魔法少女リリカルなのはViVid第4話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

覇王VSノーヴェ!!

イングヴァルト「あなたにいくつか伺いたい事と、確かめさせて頂きたい事が」
ノーヴェ「質問すんならバイザー外して名を名乗れ」
イングヴァルト「失礼しました。カイザーアーツ正統、ハイディ・E・S・イングヴァルト。覇王を名乗らせて頂いています」
ノーヴェ「噂の通り魔か」
イングヴァルト「否定はしません」
        「伺いたいのはあなたの知己である『王』達についてです。
         聖王オリヴィエの複製体(クローン)と冥府の炎王のイクスヴェリア。
         あなたはその両方の所在を知っていると……」
ノーヴェ「知らねえな。聖王のクローンだの冥王陛下だのなんて連中と知り合いになった覚えはねえ。
     あたしが知ってんのは、一生懸命生きてるだけの普通の子供達だ」
イングヴァルト「――理解できました。その件については他を当たるとします。ではもう一つ確かめたい事は。
         あなたの拳と私の拳、いったいどちらが強いのかです」

穏やかで優しくてかけがえのない時間 Memory;04☆「覇王」

イングヴァルト「防護服と武装をお願いします」
ノーヴェ「いらねえよ」
イングヴァルト「そうですか」
ノーヴェ「よく見りゃ、まだガキじゃねーか。なんでこんな事をしてる?」
イングヴァルト「――強さを知りたいんです」
ノーヴェ「ハッ!馬鹿馬鹿しい」
ノーヴェ『ガードの上からとはいえ、不意打ちとスタンショットをマトモに受けきった。ち……言うだけの事ぁあるってか』
ノーヴェ「ジェットエッジ」
ジェットエッジ「Start Up」
イングヴァルト「ありがとうございます」
ノーヴェ「強さを知りたいって正気かよ?」
イングヴァルト「正気です。そして今よりもっと強くなりたい」
ノーヴェ「ならこんな事してねーで。真面目に練習するなりプロ格闘家目指すなりしろよ!
     単なる喧嘩馬鹿ならここでやめとけ。ジムなり道場なりいい所(トコ)紹介してやるからよ」
イングヴァルト「ご厚意、痛み入ります。ですが私の確かめたい強さは――生きる意味は、表舞台にはないんです」
ノーヴェ『――構えた。この距離で?空戦(エリアル)?射砲撃(ミドルレンジ)?』
    「――って!!」『突撃(チャージ)!!』『速い!?』『違う歩法(ステップ)!』「ち…ッ!」「が……ツ!」
イングヴァルト「列強の王達を全て斃し、ベルカの天地に覇を成すこと。それが私の成すべき事です」
ノーヴェ「寝ぼけたこと抜かしてんじゃねェよッ!」
    「昔の王様なんざみんな死んでる!生き残りや末裔達だって普通に生きてんだ!!」
イングヴァルト「弱い王なら、この手でただ屠るまで」
ノーヴェ「このバカったれが!!」「ベルカの戦乱も聖王戦争もッ!ベルカって国そのものも!!もうとっくに終わってんだよッ!!」
テロップ【リボルバー・スパイク】
ノーヴェ「!?」
イングヴァルト「終わってないんです」
ノーヴェ『カウンターバインド!?』『どうかしてる』『防御捨てて反撃準備(このバインド)を……ッ」
イングヴァルト「私にとってはまだ何も」
テロップ【覇 王 断 空 拳】
イングヴァルト「弱さは罪です。弱い拳では……誰の事も守れないから」

圧倒的な覇王の力――その正体は?

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。