魔法戦記リリカルなのはForce 魔導辞典 第一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

次元世界と魔導の力 

次元の海には、いくつもの世界が存在する。治安維持組織である時空管理局の管理を受け、文化交流を行なっている世界を「管理世界」、
そうでない世界を「管理外世界」と呼ぶ。
そして管理世界のほとんどと、管理外世界の一部には「魔導」と呼ばれる独自のエネルギー運用技術が存在し、活用されている。
一般的に使用されている「魔法」もその一部であり、優れた術者が魔導師と呼ばれるのもここに由来する。
近年の魔導技術は科学と深く融合し、一般生活にまで深く浸透している。



ルヴェラ文化保護区  

管理世界においては、その土地に由来する自然や文化などを保護する目的で「保護区」設定が行なわれることがある。
自然保護区で自然環境や原生生物の保護がなされるように、文化保護区においては、その土地の文化や景観を損ねないよう、
先進技術に由来する物品や施設の持ち込み・建設が規制されている。
ルヴェラ地方は雄大な自然の景観や旧歴中期から続く閑静な町並みが保護指定されており、観光地として賑わっている。



インテリジェントデバイス 

魔法を扱う者たちが使用する「端末(デバイス)」はさまざまな機能や種別が存在する。
インテリジェントデバイスは自律した知能を持った端末であり、単独での魔法発動や自律行動などをはじめとした機能を持つ。
トーマの相棒スティードもこのインテリジェントデバイスである。
なお、通常の魔導端末はシンプルな術式構成言語で意思を伝えるが、スティードは通常言語で会話をできるように作られているようである。



実弾兵器  

ミッドチルダをはじめとする管理世界の「武装」はクリーンかつ威力・効果設定が容易な魔導武器に限定され、
こういった「実弾兵器」に対しては使用に強い規制がかけられており、一般人や民間企業の警備員といった人々が所有・使用することはほぼ有り得ない。
だが、炸薬を使用して銃弾を撃ち出すこのタイプの銃火器は、管理外世界の多くではいまだ主流を占める武器であり、密輸・違法使用の例は跡を絶たない。



ズーミングスキャナ  

撮影・観測に特化したデバイスであるスティードの基本機能のひとつ。
遠隔地の一部をモニタリングし、音声も拾う。なおトーマが指を耳に当てているのは、音が外部から漏れないよう、
指先を伝導音子として使用しているためである。



念話  

一般的な魔法における、初歩中の初歩にあたる技術。
思念内で言語化した言葉を対象に送り届けることで通信・会話を行なう。
ただしこの場面(リリィが研究所でトーマを呼ぶ)での「頭の中に響いた音声」は一般的な念話とは異なるようである。



魔方陣  

魔法を使用する際に描き出す術式方陣。魔法ごとに設定された回路を目視できる形で展開し、術式の制御や安定化を行なう。
はるか昔は媒介物(特殊な砂や液体など)を使用して実際に描いていたが、現在は魔力によって瞬間的に展開、使用後には消失するタイプが一般的である。



アンロック 

錠前を解除する魔法。通常の建物や施設のロッキングユニットには、これらの一般的な解錠魔法に対する厳重な防御がなされており、
専門の技術者であっても、アクセスコードがなければ数十分~数時間かかるのが一般的だが、トーマはこれをわずか数秒、ワンアクションで解錠している。



リアクティング 

可燃物に炎を近づければ燃えあがるように、媒体同士が近接・接触した際に特定の反応を起こす場合がある。
これらの反応を魔力によって制御・任意に発生させるのが魔法の中核となる技術だが、トーマとリリィの間にも、
何らかの特定反応が発生している。
なお、「瞳の痛みと激しい頭痛」は、網膜から入り込んだ圧縮情報が、脳に直接送り込まれた際などに起こりうる症状である。



熱焼却処理  

危険な細菌・化学物質などを扱う研究所施設では、漏出災害を抑えるため、室内の熱焼却処理の設備が置かれる場合がある。
金属の沸点―数千度を超える熱―による焼却処理は細菌や化学物質のほどんどを無害化し、およそあらゆる生命体は生存を許されない。



プロテクション 

ミッドチルダ式魔法において、ごく一般的な防御魔法。任意の範囲に防御膜を張り、衝撃・温度変化などから身を守る。
トーマとスティードのプロテクションは、外気温500~800度(一般的な施設火災での高温状況下)程度の炎熱化においても、
数分程度であれば、内部の人間を守りながら移動を行なえる防御力を持つ。



誓約(エンゲージ) 

現状で詳細は不明。リリィ・シュトロゼックの意思によって、トーマの体に影響を及ぼす「何か」が発生している。
この誓約によって、リリィの左手首とトーマの右手首、それぞれに銀の腕輪が発生しているのが確認できる。



戦闘準備 

戦闘や災害救助など、特殊状況下で活動する魔導師は、自身の魔力で作成した「バリアジャケット」と呼ばれる防護服を装備し、
付加した各種の防護機能やフィールド生成能力などで身を守る。
トーマのこの装備(マント装備かつノースリーブ、へそだし、篭手装備)は、バリアジャケットとは異なるもののようだが、
両手足に装備された金属様の防具など、戦闘向きの装備であることが推測できるほか、トーマ自身の髪や目の色の変色も確認できる。



ECディバイダー 

現時点で詳細は不明。実弾銃に大ぶりなナイフを融合させたような奇妙なスタイルの武器であり、
本体には「996」及び「React STROSEK」の刻印が刻まれている。



ディバイド・ゼロ 

現時点では詳細は不明。一般的な「砲撃魔法」に近い発露状態だが、射線上への貫通能力と効果距離が極めて高レベルなものであるのと同時に、
射線外にいた人員や車両に対してもなんらかの効力を発生させ、活動不能にするという効果が見てとれる。



執務官 

時空管理局における役職のひとつ。(所属部署の権限範囲内において)司法処理を執り行うほか、指示された案件においての捜査・監査の権限をもつ。
事件捜査においては「捜査指揮・現場司令」のポジションで立ち回ることが多いため、2人以上の執務官が同じ案件を担当することは比較的稀。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。