3-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

101 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/21(火) 21:01:52 ID:???
アルセウス「3週間で100レス突破おめでとさばきのつぶて☆」
フィオネ「ってなんで俺があばばばばばばばばば」

ダークライ「何故だ…なぜバトレボでもポケダンでも麻雀でも、そして現実でもクレセリアに勝てんのだ…?」
クレセリア「それはあなたが真性のドMだからよ、スキスワねむねごサイコシフト」
ダークライ「く…くれせ…くれせ…が…こっちをみて…。」

ウインディ「ところでルカリオさん、最近こき使われているようですが大丈夫ですか?」
ルカリオ「大丈夫です。時々制裁を加えるだけですから。それに制裁のパターンが同じだと…。」
ヒードラン「画面の前の読者が飽きるからな。」
ウインディ「……(一体誰のことでしょう…?)」



102 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/22(水) 06:47:09 ID:???
ダークライ「そうだ、ポーカーならクレセリアにも勝てるかもしれない!」
クレセリア「豚にはブタ以外の役は作れないわよ」
ダークライ「言葉責めハァハァ」



ダークライ「見よ!フルハウスだ!」
フィオネ「フォーカード」
クレセリア「ストレートフラッシュ」
アルセウス「ロイヤルストレートフラッシュ☆」
ダークライ「フィオネにすら負けるとは・・・(´;ω;`)ブワッ」


103 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/22(水) 18:00:44 ID:???
グギュグバアッ←インターホンの音
フィオネ「また変なドアチャイムを……はい、どちらさま?」
ニューラ「(何だ今のインターホンは)…どうも、クロネコニューラ運輸です。ハンコお願いします。」
アルセウス「いつも御苦労さま☆」

フィオネ「…で、何が届いたんだ?」
アルセウス「早速開けてみよう☆」

『マリオカートWii』

フィオネ「我が家にも遂にレースゲームがキタ――――――ッ!」
アルセウス「うるさいな、サンダー☆」
フィオネ「あばばばばば」
ダークライ「今度こそクレセリアに勝てる!なぜなら私はレースゲームが得意だからな。」
クレセリア「…(威張っていられるのも今のうちよ)」
ウインディ「面白そうですね!早速プレイしてみましょう。」
ルカリオ「…(一週間で世界ランキングトップ5以内に入ってしまいそう)」
ヒードラン「ちなみに筆者はアイテムのインフレのせいでランク☆☆☆を取れないと嘆いているらしい。」

10分後

アルセウス「サンダー☆トゲゾー☆POWブロック☆」
フィオネ「あばばばばばひどくね?」


104 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/22(水) 18:59:20 ID:???
アルセウス「第一回☆かみなり☆選手権!開催!」パチパチ
ギラティナ「というわけでたくさんの電気ポケモン、及び不一致かみなりを使えるみなさんに集まってもらいました!!」
ダークライ「くれせはかみなりを使えないのか・・・」
ロト6「私たちも特別ゲストで参戦だ!」ワーワーキャーキャー
フィオネ「嫌な悪寒・・・」
ギラティナ「ルールは簡単!向こうにいるフィオネに雷をぶち当ててストレス発散してください!」
フィオネ「ちょ待てあんなにいるのかよ・・・絶対ソクノ足りねえ」

パルキア「トップバッターは俺だな・・・かみなり!」
フィオネ「あばばばばばば」
アルセウス「ただいまの結果・・・あば6つ!」ワイワイガヤガヤ
フィオネ「あば6つって何だよ・・・次はハピナsあばばば」

デンリュウ「秋田の方使ってくれてありがとう!かみなり!」
フィオネ「あばばばばばばばばばば」
サンダース「兵庫の方使ってくれてありがとう!かみなり!」
フィオネ「あばばばばばばばばばば」
ピカチュウ「ふはははははは!かみなr
ウインディ「大・天・空!!」
ピカチュウ「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」

アルセウス「僕がトリだね☆か み な り☆」
フィオネ「撃つ前に瞑想積んでただろあばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」
ラムパルド「圧倒的すぎワラタ」
カイリュー「優勝者チートwwwwwwwwwww」
アルセウス「やり過ぎちゃった☆」


