2-2

101 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/12(水) 10:49:18 ID:???
>>100
ウインディ「ソーラービーム」
クレセリア「ソーラービーム」
フィオネ「あばばばばば」

フィオネ「…なんで、なんで考えてることが分かるの、あの2人!?」


102 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/13(木) 00:48:29 ID:???
ダークライ「大体なんでクレセリアに怯えなきゃならないんだ……こっちはあく
       あっちはエスパー絶対に有利なはずじゃないか……」

ダークライ「おい、いい加減にしろよ、その変なゲームやめろよな」
クレセリア「黙れやチンポ野郎、たかがゲームでガタガタ抜かすなや。」

ダークライ「……はい」


103 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/13(木) 16:18:43 ID:???
【ドS】クレセリアを語るスレ ねむね5 (91)

88 名無しさん「あばばばば」 20XX/03/13(木) 19:36:33 ID:DARK4LAY
今日クレセリアタソに会って来た。
私は悪タイプだから、彼女に怯える必要など無いはずなのだが…何故か彼女が怖い。やはりSを極めるとタイプの壁すらも打ち破ってしまうのか?

89 名無しさん「あばばばば」 20XX/03/13(木) 19:43:21 ID:LATi#aS;
>88
そうなんじゃないですか?
私のお兄ちゃんは『Mは相手を選ばないのさ!』と変な事言ってましたけど…

90 名無しさん「あばばばば」 20XX/03/13(木) 19:44:38 ID:DARK4LAY
>89
そうなのか…しかし私はMでは無いッ!いつかきっと…きっとクレセリアを私だけの物にするんだ!
…ん?この書き込みをしてる途中に部屋をノックする音が…ちょっと見てくる

91 名無しさん「あばばばば」 20XX/03/13(木) 19:44:44 ID:CrESElIa
>90
お前の目の前にクレセリアが居るぞ



フィオネ「カチカチ…(何だかダークライの部屋が騒がしいな…)」
アルセウス「フィオネもいい加減ネット止めたら?目に悪いよ?」
フィオネ「お、俺の事を心配してくれたのか…ありがとう、アルセウス…」
アルセウス「うん、何だかんだ言っても僕たち友達でしょ☆
(…本当は電気代が痛いからなんだけどね)」


104 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/13(木) 18:42:11 ID:???
悪もエスパーも狩れる虫ポケコクーンの登場


105 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/13(木) 18:51:05 ID:???
>>104
クレセリア「む、むむむむしむし……」
ダークライ「なんだクレセリア、虫が苦手なのか
(コクーンって虫タイプの技覚えないのに)
どれどれ俺が退治してやr」
クレセリア「こんな可愛い子を退治なんて何考えてるの!スキスワねむねごサイコシフト」
ダークライ「(そっちかよ)zzzzz」
コクーン「///」


106 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/13(木) 19:32:48 ID:???
>>103
>89 名無しさん「あばばばば」 20XX/03/13(木) 19:43:21 ID:LATi#aS;
>>88
>そうなんじゃないですか?
>私のお兄ちゃんは『Mは相手を選ばないのさ!』と変な事言ってましたけど…


クレセリア「ちょっとラティオスと仲良くなってくるわね」
ダークライ「お前、虐める相手がMなら誰でもいいのか…」


107 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/13(木) 20:10:51 ID:???
>>105
アルセウス「ダークライってさ、弱い相手には強いんだね☆」
ダークライ「そ…そんなつもりじゃなかったのに・・・」
フィオネ「お前ってさ、陰険だよな・・・だからマゾなんだよ」
コクーン「ダークライって墓穴堀りの名人だな!オラワクワクしてきたぞ!」


108 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/14(金) 12:55:00 ID:???
ウインディ「あのう…クレセリアさん?」
クレセリア「あら、どうかしましたか?ウインディ。」
ウインディ「最近のクレセリアさん、ダークライが絡むとかなり怖いのですが…。」
クレセリア「あら、ごめんなさい。私の分身がいつもダークライの分身にひどい目にあっているらしいので
      ダークライにちょっかい出されると別の人格が出てきてしまうみたいなんですよ、オホホホホ…。」
ウインディ「…そうですか。」
クレセリア「さてと、なんだかダークライが暴れそうな予感がするからちょっとおしおきしてくるわね♪」
ウインディ「……。」


109 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/14(金) 13:31:29 ID:???
最近のクレセリアちょっと病んでるんじゃない・・・?


110 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/14(金) 15:06:30 ID:???
フィオネ「>>109『ダークライ乙』っと…」
アルセウス「何言ってるのフィオネ?」
フィオネ「いや、独り言だ」


ダークライ「ギャー!」
クレセリア「フハハ、どうだぁー!私のナイトメアの味はー!」

ギラティナ「…そろそろダークライが可哀相に見えて来たな…」
ウインディ「昔は悪戯ばかりしてたから何とも思わなかったのだけど…
最近は悪戯を自重してるのに…可哀相なダークライ」
フィオネ「Mなんだから別にいいだろw」
ヒードラン「お前も一種のMだがな」
フィオネ「(´・ω・`)何故か否定出来ん」



ミュウツー社
ミュウツー「最近のアルセウス宅の雰囲気に便乗してこんなゲームを作ろう!」

つ『鬼嫁クレセリア~私をもっと虐めてくれ~』

フリーザー「却下」
ミュウツー「ですよねー」


111 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/14(金) 17:10:04 ID:???
ダークライ「ミ…ミュウツー、もうこれ以上私を虐めるゲームを作るのはやめて頂きたい。これ以上クレセリアに悪夢を見せ続けられては
      私の身が…もたない…。」
ミュウツー「そういわれても…ダークライ&クレセリアネタはまだまだ尽きないし…。」
ダークライ「ミュウツー!謝罪するから勘弁してくれ!」

帰宅後

クレセリア「やっと謝罪したようね、ダークライ。」
ダークライ「……(身も心もボロボロですorz)」
アルセウス「これでしばらくは静かになりそうだね☆」
ギラティナ「(アルセウス……ダークライの状態を理解していないな)」


112 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/14(金) 18:55:05 ID:???
ギラティナ「だがクレセリア、お前も少しダークライ虐めは自重しろ」
クレセリア「そ…そうね…あんなに落ち込んでるダークライを虐めてもつまらないし…
代わりにラティ兄妹のお宅に行きますね」
ギラティナ「だが許さん」
クレセリア「どっ、どうして!?」
ギラティナ「お前がラティオスに会ったら…」


クレセリア『フハハ、もっとひっぱたいて欲しいか!ビシッバシッ』
ラティオス『も、もっと虐めて下さい女王様ぁ♪』
ラティアス『いやぁぁあ!お兄ちゃんの変態っ!』


ギラティナ「…となるのが目に浮かぶ」
クレセリア「さ、流石にそこまでしないわよ!…タブン…
てか本当にラティオスってMだったの?」
ギラティナ「ああ、同じラティとしてそれは把握している」
クレセリア「じゃあ早速ムチを持ってラティオスの所へ(ry」
ギラティナ「だから許さん!!」

フィオネ「ヒソヒソ…(…同じラティ?)」
アルセウス「ヒソヒソ…(ギ『ラティ』ナだからじゃない?)」


113 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/16(日) 06:15:42 ID:???
あまり某所からひっぱるのも悪いような
単発だと信じるがね


114 :112:2008/03/16(日) 09:13:44 ID:???
>>113
某所って某閉じ込めスレか?
すまない、別に引用したわけじゃ無いんだが…


115 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/16(日) 11:47:09 ID:???
ミュウツー「私も遂にカードでLV,Xになったぞ!」
サンダース「任☆天☆堂でか?」
ミュウツー「違う、ポケモンカードゲームでだ!」
サンダース「…まぁどうでもいいけどな。それと、お前が会社に行ってる間にお前宛に手紙がいくつか届いていたぞ。別世界からもいくつか来ている」
ミュウツー「何だ?ちょっと見せてみろ」

