ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

無題(お兄さんとショタの熱いセックルバトル! )


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

329 : 名無しさん@ピンキー : 2010/10/09(土) 22:40:26 ID: 8gFdgPSE
    お兄さんとショタの熱いセックルバトル!
    イクかイカされるか、お兄さんのテクニックと若さに任せたショタのリビドーのぶつかり合い!
    戦い終えて芽生える友情、はたまた愛情?
    そして忍び寄る新たなるライバルの影・・・

    こんな感じのヤツ?

330 : 名無しさん@ピンキー : 2010/10/10(日) 01:47:43 ID: LojRNzBp
    >329を具体的に想像してみた

    「俺のターン!<脱衣命令熱視線>!!」
    (うぅ、抵抗しないと、お兄さんの熱いまなざしに負けて脱いじゃうっ!)
    「ぼくのターン!<困った顔で上目遣い>及び<許してお願いのポーズ>で防御力UP!!」
    「ふっ、やるな。しかしそれはこちらの『劣情レベル』と『嗜虐心ポイント』の双方を上げてしまう諸刃の剣!」
    「ああっ?! それはまさか、伝説の超レアアイテム<ビッグ・コック>!!」
    「さらにレアアイテム<バイア・グラ>と合わせることによりレベルアップ! 膨張率・持続力・強度がマキシマムになる!!」
    (こ、こんなので攻撃されれば一発でOUTだっ・・・)
    「ぼ、ぼくのターン! <素肌にワイシャツ>プラス<ウブな愛撫>発動! これによりさらなる興奮を呼び、<ビッグ・コック>の暴発を誘う!!」
    「なんだとおっ?! 圧倒的な不利にありながら視覚と触覚の双方に働きかけ一発逆転を狙うとは!! さすが天才ショタの異名を持つだけある」
    「いける・・・! <濡れたまなざし>と<桃色素肌>、それに<熱い吐息>をセット! このトリプルトラップからは逃げられない!」
    「常人ならここで暴発、ゲームエンドだったろう。だがお兄さんチャンピオンを侮ってもらっては困る。特殊スペル<素数を数える>っっ!!!」
    「なんだ?! あんなにいきり立っていた<ビッグ・コック>が鎮まっていく?!」
    「お前は小細工を弄しすぎた。<ビッグ・コック>の効果発動<シンクロ・エレクト>!!」
    「な、なんてこと・・・・・ぼくの、ぼくの<フェアリー・コック>がぁ・・・・っ!」
    「俺を興奮させようと図るあまり、自分も興奮していたことに気づかなかったのがお前の敗因だ。さあ、最後の切り札<キューティ・アナル>を出すがいい!」
    「くっ!! あれはライフの消耗が激しすぎる・・・! でも、負けるわけには!!」
    闘いはクライマックスに達し、搾り取ろうとするショタとイかせようとするお兄さんの最後の攻撃が交差する。
    それを見守る一つの影があった。
    「ふふふ・・・このオヤジキングの高みまで上がってくるがよい、二人とも。そのときこそ究極の<アーーーッ!>を授けよう」
    「イクぞっっっ!!」
    「ふあああああああああっ!!」
    崩れ落ちる二つのシルエット。やがてよろよろと立ち上がったのは・・・・