魔法少女リリカルなのはStrikerS第13話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話【命の理由】

はやて「失くしてしまったもの。起こってしまった出来事。過ぎ去っていった過去の時間は、
     変えることができない。だから、失いたくないと思う。守りたいと思う。守るために、強くなりたいと思う。
     選んだのは、戦って勝ち取ってゆくこと。見えない未来を、望んだ形に変えてゆくこと。
     魔法少女リリカルなのはStrikerS…始まります」

アギト「生まれた時のことなんて覚えてないし、人間で言う親…マイスターが誰かなんてこともあたしは知らない。
    ただ静かに、たぶん随分長い間、眠ってただけ。気がつけば、白い部屋で実験動物。
    自分が、何のために生まれたのかが分かってただけに、辛かった。
    死ぬ自由すらなく、苦しいまま、いつか…心と身体が壊れて終わるんだって、思ってた。
    それが変わったのは…何だかひどくごつごつした手のひらと、小さな女の子が、あたしの前に現われてから」

ゼスト「なんだ?」
ルーテシア「おいてっちゃうの?」
ゼスト「あれは、古代ベルカ式。レプリカではない。純正の融合機だ。火災に気づいてやってくる局員が見つければ、
    丁重な保護を受けるはずだ」
ルーテシア「そこでもまた、実験動物?」
ゼスト「ここの連中ほど、ひどいものではない。…そう、思いたいがな」
ルーテシア「ゼスト。連れていってあげよう?」
ゼスト「…いいのか?」
ルーテシア「うん。この子もきっと、私たちと同じだから」

アギト「あんなん思い出したのは、あいつらのせいだな。氷結魔法を使ってた、変なバッテンマークをつけた白い融合機。
    たぶん、あいつのロードの…赤い、騎士。あいつは…ロードのいない融合機の寂しさとか、知らねぇんだろうな。
    くっそぉ!!何かムカつく!!あんのバッテンチビめ!今度会ったら、絶対燃やしてやるぅ!!」

なのは「すみません、シグナムさん。車出してもらっちゃって」
シグナム「何。車はテスタロッサからの借り物だし、向こうにはシスターシャッハがいらっしゃる。
      私が仲介したほうがいいだろう」
なのは「…はい」

シグナム「しかし、検査が済んで何かしらの白黒がついたとして、あの子はどうなるのだろうな」
なのは「あー。当面は六課か教会で預かるしかないでしょうね。受け入れ先を探すにしても、
     長期の安全確認が取れてからでないと…」
シャッハ「騎士シグナム。聖王教会、シャッハ・ノエラです」
シグナム「どうされました?」
シャッハ「すみません。こちらの不手際がありまして。…検査の合間に、あの子が姿を消してしまいました」

シャッハ「申し訳ありません!」
なのは「状況はどうなってますか?」
シャッハ「はい…。特別病棟とその周辺の封鎖と避難は済んでいます。
今のところ、飛行や転移。侵入者の反応は見つかっていません」
なのは「外には出られないはずですよね?」
シャッハ「ええ」
なのは「では、手分けして探しましょう。シグナム副隊長」
シグナム「はいっ」

シグナム「検査では、一応危険反応はなかったのですよね?」
シャッハ「ええ。魔力量はそれなりに高い数値でしたが、それも、普通の子供の範疇でした」
シグナム「しかし、それでも」
シャッハ「悲しいことですが、人造生命体なのは間違いないです。どんな潜在的な危険を持っているか……」

シャッハ「逆巻け!ヴィンゲルシャフト!!」

なのは「ごめんね。ビックリしたよね?大丈夫?」
ヴィヴィオ「あ…」
なのは「立てる?」『緊急の危険はなさそうです。ありがとうございました、シスターシャッハ』
シャッハ『あ…はい』

なのは「始めまして。高町なのはって言います。お名前、言える?」
ヴィヴィオ「…ヴィヴィオ」
なのは「ヴィヴィオ…。いいね。かわいい名前だ。ヴィヴィオ、どこか行きたかった?」

ヴィヴィオ「ママ…いないの」
なのは「!!…ああ、それは大変。じゃあ一緒に探そうか」
ヴィヴィオ「……うん」

フェイト「臨時査察って…機動六課に?」
はやて「うん…。地上本部にそういう動きがあるみたいなんよ~」
フェイト「地上本部の査察は、かなり厳しいって…」
はやて「……ぅぅ。うちはただでさえ、つっこみどころまんさいの部隊やしな~」
フェイト「今配置やシフトの変更命令が出たりしたら、正直、致命的だよ?」
はやて「う~ん…何とかのりきらな…」
フェイト「……。ねぇ、これ、査察対策にも関係してくるんだけど。六課設立の本当の理由、そろそろ聞いてもいいかな?」
はやて「……そやね。まぁ、ええタイミングかな。今日、これから聖王教会本部、
カリムのところに報告に行くんよ。クロノ君もくる」
フェイト「クロノも?」
はやて「なのはちゃんと一緒についてきてくれるかな?そこで、まとめて話すから」
フェイト「うん」