 『イヤッフーwww(訳:ミュウツーさん、こんにちは。スマブラやめてからの気分はどうっすかwww)』byマリオ

 『所詮お前は俺様には敵わないのさw』byピカチュウ

 『お腹空いたなー。ミュウツー食べたいのに…』byカービィ

 『最強のポケモンが出場してると聞いて来たのだが…リストラされたのか。悪いが…あんたはここまでだ』byアイク

 『こちらファルコ、ミュウツーが居ないが問題は無いwwww』byファルコ

 『元気出しましょうよ…リストラされたって僕らは僕らです!』byロイ

 『ミュウツー(笑)』byフィオネ


ミュウツー「UZEEEEEEE!!」
サンダース「(…一応慰めの手紙も混ざってるみたいだが…)」


116 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/16(日) 14:15:52 ID:???
>>113
無理矢理オチを付けてみる


ギラティナ「久しぶりにスマブラをやるのも悪くない・・・最近ゲームのハード自体をアルセウスに独占されていたからな。」
アルセウス「ギラティナがゲームをやるなんて珍しいね☆」
ギラティナ「確かにな。私は送りの泉での仕事も忙しかったから・・・
む?ところでクレセリアはどこへ行った?」
アルセウス「クレセリアならラティ兄妹の家に行ったよ☆」
ギラティナ「なんだと!?それはいけん、ラティオスをクレセリアの魔手から救わねば!」
アルセウス「・・・行っちゃった。どうしたんだろう・・・」



クレセリア「ラティアスさんはとてもいい妹さんですね。」
ラティオス「そうなんです。僕の自慢の妹ですよ!」
クレセリア「ウフフ、私が居候している家のギラティナも一家の大黒柱的な存在で頼もしいんですよ♪」

ガチャン!バキバキメキンッ!ガランガラン!!
天井を突き破り、上から落ちてくるギラティナ。

ラティオス「!?て、天井からギラティナさんが・・・」
ギラティナ「ラティオス、お前をクレセリアから助けn・・・ん?」
クレセリア「・・・ラティオスさん、前言撤回です。ギラティナは一番使えないムカデ野郎ですよ。」
ギラティナ「ムカデとはなんだ!」


117 :116:2008/03/16(日) 14:17:38 ID:???
クレセリア「そりゃ楽しく会話している途中に降って来られちゃ、そう言いたくもなります!」
ギラティナ「楽しく・・・会話・・・?楽しくムチ打ちじゃないのか?」
クレセリア「あのね・・・ギラティナ。私だって嫌がる相手を無理矢理虐めたりはしません。…タダシ、ダークライヲノゾイテ」
ギラティナ「い、嫌がる?」
ラティオス「ギラティナさん・・・昔僕は確かにMでしたが、今はそんなんじゃありませんよ?」
クレセリア「どうやら大好きな妹に変態扱いされるのが嫌になったみたいよ。
何が『同じラティとしてそれは把握している』よ、全然分かって無いじゃない。」
ギラティナ「そ、そうだったのか・・・(赤面)」
クレセリア「・・・それじゃあラティオスさん、私はこれで失礼しますね♪天井の修理代はギラティナから強制的に払わせますので。」
ラティオス「(き、強制的・・・)それじゃクレセリアさん、また来て下さいね!」



クレセリア「チッ、Mじゃなかったのか・・・つまらん。」
ギラティナ「自重しろ」


118 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/17(月) 23:57:31 ID:???
コクーン「オッス!オラコクーン!
      今日はダークライに話し相手を連れてきたぞ!」

ダークライ「……で、私はこうやっていつもぞんざいな扱いを受けているんだ。」
ラフレシア「つくづく女というものは御しがたいな!」
コクーン「でもおめえ、けっこう幸せそうだな!」
ダークライ「そんなのことないって……やっぱりさ、ほら…痛くないほうがいいだろ?」
ラフレシア「私は劣化ではない!任務遂行の為にエゴを強化したポケモンだ。」
コクーン「じゃぁ、言葉で責められてえのか!」
ダークライ「そういう怖いのじゃなくてぇ……」
ラフレシア「フハハハハハ怖かろう!」
フィオネ「会話が成立してないな…」

クレセリア「身の程を知るのね、豚。」
ダークライ「あうぅぅーーっ!アイキャンフライ!」
フィオネ「ユーキャンフラーイ!」
コクーン「もっと!もっと!」
ラフレシア「私も感情をもつポケモンだ。進化前であれば今お前を殴り殺して
        いたかも知れん・・・。」


119 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/18(火) 00:10:07 ID:???
ゴローニャ「I can fly は俺の…こんなかたちでマゾ野郎に受け継がれるなんてな。」
マグカルゴ「まぁ、時代は移り変わるもんさ。それにお前はswimじゃなかった?」
ヤミラミ「三人で過ごした日が懐かしい…でも、俺は次回こそ進化したいぜ。」
コクーン「この先進化できねえのはゴローニャだけだな!」

ゴローニャ「I can fly!!!」
マグカルゴ「you can fly!!!」
ヤミラミ「we can fly!!!」
コクーン「Mottomotto!!!」


120 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/18(火) 13:51:55 ID:ffCUeFOa
>>119
フィオネ「Type:Wild!!!」


121 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/18(火) 18:56:42 ID:???
>>118
フィオネ「なんとぉーっ!」
アルセウス「うるさいな、かみなり☆」
フィオネ「あばばばば」


122 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/19(水) 12:12:00 ID:???
誰も言わないので言ってあげるけど、はっきり言ってつまらない


123 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/19(水) 12:15:19 ID:???
アルセウス「ゼノレダの電鉄楽しかったね☆」
フィオネ「電鉄と言う割にはレーシングゲームだったがな。…それよりアルセウス、ちょっとテレビ占拠させてもらうぞ。」
アルセウス「許さないよ、かみなり☆」
フィオネ「あばばばば…ま、待て!スマブラXの『情け無用組み手』をやりたいだけなんだ!」
アルセウス「そうだったんだ、ごめん☆ 僕にはあれ出来ないからお願いね☆」



フィオネ「ザコUZEEEEEE!!」
ギラティナ「たった七匹しか倒せないのか…駄目だなフィオネは。」
フィオネ「なんだと!?俺はガチで戦って七匹倒したんだ、褒めるべきじゃないのか!?」
ギラティナ「…ちょっと貸してみろ」

つカービィ

フィオネ「自滅狙い乙w」
ギラティナ「何を言っている、カービィは私のマイキャラなだけだ。それに私はお前同様真っ向勝負をする。」
フィオネ「せいぜい頑張りなw」


Game SET
ギラティナ「…今日は調子が悪かったようだ…」
フィオネ「調子が悪いは言い訳にならねぇよw さて記録は…」

つ149人抜き

フィオネ「有り得NEEEEE!!」
ギラティナ「なんだ、これくらい普通…いや、それ以下じゃないのか?」
フィオネ「…(あぁ…この家に隠れゲーマーが一人…てか人知を超えてるだろ、コイツ…
普段ゲームをやっていない分、こんな実力を持っているとは思わなかった…)」


124 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/19(水) 12:18:51 ID:???
>>122
あえて釣りにマジレスすると

ならお前が面白いネタを書くんだ。話はそれからだ


125 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/20(木) 11:08:44 ID:/F7TrFU4
フィオネ「オレにやらして・・・」

データを消しますか?
フィオネ「消すわけねーだろ・・・あ、」
「はい」
フィオネ「ま、まちがえた」

地球破壊シーン

データを消しました

ギラティナ「・・・」

フィオネ「♪・・・知らない。」


126 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/20(木) 11:43:40 ID:???
書きたいが何をどうやったらいいのかわからんな


127 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/20(木) 11:53:43 ID:???
ギラティナ「キャラの特徴を生かして書けば良いと思うぞ」
フィオネ「俺とアルセウスをセットで使ってオチに雷を持ってくると大抵オチはつく」
ダークライ「私とクレセリアでSMオチというのも定番だな」
アルセウス「僕とZ戦士を組み合わせて『失敗しちゃった☆』も定番オチだね」
ウインディ「迷った時ははまず投下してみるといいとおもいます。投下して読み直すと自分の欠点も分かりますから」

