魔法戦記リリカルなのは 魔法辞典♯2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロテクション
正式名称、アクティブプロテクション。触れたものに反応し、対象を弾き飛ばす性質を持ったバリアを発生させる。
発動速度は早く、消費する魔力も小さいが、それゆえ防御力自体はさほど高くない。
黒い影と犬獣とで接触の際の反応が違うのは、黒い影は実体を持たない不定形生物なため。


変形・シーリングモード
封印を行うための機能開放モードにレイジングハートを変化させる。
このモードの時は術者及び杖の魔力リソースのほぼすべてを単一の目的に使用できるように設定されている。


封印
暴走した魔法を強制停止させるための手段。稼働中の魔法に対して強制的に動作コードの書き換えを行い、その機能を停止させる。
原則として、停止させる魔法よりも術者の方が強大な魔力を持っていないと停止させることはできない。
一話冒頭でユーノが封印に失敗していたのはそれが原因。


変形・ウエイトモード
持ち運びに便利な宝石形態に、レイジングハートを変化させる。
この状態でも魔力強化装置としての機能を持ち、術者が魔法を扱う際の手助けをしてくれる。


念話
なのはは魔力資質を持つため受信は可能だったが、魔法使いとしては未熟なため、送信はまだレイジングハートの助けがいるようである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。