フェイト「あの…何の騒ぎ?」
なのは「あ、フェイト隊長。実は…」
ヴィヴィオ「やだぁ~!!!行っちゃやだぁ~!!!!!」

はやて「エース・オブ・エースにも、勝てへん相手はおるもんやね~」
なのは『フェイトちゃん、はやてちゃん…。あの…助けて!』

はやて「スバル、キャロ。とりあえず少し落ちつこか?離れて休め」

フェイト「こんにちわ~」
ヴィヴィオ「え?」
フェイト「この子は、あなたのお友達?」
なのは「ヴィヴィオ。こちらフェイトさん。なのはさんの大事なお友達」
フェイト「ヴィヴィオ、どうしたの?」
ヴィヴィオ「……」

なのは『とりあえず、病院から連れて帰ってきたんだけど、何か、離れてくれないの』
フェイト『ふふっ、懐かれちゃったのかな?』
なのは『それで、フォワード陣に相手してもらおうと思ったんだけど…』
スバル・ティアナ・エリオ・キャロ『すみません…』
フェイト『ふふっ、いいよ。任せて』

フェイト「ねぇ、ヴィヴィオはなのはさんと一緒にいたいの?」
ヴィヴィオ「……うん」
フェイト「でもなのはさん、大事なご用で、お出かけしなきゃいけないのに、
ヴィヴィオが我侭いうから困っちゃってるよ?この子も、ほら」

ヴィヴィオ「うぁ…ぅ」
フェイト「ヴィヴィオは、なのはさんを困らせたいわけじゃないんだよね?」
ヴィヴィオ「…うん」

スバル『な、何かフェイトさん。達人的なオーラが…』
エリオ『フェイトさん、まだちっちゃい甥っ子さんと姪っ子さんがいますし…』
キャロ『使い魔さんも育ててますし』
ティアナ『あー!更にあんたらのちっちゃい頃も知ってるわけだしねぇ~』
フェイト「だからいい子で待ってよう?ね」
ヴィヴィオ「…うん」
なのは「ありがとね、ヴィヴィオ。ちょっとお出かけしてくるだけだから」
ヴィヴィオ「…ぅ…うん」

なのは「ごめんね~。お騒がせして」
はやて「いやぁ~。ええもん見せてもらったよ」

なのは「ぅ……」
フェイト「ふふっ」
はやて「しかし、あの子はどうしよか?何なら、教会に預けとくんでもええけど」
なのは「平気。帰ったら、私がもう少し話して、なんとかするよ」
はやて「そぉか」
なのは「今は、周りに頼れる人がいなくって、不安なだけだと思うから」

スバル「書類仕事苦手ぇ~」
ティアナ「今日はライトニングの分も引き受けちゃったしね~。…それでも、保育士もどきよりは楽だわ」
スバル「え~。私は結構楽しかったけどなぁ~っと」
ティアナ「…ああ。それ昨日の」
スバル「アルトが記録した、各種の詳細データ付き。あれだけのことをしでかして、
     使ってたのは魔力じゃなくて別系統のエネルギー。そんなの、身体の中に内包してるってことは…
     やっぱり、こいつら…。ん?あぎっ!!…ティ、ティア?」
ティアナ「馬鹿ねぇ。こいつらが何なのか考えるのなんて、あたしらの仕事じゃないでしょ?
     判断するのはロングアーチスタッフと隊長たち。あたしらが作ってんのは、その判断材料としての報告書。
     分かったらさっさと作業」
スバル「んん……はぁい」
ティアナ「それに確定が出たとしても、あんたが悩むことじゃないでしょ?ちゃんとしてなさい」
スバル「ティア…。うん、ありがと」
ティアナ「うっさいっ」

カリム「どうぞ」
なのは「失礼します。高町なのは一等空尉であります」
フェイト「フェイト・テスタロッサ・ハラオウン執務官です」
カリム「ああ、始めまして。聖王教会教会騎士団騎士、カリム・グラシアと申します」

カリム「私たちは個人的にも友人だから、いつも通りで平気ですよ」
クロノ「と、騎士カリムが仰せだ。普段と同じで」
はやて「平気や」
なのは「じゃあ、クロノ君、久しぶり」
フェイト「お兄ちゃん、元気だった?」
クロノ「!!それはよせ。お互い、もういい歳だぞ?」
フェイト「兄妹関係に年齢は関係ないよ、クロノ」
はやて「さて、昨日の動きについてのまとめと、改めて、機動六課設立の裏表について。それから、今後の話や」

キャロ「何か、本当に普通の子供だよね」
エリオ「うん…」『この子が人造魔道師素体だとするなら、知識や言語がはっきりしすぎてる。
          人工受精子なら、こうはならない。たぶん、記憶があるんだ。元になった人物の』
キャロ「エリオ君?」
エリオ「!」
キャロ「どうかした?」
エリオ「あ、ご、ごめん!何でもない!」
キャロ「?」
エリオ『プロジェクトFは、まだどこかで続いてる』

