ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

:ツンデレショタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

293 :名無しさん@ピンキー:2008/05/14(水) 14:49:09 ID:DgmsHrKe
落ち着け、同人もやってるのはほとんど素人だw

チラ裏だが、ずっとセクハラしまくってるツンデレショタに、急にそっけなくして焦らせる妄想がマイブームだ
「ずっとお前がえっちなことされるのが嫌だって言ってたからやめてやったんだよw」とか
「俺もそろそろ結婚とか考えねえとなぁ」とか言って涙目にしたい


294 :名無しさん@ピンキー:2008/05/14(水) 18:45:38 ID:D47Qiffl
ぴんぽーん、と玄関のチャイムの間抜けな音が鳴る。
ついで、どんどんと乱暴に薄い木造のドアを叩く音、舌足らずに悪態をつく可愛らしい声が響いた。
(おいおい、壊れちまうぞ?)
危なげに揺れるドアを苦笑いで見つめながら、男は立ち上がって玄関へと近寄った。
咥え煙草のまま、ゆっくりと狭い部屋の中を進むと、ドアの外で暴れている人物の可愛らしい声が大きくなる。
なんやかや言いながらも帰ろうとは思いつかないらしい。
にやりと笑いながら、首の後ろをがしがしと掻き毟り、男はジーンズのポケットに片手を突っ込んだ。
(もーちょい待たせとくのも、いいかもな)
寛いでいたままの、何も身につけていない上半身はよく日に焼け、筋肉が隆起している。
玄関に続く廊下の壁に寄りかかり、男は煙草一本分の間、可愛い悪態を堪能することに決めた。

「はいよ」
「おっそいんだよ!」
「はいはい、帰っても良かったんだぞ?」
ようやく吸いおわった煙草を、玄関の靴箱の上に置いてあったジュースの缶で揉み消して、男はドアを開ける。
そののんびりとして様子に、更に苛立ちを刺激されたように、ドアを蹴飛ばしていた人物――小柄な少年は亜麻色の髪を逆立てて噛み付いた。
本人は、怒りをあらわしているのだろうが、男には可愛い猫がじゃれついてきているようにしか思えない。
つり目がちの大きな瞳には、興奮のためかうるうると涙が浮かび、薔薇色に上気した頬とあいまって、妙に男心を誘う。
「な、何いってんだよっ! 来いって言ったのアンタだろっ!」
「だから、俺がいなかったなら帰ればいいだろーよ」
「いたじゃねえか!」
にやにやと笑う男の言葉に、少年は傷ついた表情をして怒鳴り返す。
怒りの為かふるふると全身が震えている。ハーフパンツから覗く白い脚がカタカタと震える様子に、興奮しつつも冷静を装って男は続けた。
「べつに無理してこなくてもいいぜ?」
「…………なっ……なんだよ、急に」
ますます傷ついた様子で、少年は俯く。猫っ毛の髪がふわりと揺れて、血の気の引いた可愛らしい顔立ちを覆った。
「いや? まあ、さんざん悪い遊び教えといて今更だけどな。お前が嫌ならやめとこうと思って」
「………………」
「それにまあ、そろそろ結婚も考えないといけないしな、俺も。いつまでもお前と遊んでられねえし」
そう言って笑った男を、少年はハーフパンツの裾を握り締めて睨む。
露わになった太ももは、白く柔らかく、とびきり甘いことを男は知っていた。
予想以上にそそる反応を見せる少年を、にやにやと見つめながら、男は今日の「遊び」を考える。

元から手放すつもりはないし、結婚の予定も全くないが、少年のこの動揺が見られるのなら、女と付き合うのも悪くはない。
我ながら人の悪い考えに苦笑しながら、ふるふると震える少年を見つめて男は満足げに笑った。




293にありえないほど萌えたのでやってみた。
燃え滾るぜツンデレショタあぁぁぁぁ! 誰か書いてえぇぇぇぇ!


295 :名無しさん@ピンキー:2008/05/14(水) 21:53:22 ID:DgmsHrKe
293だが、妄想を形にしてくれてありがとう!
SS書けたら自分も書くんだけどな…
ツンデレショタはよいものだ。

さあ、早く今日の遊びについてkwsk書く作業に戻るんだ!











297 :ツンデレショタ:2008/05/14(水) 23:59:24 ID:D47Qiffl


じゅる、ぴちゃぴちゃ、じゅるるるっ―――。

卑猥な水音が、狭い部屋の中に響く。
頬を真っ赤に染めて、自分に奉仕する少年の健気な様子にも、男は無関心な様子でゆうゆうと煙草をふかす。
紫煙が漂う畳張りの部屋の中で、ジーンズの前だけを寛げた男はにやにやと笑いながら、目の前に跪いた少年を見つめる。
「美味そうだな、祐樹?」
「んむっ……むぐっ……んんんっ……」
からかうように笑った男に、少年――祐樹は抗議しようと男の性器から口を離しかけたが、男に頭を押さえつけられた所為でうめくことしか出来なかった。
「大好きなおちんちん咥えられて良かったな」
よしよし、と柔らかい髪の感触を楽しむように男は祐樹の頭を撫でる。
その優しい手つきに、どこかうっとりとした表情をした祐樹は、一層熱心に性器への奉仕を続けた。