コクーン「上手くかけなかったときはZ戦士の仲間入りだ!」

俺「Z戦士に入れてもらっていいですか?上手く説明しようと思ったのにgdgdな説明になっちゃって・・・」


128 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/20(木) 11:58:05 ID:???
成る程初代スレの時より細かくなってたから読み手に回ってたけど
久しぶりに考えてくるか


129 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/20(木) 12:05:57 ID:???
>>125
ダークライ「ここでこのP○R(Wii用)…2万円でお譲りしよう」
アルセウス「僕創造神だからそんなのいらないよ☆」
フィオネ「最近創造神らしい事しtあばばばば」


130 :ポリゴンZ ◆tBDP.vZ3nQ :2008/03/20(木) 13:07:19 ID:???
>>123http://www.youtube.com/watch?v=mDQazzMDQcMあはははっやはyhyひひひひww


131 :ポリゴンZ ◆tBDP.vZ3nQ :2008/03/20(木) 13:09:02 ID:???
http://www.youtube.com/watch?v=NMHrkskDNpA&feature=related
あげぶおぼへひひww


132 :オルゴデミーラ:2008/03/20(木) 13:12:05 ID:???
アルセウスの100になった時の技強いですよ


133 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/20(木) 13:21:37 ID:???
>>128
マナーさえ守れば自由にしていいよ☆
ってアルセウスが言ってた


134 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/20(木) 14:05:26 ID:???
>>133
ホント初期にちらっと書いただけだったからまさかこんな感じになってるとは思ってなくてね
ありがとうね


135 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/20(木) 14:38:01 ID:???
フィオネ「カチカチ…」
アルセウス「久しぶりにネットやってるね☆」
フィオネ「…どうやらこの掲示板も人気が出て来たようだ。ちなみに名前は任天堂板らしい」
アルセウス「何故任天堂…スレ住民の相談無しに勝手に名前決めちゃっていいの?」
フィオネ「掲示板の初出ネタを作ったのはこの筆者らしいからな」
アルセウス「何メタ的発言してるのさ、かみなり☆」
フィオネ「オマエモナー…あばばばば」


1:フィオネ(爆笑) part87 (659)
2:【女王】クレセリアを語るスレ 6チ打ち (255)
3:PART20☆ アルセウスに失敗された人の数→ 2492+ (964)
4:フィオネ様>マナフィ (2)
5:【パチモン】ミュウツースレ【懐古】 (566)
6:オリジンフォルムなんて認めんぞぉぉぉぉ PART6 (103)
7:【FE厨】アルセウス宅のウインディ萌えスレ PART2 (471)
8:ギャラドス「同意権」 77個目のカゴ (890)
9:OCG任☆天☆堂を語るスレ 超茸2発目 (61)
10:アイク「ポケモン世界に迷い込んだのだが」フラグ4本目 (490)


アルセウス「多少スレッドの顔触れが変わってるね☆」
フィオネ「相変わらずギラティナ、必死だな(ミュウツーの奴は諦めたみたいだな…)」


136 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/20(木) 16:01:01 ID:???
>3:PART20☆ アルセウスに失敗された人の数→ 2492+ (964)

コクーン「オッス!オラコクーン!アルセウスに失敗された奴って今もたくさんいるんだな!おらわくわくしてきたぞ!」

チラ裏
コクーンの台詞間違ってたらゴメン


137 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/20(木) 22:46:37 ID:???
エンテイ「もう私はブイズでよくね?」

1:ロリコンさん、君に幸あれ!!:2009/07/23(月) 19:12:22 ID:???
唯一神という言葉を知ってるか?
そう、私のためにある言葉だ。
攻撃種族値115、専用技なし。特性プレッシャー。覚える技マシンと秘伝マシンにはまったくといっていいほど恵まれない

だけど・・・私の仲間たちは
優秀な種族値、優秀な技。タイプ一致の強力技。覚える技マシンと秘伝マシンにもよく恵まれている

私はホウオウを恨んだ。技を恨んだ。能力を恨んだ。神を恨んだ。そしてゲーフリとウインディを恨んだ。

私は・・・これからどう生きればいいのだろう。


総レス数 1001



フィオネ「なんだこのパクリスレ・・・」


138 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/20(木) 23:46:31 ID:???
9:OCG任☆天☆堂を語るスレ 超茸2発目 (61)

1 名無しさん「あばばばば」 20XX/03/20(木) 09:22:01 ID:MEWTOWSP
スレタイの通りだ。現在、今更人気高騰中の任☆天☆堂カードゲームを語るスレ
前スレ:【海王我1キル横行】任☆天☆堂を語るスレ

Q:1キルって?
A:開幕1ターン、または複数ターンかけて組み上げたコンボを使ってその1ターンで相手を敗北に追いやるコンボの事を指します

2 名無しさん「あばばばば」 20XX/03/20(木) 09:23:21 ID:LATi/oS;
>1スレ立て乙!
とりあえず超茸ジャンプマン1キルや海王我スカーフ1キルばかりやる奴は氏ね

3 名無しさん「あばばばば」 20XX/03/20(木) 09:24:01 ID:UxInNDei
>1乙してやる程、俺は甘く無い
>2
ジャンプやスカーフ1キルなんて、しっこく1キルと比べたら全然マシだろ

4 名無しさん「あばばばば」 20XX/03/20(木) 09:26:58 ID:DARK4RAY
>3
しっこく1キルは奇襲性能は異常だが、ハンマー装備の蒼炎の剣士で楽に撃破出来るからな…。ママの加護を装備されたらお手上げだが

5 4 20XX/03/20(木) 09:27:44 ID:DARK4RAY
それと、お前らは『フィオネ(笑)逆1キル』を知っているか?雑魚カード『フィオネ(笑)』を使って自分のライフを0にするネタコンボだ


フィオネ「ちょっとミュウツー始末してくる」
アルセウス「君はどこでもネタキャラなんだから別にいいじゃない☆」
フィオネ「…俺は今、猛烈に傷付いている!!」


139 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/21(金) 23:47:59 ID:???
コクーン「オッス!オラコクーン!
      実はZ戦士にも神様がいるんだ!みんな知ってっか?」
エンテイ「ワシが唯一神エンテイである!」
キマワリ「ワシが太陽神キマワリである!
      なので、待遇を改善してください、お願いします。」


140 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/22(土) 04:35:57 ID:???
久しぶりにゲストポケがアルセウスに要望出しに行くネタやる?


141 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/22(土) 10:19:59 ID:???
>>140
フィオネ「そういえば最近誰も訪ねて来なかったな…」
アルセウス「このスレに状況が書き込まれていないだけで、今まで何人も来ていたじゃない☆」
フィオネ「…だからそういった発言は控えろよ!」
アルセウス「アーアーキコエナーイ」

俺は書き手だが、ネタは露骨なエロ・下ネタ以外何でも受け入れられると思う。
どうか久しぶりに失敗しちゃってくれ(アルセウス的な意味で)


142 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/22(土) 11:29:33 ID:???
カランカラン
ミツハニー♂「あのーすいませーん、アルセウスさんいますか?ちょっと用が・・・」
フィオネ「(スレ的な意味で)久しぶりの客だな・・・」
アルセウス「やぁミツハニー♂!」

フィオネ「(嫌味なのか・・・天然なのか・・・)」

ミツハニー♂「アルセウスさん、なぜ私など作ったんですか?私の存在意義ってなんなんでしょう?
妹には「♂とかwwねーよww」と馬鹿にされるし・・・」
アルセウス「それは・・・その・・・失敗しちゃt」
ミツハニー♂「やはりそれですか・・・いつもそれで済まされると思ったら」

ツボツボ&メタモン&ハピナス「大間違いだぜ、創造神さんよ!」
フィオネ「こりゃ終わったな・・・こんな日に限って俺とアルセウス以外皆外出中だし・・・」
アルセウス「雷☆」
フィオネ「俺が何をしたと・・・あばばばばば」

