魔法少女リリカルなのはStrikerS第15話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第15話【Sisters&Daughters】

ギンガ「戦闘機人。それは、人の身体に機械を融合させ、戦闘能力を飛躍的に高める研究。
     しかし、成功例の少なさや人道的理由を初めとする様々な問題点から、研究は中止され、
     ついにはその存在そのものがタブーとされた。今回機動六課が担当する事件に戦闘機人が姿を現し、
     私たちは事件捜査への更なる協力を申し出た。
     戦闘機人事件は、私たち家族にとって重要な意味を持つ事件だから。陸士108部隊、ギンガ・ナカジマ」

ヴィータ「ティアナは今日もあたしとやるぞ」
ティアナ「はい!」
ヴィータ「突撃型のさばき方、第6章!」
ティアナ「お願いします!」

なのは「ギンガ」
ギンガ「はい?」
なのは「ちょっと、スバルの出来を見てもらっていいかな?」
ギンガ「あ、はい」
なのは「一対一で、軽く模擬戦。スバルの成長、確かめてみて」
ギンガ「はい!」

シグナム「なるほど。悪くない」
なのは「はい」
ヴィータ「ああ。二人とも、なかなかだ」

ティアナ「スバル、お姉ちゃんっ子だからね~。ギンガさんも、スバルに結構甘いし」

シグナム「スバルは、だいぶ使えるようになったな」
なのは「入隊以降、ずっとクロスレンジの基礎固めをしてきましたから」
ヴィータ「あたしとなのはが毎日毎日ぶったたいて、鍛えてるしなぁ~。あれぐらいは」

ヴィータ「反応は悪くなったぞ。スピードがおっつかなかったか」
スバル「あ、ああ…ありがとうございます!」

なのは「ギンガ、どう?スバルの成長は」
ギンガ「ビックリしました。攻防の切り替えが、すごくスムーズで、威力も段違いで」
なのは「合格?」
ギンガ「はい!ものすごく」
フェイト「しばらくは、同じ部隊だから、一緒に頑張ろう」
ギンガ「はい!」

なのは「せっかくだから、ギンガも入れたチーム戦。やってみよっか?フォワードチーム五人対、前線隊長四人チーム」
ギンガ「ぅえぇ!?」

スバル「いや、あのね、ギン姉。これ、時々やるの」
エリオ「隊長たち、かなり本気で潰しにきますので」
ティアナ「まずは、地形や幻術を駆使して、何とか逃げ回って」
キャロ「どんな手を使っても、決まった攻撃を入れることができれば、撃墜になります」

ヴィータ「悔しい気持ちのまま、反省レポート、まとめとけよ~」
スバル・ティアナ・エリオ・キャロ「はい!」

ティアナ「出動があっても、大丈夫なくらいには…限界ギリギリまでですね~」
キャロ「密度濃いんです」

ヴィヴィオ「おはよーございます」
マリエル「あ、えっと、おはようございます」
シャーリー「おはよう、ヴィヴィオ」
ヴィヴィオ「うん。しつれーします」
マリエル「あ、どうも。ご丁寧に…」

ヴィヴィオ「ママー!」
なのは「ヴィヴィオ」
フェイト「危ないよー。転ばないでねー」
ヴィヴィオ「うん」

なのは「大丈夫。地面柔らかいし、綺麗に転んだ。怪我はしてないよ」
フェイト「そ、それはそうだけど…」

なのは「ヴィヴィオ。大丈夫?」
ヴィヴィオ「うぁ、えっく、え」
なのは「怪我してないよね?頑張って、自分で立ってみようか?」
ヴィヴィオ「ママぁ~」
なのは「うん?なのはママ、ここにいるから。おいで」
ヴィヴィオ「え、ぇぁ、うぇ~」
なのは「おいで」
フェイト「なのは、駄目だよ。ヴィヴィオまだちっさいんだから」
なのは「あ」

ヴィヴィオ「フェイトママ」
フェイト「気をつけてね。ヴィヴィオが怪我なんかしたら、なのはママもフェイトママも、きっと、泣いちゃうよ?」
ヴィヴィオ「ごめんなさい」
なのは「もう、フェイトママちょっと甘いよ」
フェイト「なのはママは厳しすぎです」
なのは「ヴィヴィオ。今度は頑張ろうね」
ヴィヴィオ「うん」

シャーリー「あんな感じです」
マリエル「ああ。二人の子供かぁぁぁぁああうえぇぇ!?」

キャロ「ヴィヴィオ、髪の毛かわいいね~」
ヴィヴィオ「なのはママのリボン~」
なのは「アイナさんがしてくれたんだよね?」
ヴィヴィオ「うん!」
スバル「いい感じだよ~ヴィヴィオ」
ヴィヴィオ「えへへ」

マリエル「なるほど。保護児童なのね」
エリオ「僕の時と同じような感じです」
シャーリー「なのはさんが保護責任者。後見人がフェイトさんです」
マリエル「そっか」

ティアナ「しっかしまぁ。子供って泣いたり笑ったりの切り替えが早いわよね」
ギンガ「スバルのちっちゃい頃も、あんなだったわよね~」
スバル「え!そ、そうかなぁ?」

シャマル「リインちゃんも」
リイン「え~!?リインは初めっから割と大人でしたぁ~!」
シグナム「嘘をつけ」
ヴィータ「身体はともかく、中身は赤ん坊だったじゃねぇか」
リイン「う~。はやてちゃん!違いますよね!?」
はやて「あはは。どうやったかなぁ?」