298 :名無しさん@ピンキー:2008/05/15(木) 00:01:04 ID:Vt4VC3ka
「ま、今日は帰れよ」
「……あっ、アンタがっ……来いっていったんだろっ!」
「だから、嫌ならやめてもいいって言っただろーがよ。お前、嫌なんだろ?」
玄関の前で言い争う二人の姿は、会話だけならまるで恋人同士の痴話げんかにも見える。
男の言葉に頬を染めて言い返す祐樹は、すらりと伸びた健康的な手足をバタつかせて不満を露わにした。
冷たい様子で言い返す男を、上目遣いで見つめると、祐樹は目を逸らして呟く。
「……べつに……嫌じゃねえよ……」
その呟きに、男は唇を吊り上げて祐樹の顎を片手で掴む。
強引に顔をこちらに向けさせた男は、必死に男から目を逸らす祐樹の耳元に低い声で囁いた。
「嫌じゃねえのか? ここに来んの」
「…………嫌じゃ、ない」
男の囁きにびくりと肩を震わせながら、祐樹は弱弱しく男の言葉に頷いた。
「じゃ、好きで来てんだな? 俺に悪戯されたくて、来てんだな?」
「…………」
「言ってみろよ、祐樹。お兄ちゃんにいっぱい弄って欲しいって、な? おちんちん大好きだもんなあ、祐樹は?」
くすくすと笑いながら、男は言葉で少年を嬲る。
恥ずかしさと悔しさで、顔を真っ赤に染めた祐樹は、黙りこくったままだ。
「なあ、言えって。今日もエッチな祐樹でいっぱい遊んでくださいって」
「……ば、馬鹿じゃねえのっ! この変態っ!」
精一杯の抵抗のように、涙目で叫ぶ祐樹を全く意に介さず、男は少年のハーフパンツの前を掴んで笑みを含んだ声で囁く。
「人んちの玄関の前でおったててるお前に言われたくねえよ」
「ひゃぁっ……や、やめろばかぁっ!」
ぐりぐりと弄くられて、すっかり勃ちあがった可愛らしい膨らみから、必死に男の手を引き剥がそうと祐樹は叫ぶ。
「ほんとはやめて欲しくねえんだろ?」
「やっ……ばか!ばかぁっ!……ひゃうっ……ううっ」
泣き出しそうに顔を歪めて、男の乱暴な愛撫に懸命に耐える祐樹は、男の劣情をそそる。
「ふぅう、ひっ……やだ、やだぁっ……やめろよお……」
「だから、早く言えって。おちんちん大好きな祐樹で今日もいっぱい遊んでくださいってさ」
鼻に掛かった甘い声で喘ぐ祐樹の痴態を、にやにやと見つめながら、男は耳に舌を這わせる。
背筋のぞくぞくするようなむず痒い快感が、祐樹の全身に広がっていく。
「……あぅっ、お……おちんちん、大好きなっ……ゆうきでぇっ……遊んでくださいぃっ」
「おう、いいぞ」
恥ずかしさでめそめそと泣き出した祐樹の頬に、なだめるように口付けを落としながら、男は彼を玄関から部屋の中へと招き入れた。




299 :名無しさん@ピンキー:2008/05/15(木) 00:01:37 ID:D47Qiffl


六畳ほどの畳張りの和室には、万年床と化している布団一式と小さなテーブル、そして座布団とテレビ程度しか家具は無かった。
1Kの部屋の中ではそこそこに上等の部類ではあったが、どこか古びいていて陰気臭い雰囲気は否めない。
殆ど何も無い部屋だが、無数の煙草の空き箱と酒瓶が転がっていて、こざっぱりしているとはいい難かった。


