ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

:~隣にいる君のこと・2~ (二次:MAJOR・沢村(仮想本田)×小森)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

367 :329:2005/04/07(木) 14:41:39 ID:JDOI4ZCp

~隣にいる君のこと・2~


放課後、俺がカバンに教科書とノートを入れていると、小さなため息が聞こえた。見ると、隣の席に
まだ座ったままの小森が俯いたまま暗い表情をしてる。
「おい、どーした小森?」
「え、あ……」
今になって俺のことに気づいたみたいな顔で、小森が見上げてくる。
「ご、ごめん……沢村君」
「別にいいけどよ。帰んねーのか?」
「うん……」
気弱そうに笑うのは小森のクセみたいなもんだけど、今日はいつもと違って見えた。……そうだ、少し
前まで俺たちがいじめてた頃の小森は、こんな風に笑ってたんだ。今にも泣きそうになるのを、笑う
ことで誤魔化しているような顔。
「何かあったのか?」
「……」
「話したくないなら、無理に聞くつもりねえけど」
「……沢村君……!」
いきなり小森が立ち上がって、俺の腕を掴む。
「あ、あの……。聞いてほしいことがあるんだけど……いい?」
「お、おぅ」
小森の勢いに押され、俺は思わず頷いていた。


368 :329:2005/04/07(木) 14:42:50 ID:JDOI4ZCp
小森が人のいる所だと話しづらそうだったから、俺は小森を連れて校舎の屋上に出た。
日差しはまだ強いけど、今日は風があって暑さもそれほど感じない。俺は大きく背伸びして、フェンス
の傍をぶらついた。
「…………」
小森はドアの前で突っ立ったままだ。こいつが言い出しにくいことって、一体なんだろう? さっぱり
見当がつかなくて、俺も話しかけづらい。とりあえず小森が言い出すのを、俺は待った。
「……ねえ、沢村君」
「ん?」
「沢村君は……えと……その……」
小森の奴、急に真っ赤になってもじもじしてる。その様子に俺はピン、ときた。ははぁん、そういうことか。
俺は小森に近づき、腕を首に回して無理矢理引き寄せた。
「うわっ!?」
「──で、誰が好きなんだ?」
「えぇ!?」
「気になる女の子がいるんだろ? ほら、話せよ」
「ち、違うよぉ!」
真っ赤になったまま、小森が叫ぶ。……なんだ、ハズレか。
俺は少しガッカリして、首に回していた腕を解いた。小森は喉の辺りを押さえながら、俺を上目遣いで
睨んでくる。
「もう、ひどいよ沢村君」
「わりィわりィ。でも、だったら何なんだよ」
「う、うん……。だ、誰にも言わないでくれる?」
「ああ」
……ここであっさり頷かなきゃ、俺もややこしいことに巻き込まれずに済んだんだよな。けど、この時の
俺にそんなことが分かるわけがなかったんだ。
小森はホッとした表情を見せた後、ゆっくり話し出した。
「あ、あのね……」


369 :329:2005/04/07(木) 14:45:37 ID:JDOI4ZCp
「──それで、僕……どうしたらいいか分からなくなっちゃって」
「………………」
「……沢村君?」
ちょ、ちょっと待て……。
俺はその場にへたり込みそうになるのを、何とかこらえた。小森の話は、その……アソコをいじって
気持ちよくなったとか、そういうことで……しかも、その時に想像してたのが、ほ、本田って……?
「ご、ごめんね、ヘンな話聞かせちゃって……でも、沢村君しか相談できる人、いなくて……」
小森は途方に暮れてる俺に気づかず、泣きそうな顔で言葉を続ける。
「こんなの、ヘンだよね……気持ち悪いよね……?」
「いや、落ち着け小森。今、頭ン中整理してっから!」
別にオナニーするのはいいんだ。俺だってやってるし。だけど、よりによって本田かよ!? 清水とか
ならまだ笑い話にできるってのに。
俺は頭を掻いて、どうしたもんかと考えた。
「小森は……その、男が好き、なのか?」
「え!? ち、違うよ! べ、別にそんなんじゃなくて……!」
俺の言葉に、小森は慌てて首を横に振る。
「だって本田の裸を想像しながらヌいたんだろ?」
「ヌく、って?」
「だから、オナニーのこと」
「……?」
小森の反応がない。……ってことは、こいつ……初めてだったのか? うわぁ……。
思わず俺もドキドキしてしまう。クラスのダチとはその手のワイ談もするし、こっそりエロ本を回し読み
したりしてるけど、小森はそういうのに入ってきたことなかったんだよな。つーか、小森はいつも本田に
ベッタリで、その本田が野球バカなんだから無理もねぇんだけど。


