみなよ」
    ベネドが鞭を振るう度に皮皮がぶつかる音が聞こえ、幼いペニスが揺れ同時に純也の白い体に赤黒い痣が増えていく。
    痛みを感じている事は間違いないだろうが、純也は悲鳴も上げず歯を食い縛っているようだ。
    「悲鳴一つ上げないなんて、純也君強いんだー」
    (バランスの取れた絶妙な叩き方だな。あの話もホラではないかもしれん)
    「我慢したって苦しみが増えるだけなんだけどね」
    そうしている内に純也がうつ伏せになると、臀部が集中的に打ち据えられる。
    「フゥガァァッ!」
    「お、ようやく鳴いてくれたね。お尻が弱点かな?」体を動かす暇を与えず、尚も鞭が振るわれる。もはや純也の尻は猿のそれのようだ。
    「悪い子にはこうやってお仕置しなきゃね」
    そう言って本当に家畜を見るような目で、純也を見下ろすベネドとそれを変わらぬ目で見返す純也。
    (まだ参らないのか・・・・・・それでなくても泣くかお漏らししてくれると思ったのに)
    「参謀殿よまさかそれで、終わりじゃないだろうな?全く屈していないようだが」
    「閣下まあ見てて下さいよ」
    ザロフを一瞥しベネドは軍服を脱ぎ捨て、尻を突き出した格好の純也にのしかかかる。
    「今度は飴をあげるね。ボク特製の」
    ベネドのものは既にそそり勃っている。顔に似合わぬ逸物だ。
    「前も後ろも初めては閣下に取られちゃったけど、今日は女の子みたいにお尻だけで逝かせてあげるから」
    (肉体的な苦痛の後に悦びを与えるSEXか・・・確かに堕とすには有効だろうな)

331 :名無しさん@ピンキー 2010/05/16(日) 00:13:25 ID: /fIKZ6z5
    ベネドがローションを純也の菊門に塗り、すぼまる入り口に狙いをつけて先端を入れ込む。
    「ファァッ・・・クゥ・・・」
    二回目で慣れる筈もない。亀頭が入っただけで純也の体は震える。
    「狭いねぇ純也君。閣下のじゃ物足りなかった」
    そう言いながらぐりぐりと体重をかけてペニスを突き入れていく。
    「おぉ・・・聞いてたとおり凄い締め付けだ。君本国なら一級品の男娼に成れるよ」
    (うるさいっ・・・僕はそんなんじゃ・・・ああっ!?)出入りが始まり二人の接合部はぐちょぐちょと、淫猥な音を立てる。その時今まで感じた事のない感覚が純也を包んだ。
    (な、内臓が引っ張られたり押されたりしてる・・・)
    「ボクのチンポはどうだい?ゴッツゴが起きたら、閣下とどっちが良かったか聞こうかな」
    (舐めた事を・・・)
    「んふふ、純也君けっこう感じてきてるでしょ?これからもっと気持ち良くなるからね」
    そう言ってベネドは腰使いを変えて出し入れに角度をつける。
    「アッ・・・フウァッッ!」
    それによって純也の前立腺が動きに合わせて、刺激を受けていく。
    「あれぇ?純也君のおチンポ大きくなってるよ。もしかしてお尻で感じてるの?」
    その言葉通り純也の意思とは関係なく、 ペニスは硬度と大きさを増していた。
    (な・・・なんでこんな気持ちになるの?)
    「地球人の皆が見たらどう思うかな?この星を守ったヒーローがお尻を掘られて、おチンチンを大きくしてるなんて」
    純也の顔はもう羞恥心と屈辱に塗りつくされている。
    (まボクと将軍のテクの違いと、ローションに混ぜた媚薬のおかげかな)
    「ムウゥゥッッ!」
    純也は体を捻って何とか逃れようとするが、ベネドはさらに純也の乳首を愛撫し始めた。
    「ン・・・フゥ・・・」
    「おっぱいも気持ち良いんでしょ?」
    乳首が指の腹で転がされ、爪で軽くひっかかれる。そしてそれら全てが純也の中で快感に変わっていく。
    (何で・・・何でこんなになっちゃうの?僕の体おかしくなったの?)
    いかに精神が強固な人間でも、身体反応を完全に抑え込むなど不可能だ。むしろ抑えようとすればするほど、反応してしまう。
    「ンブッ・・・ガグゥ・・・・・・」
    そして耐えきれなくなったのか、純也のそれから白い液体が溢れる。それを手にとってベネドは満足そうに笑う。
    「良く出来ました。ご褒美に中で出してあげるから」
    (やめろ・・・そんな風に言うなぁぁっ!)
    純也の中でベネドが果て、内臓に精子が振りかけられる。
    (さぁ~て効果あったか?)
    「参謀殿よ見てみろ、ジリオンの顔を」
    ザロフに促され、ベネドが前に回りこみ純也の顔を見る。その顔は先日ザロフに向けたものだった。
    「腹がたつなぁ・・・ま~だそんな顔が出来るんだ。ボクが嫌いな顔だよ」
    心底そう思っている口調で言うベネド。
    (快楽に嵌り込むこともなし・・・か)
    「その生意気な目をえぐりとったら少しは従順になるのかい?」

    そう言って純也の眼球に手をかざす。そのまま本当に目をえぐり出しそうな雰囲気だ。
    「参謀殿よそこまで俺は認めていないぞ」
    「やだなぁ閣下冗談で・・・ぐぇっ!?」
    ベネドがザロフの方を向いた瞬間、純也が頭突きを放ったのだ。 攻撃されるとは思っていなかったベネドはまともにくらう。

332 :名無しさん@ピンキー 2010/05/16(日) 00:20:20 ID: /fIKZ6z5
    「がぁっ、げぼっ・・・」
    ベネドの形の良い鼻からは血が溢れている。
    「クックックッ・・・どうした参謀殿。反撃出来るなら、してみろと言ったのは自分だろう?」
    顔を押さえて痛がるベネドを見てザロフは笑う。
    「閣下・・・・・・無様な所を見せてすいませんね」
    立ち上がりザロフに笑顔を返すベネドだが、その目は笑っていない。
    「純也君・・・君はすばらしいよ真の勇者だ。でもバカだ。捕えられた者が反抗すると、どうなるか教えてあげよう」



    それから数十分後二人は牢から出ていた。
    「あれは頭突きをくらった仕返しか?」
    「・・・まさか、閣下の仰るように一筋縄ではいかないと判断したんですよ」
    「それであれか」
    「ええ、数日あの状態にしておけば少しは効果があるでしょう」
    ベネドはそう言って垂れてきた鼻血を舐めた。
    静かになった牢内では規則的な機械と、純也のか細い声だけが音を発している。
    「ンッ・・・フゥ・・・」
    純也はあの後目隠しとヘッドホンをされ、乳首には小さいローターがテープで止められている。
    さらにペニスは皮を剥かれて乳首と同じローターが4つ振動しており、肛門からは小さくないディオルドが生えている。
    「ムゥ・・・・・・アアッ・・・」声と共に純也の腹に自分の精液が飛び散る。もちろん機械は止まらない。これから何度逝かされるのだろうか。
    何も見えず聞こえない暗闇の中で、色責めを受ける。普通の子供なら正気ではいられないだろう。
    (負けるもんか・・・絶対に!)
    それでも純也は耐える。自分の心と希望を信じて。