105 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/22(水) 19:46:42 ID:???
…どっちのダークライもアリ(ryとドMで変態だなwww


106 :きのみ ◆Kinomi7Y0I :2008/10/22(水) 19:57:46 ID:???
フィオネたんがかわいそすぎです>ヮ<*


107 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/22(水) 20:54:33 ID:???
>>ここのフィオネは普通のフィオネをはるかに超える生命力を持っているので大丈夫です
2回ほど死にかけましたが。


108 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/22(水) 20:55:35 ID:???
ミス >>106


109 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/22(水) 21:25:56 ID:???
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
かかって来いよフォルカ!!!!! [家ゲーSRPG]
【烈火】サカ一の剣士になるんだ第二章【ギィ】 [なりきりネタ]


エムブレマー自重wwwwww


110 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/22(水) 21:43:32 ID:???
ウインディ「わざわざIEから見るのも大変ですね・・・」

ルカリオ「なにかとんでもない工作を見てしまったような・・・」


111 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/22(水) 22:28:06 ID:???
ミュウツー「カイオーガのしおふきにダークライのダークホール。私にも何か強力な技が欲しいな」
 
アルセウス「それならシャ〇ルーの総帥の遺伝子をもらうといいよ」
一週間後
ミュウツー「サイコクラッシャーーー!!!!」
カイリキー「げふあああ!!!」
ミュウツー「ハッ、ぬるいわ。ナイトメアニープレス!!!」
ルカリオ「どうなってんだよオイ」
アルセウス「あ~あ、完全にベ〇と化してしまったね。色んな意味で失敗しちゃった☆」



112 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/23(木) 07:47:46 ID:???
>>106
屍になったりもしてるな
フィオネ「ああ、クレセリアのs(ry
クレセリア「サイコカッターS流乱れ撃ち!」
フィオネ「あばばばば」


113 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/23(木) 15:36:10 ID:???
マナフィ人気ねーな

不人気投票したらどうなるかな


114 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/23(木) 16:56:52 ID:???
>>113
フィオネ「改造厨ピカチュウとカモスキーが最下位争いすると思うぞ。」
マナフィ「エナジーボール♪」
フィオネ「俺は事実を言っただけdあばばばばば」

ルカリオ「ところでおすすめ2chのところにあるbyFOXってもしかして…」


115 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/23(木) 20:32:48 ID:???
ダークライ「この世の中には、駄目男に弱いって女の層があるらしいがもしかして……」
ヒードラン「なんでそう無駄に前向きなんだ?そういう奴が勘違いしてストーカーになるなんだよ
       駄目男に弱いってのは母性をくすぐられるタイプに弱いって話だよ。」
ダークライ「母性をくすぐられるタイプ?」
ヒードラン「危なっかしい感じとか、子供っぽさとかさ。
       ほら、スピアーが好きとか結構いるだろ?」
ダークライ「俺だってよく危ないって言われるぞ」
ヒードラン「意味が違うってw
       大体、ドSのクレセリアに母性ってのがあや……」
クレセリア「失礼なゴキブロスねぇ、可愛いのが嫌いな女なんてやっぱり少ないわよw
       めざめるパワーじめん。」
ヒードラン「あばばばばばばば…」

ダークライ「ああっ!ヒードランなんて羨ましい……はっ!蛆虫を見るような眼差し!
       もっとぉ!軽蔑してぇ!ああっクレセリアが行っちゃう!放置プレイ……ハァハァ」
ヒードラン(何て幸せな奴だ……)