ハピナス「おい、アルセウスがいねえぞ」
ミツハニー♂「雷の光を利用して逃げられましたか・・・」
ツボツボ「でもフィオネならいる。他の奴らには用はねぇし・・・」
メタモン「苛々するぜ・・・ストレス解消にフィオネ痛めつけて帰らないか?」
ハピナス「お、いいなそれ!」
フィオネ「あば、あばばば、あばばばばば」

その頃――
アルセウス「あ、フィオネ置いてきちゃった☆」


143 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/22(土) 13:14:08 ID:???
コクーン「よぉアルセウス!Z戦士の神様がおめえに話があるってよ!」
エンテイ「唯一神推参!」
キマワリ「太陽神推参!」
ブースター「創造神!我々の地位向上を要求する!」

アルセウス「まってよ、エンテイが唯一神なのは、ネタポケ故に愛されているからじゃない☆
        エンテイが強くなったら、ガッカリする人も多いよ☆」
エンテイ「おのれ…元はといえばうぬが…」
キマワリ「太陽神コンボ以外の使い道が厳しいのは理不尽だ、くさ/ほのおに進化させてくれよ。」
ブースター「もっと、攻撃力を生かしたいのに…あれは酷いよ…」


144 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/22(土) 14:15:57 ID:???
フィオネ「甘 っ た れ る な ! !」
一同「!?」
フィオネ「お前達はまだいい。エンテイは鬼火リフレクで最高峰の物理受けが出来る。筆者もこのエンテイに倒されたんだ」
エンテイ「むぅ…」
フィオネ「ブースター…お前はブイズの中では高い特殊防御を誇る。チームのメンバーでは欠かせない存在だ」
ブースター「でもブイズだとブラッキーg(ry」
フィオネ「(スルー)キマワリ…お前はまだ強力なコンボがあるだけマシだろう!」
キマワリ「…そう言われてみれば…」
フィオネ「…お前達には分からないだろうな…技マシンの数で負け、種族値全てで負け、6Vでも逆6Vに能力に負け、『トリパなら完全上位互換の奴より早い』と言われるも『ジュゴンの方がマシ』と言われる気持ちがな!!」
エンテイ「ヒソヒソ…(流石に可哀相だな…)」
キマワリ「ヒソヒソ…(僕らはまだ使い道があるだけマシなんだね…もう帰らない?)」
ブースター「ヒソヒソ…(…俺はむしろ怒りを覚えたんだが…)」


アルセウス「何筆者とかメタ的発言してるのさ、かみなり☆」
フィオネ「あばばばば」


145 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/22(土) 19:10:07 ID:???
コクーン「フィオネ、おめーすげえ奴だな!
      オラワクワクしてきたぞ!」
ゴローニャ「お前はZ戦士の鑑だよ。」
マグカルゴ「ああ!おまえがナンバー1だ!」
ヤミラミ「たいした奴だよ!ここまでの奴は確かになかなかいねえ。」

フィオネ「あまり嬉しくないのはなぜだ…」
コクーン「フィオネ、アゲハントがよんでっぞ!」


146 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/24(月) 21:41:38 ID:???
アルセウス「今日は暇だね…」
フィオネ「こういう日はお茶を飲んでくつろぐのが一番だな…」
ヒードラン「悪い、ちょっとテレビのチャンネル変えていいか?」
アルセウス「別に構わないけど…何を見るの?」
ヒードラン「『任☆天☆堂 第一回世界王者決定戦』だ」
フィオネ「俺達の間でしか流行ってなかった糞カードゲームも今はそんなに大人気になっていたのか…」
ギラティナ「…私にはカードゲームの良さは分からん。適当な紙にテキストを書いてデッキを作れば良いのではないか?」
ダークライ「…どこの子供だお前は」
クレセリア「ところでヒードラン、『世界王者決定戦』と言っていましたが…」
ヒードラン「ああ。各地方から集まった強豪達を全て打ち負かして勝ち進んだ二匹が戦うんだ。
赤コーナーは…カントー地方のピカチュウらしいな」
ピカチュウ『ここで優勝すれば、株ポケにもっと媚びを売れるぜ! スマブラX大会では下B連打していたらいつの間にか勝っていたんだ。この大会も楽勝だ!』
フィオネ「なんという厨戦法」
アルセウス「それよりも最初の一文に目が行くんだけど…」
ヒードラン「さて、青コーナーは誰なんだろうな…」

一同「…ウインディ!?」
ウインディ『うぬ、こ


147 :146:2008/03/24(月) 21:43:20 ID:???
携帯からだったから途中で切れた…orz

ウインディ『うぬ、ここまで勝ち上がって来たか! ならばここから叩き落としてくれる!』
アルセウス「なんか雰囲気違うね☆」
ヒードラン「しかしウインディがいつの間にかこんな大会に出ていたとはな…」
アルセウス「大会が始まるよ、静かにしよう☆」


148 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/24(月) 21:44:47 ID:???
ピカチュウ『ククッ、貴様の場にはカードが三枚伏せてあるが…壁キャラクターは居ない!
あらゆるカードの効果を受けない「カイオーガ-古代の海神-」の直接攻撃で貴様の負けだ!』
アルセウス「ウインディ負けちゃうね…」
ヒードラン「…いや、伏せカード三枚…ウインディの奥義が来るぞ。海神はカードの効果を受けないが、発動は阻止出来ない」
ウインディ『罠カード、「漆黒ハウス」! このカードの効果により「暗黒の騎士」一体を特殊召喚! 更に伏せ速攻魔法、「踊り子の声援」「アゲインロッド」!
声援とロッドの無限ループにより、「暗黒の騎士」の攻撃力は無限大!』
ピカチュウ『な…』
ウインディ『やあ(´・ω・`) ようこそ、しっこくハウスへ。まずはエタルドで死んで落ち着いて欲しい。
うん、「また」1キルなんだ、すまない。
女神の顔もって言うしね、謝って許してやろうとも思わない。
ただ君はこれを見た時、言葉では表せない「恐怖」を感じてくれたと思う。この殺伐とした大会で、そんな気持ちを忘れないで欲しい。そう思ってこのカードを使ったんだ。
それじゃあ、リセットしようか』
ピカチュウ『ウボァー!』
ウインディ『手加減してやる程…俺は甘く無い』

アルセウス「勝っちゃった…」
ヒードラン「なぁ?」
フィオネ「ちなみに『しっこくハウス』についてはググレ」
ギラティナ「(フィオネは誰に向かって言っているのだ…?)」


149 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/26(水) 10:52:06 ID:???
ウインディ「ただいま帰りました。」
アルセウス「優勝おめでとう☆そういえばミュウツーから手紙が届いていたよ☆」
ウインディ「私にですか?」

ウインディへ

あの憎きピカチュウを打ち破ってくれたことをここに感謝する。奴はスマブラ皆勤賞なのを
いいことに私をハンマーで殴ったりバットでホームランにしたりと散々酷い事をしてきたからな。
次のターゲットはプリン、その次はルカリオだが、もしその2人と対戦することになった時は
また撃墜してほしい。
本当なら私が行くべきだが、今は「ポケマン3~フィオネ育成キット~」というシミュレーションゲームの
開発で忙しいのだ。では、さらばだ。
                                          ミュウツー

フィオネ「なんか、俺をいじくるゲームを作っているらしいな。」
ヒードラン「しかしミュウツーの奴、スマブラ参戦しているポケモン全員にうらみがあるようだな…。」
ダークライ「ポケモントレーナーもただじゃ済まされないだろうな。」
ギラティナ「しかしウインディはゲームをやり始めると人格(ポケ格というべきか)がかなり変わるのだな。」
ウインディ「あれ、そんなに違っていましたか?私。」
クレセリア「(気づいていないということはかなり重症のようね)」     


150 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/26(水) 14:37:37 ID:???
カランカラン
サトシ「うわーなんだここ?」
アルセウス「!?」
サトシ「アレレ?なんか見たことないポケモンがたくさんいるぞー?いけーマスターボール!」

fin


151 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/26(水) 14:47:37 ID:???
フィオネ「湧き水だイヤッホオオウ!」
アルセウス「いきなりどうしたの?」
>>150「誤爆した」
アルセウス「ダウト」
フィオネ「別のことしてたら誤爆するかもしれないだろ!」


