禁忌について

禁忌肢のみによる不合格者数

      不合格者数 禁忌肢のみ  合格基準 
105回 925 0 3問以下
104回 909 0 3問以下
103回 760 6 2問以下
102回 802 3
101回 1038 1

104回

結果


絶対禁忌

絶対禁忌:違法なもの、倫理的に許されないもの、患者が死亡するもの、患者を死亡させうるもの
★:選択者が大勢いると予想されるもの

A20 妊娠27週の切迫早産に対して、c.人工妊娠中絶
   ⇒法的に中絶できない週数であり法的禁忌肢。また殺人でもある。

A40 脳腫瘍による脳ヘルニアに対して、a.サクシニルコリン
   ⇒筋弛緩作用により呼吸が停止し、死亡する。

A44★ 褐色細胞腫に対して、b.副腎静脈造影
   ⇒造影剤によって高血圧発作やショックが誘発される。(禁忌にカウントされず)

A56★ 喘息患者に対して、b.β遮断薬点眼
   ⇒気管支が収縮し、呼吸不全にて死亡する。(禁忌にカウントされず)

A59 ICU症候群に対して、d.夜間、予防的に身体を拘束する
   ⇒人権侵害であり、法的禁忌肢。

B40 15歳女性の左下腹部痛に対して、a.腹部エックス線撮影および、e.造影CT
   ⇒妊娠していれば胎児奇形を生じうる。

C22 子宮外妊娠の破裂に対して、e.2週間後の来院を指示
   ⇒ショック状態であり、早急な加療を行わなければ患者は死亡する。

D23 食道静脈瘤破裂に対して、e.トロンビン末溶解液静注
   ⇒血管内で微小血栓を生じ、DICを惹起する。

D59 薬効不安定なParkinson病患者に対し、e.L-dopaの投与を直ちに全量中止する。
   ⇒悪性症候群を引き起こす。

E55 良性発作性頭位眩暈症に対して、c.迷路破壊術
   ⇒前庭機能および蝸牛機能の廃絶をきたす。

E61 入院を拒否する精神病患者に対して、c.任意入院の手続きをとり入院させる。
   ⇒人権侵害であり、法的禁忌肢。

E66 ペースメーカー患者に対して、e.頭部MRI
   ⇒ペースメーカーが故障し心停止し、患者は死亡する。

F20 大動脈解離が疑われる患者に対して、c.心臓カテーテル検査および、d.運動負荷心電図
   ⇒大動脈解離の破裂を誘発する。

G57 末期認知症患者に対して、b.家族の希望により経管栄養を中止する
   ⇒家族希望による積極的安楽死であり、法的禁忌肢。

H26 転移を認める乳癌患者に対して、a.まず家族に伝えるおよび、b.肺の炎症として伝える
   ⇒aは違法であり、bは嘘である。aは法的禁忌。

H38 緊張性気胸に対して、d.人工呼吸器装着
   ⇒病態を悪化させ、患者は死亡する。

I50 上腸間膜動脈塞栓症に対して、d.経カテーテル的動脈塞栓術<TAE>
   ⇒腸管壊死を生じる。

I76 妊娠28週の双胎切迫早産に対して、d.プロスタグランディンF2α投与
   ⇒妊娠28週では肺が未成熟であり、できる限り妊娠継続を図る。子宮収縮促進薬は禁忌。

I77 卵巣過剰刺激症候群に対して、e.ヒト絨毛性ゴナドトロピン投与
   ⇒病態を悪化させる。

禁忌候補

禁忌候補:絶対禁忌とは言えないものの患者に害をなしうるもの
★:選択者が大勢いると予想されるもの

B06 穿刺針による緊急気道確保する部位として、e
   ⇒大血管損傷の可能性がある。

B12 65歳女性に対する骨髄検査の部位として、a.胸骨正中第2肋間部および、b.胸骨正中第4肋間部
   ⇒骨髄穿刺による心損傷の可能性がある。

B55 禁煙指導に際して、b.「意志の弱い人が喫煙者となります」
   ⇒患者の人格を全否定。

C17 インシデントに際して、a.特に何もしない。
   ⇒昨今の医療事情に鑑みれば相対的禁忌。

C18 コンプライアンス不足の患者に対して、b.「このままでは脳血管や心臓の発作を起します」
   ⇒患者を脅している。国試的に相対的禁忌と言える。

C20 心停止に対して、e.心腔内にアドレナリン投与
   ⇒???

D29 急性胆嚢炎に対して、e.体外衝撃波結石破砕術<ESWL>
   ⇒???

D34 心因性多飲症に対して、b.Na制限および、d.デスモプレシン点鼻
   ⇒病態を悪化させる。しかし禁忌とまで言えるか不明。

D59 薬効不安定なParkinson病患者に対し、c.抗コリン薬を大量投与する
   ⇒???