フィオネ「なんで…あばばばばばば」
クレセリア「くだらないこと言われる前にやっとくだけよ。」


116 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/24(金) 01:33:26 ID:???
フィオネは居酒屋で小学校時代の同級生たちと呑んでいた。
フィオネ「ちくしょう、どいつもこいつも俺のことカス扱いしやがって」
ライチュウ(同級生その一)「なら強いところを見せればいいんだよ」
フィオネ「どうやって?俺の覚える技なんてたいしたことないんだぜ。」
ライチュウ「それでも伝説のポケモンとかに勝ったらみんな見直してくれるはずさ。」
フィオネ「馬鹿いうなよ。俺なんかがどうやって勝つんだよ。」
ライチュウ「そんなに自分を卑下するな。まず、この表を見てくれ。」
ライチュウが取り出した表の内容は次のようなものだった。
【第一作】人間の手で生み出されたポケモン:ミュウツー
【第二作】神と祭られるポケモン:ホウオウ、ルギアなど
【第三作】海と陸地を生み出した超古代のポケモン:カイオーガ、グラードン、レックウザなど
【第四作】世界創造の神と呼ばれるポケモン:ディアルガ、パルキア、アルセウスなど
ライチュウ「この中で一番ショボそうなのは誰だと思う?そいつとなら勝てるだろ?」
フィオネ「それはまあ、ミュウツーかな?だって、肩書きだけで言えば神扱いとか世界創造の方がすごそうだしな。それに比べれば人間の手で生み出されたポケモンなんてハア?だから何?としか思えないしな。」
ライチュウ「それに、最近ではメガホーンやふいうちなどを覚えるやつも沢山いることだし十年ぐらいまえに比べれば弱体化してるんだよ。そんな古株ポケモンにビビってどうすんだよ。」
フィオネ「何だか勝てそうな気がしてきた。とんぼ返りなら俺も覚えられるしな。」
ヘラクロス(同級生その二)「俺も手伝うぜ。こだわりメガホーンでブスリとやってやるさ。」
ライチュウ「俺は明日仕事で行けないけど、影ながら応援してるぜ。」
フィオネ「よ~し決まりだ!!景気づけに今夜はパーッとやるか!!!」




117 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/24(金) 01:34:07 ID:???
そして翌日、どっかの道端にサイコキネシスの力で体をへし曲げられ死にかける二匹の姿があった。
ライチュウ「おい!!!お前ら大丈夫か!?ウワッ、フィオネ!!骨が飛び出してるぞ!!!」
フィオネ「なに.....が......古株だよ。技を....放つ前に二人とも.....やら.....れ......ガクッ」
ヘラクロス「め...が....ほお....ん...ゲフッ」
二人はあっちの世界へ召されてしまった。
ライチュウ「よくよく考えてみればタイプ弱点の数や肩書きだけではポケモンの強さは判断できないんだよな。二人とも、どうか安らかに成仏してくれ。(参加しなくてよかった。)」


118 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/24(金) 08:17:20 ID:???
フィオネ「肩書きと中身が違うといえばトゲキッスか…」
トゲキッス「そんなことはないですよ、揉め事は大嫌いですよ。」
フィオネ「だから、ずっと俺のターンで一方的に蹂躙するのか?」
トゲキッス「蹂躙とは人聞きが悪い、無益な争いを起こさないためなんですからw」
フィオネ「要するに暴君かよ…」
トゲキッス「やだなぁ平和の使者ですよ!」
フィオネ「自分が悪と気づいていない真の邪悪だよお前…」
トゲキッス「いいがかりつけるんですか?そういう姿勢が世の中に争いをもたらすんです、エアスラッシュw」
フィオネ「あばばばばばばば」


119 :1/3:2008/10/24(金) 08:42:33 ID:???
フィオネ「ごほっ、げほっ・・・」
ギラティナ「どうしたんだフィオネ?具合が悪いようだが」
フィオネ「最近疲れててさ・・・ぐほっ!ケホケホ」
アルセウス「フィオネ、病院行ってきなよ☆」
フィオネ「分かった…すぐ戻る・・・ごほっ」

ウインディ「フィオネさんからメールです!」
時間:2008/10/23 22:34
送元:fione-ababa@GiGasnet.co.jp
件名:あばばばばば
入院することになった。もうすぐ手術。明日帰る

クレセリア「手術・・・」
ルカリオ「これ、行ったほうがいいですよ!」
ルギア「あいつ、ただの風邪じゃなかったみたいだな」
ギラティナ「タフなあいつだ、死ぬことはないだろう」
アルセウス「行こう☆」

