魔法少女リリカルなのはStrikerS第17話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話【その日、機動六課(後編)】

ウーノ「作業内容確認。ドクターの夢にして、最重要プラン。その達成へ向けての第一歩。
     ナンバーズ12人中、11人が作業に参加。騎士ゼストと召喚師ルーテシアも、任意協力。
     作業内容は、管理局地上本部、及び機動六課の無血制圧。聖王の器の回収は最優先。
     タイプゼロの捕獲も、可能であれば行う。総合管制は私、ナンバーズファースト…ウーノ」

フェイト「シスター…会議室にいらしたんじゃ」
シャッハ「会議室のドアは、ゆうしの努力で何とか開きました。それで、私も急ぎ、二人を追って…」
なのは「はやてちゃんたちは?」
シャッハ「お三方とも、まだ会議室にいらっしゃいます。ガジェットや襲撃者たちについて、現場に説明を」

なのは「分散しよう。スターズはギンガの安否確認と襲撃戦力の排除」
フェイト「ライトニングは六課に戻る」
スバル・ティアナ・エリオ・キャロ「はい!!」
なのは「シスターシャッハ。上の皆を、お願いします」
シャッハ「この身にかけて」

ティアナ「スバル!先行しすぎ!」
スバル「ごめん!でも、大丈夫だから!」
なのは「仕方ないね。こういう場所だとスバルのほうが速い。大丈夫!こっちが急げばいい!」
ティアナ「はい!」

ルキノ「システム、完全にダウン。防御システムも、もう…」
グリフィス「くッ……」

ルーテシア「この子で、間違いない?」
ウーノ「はい、間違いありません。保護してくださって、ありがとうございます。その子もとても可哀想な子なんです」

白衣の男「モンディアル家のご子息、エリオ君は、既に病気で亡くなられている。
       そしてこの子は、亡くなった息子さんの特殊クローン。プロジェクトF。
       忌まわしき生命創造技術で生み出された劣化コピーです」

フェイト「スカリエッティはどこにいる!?何でこんな事件を起こす!?」
トーレ「お望みでしたら、いつでもご案内します」
セッテ「もちろん。あなたが我々に協力してくれるのならですが」
フェイト「彼は犯罪者だ!それも最悪の!」
トーレ「悲しいことを言わないで下さい。ドクターは、あなたやあの少年の、生みの親のようなものですよ」
フェイト「くっ」
セッテ「あなたがたの命は、ドクターがプロジェクトFの基礎を組み立てたからこそ」
フェイト「黙れ!」

キャロ「壊さないで…。私たちの居場所を…、壊さないでーーーー!!!!」

スカリエッティ「ミッドチルダの地上の管理局員諸君。気に入ってくれたかい?
         ささやかながらこれは私からのプレゼントだ。治安維持だの、
         ロストロギア規制だのといった名目の元に圧迫され、正しい技術の促進したにも関わらず、
         罪に問われた稀代の技術者たち。今日のプレゼントはその恨みの一撃とでも思ってくれたまえ。
         しかし私もまた人間を、命を愛する者だ。無駄な血は流さぬよう努力はしたよ。
         可能な限り無血に人道的に。忌むべき敵を一方的に征圧することができる技術。
         それは十分に証明できたと思う。今日はここまでにしておくとしよう。
         この素晴らしき力と技術が必要ならば、いつでも私宛に依頼をくれたまえ!格別の条件でお譲りする」

カリム「……予言は…覆らなかった…」
はやて「まだや。……機動六課は、あたしたちは、まだ終わってない」

次回予告

ティアナ「壊されてしまった、地上本部と機動六課」
エリオ「だけど、倒れたままではいられない」
ティアナ「立ち上がるんだ。皆でもう一度」
エリオ「次回、魔法少女リリカルなのはStirikerS第18話」
ティアナ「翼、ふたたび」
ティアナ・エリオ「Take off!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。