370 :329:2005/04/07(木) 14:46:55 ID:JDOI4ZCp
その時、俺の中でイタズラ心が急に湧いてきた。目の前で小さくなっている小森を見てると、ちょっと
前までいじめてた時のことを思い出してきて……いや、本気でいじめたいわけじゃないんだ。だけど、
小森を見てると、こう──かまいたくなるんだよな。
俺は小森に気づかれないように、軽く笑った。
「ん~……じゃあ違うのか」
「え? 違うって……?」
「なあ、小森。どうやって気持ちよくなったのか、今ここで見せてくれよ」
「!?」
「やっぱ直に見てみないと分かんねーじゃん。だろ?」
目を白黒させている小森を、そのまま勢いに巻き込んでしまおうと誘う。なんだかんだ言って、小森は
強引な手に弱い。こいつの気の優しいところを利用してるみたいで、少し悪い気はするけど。
「で、でも……やっぱり恥ずかしいよ」
「どうせ誰も来ないって。ほら、こっち来い」
俺は小森の腕を取って、給水塔の裏側に引っ張り込んだ。
「腰下ろせよ」
「う、うん」
「でさ……小森はどうやったんだ?」
戸惑いながら座った小森の隣に、俺も腰を下ろす。今まで気にしてなかったけど、こいつって半ズボン
なんだよな……。こうやって意識しちまうと、なんつーかエロい感じが……って、俺まで妙な気分に
なってどうすんだ。
俺は雑念を追い払って、できるだけ優しい声で話しかけた。
「やってみせてくれよ……小森」


371 :329:2005/04/07(木) 14:49:51 ID:JDOI4ZCp
「んっ……、はぁ……っ」
壁に寄っかかり両足を投げ出したカッコで、小森は半ズボンの上からアソコをこすっていた。その手つきは
ぎこちなくて、見ていて「ヘッタクソだなあ」と思うんだけど、小森はかなり興奮しているみたいだ。
けどこいつ、直接触らないんだな……。
「気持ちいいか?」
「う……うん……」
とろんとして焦点の合ってない目が、俺を見つめてくる。ズボン越しだけでこんなになっちまうなんて
……こいつ、実はすげえエロい奴なのか? 
俺はもっと小森の様子を見てみたくて、考えていたことを試すことにした。
「目、閉じろよ」
「うん……」
「初めてやった時は、何を想像したんだっけ」
「……ほ、本田君……」
恥ずかしいのか、小森の声が震えてる。けど、まだまだこれからだぜ、小森。
「どんな本田を想像したんだよ」
「ふ、ぅ……わ、笑ってる本田、君……や、優しく……んっ……してく、れる……本田君……」
「それだけじゃねーだろ」
俺は顔を近づけて、耳元で囁いた。
「言えよ。ナニ思い出してたんだ?」
「……っ、や、やだよ……い、言えな……んぅ」
「さっきは言えたじゃんか。ほら、言っちまえよ……チンコこすりながら、ナニ考えてた?」
「ん……っ、本田君……本田君の、……は、ぁ……はだ、か……ふぁっ」