病院に着くと弱り果てたフィオネが。
シェイミ「しっかりするでしゅ!ユーはだいじょうぶでしゅ!」
ネイティオ(医者)「フィオネさんは・・・長年技を受けていたせいで疲労が溜まり、結果・・・
          癌が出来てしまったようです・・・発見が遅れたためそう長い命では・・・」
ギラティナ「どういうことだ!おい医者!癌を取り除け!」
ネイティオ「今回の手術は相当難易度が高いので・・・成功するかどうかはわかりません」
ルカリオ「そんな・・・」
アルセウス「じゃ・・じゃあこれからは誰にかみなり☆すればいいんですか!お医者さん、お願いします☆」
ネイティオ「そのかみなり☆も、彼には多大な負担を与えていたんですよ・・・」


120 :2/3:2008/10/24(金) 08:49:05 ID:???
ガタガタ
ジバコイル「手術は・・・・失敗です・・・・」
ウインディ「なんだと!貴様、私の・・・」
ヒードラン「やめろウインディ!」
ギラティナ「フィオネは・・・どうなるんだ!?」
ネイティオ「恐らく・・・もうすぐ・・・」
アルセウス「許せない・・・・フィオネを助けられないなんて・・・かみなり☆」
ネイティオ「あば・・・あれ?アルセウ・・・」
アルセウス「あばばばばばばばぁぁぁ!うっ・・・うっ・・・」
ルカリオ「アルセウスさん、早まらないで!」
ダークライ「フィオネ!!目を覚ませ!!」
クレセリア「サイコシフト!」
ネイティオ「みなさん・・・あとは・・・呼びかけることしか・・・」

バタンバタン
諸々「フィオネっ!今まで弱点攻撃してすまなかった!このとおりだ!」
アルセウス「みんな・・・・☆」
ヒードラン「お前たち・・・こっちだ」
諸々「フィオネ・・・」



121 :3/3:2008/10/24(金) 08:55:30 ID:???
ダークライ「目を覚ませ!フィオネ!!」
シェイミ「起きるでしゅ!」
アルセウス「フィオネっっっっ!!!!」
ピ―――――
アルセウス「バカ野郎・・・・かみ・・・な・・・り・・・☆」
フィオネ「・・・・・ばばばばばば」
ダークライ「・・・・フィオネ?」
ネイティオ「今の雷の衝撃で・・・心肺が・・・」
諸々「・・・・やったー!!」


ディアルガ「という映画はどうだ?」
株ポケ「ちょっと無理ですね・・・すいませんw来年も君には暴れてもらいますww」
闇のディアルガ「うがあああああああああああああああ!!!!!」
フィオネ「俺死ぬ演技とか無理だから」
闇のディアルガ「時の咆哮!」
フィオネ「あばばばばば」


122 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/24(金) 09:24:32 ID:???
オチすげえww
ネタ氏乙


123 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/24(金) 09:58:07 ID:???
オチで吹きましたwww


124 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/24(金) 18:47:38 ID:???
なんだこの三文芝居とか思って読んでたらマジで三文芝居でふいたwwww


125 :1/2:2008/10/24(金) 20:52:18 ID:???
>>116-117の続き
フィオネ「で、結局何とか一命はとりとめたものの、
伝説にはやっぱり敵わないんだな」
ライチュウ「いや、あきらめるのはまだ早いぞ。」
ヘラクロス「え?次は誰を狙う気でゴワスか?ヒードランとかギガスとかクレセリア辺りでゴワスか?」
ライチュウ「彼らは伝説というよりクロツグの下僕と言った方が正しいね。
そんなことより、俺らでもなんとかなりそうな伝説がまだいるんだよ。」
フィオネ「今度は誰だよ。」
ユキメノコ(同級生その三)「もしかしてこの方?」
ユキメノコはレックウザの写真を指差した。
ライチュウ「さすがメノコ。察しがいいな。」
フィオネ「でもこいつの攻撃はかなりキツイんだろ?」
ライチュウ「確かにそうなんだけど、こいつにはある致命的な弱点があるんだ。」
ユキメノコ「氷技ね。冷凍ビームならフィオネも覚えられるわ」
フィオネ「それじゃ俺と一緒に行こう」
ユキメノコ「ヒマだし付き合ってあげる」
ライチュウ「今回は俺も行くよ。ヘラクロスはどうする?」
ヘラクロス「お、オイドンは伝説と聞いただけで恐ろしくなったのでパスでゴワス。サイキネコエ~」