「相変わらず、汚え部屋」
さっきまで泣き出しそうな顔をしていた癖に、もうふてぶてしい態度を見せる祐樹の言葉に苦笑しながら、男は布団の上に座った。
とんとん、と箱から取り出した煙草をテーブルに叩きつけライターで火をつける。
「うるせえよ」
笑いながら煙を祐樹の顔に吹き掛けて、煙草を揉み消すと男は言った。
けほけほと咽る彼を引き寄せて、自分の膝の上に座らせ、Tシャツの裾を捲り上げる。
「自分で咥えとけ」
男はシャツの裾を祐樹の口元に咥えさせ、滑らかな肌の感触を楽しむように手を這わせた。
無骨にかさついた手が、白い肌の上を行き来して、ぷっくりと膨れた乳首の上を掠めていく。
「うう……ふぅぅっ……」
「可愛くおねだりされたら、仕方ねえよなあ。今日もたっぷり遊んでやるぜ?」
もどかしい愛撫に、シャツをかみ締めて耐える祐樹の横顔に笑いかけながら、耳を甘噛みする。
「やっ……ああんっ……ひゃぁぁっ!」
「おいおい、ちゃんと咥えとけよ」
ぐりぐりと桜色の乳首を押しつぶし、容赦なく摘み上げる。
あまりに強い刺激に、シャツを離して喘ぐ祐樹に、男は呆れたようにそう言った。
「だ、だって、だってぇ!」
「しょーがねえなあ」
身を捩じらせてきつい快感から逃れようとする祐樹を押さえつけ、男は更に乳首を弄り続ける。
「もっ、もうやあっ……おちんちん弄ってぇっ!」
「はいはい」
我を忘れた可愛い鳴き声に、男は素直に頷いた。
乳首への愛撫に反応して既に勃ちあがっている性器を、ハーフパンツの上から握りこむ。
「ああっ……いたっ、いたいいっ!」
「痛いのも好きだろ?」
遠慮のない手つきで、乱暴に手を上下させた男は笑いを崩さずに祐樹の耳元に囁く。
ハーフパンツと下着で摺られる痛みに、咽び泣きながら祐樹は首を激しく振った。
「やあっ……いたいのやだぁっ……!」
「じゃー、こっちだな」
少年の懇願に、仕方なさそうに首を捻った男は、ずるりとハーフパンツと下着を一緒に引き抜く。
突然外気に晒された祐樹の性器は、下着からとろりとした糸を引いて慎ましくそそり立っていた。
ピンク色の可愛らしい性器は充血して赤く染まり、ふるふると震えている。
「ひゃぅっ……おしりっ……おしりぃっ!」
「おーおー、祐樹はケツ好きだなあ」
無遠慮に小さな窄まりに指を突っ込むと、男はその狭さを楽しむようにぐりぐりとかき回す。
ひくひくと脚を引き攣らせ、祐樹はだらしなく口を大きく開けて涎を垂らした。



300 :名無しさん@ピンキー:2008/05/15(木) 00:02:08 ID:D47Qiffl
「祐樹、どうして欲しい?」
「あぅうっ! おしりぃっ! おしりにっ! 熱いの欲しいぃっ!」
意地悪く性器に指を這わせ、後ろの穴を掻き回す男の言葉に、正気を失くした祐樹は叫ぶ。
じくじくと溜まる熱は、既に祐樹から理性を奪い去っていた。
「ケツに? 何が欲しいんだよ」
「やぁあっ! お、お尻にぃっ! お兄ちゃんのっ、おちんちん挿れてぇっ!」
意地悪く問いかける男に、顔を真っ赤に染めて、祐樹はあられもない言葉を口にする。
既に慣らされている後ろの穴は、男の蹂躙を待ち望むかのようにひくひくと蠢いた。
「よーしよし、じゃ、挿れてやっから、祐樹が準備しろよ?」
「……ふぇっ?」
唐突に指を引き抜かれ、半端に昂ぶらされた身体を放り出された祐樹は、男を潤んだ瞳で見上げた。
「ケツに挿れて、掻き回して欲しいんだろ? たっぷり注ぎ込んでやっから、お前が舐めて準備しろよ」
「……うっ……」
「やならいいぜ?」
ジーンズのジッパーを下げ、トランクスから取り出された逸物に唾を飲む祐樹をからかうようにして、男は言い放つ。
「な、舐めればいいんだろっ!」
戸惑いを、なんとか押し込めて喧嘩腰に怒鳴る祐樹に、男は首を振る。
「ちげーだろ。俺は別にお前じゃなくてもいいからな」
「………………」
「お前がどーっしても、ケツに挿れて欲しくて仕方ねえみたいだから、付き合ってやってるんだぜ?」
にやにやと笑いながら、常とは違う冷淡な微笑を見せる男に祐樹は傷ついた表情で俯く。
「だからほら、お願いしろよ」
「なっ、なんでだよっ!」
「おちんちん舐めさせてくださいって。祐樹のケツに突っ込んで欲しいって、さ」
少年の反抗を楽しむように、男はにやにやと笑う。
じくじくと疼く熱に苛まれている祐樹は、身体をくねらせながら、考え込むように俯いた。
男は小さな身体を膝の上で反転させ、俯いた顔を無理やり掴んで目を合わせさせた。
「ほら、言えよ」
「……お、おちんちん……舐めさせて、ください」
「いいぜー?」
促されて、恥ずかしい言葉を口にした祐樹は、飄々と笑う男を睨みつける。
膝から下ろされ、性器を鼻先に突きつけられ、戸惑うように自分を見つめる祐樹に、男は自分の征服欲が満たされていくことを感じた。
「んっ……んむっ……」
「ちゃんと舌つかえ、歯ぁ立てんじゃねえぞ?」
跪いて四つんばいになった祐樹は、暫く迷っていたようだが、ついに男の逸物へと舌を這わせはじめる。
その様子を満足げに見つめて、男はテーブルを引き寄せ、再度煙草に火をつけた。