152 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/26(水) 15:40:56 ID:???
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
歴代FE主人公が兄弟だったら 9章 [家ゲーSRPG]←
DQ歴代主人公が雑談するスレ23 [FF・ドラクエ]


フィオネ「ウインディだな」
アルセウス「ウインディだね☆」
ヒードラン「ウインディだな」
ウインディ「?」


153 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/27(木) 18:45:27 ID:???
フィオネ「カチカチ…」
アルセウス「よく飽きないよね…」
フィオネ「まぁな。ウインディが優勝したせいか、掲示板の勢いがいつも以上だ」


1:フィオネ(爆笑) part108 (482)
2:OCG任☆天☆堂を語るスレ 4っ黒の騎士 (899)
3:PART28☆ アルセウスに失敗された人の数→ 3292+ (751)
4:【大会も】アルセウス宅のウインディ萌えスレ【FEデッキ】 PART3 (998)
5:ウインディがボルトアクス将軍になった件について (318)
6:オリジンフォルムなんて認めんぞぉぉぉぉ PART6 (780)
7:【社長】ミュウツースレ 2 【最強】 (184)
8:ヒンバス「涌き水だイヤッホォウ」 80個目のカゴ (890)
9:【最高の美】クレセリアを語るスレ 9レセリア (28)
10:アイク「ポケモン世界に迷い込んだのだが」 ラグネル5本目 (490)


フィオネ「明らかに浮いてる10が未だにあるという事は、ウインディが仲間を集めてSSでも書いているんだろうな…
しかし相変わらず1がムカつく…!! 何故いつも一番上に上がってるんだ!?」
アルセウス「そりゃ僕が欠かさず保守してるからさ☆」
フィオネ「…ひどくね?」


154 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/29(土) 10:48:06 ID:???
>>153
アルセウスひでぇww


155 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/29(土) 11:47:51 ID:???
>>154
アルセウス「フィオネ乙☆」
フィオネ「俺はここにいるぞ?」
アルセウス「うるさいな、かみなり☆」
フィオネ「理不尽だー!」


156 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/29(土) 12:53:57 ID:???
カランカラン
ピカチュウ「おいアルセウス!」
アルセウス「あっ、ピカチュウだ☆どうしたの?」
ピカチュウ「俺様がもっと株ポケのプッシュを受けるにはどうすればいいんだ!?」
アルセウス「今でも十分にプッシュされてるじゃない☆
それに表世界にまだ公表されてない僕には何も言えないよ☆」
ピカチュウ「チッ、使えねぇ神様だなぁ…」
アルセウス「カチン そういえば君ってスマブラX大会優勝だったんだよねー凄いなー(棒読み)」
ギラティナ「(ピクン)ほう…いつの間にかそんな大会があったのか。ピカチュウ、お前はその優勝者らしいな。手合わせ願えるか?」
ウインディ「(ピクッ)それならさぞかし強いんでしょうね。手合わせ願えますか?
私のアイクとどちらが強いか勝負です!」
フィオネ「(我が家の廃人ゲーマーが反応してしまったか…死んだなピカチュウ)」
ピカチュウ「アイク(笑)雑魚すぎだろwwww」
ウインディ「・・・」
フィオネ「(ウインディ目前にFEキャラを馬鹿にしてしまったか…きっと帰り道襲われるな。リアルでも死んだなピカチュウ)」


157 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/29(土) 22:21:38 ID:???
ロボやゲムヲ等のレトロ組に軽く捻り潰される腐れペスト電気鼠(笑)


158 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/29(土) 22:25:20 ID:???
このピカチュウの声は間違いなく松本梨香


159 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/29(土) 23:33:27 ID:???
ウインディ「…本当に彼は大会優勝者だったのですか?」
ギラティナ「あまりにも呆気なさすぎだ…ストックが3もあったのに30秒も持たないとは。
最近のポケモンはゲームが苦手過ぎやしないか?」
フィオネ「いや、そのりくつはおかしい」
アルセウス「二人共強いからね…ん?何だか臨時ニュースみたいだね☆」

 ヘルガー『ここで臨時ニュースです。今日未明、ピカチュウさんが何者かに襲われた模様。
目撃者の証言によると、ピカチュウさんは「漆…黒の…鎧…騎士…人が……防御無視…五回攻撃…」と言いながら気を失ったようです。
現在グラエナ警官隊が捜査をしていますが、手掛かりがピカチュウさんの側に置いてあった「身の程をわきまえよ」と書いてある紙だけなので捜査は難しいとの事。
以上、ニュースを終わります。』

ダークライ「私にはわかる。これは間違い無く犯人はポケモンではない。」
クレセリア「でも裏で暗躍しているようなポケモンがいるかもしれないわよ?
ポケダンでのあなたみたいに。」
ダークライ「むぅ…」

ウインディ「・・・(遠くを見るような目)」
フィオネ「(やっぱりやりやがったー!)」


160 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/30(日) 18:50:20 ID:???
アルセウス「こんなのみつけたよー☆
        ttp://www.pokemon-card.com/card/details.php/card/10052」
フィオネ「や…やめろぉーッ!」
コクーン「進化の願いか!オラワクワクしてきたぞ!」
ギラティナ「み…見るに忍びん」
ダークライ「進化…したかったんだな」
クレセリア「身の程を知るのね、豚」


161 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/30(日) 20:31:46 ID:???
アルセウス「そもそも僕たちはみんな進化出来ないんだけどね☆」
ヒードラン「そうだ、落ち込む事は無いさ!」
フィオネ「そ、そうだな…」
ウインディ「あれ、皆さん何してるんですか?」
ダークライ「…空気を読め。」


フィオネ「確かに進化はしたいが、マナフィになるのだけはお断りだぜ。カモスキー(笑)」


162 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/30(日) 20:35:39 ID:???
コクーン「^^」
Z戦士一同「^^」


163 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/30(日) 20:50:04 ID:???
ミュウツー「フィオネを題材にしたゲームを作ろう!」

つスーパーマナフィブラザーズ

フリーザー「却下」
ミュウツー「ですよねー」
プルル プルル、ガチャリ
ミュウツー「はい、こちらミュウツーファクトリー♪」
フィオネ『却下』
ミュウツー「可決」
ファイヤー「可決」
フリーザー「可決」
ガチャン ツー ツー ツー
フィオネ『…ひどくね?』


164 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/30(日) 22:06:10 ID:???
コクーン「お、なんだこれ。」
ヒードラン「なになに……デスフィオネ

HP    160
攻撃   160 
防御   160
特攻   160 
特防   160 
すばやさ 160

専用技 みずのいかり 
威力 150 必中 急所に当たりやすい

くっ…直視できない。」

クレセリア「プッw黒歴史ノート、しかも文字数オーバーしているしw」
ダークライ(実は私もそんなものを書いてるなんて誰にも言えない)


165 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/30(日) 22:48:26 ID:???
フィオネ「おい筆者ども! 今日俺を虐め過ぎじゃないか!?
今まで勢いは緩やかと思ってたらネタラッシュ、しかも全部俺虐めの内容と来た! これはどういう事だ、おかみを呼べ!!」
アルセウス「メタ的発言自重。でもそれだけ君が愛されてるんだよ☆」
ギラティナ「廃人的なゲームプレイと冷静なツッコミくらいしか出番が来ない私の身にもなれ…」
ヒードラン「俺なんてツッコミでも無く、ネタ振り役と背景役だぞ…」
ウインディ「FEを知らない人にとって私のネタは分かりにくいでしょうし…それに普段は私も廃人プレイか背景ですよ?」
コクーン「オッス、オラコクーン!最近出番が増えてオラ嬉しいぞ!」
ミュウツー「私の会社の可能性は無限大だ。どんどんパチモn…いや、ゲームのネタを作ってくれ。因みにスマブラDXは神だ」
ダークライ「…私は結構万能なキャラだな。ツッコミからボケまでこなしている。最近はクレセリアも私を虐めるのも自重してくれた分平和だ。」
クレセリア「あら、こんな所に調度良いムチが」
ダークライ「アッー!もっと、もっとぉ!」
ディアルガ&パルキア「…暇だ」


アルセウス「まぁフィオネはいじられる方がフィオネらしいよ☆」
フィオネ「…ひどくね?」


166 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/31(月) 08:29:37 ID:???
フィオネ「アルセウスめ・・・でもこのスレなんでこんなに伸びてるんだ・・・?気が進まないがちょっとみてみるか・・・」
5分後
フィオネ「なんか欝になってきた」
またまた五分後
フィオネ「・・・・・・」
さらに5分後
フィオネ「欝だ、死のう・・・ん?」

フィオネ(爆笑) part108 (491)
491 あれ希 ◆8adnV.lNhQ sage 2008/03/30(日) 23:31:07 ID:???
みんな!フィオネは強いんだぞ!


