※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神楽道中記 でぼの巣製作所 09/07/24 陵辱孕ませ/巫女さんRPG 高/大 M
物語の時代は現代。
 
しかしながら舞台となる寂れた温泉街は数十年前の日本の姿を濃厚に留め、
訪れる者にまるで時間の流れから取り残されたかのような印象すら与えます。 
 
そんな片田舎の村で、住民が次々に神隠しに遭うという事件が勃発します。
 
しかし、警察の捜査は一向に進まず、
たびたび起こる怪奇現象によってさらに被害が増すばかり。
事態を重く見た神社の退魔部隊は、事件解決のために3人の神職者を派遣しました。
 
妖怪共存派、妖怪撲滅派、そしてこの凸凹コンビの監視&調整役…。
こんな水と油のような面々が、協力体制を築けるわけがありません。
 
こんな状態で、果たして事件を解決することが出来るのでしょうか…?
 
-------------------------------------------------------

89 :名無したちの午後 [sage] :2009/07/31(金) 16:28:37 ID:GxPj71xn0 
HBスレの方には報告があったけど、
このスレではまだなかったから、「神楽道中記」をレビュー。 
公式サイトにもある通り、妖怪との陵辱孕ませHがメイン、
神楽シリーズの名を冠しているだけの事はある。 
 
ボリュームも豊富で良いんだけど、HRセリフが薄い感じがする。 
テキスト的にはHRを意識していて悪くはないんだけど……。 
ヒロインが快楽に流されてすぐに堕ちちゃうから、ただ喘ぐだけという……
でも、中出しの嫌がり方は良い感じかな。 
 
それと、種・卵による借り腹と精子による受胎が、テキストで混同しているのも×。 
種による妊娠なのに“受精”という表現を使ったり……
痒いところに手が届いていない感じ。 
 
かって損はないけど、「僕だけの保健室」に比べるとHR度は低め、
HR度★★☆くらいかな。 
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|