ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

:第一話  地獄の断頭台


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

15 :第一話  地獄の断頭台:2006/07/18(火) 02:19:31 ID:zyS8Yy8B
「ん~・・・?お兄さんどうかしたの?」
本来であれば今日は一ヶ月間の労働の報酬が支払われる
とても、喜ばしい日なのだが
「大した事じゃないさ…ただなぁ……男の甲斐性というか」
「変なの~」
正直に、年下の少年よりも、給料安くて凹んでました。
などと言う事は出来ずに、ベッドの上に寝そべり読書中の
少年にゆっくりと襲いかかる。
「うわっ・・・まだ、こんな時間だよ?」
青年を押し退けようともせず、この前のお出かけで購入した
水色の置き時計を首だけ動かして指し示す。
「平気平気!昼めしまで時間はあるさ……
それに、二週間振りだぜ…俺達の休み重なったの」
猫の耳を模したカチューシャをずらさないように
器用に指を手触りの良い髪に這わす。
「…しようぜ…ツィー…」
敢えて直接的な言葉を、耳たぶを甘噛みしながら囁いてみる