ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

:無題(即興)

261 :騎士 ◆0TvaEdYYAk :2008/05/09(金) 01:44:32 ID:oFUg4obm

薄暗い一室で、年端もいかない少年の怒り混じりの喘ぎが響いた。
「どうした、抵抗がやんだな。そんなに俺のチンポを気に入ったか?」
「ふざっけんなあぁ、あ、あ、あ……あひゅうううう!?
ほっ、おほおおおおおうぅ!んほっ、ほひいいいいいい~~~~~~~!?」
ヌッチュ、ヌッチュ、ヌッチュ…!
ジュッコジュッコジュッコジュッコ!!
「くおお、いい感じでケツ穴のヒダヒダが、チンポに美味しそうに吸い付いてくるぞ…!」
適切な表現で少年のアナルを説明する男。
額や首筋に汗を浮かばせ、ペニスを包む快楽にひたすら溺れている。
そして、これまた全身を汗にまみれさせた少年は、その陵辱を
心ではこばみながらも、肉体はほぼ陥落しつつあった。
「殺すっ、お前ぜったいころっひぎゅううう!?はうっ、おっ、ほごおおおおお!
エヒッ、ヒッ、ヒュキイイイイイイイ~~~~~~~~~~~!!」
甲高い声でアクメを告げる少年。
歯を硬く食いしばった口からは涎が何本も線を引き、ねばついて垂れ下がっている。
うつぶせでバックから犯され、ベッドシーツを強く握り締め
その甘美な責め苦に耐えて………いや、最後には、拒絶の言葉を吐いていたものの、
ほとんど受け入れ、魂は奈落へと堕ちていた。
「イッタな?また俺にケツをほじられてアクメしたな?
男の子のくせにエロいやつめ。そんなやつには俺のザーメンによる体内炎上の刑だな。
…ぐっうう、出るぞ、俺の臭いチンポ汁をぶちまけてやるぜ!!っごおおおおお!!」
ボビュッ、ボビュルルルルルルルウウウウッッ!!
「おっ、おおオうゥ、オぎゅウウうぅウウウウウうゥーーーーーーーーーーッッ!!
へっ、へぎい!!熱っ、あちゅぎゅいいいいいい!!すごおおおおおい!!
まっまたイクッ!おほっ、お腹焼かれへええええええ!!ケケケケケケツが火傷しゅるううう!
イグ、イグウウウ!イッグウウウウウウウウウ!!」
歯を食いしばるどころか、声を押し殺す忍耐もなにもかもを削り取られ、
少年は『ぶっ飛んだ』顔で歓喜の断末魔をあげまくった。

「もうちょっと強くなってからまた再チャレンジするんだな。でないと
負けたら、またお前がアヘり狂うまでズコズコするからな。しかと覚えとけ♪」
「う、うっさい!誰がアンタの言うことなんて聞くもんか!
すぐにまたバトルを挑んでやるからな、そっちこそ覚えとけ!」
「………言っておくが、今度負けたら外で犯すからな」
「へ?そ、外で!? ふ、ふざけんなよ!
だ、誰かに見られたら、ど、どうするん……そ、そんな、見られちゃうなんて、そんなの
こ、コーフンしちゃうよおお……じゃなくて!ああっこの変態バカ、即死しちゃええええっ!!」