なのは「ヴィヴィオ。駄目だよ。ピーマン残しちゃ」
ヴィヴィオ「あ~。苦いのきらーい」
フェイト「え?おいしいよ?」
なのは「しっかり食べないと、おっきくなれないんだから」
ヴィヴィオ「うぅ~~」
はやて「あ~、そやなぁ。好き嫌い多いと、ママたちみたいな美人にはなれへんよ?」
ヴィヴィオ「う~~~」

シグナム「スバルたちは、マリエル技官と外出か」
シャマル「いつもの健康診断よ。クラナガンの医療センターまで」

オーリス「機動六課からは、材料はでませんでした」
レジアス「そうか。公開陳述会まで間もない。より有利な交渉材料を押さえておかねば」
オーリス「引き続き、こちらの査察部を動かします。それよりも、本局査察部や一部の部隊が、
      こちらを調べて回っているようです」
レジアス「いつものことだ。いつものようにこなせ」
オーリス「本局査察官に一人、やっかいな希少技能保有者がいます。本腰を入れられたら、
      深いところまで探られる可能性もありますが」
レジアス「チッ。いまいましい。全ては必要あってのことだ。連中に理解させるには、まだ時間と実績がいる」
オーリス「最高評議会からの支援は、いただけないのでしょうか?」
レジアス「わしが問い合わせる。アインヘリアルのほうはどうだ?」
オーリス「三号機の最終確認が遅れていますが…順調です」
レジアス「遅らせるな。陳述会前には終わらせておけ」
オーリス「これから視察に行く予定です」

オーリス『例のプランといい、アインヘリアルといい、過ぎた力と思わなくもないが…』「あの方の…選んだ道だからな」

レジアス「教会のみならず、本局のご老人方も、何事か動かれているようですが」
評議員「三提督か?気にせずともよかろう」
書記「その通り」
評議長「彼らにはもう、人も世界も動かせはせんよ。陳述会はおまえに任せる。これまで通りでよい」
レジアス「はっ!」
評議長「そう。これまで通りでよい。何にも、問題は、ない」

ディエチ「新しい身体、どう?」
ウーノ「いいに決まってるわ。あなたたちの動作データが生きてるもの」
クアットロ「妹たちも皆順調です~。ナンバー7セッテ。ナンバー8オットー。
      ナンバー12ディードも基本ベースとIS動作までは完成です」
ディエチ「9番ノーヴェと11番ウェンディの固有武装も、無事完成」
ウーノ「2番ドゥーエ。5番チンクは既に任務中。良いペースね」


スカリエッティ「祭りの日は近いな。君たちも楽しみだろう」
ウェンディ「あー。武装も完成したし、ドカーンと一発、暴れてみたいっすね~」
スカリエッティ「君たちは最前栄耀の能力だ。存分に暴れられるとも」
ウェンディ「だって。楽しみだねぇ~ノーヴェ」
ノーヴェ「別に。あたしは、確かめたいことがあるだけだし。あたしたちの王様がどんな奴か。
      そいつは本当に、あたしたちの上に立つのにふさわしいやつなのかどうか」
ウェンディ「まぁ、よくわかんないけど。それ、すぐ分かるんっすよね?」
スカリエッティ「そうとも。準備は整いつつある。一つ大きな花火を、打ち上げようじゃないかー!
         ははは、あははっはははっは!間違いなく、素晴らしく楽しいひと時になる!あははは、はははっははは」

ギンガ「スバル」
スバル「ん?」
ギンガ「この先たぶん、戦闘機人戦があると思うんだけど」
スバル「うん」
ギンガ「しっかりやろうね」

はやて「今日、教会のほうから最新の予言解釈が来た。やっぱり、公開意見陳述会が狙われる可能性が高いようや」
フェイト「うん」
はやて「もちろん、警備はいつもよりうんと厳重になる。機動六課も、各員でそれぞれ警備にあたってもらう。
    ほんまは、前線丸ごとで警備させてもらえたらええんやけど、建物の中に入れるんは、私たち三人だけになりそうや」
フェイト「まぁ、三人揃ってれば、大抵のことは何とかなるよ」
なのは「前線メンバーも大丈夫。しっかり鍛えてきてる。副隊長たちも今までにないくらい万全だし」
フェイト「皆のデバイスリミッターも、明日からはサードまで上げていくしね」
はやて「ここを押さえれば、この事件は、一気に好転していくと思う」
なのは・フェイト「うん」
なのは「きっと、大丈夫」


次回予告

なのは「地上本部の警備に向かう私たちと、待舎で見送る機動六課メンバー」
フェイト「襲撃は静かに、そして突然に」
なのは「次回、魔法少女リリカルなのはStrikerS第16話」
フェイト「その日、機動六課(前編)」
なのフェ「Take off!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。