魔法戦記リリカルなのはForce 魔導辞典 第五話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生体兵器研究施設

「生命体の兵器化改造」は管理局法で厳重に禁じられた行為だが、世界に広まる「魔法」との相性のよさもあり、
手を出す違法研究者や組織は跡を絶たない。そして、そのために生み出された、あるいは誘拐されてきた子供などが
それらの研究に供されるのは、アイシスがわずかな思慮で思い当たる程度には「そう珍しくない」話でもある。




フッケバイン

凶悪犯罪集団として広域指名手配がかけられた武装グループ。
だが、政治的理由や各種の条約問題、彼らと「取引」を行なう管理外世界との軋轢といったさまざまな事情や、
彼らが保有する極めて強力な戦力、「拠点を移動させつづけている」ことなどから、
管理局でもその対処が複雑かつ困難な相手として知られている。




特務機動隊(エクストラフォース)

通常編成ではなく、臨時任務のために編成される舞台は「特務」の名が付くことが多い。
今回の特務機動隊は本局に存在する大規模テロや小規模戦乱の鎮圧などを担当する「脅威対策室」の名の元に編成されている。




EC因子適合者(エクリプスドライバー)

「エクリプス」の感染によりトーマの体にはすでに一次変化が発生していた。
そして「適合者」のみに現れるこの発病症状により、「EC因子保有者(キャリアー)」から「EC因子適合者(ドライバー)」
へと変化することになる。




管理局特務六課

今回編成された特務隊は、本局魔導騎士八神はやて二佐を筆頭に、
6年前に発生した都市型テロ「JS事件」において活躍した「機動六課」のメンバーが大半を占める。
偶然にも現在脅威対策室で編成された特務隊の「六番目」でもあったため、「特務六課」の名を与えられている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。