フィオネ「いわゆるPTSDってやつか。大丈夫、お前の分も戦ってくるよ」


126 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/24(金) 21:02:23 ID:???
>>125
その二人が攻撃種族値約150からの一致逆鱗を耐えられるか見物だなww

むしろメノコがつぶてで…って余裕で耐えるなw


127 :2/2:2008/10/24(金) 21:06:59 ID:???
そして三人はレックウザと闘うこととなった。
レックウザ「何じゃ貴様ら!!!」
フィオネ「オッサン、早速だがれいと………」
グシャッ。フィオネは技を放つ前に吹っ飛ばされ気絶してしまった。
ライチュウ「フィオネがやられた!!!この緑ウナギめ!!!
今度は俺達の番だ!!!」
 
そして一時間後
ライチュウ「ハア……ハア……これで終わりだ!!帯冷凍パンチ!!!!」

ユキメノコ「お願い………これで倒れて………広角ふぶき!!!」
レックウザ「ヌオォ………何と言うやつらだ………」
ドスン。レックウザは凍り付いて倒れた。ライチュウとユキメノコはボロボロになりながらも何とか勝ったのだ。
ライチュウ「やった!!!何とか勝ったぞ!!!!」
ユキメノコ「ええ………一時はどうなるかと思った。」
フィオネ「俺達三人の勝利だ!!!!」
ユキメノコ「ええ!!私たちの………ってあんたは気絶してただけじゃないの!!!ふぶき!!!!」
ライチュウ「うん☆俺も同意見だ。あまごい雷」
フィオネ「アババババ!!!!お前らもそれやるのね」


128 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/24(金) 21:44:16 ID:???
ウインディ「冷凍パンチライチュウだと!?貴様もしや・・・ッ!!」
ライチュウ「やばっ・・・・・・」
ウインディ「だーいてーんくーぅ☆」


ヒードラン「フィオネの冷凍ビームでレックウザは確定1発だそうだ
       襷を持てばフィオネだってレックウザに勝てるぞ!
       レックウザのヤチェ?襷?知らんがな」


129 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/24(金) 22:46:50 ID:???
ライチュウ「冷凍パンチはワタルさんに教えてもらいました」
ワタル「ある道具を使ってライチュウに冷凍パンチを覚えさせました」
ウインディ「改造厨発見!!!大天空!!!!」
ライチュウは冷凍パンチを覚えられると勘違いしてたスマソorz


130 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/24(金) 22:52:38 ID:???
見た目的に勘違いしてもしゃあないw
冷凍Pをめざ氷に脳内変換しとくぜ


131 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/25(土) 01:34:53 ID:???
一致ボルテッカーに冷凍パンチまで使えたらかなり強いのにな
素早さが不安だが


132 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/25(土) 01:57:08 ID:???
少なくともレックウザ如きに遅れを取りはせんよ。


133 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/25(土) 13:39:45 ID:???
レックウがヤチェか襷もってたらもうダメだな
たとえトリル発生していても

フィオネ「トリル下なら俺が先手!冷凍ビーム!」
レックウザ「ヤチェで耐えて10万ボルト!」
フィオネ「何を!俺も襷で耐えるぜ!それ、冷凍ビー…」
レックウザ「し ん そ く」
フィオネ「あばばばばばば」

グラードン「…ってなるのが関の山だな」


134 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/25(土) 17:03:13 ID:???
このスレのフィオネのHP防御特防の種族値は255


135 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/25(土) 17:59:31 ID:???
ピカチュウ「正直俺様も冷凍パンチが欲しいぜ、草結びや波乗りするのはもう秋田」
ウインディ「大てn」
ピカチュウ「おっと、今回俺様は真面目に話してるぜ?」
ウインディ「…」


グラードン「聞いたかカイオーガ?」
カイオーガ「何がだ?」
グラードン「レックウザの奴オゾン層ヒッキーになっちまったそうだ」
ルギア「ヒッキーとはなんだ!!」
グラードン「お前は呼んで無いぞ、つまり自分でも自覚はあるんだな」
ルギア「(´・ω・`)」
カイオーガ「昔、魁皇我組頭領だった私と愚拉団組頭領だったお前の派遣争いを止めたアイツがヒッキーか…」
グラードン「将来ってわかんねーよな」
レジギガス「ズッズッズッ(こら、喋ってないで仕事しなさい)」
カイオーガ「す、すみません」
グラードン「…昔チンピラだった俺達はすっかり心を入れ換えて働いてるのに、あのレックウザはヒッキーだもんな」