848 鉄火忍 ◆WeavileuM2 sage New! 2008/03/30(日) 23:27:12 ID:Zje+iBvc0
フィオネ:SS-480
ポッチャマ:F-314
ヒコザル:F-309
ラブカス:F-330
イシツブテ:F-300
ポチエナ:F-220
合計:1953
判定:完全厨パ

フィオネってこんなに凄いポケモンだったんだな・・・

フィオネ「アルセウス!!今日こそお前に勝ってやるぞおおおおおおおおおおおおおお!!!」
アルセウス「うるさいよ☆」
フィオネ「あぁっ!所詮これが現実か・・・!!」


167 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/31(月) 09:37:22 ID:???
アルセウス「おや、新しいお客さんだ☆」
ルカリオ「ここは…アルセウス宅なのか…?しばらくここにいても良いだろうか?」
アルセウス「何かあったの?」
ルカリオ「実は…スマブラの出場権の件でミュウツーに追われ続けていて、あっち(スマブラ)の世界に逃げたら今度は
     クッパやスネークにアッーされたり、激辛カレーを食べさせられたり、バナナの皮ですべったところを激写されたりと
     散々な目にあったんだ…。」
ギラティナ「そうか、まあここでしばらくおとなしくしていたほうがいいかもな。」
アルセウス「まあとりあえずミルクココアでも飲んでゆっくりしていってよ☆」
フィオネ「あっ、それは俺の(ry」
アルセウス「うるさいな、かみなり☆」
フィオネ「あばばばばば」



168 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/31(月) 10:26:43 ID:???
ピンポーン
アルセウス「ん?また誰か来たみたいだね☆」
ギラティナ「…毎回客が入って来る時の効果音が違うんだが…」
ヒードラン「俺が暇潰しにいじってる」
ギラティナ「…そうか。」


レジギガス「ズッズッズッ。」
アルセウス「あっ、レジワr…じゃなかった、レジギガスだ☆ どうしたの?」
レジギガス「ズッズッズッ。」
アルセウス「なに?配布が決まったのは嬉しいけど、LV100じゃ使い物にならないって?」
レジギガス「ズッズッズッ…」
アルセウス「でも配布が決まっただけ良かったじゃない☆ 自信を持ちなよ☆」
レジギガス「ズッズッズッ!」

フィオネ「日本語でおk」


169 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/31(月) 10:53:39 ID:???
アルセウス「ズッズッズッ☆」
フィオネ「・・・」


ギラティナ「ところでルカリオよ」
ルカリオ「なんでしょうか?」
ギラティナ「この家にしばらく居着くのは別に良いのだが…食費がこれ以上掛かっては困るのだ。
毎日我が家は赤字…これ以上クレセリアと私で家計を考えながら買い出しに行くのは…辛い」
ヒードラン「そんなに貧乏だったのかここ…一応創造神の住家なのに」
ギラティナ「ヒードラン、食費の60%は貴様のせいで無くなっているのだぞ」
ヒードラン「ご、ごめん…食い盛りだからさ」
ルカリオ「そこは心配しないで下さい。スマブラXの会場から『たべもの』を沢山取って来ました!」
ギラティナ「我が家にしばらく居着く事を許可する」
ヒードラン「早いなオイ」


そういえばルカリオは前スレに出てた事があったな


170 :名無しさん、君に決めた!:2008/03/31(月) 19:22:04 ID:???
ルカリオ「あっでも、チョコだけは絶対に譲りませんからね!」
アルセウス「そこは心配しなくても大丈夫だよ☆ほかの人がチョコを食べようとするとボクのかみなり☆が
      発射されるセンサーを取り付けておいたから☆」
フィオネ「……(明らかに攻撃対象が俺じゃないか)」
ウインディ「あのう、私もダメなんでしょうか…?実は甘いものが好きなんですけど…。」
ルカリオ「あっ、ウインディさんはOKですよ。」
ヒードラン「なんでだよ…。」
クレセリア「おんなじ犬だからじゃないかしら?」
ギラティナ「とにかく食費がすこし浮いたな。ところで、ディアルガとパルキアに高速で木の実を生長させてもらう件はどうなったのだ?」
アルセウス「失敗しちゃった☆って言ってたよ☆やっぱり小さく時空をコントロールするのは難しいんだって☆」
ギラティナ「そうか…それは残念だな。」


171 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/01(火) 13:26:15 ID:???
ダークライ(もう嫌だ耐えられない、なぜ私がタイプ的に有利であるはずのクレセリアに・・・ハッ!
眠らされなければいいんだ!あとは悪の波動で・・・)

ダークライ「今日の俺は一味違う!クレセリア・・・いじめられるのは今日で最後だ!」
クレセリア「ハァ?勝てると思ってんの?」
ダークライ(ううっ、怖ぇっ・・・いや勇気を出すんだダークライ!犠牲を払ってでもやりとげると誓ったではないか!)
クレセリア「ねむねごスキスワサイコ・・・」
ダークライ「身代わり!」

フィオネ「え、俺?・・・マナフィが!マナフィが襲ってくる!」

クレセリア「無駄無駄無駄無駄ッ!ねむねごサイコシフ」
ダークライ「身代わり!」

フィオネ「マナフィ!・・・いやビーダルか!顔ドアップきもいYO!」

ダークライ「フハハハハッ!悪の波動!」
クレセリア「クッ、私に一撃加えるとは・・!ねむねごサイコシフ」
ダークライ「身代わり!」

フィオネ「影分身・・・やめろ俺を掴むな!はなせッ!はなすんだァッ!ビーダルのくせに!」

クレセリア「フィオネを盾にするとはなんと卑怯な!ねむね(ry」
ダークライ「身代わ・・・あれ?もう出せないだと!・・・あばばばば」


172 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/01(火) 15:46:32 ID:???
>>171
>眠らされなければいいんだ!
ダークライの台詞とは思えないwww


173 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/01(火) 16:05:44 ID:???
アルセウス「ねえねえフィオネ」
フィオネ「…何か用か?」
アルセウス「今日はフィオネの為だけに種族値を変えてあげるよ☆ 素早さ150族にしてあげる☆ 更に専用技も追加するよ☆」
フィオネ「ほ、本当かぁ!?キターーッ!!」

クレセリア「…ねぇダークライ」
ダークライ「…どうした?」
クレセリア「実は私、昔からあなたの事が好きだったの…私の愛、受け止めてくれる?」
ダークライ「本気で言っているのか?…仕方ないな、受け止めてやろう(遂にデレモードキターー!!)」

ミュウツー宅
ミュウツー「見馴れない手紙があるな…どれどれ」
つ『スマブラXでミュウツー追加パッチの配布が決定しました。追加パッチに伴い絶、着キャンも復活します。
byマスターハンド』
ミュウツー「スマブラXは神。今すぐwii共々買うしか無い!!」



ウインディ「まあ今日は4月1日なんですけどね」


174 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/01(火) 16:12:17 ID:???
騙されたww


