魔法戦記リリカルなのはForce第1話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出会いが絆が紡ぐ新たな物語――
”リリカルなのは“シリーズ新章LIFT OFF!

人と魔導との出会いは果たして幸福であったか否か
かつて世界に争いを起こしたのが巨大な魔導の力ならば
争いを止めたのも また同じ魔導の力だった
世界はいま片時の平和の中のにあり 答えは今だ出ていない

シスター「はい…ミッドチルダ宛ての電信絵葉書の送信ね」
トーマ「うぃっス」
シスター「旅行中?」
トーマ「はい」
シスター「いいわね、今日はどこまで?」
トーマ「この先の鉱山遺跡で宝探しと」

Record01:「Engage(エンゲージ)」

トーマ【前略、スゥちゃんお元気ですか?俺は一昨日からルヴェラの文化保護区に入りました。
    ワガママ言って許して貰ったひとり旅も残りあと3か月。
    保護区内は次元間通信が不安定なのであんまり連絡できませんが】
トーマ「なースティード、到着は夜になるかな」
スティード「そうですねトーマ、食糧の準備は充分で?」
トーマ「もちろん」
トーマ【俺は元気でやってます(スティードに教わって勉強もちゃんとやってます)
    約束通り旅行の間に世界を見て回って自分の答えを見つけます】
トーマ「おー!やっと見えた!」
スティード「お目当てのルヴェラ鉱山遺跡ですね」
トーマ「うん」
スティード「ですがもう夜です。野営できる場所を探しましょう」
トーマ「だな」「先客かな、今明かりが見えたような」
スティード「こんな辺鄙な場所に?」

女研究者「機材とデータの搬出は終了です。後はマテリアルですが」
男研究者「廃棄処分だ、ここに捨てていく」
女研究者「献体はともかくシュトロゼックもですか?」
男研究者「できそこない一基にいつまでも関わっておれんよ。向こうで銀十字(こいつ)の保有者を書き換えれば済む」

スティード「引っ越しにしては物騒ですね」
トーマ「関わり合って得はねーな。このままこっそり…」
リリィ『痛イよ。苦シいヨ』
トーマ「あ、つっ!!」
スティード「トーマ!?」
トーマ「いて、いてて…っ。この声念話…!?」
スティード「!?私には何も」
トーマ「あの奥…助けてって言ってる!」
スティード「トーマ、あなたまさか」
トーマ「助けてって言ってる」
スティード「――ですよね。ただ、あなたがケガをすると私も彼女に怒られますので」
トーマ「オーライ相棒(バディ)うまくやるさ」

トーマ「うお…ッ!ここ研究施設…?」
スティード「それもだいぶヤバイ方向の」
リリィ『痛い、よ』
トーマ「痛いのすぐに止めてあげるから」「――解け」「!?あッ!づ…っっ!」

男研究者「侵入者!?」
女研究者「何者かがシュトロゼック-4thに接触!それにこれはリアクトの反応!?」
リリィ『だめ、痛いよ、怖いよ、寂しいよ、来ちゃだめ』
トーマ「大丈夫…泣かないで。俺がいますぐ助けるから」「!!」
   「てて…っ、大丈夫ッ!? !!!全裸!?き…!着るもの!スティードなんか服っ!!」
スティード「それらしきものならここに」

男研究者「失態だ。安置室を熱焼却処分!シュトロゼックと侵入者ごとだ!!」
機械音声「警告、警告。感染災害の危険発生。これより熱焼却処理を行ないます。
トーマ「しょ、焼却ッ!?」
スティード「困りましたね、暑いのは苦手です」
機械音声「近隣ブロックの職員は至急避難を」
トーマ「手伝えスティード!」
スティード「オーライトーマ」
機械音声「カウント6」
スティード「Protection」
トーマ「あの、いきなり飛びこんできてこんなことになっちゃって本当にゴメン」
機械音声「5」
トーマ「でも大丈夫。きっと助けるから」
機械音声「4」「3」「2」「1」
リリィ『誓約(エンゲージ)』
機械音声「0」
男研究者「やったか!?」
機械音声「プラズマアーク正常作動!」
男研究者「いかなる防御をしようと人間が生存することなど――生きている。
      あれが完成したのなら!金属が沸騰する温度の中でも活動しうるッ!!そういうものを!
      我々は!造り出そうとしていた!!」
ディバイダー966「E-C DividerCode-966」「StartUp」
トーマ「――ディバイド、ゼロ」ドゴッ ズドン

スティード「トーマ、トーマ!」
トーマ「んあ、え、あれッ!?」
スティード「大丈夫ですかトーマ。それになんですか?そのイカした格好は?」
トーマ「うおお!なんじゃこりゃあ―!!」「あ」「おお!」「――あれ、なんだこの腕輪」
    「ああごめん。大丈夫?」「俺、トーマ・アヴェニール。名前聞いても?}
リリィ「リリィ、です。リリィ・シュトロゼック」
トーマ「リリィ。いいね、かわいい名前だ」「と、とりあえず安全な場所まで出よう!スティード周辺チェック!」
スティード「オーライ、トーマ」

同時刻 第12管理世界フェディキアStワレリー港

シャーリー「お疲れ様です。フェイトさん、ティアナ執務官。押収物には該当しそうな品ありませんでした」
フェイト「そう、銀十字もディバイダーもここじゃなかったか」
ティアナ「「エクリプス」の感染者を出すわけにはいきません」
フェイト「うん。もしも感染者が出たのなら、なんとしても捕獲しないと」

To be conntinued Record02:「Lily-Strosek(リリィ・シュトロゼック)」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。