レックウザ「フィオネに確定1…フィオネに確定1…確定1…うぅっ……」
デオキシス「(窓の向こうから)…弱点付かれて確定1なだけマシだと思うがな…」


136 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/25(土) 19:23:16 ID:???
アルセウス「レックウザに飛行タイプをつけたのは失敗だったな」


137 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/25(土) 21:02:12 ID:???
グラードン「
アルセウス「失敗しちゃった☆」
グラードン「まだ何も言って無いのに…」


138 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/25(土) 21:50:09 ID:???
>>106のような
「レックウザたんがかわいそすぎです>ヮ<*」というレスは当然ナシ



139 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/25(土) 23:44:33 ID:???
クレセリア「ホウエンから伝説ポケモンの絶叫が聞こえたのは気のせいかしら?」

ルギア「ただいま~」
アルセウス「おかえり☆」
ルギア「ダークライ、ミュウツーがお前に新製品をプレゼントしたいそうだ」
ダークライ「・・・じゃあ俺の部屋に来てくれ」

ルギア(うわぁ・・・なんだこの夥しい数のクレセリアグッズは・・・)
ダークライ「それで?プレゼントって?」
ルギア「あ、ああ。『全ポケモン立体ホログラム』。ポケモンの名前を入れるとそのポケモンの立体映像が現れるらしい」
ダークライ「も、もしやクレセリアタソの体があらゆる方向から眺められると?」
ルギア「そういうこと・・・だな・・・たぶん」
ダークライ「ありがとう、ルギア!後で見せてやるよ!」
ルギア(どうなっても俺は知らんぞ・・・)



140 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/25(土) 23:47:54 ID:???
ラティアス「何かエスパーパの中に入ることになっちゃったけどどんなメンバー
がいるのかしら?」
スリーパー「ハアッハア、ね、ねえ、お嬢ちゃん、僕のきんのたまを見てみたいと思わないかい?ハアハア」
ラティアス「い、いえ、遠慮しときます」
メタグロス(600族雑談会に出てるのとは別の人)「(ヨダレを垂らしながら)ウヘヘヘヘ、ルカリオの野郎ミンチにしてやるぜ。ヒャーハハハハ!!!!」
ラティアス「...........(こ、この人には話しかけない方がいいわね。
笑いながらルカリオ君のフィギュアの頭部を引きちぎってるし。)」
チャーレム「.....ヨガ」
ラティアス「あ、チャーレムさん。どうも初めまして。」
チャーレム「ヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガ」
ラティアス「.......................。」
ルージュラ「ねえ、あなたのお兄さんアタシに紹介してちょうだあああい。ネエエ!!!」
ラティアス「え、ええ、考えておきます。ハイ」
スターミー「やあ、僕の特技を見せてあげようか。」
ラティアス「え?」
スターミー「テヤッ!!!」ブチッ
ラティアス「イヤアアア!!!自分の体の一部をちぎったああ!!!」
スターミー「そして自己再生!!!!」グニョグニョグニョグニョ
ラティアス「イヤアアア!!!ちぎれた部分がもう一体のスターミーに!!!!」
スターミー×2「Hahaha!!!これが僕たちの特技さ!!!あれ?お嬢ちゃん?」
あまりのおぞましさにラティアスは気絶してしまった。
ラティアス「な、な、仲良くなれそうなポケモンが全然いない。お、おそるべしエスパーパ」バタッ


