魔法少女リリカルなのはStrikerS第14話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第14話【Mothers&Children】

なのは「一人ぼっちの切なさと、普通と違うことの寂しさ。きっと、皆知っている。
     大切な人がいて、色んなものを分け合えて、支えてもらったから…私は今ここにいる。
     だけど、魔法の力以外で、戦うこと以外で、私は何ができるんだろう。行き場のない小さな瞳に、
     私は…どう答えればいいんだろう。魔法少女リリカルなのはStrikerS…始まります」

なのは「今日は目立ったミスもなく、いい感じでした。今後も、この調子でね」
スバル・ティアナ・エリオ・キャロ「ありがとうございました!」

スバル「セカンドモードも、だいぶ馴染んできたかなぁ~」
キャロ「そうですね~」
スバル「変化の少ない私とキャロはともかく、ティアとエリオは大変そうだよね~」
キャロ「形から変わっちゃいますし」
ティアナ「あたしは、別に。ダガーモードはあくまで補助だしね」
クロスミラージュ『Yes』
ティアナ「複雑なのはエリオのほうでしょ」
スバル「ストラーダのセカンド。過激だもんね」
ストラーダ『そうでしょうか』
キャロ「私はかっこいいと思うよ、ストラーダ」
ストラーダ『ありがとうございます、レディ』
エリオ「ストラーダと一緒に鍛えていきます。頑張ります!」

なのは「おはよう、ヴィヴィオ。ちゃんと起きられた?」
ヴィヴィオ「うん!」
なのは「おはよう、フェイトちゃん」
フェイト「うん。おはよう、なのは。ヴィヴィオ、なのはさんにおはようって」
ヴィヴィオ「おはよー」
なのは「…おはよう」
フェイト「朝ごはん、一緒に食べられるでしょ?」
なのは「うん!」
ヴィヴィオ「あさごはん?」
なのは「そう。さ、いこっ。…今日のメニューは何だろうね~」

はやて「いやぁ~実はな。今日これから本局に行くんやけど、よかったらティアナも一緒に来とくか?って相談や」
ティアナ「あ…はい」
はやて「今日会う人は、フェイト隊長のお兄さん。クロノ・ハラオウン提督なんよ」
ティアナ「はい」
はやて「執務官資格持ちの艦船艦長さん。将来の為にもそういう偉い人の前に出る経験とか、しといたほうがええかなって」
ティアナ「! ありがとうございます!同行させていただきます!」

なのは「あれ?ティアナは?」
スバル「八神部隊長と同行だそうです。本局行きとか」
なのは「そっか」
スバル「なのはさんも、今日はオフィスですか?」
なのは「そうだよ。ライトニングは今日も現場調査だし、副隊長たちはオフシフトだし、
     前線メンバーは私とスバルの二人だけだね」
スバル「…あはは…。何も起きないことを祈ります」

ヴェロッサ「しかし、君の依頼通り、内密で地上本部の中身…ゲイズ中将の周りを調べてみたけど…。
       なんというか。本当に面白いくらい、豪腕な政略家だよね」
クロノ「実力者であり、人を惹きつける牽引力もある。優秀な方だとは思う」
ヴェロッサ「本部長からして、彼の後輩だしね」
クロノ「黒い噂が絶えないとはいえ、彼が地上の正義の守護者であるのも事実だ」
ヴェロッサ「企業や政界からの支援も山ほどあり、管理局最高評議会の覚えもめでたい。
        こりゃ、確かに、本局としちゃ、扱いの難しい人物だ」
クロノ「そう。うかつな介入はできない。ただでさえ、海と陸。本局と地上本部はことあるごとに仕事…」

クロノ「臨時査察を受けたそうだが、大丈夫だったか?」
はやて「うん。即時査問は回避できたよ。あ、そや。紹介しとくな。うちのフォワードリーダー、執務官志望の…」
ティアナ「ティアナ・ランスター二等陸士であります!」
クロノ「ああ」
ヴェロッサ「よろしく~」

