魔法戦記リリカルなのは A's魔法辞典♯5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アクセルフィン
飛翔魔法・フライアーフィンの強化版。高い瞬間加速性能を誇るが、細やかな機動が困難なため、緊急回避や、射撃距離を取る際などに主に使用される。



プロテクションパワード
プロテクションの強化版。カートリッジロードによって得られる魔力を頼りにした強力な防御。魔力消費は著しいが、物理攻撃に対して特に強力な防御力を発揮する。



バリアバースト
プロテクションからの派生魔法。発生させたバリア面に魔力を集中・爆散させることで、対象にはダメージと衝撃によるノックバック、
術者には爆風と衝撃を利用した後退をさせることによって、術者が射撃・砲撃のための距離を取るための魔法。



アクセルシューター
ディバインシューターの応用型。操作反応の上昇による精密狙撃への対応、弾体の威力・貫通力・飛翔速度強化といった強化が行われている。
反面、術者が移動しながらの発射・制御が不能となっているが、最大12発のシューター同時発射と、
なのはの強力かつ精密な思念誘導操作によって成される弾幕は、中距離では攻防一体の武器となる。
相手の攻撃を迎撃可能な、精密かつ強力な射撃の嵐。それは射撃特化魔導師の魔力運用の理想型の一つである。



プラズマランサー
フォトンランサーの強化版。貫通力に優れた槍状の弾体を高速直射するオーソドックスな射撃魔法ながら、
環状魔法陣を使用した加速発射システムを装備し、遠隔操作による再照準・発射も可能となっている。
攻撃やバリアに弾かれても簡単には破損しない強固な弾体と相まって、極めて高い目標到達性能を誇る他、
カートリッジによる魔力供給を前提とした大幅な威力向上も図られている。



ブリッツラッシュ
加速魔法。本人の高速機動の他、制御飛翔中の弾体に瞬間的な加速をかけることも可能となっている。



シュランゲバイセン
レヴァンティンの連結刃形態・シュランゲフォルムを操作して繰り出す攻撃の総称。
蛇のようにうねる刀身は、背後・頭上・足下といった、通常時の剣形態・シュベルトフォルムの刃が届かない範囲まで攻撃が可能な他、
刀身を長く伸ばすことによって中距離戦をも制圧する。



陣風
刀身から衝撃波を放つ、攻防一体の斬撃。シグナムは主に射撃攻撃の打ち落としに使用する。



対話能力
ミッド式インテリジェンスデバイスほどではないが、ベルカ式アームドデバイスも一部に自我や人格に近い意識を保有しているものが存在する。
レヴァンティン・グラーフアイゼンの二機は、それぞれ意志に近いものを持っているようである。



ラケーテンハンマー
ハンマーヘッド後部からの推進剤噴射による加速攻撃。初戦でなのはの防御を完膚なきまでに打ち砕いた、バリア破壊能力に長けた打撃攻撃。



シュワルベフリーゲン
ヴィータの射撃魔法。本来射撃や誘導管制を得意としないベルカの騎士としては驚異的なほどに優れた誘導操作能力を見せている。



パンツァーヒンダネス
ヴィータの障壁防御の全方位版。攻撃や移動を放棄した完全防御形態で、ここから状況に応じて障壁を解除し、反撃に転ずる。



スフィアプロテクション(同時発動)
保護対象の全方位を球状に覆う防御魔法。
主に空間攻撃などの全方位攻撃に対抗するための魔法であり、ユーノはそれを遠く離れた三人と自分の分、合計4つをそれぞれ同時に発動している。



サークルプロテクション
魔法陣を使用した空間防御。
地上で使用する場合は地面を中心に半球型の防護陣を生成するが、空中で使用する場合は二枚の魔法陣で挟んだ筒状の防護陣で内部の対象を守る。
アルフはこの魔法を、アースラ滞在中のユーノから教わったようである。



破壊の雷
闇の書の力を使用した広域攻撃魔法で、結界破壊の効果を持つ純粋魔力攻撃。
未完成状態の闇の書を行使すると、蒐集したページを大きく消費してしまい、減ったページは再蒐集によってしか戻らない。
守護騎士たちにとっては可能な限り使いたくない切り札と言える。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。