141 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/26(日) 02:09:12 ID:???
フーディン「なら、僕たちと組みませんか?ああ、別にあなたのお兄さんには興味ありませんよ
       僕の好みはカイリキーさんみたいなガチムチですから」
ドータクン「ギギギ……ニヤニヤ」(ピピッ)←電波を送信した音
ヤドラン「あ゛ー………。」(ピッ)←電波を受信した音
ネイティオ「トゥートゥー」
キリンリキ尻尾「ギギャーギャギャギャギャギャーァ」
キリンリキ「うん…うん…そうだね、きっと楽しいよね…くすくす……」
キリンリキ尻尾「ウギョエェェーッ」
ナッシー「我々(我々…我々…我々…)エスパー軍団は(軍団は…軍団は…軍団は…
      初代では優遇されていたが(されていたが…されいたが…されいたが…)
      あくの台頭により(台頭により…台頭により…台頭により…)」
フーディン「みんないい人ばっかりですよ、マッガーレ♪」スプーンまげ


142 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/26(日) 10:18:39 ID:???
ヒードラン「男と女の間には深くて暗い河があるんだ。」
コクーン「Z戦士と厨ポケの間にも深くて暗い河があっぞ!」
ダークライ「私とクレセリアの間には……」
コクーン、ヒードラン「そりゃ、深くて暗いなんてもんじゃない溝があっぞ!」


143 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/26(日) 11:37:16 ID:7pMfV4GF
ルカリオ「そういえばスマブラXでの幻系の出現確率って493/1だな」
フィオネ「それもそうだがなんでそんなことをはなs(ry」
アルセウス「うるさい☆黙って聞け☆か み な り ☆」
フィオネ「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」
ルカリオ「さてと、それで思ったんだが、493/1ということは
アルセウスのデータが消されていないということじゃないのか?」
アルセウス「なるほどー☆じゃあボクは次回作でも大丈夫だね☆」
フィオネ「あくまでも仮説だけどな」
アルセウス「かみなり☆」
フィオネ「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」

こうですか?初めてなんでわかりません> <


144 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/26(日) 12:36:05 ID:???
フィオネ申「良いのだが下げとあばの多すぎを注意するように。あばが多すぎたらry
アノレセウス「うるさいよ、かみなり☆」
フィオネ申「あばばばばば」


145 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/26(日) 12:43:12 ID:???
ヒードラン「真面目な話、特攻ダークライの悪の波動で、特防特化のクレセリア確定3発なんだが」
フィオネ「じゃあラムの実持って悪の波動連発すれば普通に勝てるよな。 クレセリアが瞑想積むとしても技スペースが厳しいし」
クレセリア「その心配はないわ。 あいつは私を眠らせることしか考えてないから」
フィオネ「そうだな、痛めつけられることしか考えt」
ダークライ「雷」
フィオネ「あばばばばばばばばばば・・・・・・・・ついにダークライにまで(バタ」
ダークライ「ちゃんとクレセリアにあんなこと言われたりされたりすることm」
クレセリア「チャージビーム6積み破壊光線」
ダークライ「ハァハァもtt(バタ」
ヒードラン「こうなるのも性格故か・・・・・・」


146 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/26(日) 12:47:55 ID:???
ピカチュウ「なるほどねー」
ウィンディ「改造厨発見!大・天・空!」
ピカチュウ「あばばばばばただ受け答えしただけなのにこの扱いひどくね?」
ウィンディ「手加減してやるほど俺は甘くはない」


147 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/26(日) 13:33:47 ID:???
>>125
クレセリア「ところでクロツグの下僕とは誰のことかしら?サイコカッター!!!」
フィオネ「俺が言ったわけdあばばばば」
ヒードラン「クロツグが俺達を使っているのではない!!!俺達がクロツグに力を貸してやっているのだ!!!」

レジギガス「ズッ....ズッ...(しかし奴のクソ采配にはヘドが出るぜ)」


148 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/26(日) 15:17:02 ID:???
オリジン先生の悩み相談室

オリジン『さて、今日の依頼人は誰かな?』
 
 私は耐久型伝説なのですが、防御が低かったりステルスロックで体力を半分も奪われたりで
悲惨な目に遭っています。―ジョウトの虹

オリジン『う~ん、確かにステルス4倍では耐久型は務まりません。ですが、あなたは攻撃力が高い。
     いっそのことパワフルハーブゴッドバードなどでアタッカーになってみるのはどうでしょうか?』