175 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/01(火) 21:32:55 ID:???
ディアルガ「村上パルキの小説がベストセラー作品に選ばれたってさ」
パルキア「それは本当か!? よーし、もっと頑張るぜ!」
ディアルガ「騙されてるな。今日は4月1日だぞ」
パルキア「亜空切断」
ディアルガ「きゅうしょに あたった!」


176 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/03(木) 01:24:08 ID:???
アルセウス「キモリータってあたらしいポケモンを考えてみたんだけど?」


177 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/03(木) 07:58:57 ID:???
フィオネ「何その消防全開のポケモン」
ギラティナ「デザイン的にも名前的にもDPシリーズ以上に叩かれそうだ」
アルセウス「そ、そうだよね…」




ヒードラン「DPデザインのどこが糞なんだぁ!」
ダークライ「・・・」
ウインディ「・・・」
ヒードラン「こっちみんな」


178 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/04(金) 23:03:55 ID:???
アルセウス「ポケモン映画公式サイトでこんなの見つけたよ☆

      ギラティナへ

      オリジンフォルムかっこいい 

      だって☆よかったね☆」
ギラティナ「むぅ・・・何か複雑な気持ちなのだが・・・」
クレセリア「所詮消防の視点、ギラティナがどうしようもないムカデ野朗なのに変わりは無いわ」
ギラティナ「(ギクッ)て・・・天井の修理代についてはまた後日・・・」
ダークライ「ク・・クレセリアがギラティナと話を・・・まさか新しいムチ打ち相t」
 フィオネ「んなわけ無いだろこのドM野郎」



179 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 00:27:42 ID:???
三神を絡めて話を書いてみたいのだが良いだろうか
ただ三神がどういうキャラなのか掴みにくい


180 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 09:24:17 ID:???
ポケダンキャラとか?
まあイメージでどうぞ、ユクシーとエムリットは掴みやすいな


181 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 10:51:19 ID:???
>>178
ダークライ自重しろw

>>179
どうぞどうぞ
上手くキャラ付けに成功すれば準レギュラーになるかもしれないぜ。
でも、アルセウス宅の人をこれ以上増やすのは勘弁。ルカリオだってまだキャラ付けが出来ていないから…


182 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 11:57:47 ID:???
フィオネ「…」
ギラティナ「なんだフィオネ?いきなり我々を居間に呼び付けて」
アルセウス「それにしてもフィオネ、なんだか真剣な顔だね☆」
フィオネ「みんなをここに集めたのは他でもない…」
ヒードラン「…ゴクリ」
フィオネ「この家には…いや、このスレ全体には♀が… 華 が 無 い !」

サッ ガチャリ ウワナニヲスル アクノハドウ! アババババ スキスワネムネゴサイコシフト! アババババ ナゼワタシモ…アッー!

アルセウス「フィオネが突然何者かに連れ去られちゃった!」
ヒードラン「スレの登場ポケモンの中で性別不明組を除くと♀はクレセリアだけか…無くはないが、確かに華が足りないな」
ルカリオ「新参の私も♂ですが…悪かったですか?」
ウインディ「いえ別に」
ルカリオ「そういえばウインディさんは♀じゃないんですか?あらゆるゲームではカッコイイ男性キャラにしか興味を示しませんが…」
ウインディ「…私は♂です!キャラ説明を見てください!」


ラティオス「なら僕らが準レギュラーになればいいのさ!」
ラティアス「お兄ちゃん、今の所一回しか出番は無いから筆者の気まぐれを期待しなければそれは無理よ」


183 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 12:26:18 ID:???
漏れら極悪非道のageブラザーズ!
今日もネタもないのにageてやるからな!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   ∧_∧    age
 (・∀・∩)(∩・∀・)    age
 (つ  丿 (   ⊂) age
  ( ヽノ   ヽ/  )   age
  し(_)   (_)J

アルセウス「よしコピペ完了☆さ、「書きこ・・・」
フィオネ「何やってんの、アルセウス」
アルセウス「雷☆」
フィオネ「あばばばばばっ!(なぜだっ!」


184 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 16:45:03 ID:???
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2885494


185 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 16:58:00 ID:???
ピンポガチャ
アグノム「こんにちはぁー」
エムリット「こんにちはぁ」
ユクシー「やほー」
アルセウス「おや、珍しい人達が来たね☆お久しぶり☆」
ギラティナ「チャイムは押したのか?」
ユクシー「押しましたけどアグノムが勝手にドア開けたんです」
アグノム「アーアーキコエナーイ」
マナフィ「相変わらずだなオイ」
アグノム「君も相変わらずアルセウスに雷落とされてるのかい?☆」
マナフィ「同じ口調で言うなああぁぁ!!」
ユクシー「あ、これお土産です」
ダークライ「おお、これはハクタイ名物『もりのヨウカン』じゃないか…」
ユクシー「エムリットが薦めたんですよ。『皆が喜ぶから』って」
エムリット「ば、ばかぁ!内緒だったのに!」
マナフィ「はいはいツンデレ乙」
エムリット「や、やだぁ!そんなんじゃないんだから!サイコキネシス!」
マナフィ「あばばばばば」
ギラティナ「しかしこれも久しぶりに食べるな。是非お茶うけに…どうしたダークライ。嫌に静かだな」
ダークライ「ご……ご……」
ウィンディ「ご?」
ダークライ「ご主人様ああぁぁ!」ガバッ
エムリット「きゃっ?!」ダークライ「どうか!どうかご主人様!この私めを罵って下さいませぇ!どうかその可愛らしい御足で私を踏んで下さいいいぃぃ!!」
エムリット「いやああぁぁ何この人止めてぇこないでええええぇぇぇぇ」
ダークライ「ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ」
バタン!バタン! ドタタタタタ…



186 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 16:59:21 ID:???
ギラティナ「…出て行ってしまったな」
ガチャ
ルカリオ「只今帰りましたー…何かあったんですか?今家の前を物凄い速さでピンクのモノと黒いモノが駆け抜けていきましたが」
アグノム「ルカリオおひさー。今すっごい面白かったんだよー」
ヒードラン「お前どこまででも自由だな」
アルセウス「そういやエムリットってダークライと初対面だったっけ☆」
アグノム「そうそう確かお互いいつも都合がつかなくて」
ユクシー「それ事前に言ったはずなんですけど」
アルセウス「忘れてた☆」
マナフィ「ちゃんと確認しとけよ…」ボソ
アルセウス「かみなり☆」
マナフィ「あばばばばば」
クレセリア「それよりもエムリットが心配だわ…仕留めてきましょうか?(笑顔」
ユクシー「あ、大丈夫ですよ。エムリットも嬉しそうでしたし」
ウィンディ「?!」


187 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 17:06:30 ID:???
>>185
フィオネ「マナフィなんて存在しない」


188 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 17:29:01 ID:7Lm5jbjy
>>187
あ、間違えた…


189 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 18:02:29 ID:???
フィオネ「ククク…>>185-186よ、GJだ。ネタ的な意味でも…マナフィ的な意味でも」
マナフィ「エナジーボール」
フィオネ「あばばばば」


190 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 18:08:55 ID:???
>>184
アルセウス「僕の分身が沢山居るよ☆可愛いね☆」
ギラティナ「『みんなのポケモン牧場』というwiiウェアだな。お前達の為に昨日wiiに取り入れておいたぞ」
フィオネ「牧場は皆で公平に分配しような。1000匹までしか預けられないらしいからな」


ダークライ「(…サブROMを利用して沢山集めたクレセリアでクレセリア牧場を…ハァハァ)」
クレセリア「不穏な空気が漂って来たのであなたのダイパを没収しに来ました」
ダークライ「あぁっ!私の心のオアシスが!」


191 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 19:50:01 ID:???
フィオネ「やっぱり、♀があのドSだけなのは問題だ…そこで!コクーン、Z戦士から適当に連れてきてくれ!」
コクーン「よし!いっちょやってみっかぁ!」
フィオネ「あ、水タイプと妖精は絶対入れてね、綺麗どころをたのむよ。」

コクーン「連れてきたぞ!」
フィオネ「ナニこれ?」
コクーン「エネコロロ、プクリン、オオタチ、パッチール、ポワルン、キレイハナ、アゲハントだ!」
フィオネ「ちんちんついてるのはいらないっていったじゃん。」
コクーン「こまけぇこと気にすんなって!」
フィオネ「するよ、男増やしてどうするんだよ、タダでさえ男臭いのに。」
コクーン「しょうがねえなぁ」

コクーン「女をつれてきたぞ!」
フィオネ「ナニこれ?」
コクーン「ウツボットにハンテール、それにトリデプスとコロトックもいるぞ!」
      




192 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 19:56:51 ID:???
>>189
これだとダークライがただの変態みたいで不安だったのですが良かった…

フィオネ「まぁ実際そうだよな」
ダークライ「悪の波動」
フィオネ「あばばばばば」


193 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 21:07:52 ID:???
134 グギュグバァッ ◆juNjL8fsQ. ディアルガ 2008/03/03(月) 20:03:30 ID:???
ポケモンはゲームボーイに貢献した神
私も勿論神だ
ハハハハハ!!!!!



