魔法少女リリカルなのはStrikerS第5話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第5話 【星と雷】

キャロ「私の新しい居場所。大好きな人と、優しい人がいっぱいいる場所。
     だけど、どこかでまだ迷ってる。きっと、自分のことが怖いから。
     一緒に戦うパートナーと一生懸命な先輩たちと、きっと私と同じ思いを持った優しい子。
     迷っていられない。決めたから。自分がこれから進む道。魔法少女リリカルなのはStrikerS…始まります」

なのは「ヴァイス君、私も出るよ。フェイト隊長と二人で空を押さえるっ!」
ヴァイス「うっす、なのはさん。お願いします」

なのは「キャロ。大丈夫、そんなに緊張しなくても。離れてても通信で繋がってる。一人じゃないから。
     ピンチの時は助け合えるし、キャロの魔法は皆を守ってあげられる、優しくて強い力なんだから。…ね?」

リインフォースII「任務は二つ。ガジェットを逃走させずに全機破壊すること。
          そして、レリックを安全に確保すること。ですから、スターズ分隊とライトニング分隊、
          二人ずつのコンビでガジェットを破壊しながら、車両前後から中央に向かうです。
          レリックはここ。7両目の重要貨物室。スターズかライトニング。
          先に到達したほうがレリックを確保するですよ!」

リインフォースII「デザインと性能は、各分隊の隊長さんのを参考にしてるですよ。ちょっと癖はありますが、高性能です!」

局員「確かにすさまじい能力を持ってはいるんですが、制御がろくにできないんですよ。
    竜召還だって、この子を守ろうとする竜が勝手に暴れまわるだけで。
    とてもじゃないけど、まともな部隊でなんて働けませんよ。せいぜい単独で殲滅戦に放り込むぐらいしか」
フェイト「ああ、もう結構です。ありがとうございました」
局員「それじゃあ」
フェイト「いえ。この子は予定通り私が引き取ります」

キャロ「私はこれからどこへいけばいいんでしょう?」
フェイト「それは君がどこに行きたくて何をしたいかによるよ。キャロはどこに行って何をしたい?」

なのは「発生源から離れればAMFも弱くなる。使えるよ!フルパフォーマンスの魔法が!」

はやて「スターズの三人とリィンはヘリで回収してもらって、そのまま中央のラボまでレリックの護送をお願いしようかな」
リインフォースII「はいですぅ!」
グリフィス「ライトニングはどうします?」
はやて「現場待機。現地の職員に事故処理の引継ぎ」

次回予告
なのは「初出動を終えて、日々の訓練もちょっとレベルアップ」
フェイト「そして事件は少しずつ、ひそやかに、その姿を現していく」
なのは「次回魔法少女リリカルなのはStrikeS第6話」
フェイト「進展」
なのは&フェイト「Take off!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。