クロノ『前線メンバーにまで、今回の全容を?』
はやて『予言関連はぼかしてあるよ。地上本部が襲われる可能性だけ』
クロノ『なるほどね』

キャロ「テロ行為って…地上本部にですか?」
フェイト「まぁ、そういう可能性がある、って程度だけどね」
エリオ「でも、確かに…管理局施設の魔法防御は鉄壁ですけど、ガジェットを使えば…」
フェイト「そう。管理局法では、質量兵器保有は禁止だからね。対処しづらい」
キャロ「しつりょうへいき?」
フェイト「ああ。おおざっぱに言えば、魔力を使わない物理兵器…でいいのかな。質量物質を飛ばしてぶつけたり、
     爆発させたり、先史時代のミッドや古代ベルカは、そういう兵器がほとんどだったの」
エリオ「聞いたことあります。一度作ってしまえば、子供でも使えるとか。指先一つで都市や世界を滅ぼしたりとか」
フェイト「そう。管理局は創設以来、平和のため、安全のためにそういう武装を根絶して、
ロストロギアの使用も規制し始めた。それが、150年くらい前。でも、色んな意味で武力は必要。さて、どうしたでしょう?」
エリオ「あ。比較的クリーンで安全な力として、魔法文化が推奨されました」
キャロ「うん、うん」
フェイト「正解。魔法の力を有効に使って、管理局システムは今の形で各世界の管理を始めた。
     各世界が浮かぶ海、次元空間に本局。発祥の地、ミッドチルダに地上本部を置いて」
キャロ「あ~!それが新暦の始まり。75年前」
フェイト「そう。で、新暦前後の一番混乱してた時期に管理局を切り盛りして、
     今の平和を作るきっかけになったのが…?」
エリオ「かの、三提督」
キャロ「はぁ~」
エリオ「なるほど~」
フェイト「と、世界の歴史はおいといて」
キャロ「あ、すみません」
フェイト「ガジェットが出てくるようなら、レリック事件以外でも六課が出動になるからねってこと。しっかりやろうね」
エリキャロ「はい!」

フェイト『本当は、エリオとキャロにはもっと平和で、安全な道に進んで欲しかったんだけど』

カリム「情報源が不確定ということもありますが。管理局崩壊ということ自体が、現状ではありえない話ですから」
はやて「そもそも。地上本部がテロやクーデターにあったとして、それがきっかけで本局まで崩壊……
     いうんは、考えづらいしなぁ」
クロノ「まぁ、本局でも警戒強化はしてるんだがな」
カリム「問題は、地上本部なんです」
クロノ「ゲイズ中将は予言そのものを信用しておられない。特別な対策はとらないそうだ」
カリム「異なる組織同士が協力し合うのは、難しいことです」
クロノ「協力の申請も内政干渉や強制介入という言葉に言い換えられれば、即座に、諍いの種になる」
はやて「ただでさえ、ミッド地上本部の武力や発言力の強さは問題視されてるしなぁ」
フェイト「だから、表立っての主力投入はできない、と」
クロノ「すまないなぁ。政治的な話は現場には関係なしとしたいんだが」
はやて「裏技気味でも、地上で自由に動ける部隊が必要やった。レリック事件だけで事がすめばよし、
     大きな事態に繋がっていくようなら、最前線で事態の推移を見守って」
なのは「地上本部が本腰を入れ始めるか、本局と教会の主力投入まで、前線で頑張ると」
はやて「それが、六課の意義や」
なのフェイ「うん」

カリム「もちろん、皆さんに任務外のご迷惑をおかけしません」
フェイト「ああ、それは大丈夫です」
なのは「部隊員たちへの配慮は、八神二佐から確約を得てますし」

カリム「はい。改めて、聖王教会騎士団騎士、カリム・グラシアからお願いいたします。
     華々しくもなく、危険も伴う任務ですが、協力を、していただけますか?」
なのは「非才の身ですが、全力にて」
フェイト「承ります」

フェイト『地上と海の平和と安全。この子達も含めた部隊の皆の安全と将来。
     はやての立場となのはが飛ぶ空。全部守るのは大変だけど、私がしっかりしなきゃ。力を貸してね、バルデッシュ』

スバル「でも、ヴィヴィオって…この先、どうなるんでしょうか?」
なのは「ちゃんと受け入れてくれる家庭が見つかれば、それが一番なんだけど」
スバル「難しいですよね。やっぱり、普通と違うから」

なのは「そうだね。……見つかるまで、時間がかかると思うんだ。
まぁ、だから当面は私が面倒見てけばいいのかなって」
スバル「あっ」
なのは「エリオやキャロにとってのフェイト隊長みたいな、保護責任者って形にしとこうと思って」
スバル「いいですね!ヴィヴィオ、喜びますよ!」
なのは「う~ん…喜ぶかな?」
スバル「きっと!」

ヴィヴィオ「???」
なのは「ほら。やっぱりよく分からない」
スバル「えっと…なんていえば分かるのかな?う~んと。つまり、しばらくはなのはさんがヴィヴィオのママだよってこと」
ヴィヴィオ「ママ?」
スバル「え!?いや~その…」