アルセウスを無視して神とほざいている奴がいます


194 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/05(土) 21:11:02 ID:???
>>193
ヒント・多神教


195 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/06(日) 11:53:52 ID:???
シャランシャラン
ミュウツー「久し振りだな」
アルセウス「あっ、ミュウツー久し振り☆」
ギラティナ「コソコソ…(ルカリオ、そこの部屋に隠れるんだ。お前の命が危うい)」
ルカリオ「え?何でですか?」
ミュウツー「チラ」
ギラティナ「…ルカリオに気付いてしまったか…この前の手紙の内容からして、ミュウツーはルカリオに怨みを持っている…」
ミュウツー「ルカリオか。ふっふっふ…お前は私がスマブラXに出れないと思っているようだが…実は追加パッチのおかげで私も出場権を得たのだよ!」
一同「な、なんだってー!?」
フィオネ「ミュウツー、その情報いつ手に入れた?」
ミュウツー「4月1日にマスターハンドから手紙が届いてな」
ウインディ「それってエイプr」
ヒードラン「ウインディ、それを言ったらマスターハンドの命が危うい」
アルセウス「…ところで今日は何の用?」
ミュウツー「新しくゲームを作ってな、それをお前達にプレゼントしに来たんだ」
ギラティナ「私達はテストプレイヤーとしていつも貢献しているから…その褒美のような物か?」
ミュウツー「そういう事になるな。今回のゲームは…」

つ『伝説のマナフィー』
 ドジでおっちょこちょいなソウカイの王子マナフィーを操作するマリンアクションゲーム!

フィオネ「ちょっと貸せ、マナフィーを何度も死なせてやるから」
ミュウツー「ちなみにゲームオーバー…つまり死んでしまうと相棒のフィオスケことフィオネが身代わりになって死ぬぞ」
フィオネ「…ひどくね?」
ギラティナ「フィオネ、お前の方が酷い」


196 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/06(日) 13:01:35 ID:???
>>182じゃあ俺が気まぐれで書いてやろうじゃないか
アババババババ
ラティ兄弟「こんにちは~」
 フィオネ「今の来客音おかしくね?」
アルセウス「僕が録音しておいたんだよ☆」
 フィオネ「・・・レス二行目でいきなりこれって酷くね?」
アルセウス「(無視)やあやあ二人ともどうしたの?」
ラティオス「ギラティナさんがいつまで経っても天井の修理代を払ってくれないので
      しばらくここに住み着くことにしたんです」
 フィオネ「随分無理矢理な理由だな」
アルセウス「うるさいよ☆かみなりっ☆」
 フィオネ「アバババババババオイアルセウス ナゼロクオンボタンヲオシテイルンダ」
アルセウス「前よりいいのが録音できたよ☆」
ラティアス「ところで他の方は?」
アルセウス「あっちで伝説のマナフィーをプレイしてるよ☆僕は毎回失敗しちゃうけどね☆」
 フィオネ「そういや最近「失敗しちゃった☆」って聞かないよな」
アルセウス「関係ない話はしないのっ☆」
ラティオス「食料はアルトマーレから沢山持ってきましたよ」
 フィオネ「天井が直るまで我が家に居付く事を許可する」
アルセウス「ギラティナの真似しないの☆」
 フィオネ「アバババババババババババ」
ラティ兄弟「じゃ・・・じゃあよろしくお願いします~」

数時間後・・・そこには入金にいくギラティナの姿が!!




197 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/06(日) 13:50:53 ID:???
アバババババババオイアルセウス ナゼロクオンボタンヲオシテイルンダ
ギラティナ「今帰った…って、今の入室音は何だ?」
アルセウス「気にしない気にしない☆」
フィオネ「今回はレス一行目からかよ…」
アルセウス「後半の余分な録音は部分削除しなくちゃ☆ 部分削除お願いねフィオネ☆」
フィオネ「…ひどくね?」


ヒードラン「ラティ兄妹、ちょっと来い」
ラティオス「何ですか?」
ヒードラン「この家に居着くには、強烈なキャラを出せるか冷静なツッコミを出来るようにならなければ…いずれ筆者に『扱いづらい』と言われてネタに使われにくくなるのがオチだ。気をつけろ」
ラティアス「よ、よく分からないんですけど…」
ヒードラン「まあコッチの話だ。
…それにしてもお前達は良いデザインだな。兄は格好良くて、妹は可愛い…ほんと、羨ましいよ」
ラティアス「よかったね、やっぱりお兄ちゃんはカッコイイんだって!」
ラティオス「何を言うか、ラティアスは僕のその格好良さの何倍も可愛いじゃないか!」
ラティアス「んもう、お兄ちゃんったら…///」
兄妹「キャッキャッ」


ヒードラン「…あいつらのキャラの心配をする必要は無いな、うん」
ルカリオ「…私のキャラ付けがまだ定着してない時に新ポケモン参入なんてっ…!」
ヒードラン「一緒にネタ振りの役しようぜルカリオ」
ウインディ「(…ルカリオさんとヒードランは何を話しているのでしょう…)」


198 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/06(日) 20:43:05 ID:???
ラティ宅
リザードン「さて、この家を補強すればいいんだな」
ガブリアス「そうだな。金も貰ったし、さて!一仕事するか!」
アリアドス「俺達建築士に出来ない仕事は無い!」

ガブリアス「えーと、あれをこうして、そうして…」
アリアドス「ここをくっつけて…あ、そうだリザードン。今回の家も基本木造だから尻尾の炎の扱いだけは気をつけろよ」
リザードン「ん?あぁ。…あっ!」
ガブリアス「どうした?」
リザードン「…ゴメン、言ってるそばから木材に引火した」
アリアドス「…脱出するか?」
ガブリアス「脱出するか」

焼け落ちたラティ宅
アリアドス「・・・」
ガブリアス「・・・」
リザードン「…ゴメン」
アリアドス「中の家具や物資は無かったから良かったものの…」
ガブリアス「…俺達で建て直すか」
アリアドス「そう…だな…」
ガブリアス「建て直すには結構な年月と資金がいるな、元の大きさを考えると」
アリアドス「…これだから俺達はいつまでたっても貧乏建築士なんだな…」
リザードン「…ゴメン」
ガブリアス「大丈夫、いつもの事だろ?」
アリアドス「クビにしたりは絶対にしないから安心しろって」
リザードン「(…いつもの事って言われると何だか傷付くな…)」


クレセリア「まだラティオスのお宅が直って無いそうよ。ちゃんとお金は払ったのギラティナ?」
ギラティナ「…私はちゃんと弁償代は払ったぞ?」
クレセリア「そうですか。とりあえずあなたの今月の夕食は減らします」
ギラティナ「そ、そんなの理不尽だー!」


199 :196:2008/04/06(日) 20:44:36 ID:???
兄弟ではなく兄妹な


200 :名無しさん、君に決めた!:2008/04/07(月) 16:04:43 ID:???
フィオネ「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」

ギラティナ「スレ5分の1にしてもう27回目か・・・」

ヒードラン「関係ないが>>42は今1-3で詰まっているらしいぞ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。