クロノ「六課設立の表向きの理由は、ロストロギア・レリックの対策と、独立性の高い少数部隊の実験例。
    知っての通り、六課の後見人は僕と騎士カリム。それから僕とフェイトの母親で上官、リンディ・ハラオウンだ。
    それに加えて、非公式ではあるが、かの三提督も設立を認め、協力の約束をしてくれている」
なのは・フェイト「!」

カリム「その理由は、私の能力と関係があります。私の能力、プロフェーティン・シュリフテン。
    これは最短で半年、最長で数年先の未来。それを詩文形式で書き出した、預言書の作成を行うことができます。
    二つの月の魔力が上手く揃わないと発動できませんから、ページの作成は、年に一度しかできません。
    予言の中身も、古代ベルカ語で、解釈によって意味が変わることがある難解な文章。
    世界に起こる事件をランダムに書き出すだけです。解釈ミスも含めれば、的中率や実用性は割とよく当たる占い程度。
    つまりは、あまり便利な能力ではないんですが…」

クロノ「聖王教会はもちろん、次元航行部隊のトップもこの予言には目を通す。
    信用するかどうかは別にして、有識者による予想状況の一つとしてな」

はやて「ちなみに、地上部隊はこの予言がお嫌いや。実質のトップが、この手のレアスキルとかお嫌いやからなぁ」
なのは「レジアス・ゲイズ中将。だね」

クロノ「そんな騎士カリムの予言能力に、数年前から少しずつ、ある事件が書き出されている」
カリム「古い結晶と無限の欲望が集い交わる地。死せる王の下、聖地より、かの翼が蘇る。死者たちが踊り、
     なかつ大地の法の塔はむなしく焼け落ち、それを先駆けにあまたの海を守る法の船も砕け落ちる」
なのは「それって…」
フェイト「まさか」
カリム「ロストロギアをきっかけに始まる管理局地上本部の壊滅と…そして、管理局システムの崩壊」

レジアス「査察の日程は決まったのか?」
オーリス「人員は確保しました。週明け早々に行います」
レジアス「連中が何をたくらんでいるやら知らんが、土にまみれ血を流して地上の平和を守ってきたのは我々だ。
      それを軽んじる海の連中や蒙昧な教会連中に、いいようにされてたまるものか!
      何より、最高評議会は私の味方だ。そうだろ?オーリス」
オーリス「はい」

オーリス「機動六課について、事前調査をしたのですが、あれはなかなか巧妙にできています。
      さしたる経歴もない若い部隊長を頭にすえ、主力二名も移籍ではなく本局からの貸し出し扱い。
      部隊長の身内である固有戦力をのぞけば、後は皆新人ばかり。そして何より、期間限定の実験部隊扱い」
レジアス「ふん。つまりは使い捨てか」
オーリス「本局に問題提起が起きるようなトラブルがあれば、簡単に切り捨てるでしょう。そういう編成です」
レジアス「小娘は生贄か。元犯罪者にはうってつけの役割だ」
オーリス「まぁ、彼女はそれさえ、望んで選んだ道でしょうけれど」

はやて「ほんなら、なのはちゃん、フェイトちゃん」
なのは「うん」
フェイト「情報は十分。大丈夫だよ」

はやて「……あのな!」
なのは・フェイト「?」
はやて「私にとって、二人は命の恩人で、大切な友達や。六課が、どんな展開と結末になるかは、まだわからへんけど」
なのは「その話なら、出向決める時に、ちゃんと聞いたよ?」
フェイト「私もなのはも、ちゃんと納得してここにいる。大丈夫」

なのは「それに、私の教導隊入りとか、フェイトちゃんの試験とか、はやてちゃんや八神家の皆、
     すごくフォローしてくれたじゃない」
フェイト「だから今度ははやての夢をフォローしないとって」
はやて「あかんなぁ。それやと、恩返しとフォローの永久期間や」
なのは「あはははは!」
フェイト「友達って、そういうもんだと思うよ」
なのは「八神部隊長。今のところ、部隊長は何も間違っていないであります」
フェイト「だから大丈夫。いつものように、堂々と命令してください。胸をはって、えへんと」
はやて「……うん!!」

なのは「ただいまぁ~」
ヴィヴィオ「!!」
フェイト「ただいま~」
なのは「ヴィヴィオ。ただいま。いい子にしてた?」
フェイト「ありがとね。エリオ、キャロ」
エリオ「いえ」
キャロ「ヴィヴィオ、いい子でいてくれましたよ」
なのは「そう」

はやて「グレアムおじさん……。あたしの命は、グレアムおじさんが育ててくれて、
     うちの子たちが守ってくれて、なのはちゃんたちに救ってもらって。
     あの子が、初代リインフォースが残してくれた命や。あんな悲しみとか後悔なんて、
     この世界の誰にもあったらあかん。あたしの命は、そのために使うんや」

次回予告

スバル「出動待機の日々。続く訓練と、日常と」
なのは「機動六課の行く先と行き場のないあの子。私に今できること」
スバル「次回魔法少女リリカルなのはStrikerS第14話」
なのは「Mothers&Children」
なのは・スバル「Take off!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。