372 :329:2005/04/07(木) 14:51:18 ID:JDOI4ZCp
小森の頬が真っ赤に染まって、つらそうに息を吐き出す。今、頭ン中で風呂に入ってた時の本田を思い
出したのか、小森の足がひくひく震えてる。
「本田の裸かぁ……俺、よく覚えてないんだよなぁ~。小森、教えてくれよ」
「……お、教えてって……?」
「あいつのチンコ、見たんだろ?」
「っ!」
びくん、と今度は小森の体が震える。
「デカかったか?」
「そ、それは……んっ、はぁ……はぁ……っ」
「なあ……言ってみろよ」
「……ぼ、僕と……同じ、くらい……」
「へぇ~」
つい視線が小森の股間の方に向かっちまう。もともとピッタリとした半ズボンだったから、チンコが
ボッキしてテント張ってるのを見て、俺はますます興奮した。エロ本を見てる時とはまた違う、妙な
ドキドキがする。
そういや他の奴がやってるところなんて、今まで見たことないもんな……。
「あ、思い出した。あの時さー、背中を流しっこしたよな。確か小森、本田の背中洗ってただろ?」
「う、うん……ぼく、僕……洗ったよ……くぅ…っ」
「その時、ドキドキしたか?」
「はぁ…はぁっ……ん……その時は……僕、んぁ……みんなとお風呂、入れて……はっぁ……楽しく、て
……ぼ、ぼく……嬉しく、て……はぁんっ」


373 :329:2005/04/07(木) 14:51:59 ID:JDOI4ZCp
う。
何だか小森の気持ちを踏みにじってる気が……。いやいや、こいつだって気持ちいいみたいだし、俺は
相談された立場なんだ! ちょ、ちょっとくらいは、さ……。
「じゃあ、さ……アソコも洗ってやれよ」
「え……っ!?」
「手にセッケンつけてさ……握ってみろよ」
「う、うん……あ、あふぅ……っ」
小森は自分のチンコをズボン越しに握って、喘いでいる。
「はぁ……はぁ……っ」
「本田のチンコも大きくなってるか?」
「んっ……うん、か、固くて……はぁっ……おっきい、よ……」
「じゃあきっと本田はこう言うぜ。『小森、もっとこすってくれよ』」
「……ほ、本田、くん……は、ぁ……!」
別に本田の声を真似たつもりはないのに、小森にはすげー効果的だったみたいだ。頭をのけぞらせて、
気持ち良さそうに本田を呼ぶ。
「本田君……はぁ……もっと、もっと……さわって、いい?」
「『気持ちいいぜ……小森。俺のチンコ、もっとさわってくれよ』」
「う、うん……はぁっ、ん……や、あぁ……」
ゴクッ。
や、やばい……。小森のいやらしい顔を見ているうちに、俺のアソコも固くなり始めていた。それに
今まで気にしたこともないのに、小森のアソコがすごく見たくなった。ズボンもパンツも全部脱がせて
ボッキしたこいつのチンコが見たい……。
自分の中でグルグルとそんな気持ちが渦巻く。もう我慢できなくなって、俺は──。
「こ、今度は……俺がこすってやるよ」
そう言って、小森の体を引き寄せていた。


374 :329:2005/04/07(木) 14:56:07 ID:JDOI4ZCp
「……ぇ……?」
戸惑う小森を無視して、俺は後ろから半ズボンに手を伸ばす。ビンビンにボッキしているせいで、ホックが
外しにくい。手間取っていると、小森がやっと俺のしていることに気づいたのか、暴れだした。
「さ、沢村君!? や、やめてよぉ!」
「何言ってんだよ、こんなにデカくしといて」
「! そ、それは……だって」
「もっと気持ちよくしてやるから……な?」
「…………」
小森が迷ってるのを見て、俺は人差し指でチンコの竿を撫でた。何度も何度も、指を上下させる。
「っ、はぁ……っ! や、んはぁ……っ」
「ほら、目ェ閉じろよ。本田にさわってもらってると思えって」
「………………うん」
小森の奴、耳まで真っ赤になってる。う……マジで可愛いなんて思っちまった……。でも俺はその気持ちを
抑えて、手を動かした。チャックを下げると、そこにはまぶしいくらいに白いブリーフ。時々、びくっと
動いているのがまたエロい感じがした。
俺はもう一度唾を飲み込んでから、パンツを脱がそうと指をゴムのところに引っ掛けた。
「だ、だめだよ! 沢村君!」
「風呂に入ってるとこ、思い出してんだろ? だったら脱いじまえ。その方が自然じゃん」
「で、でも……や、やっぱり、恥ずかしいし……」
「気持ちよくなりたいなら、言うこと聞けよ」
いじめてた頃みたいな、キツい言い方。小森の同じことを思い出したのか、怯えたような表情の後、
ぎゅっと目を閉じて大人しくなった。
ごめんな、小森……。でも俺だって、ドキドキしてどうしようもないんだ。