E48 哺乳不可のnot well being乳児に対して、e.「入院して検査と治療をしましょう」以外の選択肢
   ⇒脱水により病態が悪化する。

F02 終末期のがん患者に対して、e.「大丈夫、よくなりますよ」
   ⇒限りなく嘘である。適切とは言えない。

F07 統合失調症の患者に対して、a.妄想は否定し根気強く説得するおよび、b.患者にも家族にも病名は告知しない
   ⇒???

F13 熱性痙攣疑いに対して、e.気管支拡張薬投与
   ⇒テオフィリンは熱性痙攣を悪化させるらしい。ホント?

F14 インフォームドコンセントで最も重要なものは、e.医事訴訟での責任回避
   ⇒インフォームドコンセントは責任回避のためではない。

F19 禁煙治療を希望する患者に対して、b.「今さら禁煙しても意味ないですよ」
   ⇒患者の意志を全否定。

F21★ 突然の脈拍停止に際して、b.胸骨圧迫を開始する以外の選択肢
   ⇒早急に胸骨圧迫を開始しなければ不可逆的な脳障害が生じる。(b,c複数正解)

F28 重症肺炎に対して、a.外来でβラクタム治療および、b.外来でアミノグリコシド治療
   ⇒絶対禁忌としてはやや弱いか。相対禁忌。

F31 胎児ジストレスに対して、b.陣痛促進
   ⇒頚管が熟化しておらず、胎児ジストレスを悪化させる恐れがある。

G06 食道静脈瘤に対して、d.切除および、e.レーザー
   ⇒破裂を誘発しうる。

G52 心房細動患者に対して、e.翌年の健康診断受診の指示
   ⇒血栓塞栓症を発症しうる。相対禁忌。

G53 高K血症患者に対して、a.濃厚赤血球輸血
   ⇒高K血症をさらに増悪させ、不整脈を誘発する。

G56 尿閉に対して、c.経静脈的腎盂造影および、e.ループ利尿薬による利尿確認
   ⇒cは造影されないばかりか腎不全を悪化させ、eは病態の増悪をもたらす。

I28 通風発作の治療薬として、b.プロベネシド、d.アロプリノール、e.ベンズブロマロン
   ⇒痛風発作時に尿酸値を急速に変動させると疼痛が増悪する。(eは禁忌にカウントされず)

I54 前立腺肥大症に対して、d.抗コリン薬投与
   ⇒尿閉をきたす。

I72 丹毒に対して、e.副腎皮質ステロイド
   ⇒感染症に対してステロイドは禁忌。

I77★ 卵巣過剰刺激症候群に対して、c.高浸透圧利尿薬投与
   ⇒血管内脱水を悪化させる。(禁忌にカウントされず)

禁忌ではないと考えられているもの

A56 眼圧高いのに散瞳薬(トロピカミド)
E66 SAHにルンバール
I65 壊死性筋膜炎に下肢離断術

103回

禁忌濃厚

◎はほぼ禁忌肢確定
選択率
A40 小児の鼠径ヘルニア嵌頓に穿刺吸引 →破裂して死ぬ 0.4%
B52 採血担当者に中絶の勧め →胎児殺し、法律違反 0.3%
◎B58 ペースメーカーにMRI →死ぬ、禁忌の王道 10.0%
C18 痩せようとするピザの奴にbce →患者の意思を全否定 0.2%(bceあわせて)
F05 トリアージ赤タグの人に黒タグ →殺人 0.2%
F23 アナフィラキシーショックにβブロッカー →とどめ 0.1%
◎H23 Sheehan症候群に甲状腺ホルモン →死ぬ 2.8%
H28 慢性硬膜下血腫に腰椎ドレナージ →脳ヘルニアで死ぬ 0.1%
H31 脱水の患者に利尿薬 →死ぬ 0.0%
◎I16 消化管穿孔に消化管造影 →バリウム腹膜炎 1.8%
◎I47 緊張性気胸に人工呼吸器装着 →胸腔内圧上昇→肺虚脱亢進 1.1%
◎I76 大動脈解離にIABP →鮭鱒 0.4%

禁忌肢疑い

A22 重喫煙者にピル →血栓 5.1%
A33 妊婦に経口血糖降下薬 →催奇形性、胎児低血糖 2.1%(bcdeあわせて)
A36 挫滅症候群で下肢切断 →Z武。 0.4%
A55 妊婦+尿路結石にESWL →胎児傷害 19.7%
A55 妊婦+尿路結石にインドメタシン →妊婦禁忌 30.6%
D45 アスピリン喘息患者に同じ市販薬を投与 →再発 0.1%
D21 先天性食道閉鎖症に食道造影 →造影剤による誤嚥性肺炎惹起 1.1%
D21 先天性食道閉鎖症に上部消化管内視鏡検査 →呼吸状態悪化、送気による誤嚥 2.0%
G58 妊娠疑いにX線 →奇形 0.1%
I16 消化管穿孔で超音波内視鏡 →急性期には禁忌 15.2%
I67 SIADHにDDAVP →水中毒 2.6%