なのは「いいよ、ママでも。ヴィヴィオの本当のママが見つかるまで、なのはさんがママの代わり。
ヴィヴィオは、それでもいい?」
ヴィヴィオ「……」
なのは「うん?」
ヴィヴィオ「ママ」
なのは「はい、ヴィヴィオ」
ヴィヴィオ「ふぇ……うわぁぁぁん~!!」
スバル「え!!ぇ……」
なのは「何で泣くの~。大丈夫だよ、ヴィヴィオ」

ヴェロッサ「ティアナだっけ?」
ティアナ「はいっ」
ヴェロッサ「君から見て、はやては、どう?」
ティアナ「それは…優秀な魔道師で、優れた指揮官だと…」
ヴェロッサ「うん、そっか。はやてとクロノ君、僕の義理の姉カリム。三人は、結構前からの友人同士でね。
その縁で僕も仲良くしてもらってるんだけど」
ティアナ「あ、はい。存じ上げています」
ヴェロッサ「古代ベルカ式魔法の継承者同士だし、何よりはやてはいい子だ。優しいしね」
ティアナ「はい」
ヴェロッサ「妹みたいなものだと思ってる。だから、色々と心配でね」
ティアナ「はい…」

ヴェロッサ「レアなスキルや強力な魔法、高い戦力。人を使える権限や権力。
       そういう力を持つってことは、同時に孤独になっていくってことでもある。僕はそう思う」
ティアナ「はい」
ヴェロッサ「もちろん、必要とはされる。頼られもする。だけど、それは人間としてじゃない。
       その人が持っている力そのものが必要とされてるだけ。ああ、もちろんこれは極論だよ。
       実際は、そんなにデジタルじゃない」
ティアナ「あ、はい。分かります。強い力を持つ者には、そういった重圧や寂しさが付きまとう、と」
ヴェロッサ「そう、それ。コホン。まぁ、つまり、僕の言わんとしてることは、だね。
       部隊長と前線隊員の間だと、色々難しいかもしれないけど、上司と部下ってだけじゃなく、
       人間として、女の子同士として、接してあげてくれないかな?はやてだけじゃない。君の隊長たちにも」
ティアナ「了解しました。現場一同、心がけるよう努めます」

クロノ「部隊データを改めて確認したが、はやては身内と部下に恵まれてるな」
ヴェロッサ「だね。ティアナも、いい子だった。でも、罪の意識はなかなか消えないんだろうね。
       はやては相変わらず、生き急ぎすぎてると思う」
クロノ「この件を無事にクリアすれば、はやての指揮官適性は立証される。闇の書事件についても、言える者は少なくなるさ」
ヴェロッサ「うん」
クロノ「なのはとフェイトがついているとはいえ、心配ではある。こっちでもフォローしてやりたいが」
ヴェロッサ「本局が表だって動いちゃまずいって言ったばかりじゃないか。僕に任せて。
       査察官って立場は、秘密行動に向いてるしさ」
クロノ「すまないな。頼む」

ギンガ「現場検証とあわせて、改めて六課からデータを頂きました」
マリエル「この魔方陣状のテンプレート。使ってる動力反応。これまでのものと桁違いに高精度です」
ゲンヤ「間違いなさそうだな」
マリエル「はい。この子たち全員、最新技術で作り出された…戦闘機人です」
ゲンヤ「ふむ…

ゲンヤ「やっぱりと言やぁ、やっぱりか。まだ何にも、終わっちゃいねぇんだなぁ」

フェイト「そう。なのはがママになってくれたんだ」
ヴィヴィオ「うん」
フェイト「でも実は、フェイトさんもちょっとだけヴィヴィオのママになったんだよ?」
ヴィヴィオ「ん?」
フェイト「後見人っていうのになったからね。ヴィヴィオとなのはママを見守る役目があるの」
ヴィヴィオ「……なのはママと、フェイトママ?」
なのは「うん」
フェイト「そう」
ヴィヴィオ「ママ」
なのフェイ「はぁ~い」

エリオ「それにしても、なのはさんとフェイトさんがママって…」
キャロ「ヴィヴィオ…ものすごい無敵な感じ…」

スバル「あはは。それなら二人だって、フェイトさんの被保護者で、なのはさんの教え子じゃない」
エリオ「えっと…それはそうなんですけど」
キャロ「えへへ」

ギンガ『あの時の事件は、まだ終わってない。…母さんを殺した、戦闘機人事件』

次回予告

ギンガ「真相に近づいていく事件」
フェイト「親子と姉妹と、ひと時の平和と…それぞれの絆」
ギンガ「次回、魔法少女リリカルなのはStrikerS第15話」
フェイト「Sisters&Daughters」
フェイト&ギンガ「Take off!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。