375 :329:2005/04/07(木) 14:57:03 ID:JDOI4ZCp
「……ちょっと腰上げろ」
「……」
ゆっくりと腰を浮かせた小森から、俺は半ズボンごと一気にパンツを下ろした。その途端、一度はパンツの
勢いに引っ張られたチンコが、ぶるん、と戻ってくる。俺は体の奥が熱くなってくるのを感じながら、
小森のチンコをじっと見つめた。
大きさは、ボッキしてる今でもそんなにデカくなっていない。細いし、皮も被ったまま。けど、肌色の
チンコがゆらゆら揺れている様子は、無茶苦茶エロい。
「『小森のチンコ、可愛いな……』」
「そ、そんなこと……ふあぁっ!」
俺の右手が小森のチンコを握ると、小森はたまらず悲鳴みたいな声を上げた。体をのけぞらせて、俺の
肩に頭を乗せるような感じで、気持ち良さそうに喘ぐ。
「『こんなにカチカチにしてさ……俺のチンコいじって、興奮した?』」
「あ、だ、だめ……本田君……や、やぁっ……は、んっ」
「『うわ、ビクビク動いてるぜ。小森ってエロいんだな』」
「そ、そんな……ふぁ……っ、ち、ちが……ぅぁっ」
竿とか先っぽの部分を揉んだだけで、小森の全身がびくびく震えてる。俺は少しやり方を変えて、チンコの
皮を上下させてみた。俺が手を動かすたび、ピンク色の部分が見えたり隠れたりを繰り返す。
「や、あぁっ……き、気持ち、きもち、いいよぉ……っ!」
「イキそうか?」
「……んぁ……イ、イキそ、う……って、……うぁっ」
「チンコから何か出そうだろ?」
「うん……か、ちんちん……はぁ…熱くて……はぁ……な、何か……ふぁ…あ!」


376 :329:2005/04/07(木) 14:57:33 ID:JDOI4ZCp
小森の脚がひきつったみたいに力が入る。イくのか!? 心臓がバクバク鳴ってるのが分かる。小森の
イクところが見られる──俺はたまらなくなって、右手でチンコを強くこすり上げた。
「や、ぁ……本田く…ん……っ。はぁっ、も、もう、だめ…ぇ……い、イっちゃう……ふ、あぁっ!」
「……『お前がイくところ、見ててやるよ』」
もうすぐだ。俺は小森をイかせようと、喜びそうな台詞を考えて囁いた。
「『好きだぜ、小森』」
「ぁ、あ──」
だけど、その途端。目を閉じて気持ちよさに浸っていたはずの小森が、目を開けて俺を突き飛ばした。
いきなりのことで、俺はバランスを取ることもできなくて仰向けに転ぶ。
「っわぁ!?」
「…………っ」
「な、何すんだよ小森! 後ちょっとで──」
体を起こしながら文句をぶつけようとした俺は、だけど……俺に背を向けて震えている小森の姿を見て
何も言えなくなった。
「…………っく……ぅ…………」
「こ、小森!? 泣いてんのか……?」
「…………ないよ」
「え?」
恐る恐る近づいた俺に、大粒の涙をこぼしながら小森が叫んだ。
「ほ、本田君が……僕のこと、好きだなんて……言うはずないよ! ……こんな僕のこと……ふ、ぅ……
友達だなんて、お、思ってくれるわけ……ないじゃないかぁ!!」
「小森……」
泣きじゃくる小森を前に、俺はどうすればよかったんだろう。ただ、小森の背中を何度も撫でてやる
くらいしか、今の俺には何もできなかったんだ……。