ルギア「依頼人は特定した。しかし、アイツも大変なんだな…。私は特攻が90しかないからエアロブラストの決定力を得るのに
    瞑想を何回も積まなければならないのが…。それにサイコブースト覚えても使わないし…。」
ミュウツー「私は高威力の技が欲しい。なぜお前のサイコブーストを私に譲らなかったのだ?」
ルギア「…劣化デオキシスと言われるのが関の山だろう。」
ミュウツー「…こう見えても耐久力はそこそこあるぞ。」


149 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/26(日) 22:39:44 ID:???
クレセリアの技
スキルスワップ 眠る 寝言 サイコシフト めざパ格闘70 めざパ地面 サイコカッター チャージビーム 破壊光線etc…
どんだけ覚えてんだ それにめざパが地面なのか格闘なのか


150 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/26(日) 23:01:00 ID:???
カイリュー「二次創作にはよくあること」
バンギラス「技を10個覚えたカイリューですねわかります」


151 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/27(月) 06:33:23 ID:???
>>149
ソーラービームもあったような


152 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/27(月) 08:00:42 ID:???
>>149

>>21でつるのムチも使ってるな



クレセリア は ろうそく を つかった!
ダークライ「ああっ!なんだか新しいプレイ!モットモットハァハァ」



フィオネ「さすがにあれはまずいんじゃないか?」
アルセウス「失敗しちゃった☆」
フィオネ「何でもそれで済ますなよ」
アルセウス「でんげきは☆」
フィオネ「あばば…あれいつもより軽い(多少は反省してるのか?)」


153 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/27(月) 09:18:26 ID:???
>>143
亀だがそれ分母と分子逆じゃね?


154 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/27(月) 10:25:11 ID:???
>>149
クレセリア「バレてしまっては仕方ないわね」
クレセリア「実は私達双子の姉妹だったの」
ダークライ「
クレセリア「瞑想x6めざパ格闘70」

ルカリオ「あれ、みがわりですよね…」
ヒードラン「気付いても言わない方が良い事もある」


155 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/27(月) 14:49:17 ID:???
ネイティオ「ダークライさんは怪我がひどいので病院に搬送しますハピナス君、応急処置を」
ダークライ「ハァハァ…モ…モtt」

フィオネ「まだボコられたいのかあいつは」
ルカリオ「……」


156 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/27(月) 18:23:44 ID:???
ガーディ「ねえお父さん、どうしてピカチュウを見るとすぐに大天空で攻撃するの?」
ウインディ「そのわけはね…」

つ『ギガス放送局』

ガーディ「え?そのチャンネル?」

ヘルガー『今晩は、6時のニュースです。今朝、改造厨ピカチュウが街頭にいるポケモンたちを一撃必殺技で次々と瀕死の重症に至らしめていた模様。
     グラエナ警備隊の調べによりますと、犯人は特性ノーガードのテッカニンを製造し「絶対零度」「角ドリル」「地割れ」「ハサミギロチン」
     を覚えさせ、犯行に利用していたと報告されています。現在ドンファン防衛隊が、逃げた犯人を追っています。』

ガーディ「把握したよ。僕たちは改造厨の脅威に負けないようにならなきゃいけないんだね。」
ウインディ「さて、ちょっと出かけてくるね。」
ガーディ「(お父さん、ラグネルを持ってどこに行くんだろう?もしかして…)」

ヒードラン「ちなみに筆者は上記の改造テッカニンをゴローニャでボコボコにしたそうだ。」
ルカリオ「毎度解説乙です。ところでダークライはまだ入院中ですか?」
フィオネ「全治2~3日だそうだが…また病院送りになりそうだな。」


157 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/27(月) 21:59:23 ID:???
>>156
ウインディ「それだけならまだしも中にはこんな改造ポケモンも…」

つ『ギガス放送局』

ヘルガー『今晩は、10時のニュースです。先程、改造厨ピカチュウがまた街頭にいるポケモンたちを改造ポケモンで次々と瀕死の重症に至らしめていた模様。
     グラエナ警備隊の調べによりますと、犯人は特性ふしぎなまもりで固体値・努力値MAXのミュウツーを製造し「あくうせつだん」「ボルテッカー」「わるだくみ」「インファント」
     を覚えさせ、犯行に利用していたと報告されています。現在ドンファン防衛隊が、逃げた犯人と戦っております。』
 
ガーディ「こんなものにどうやって勝てと?」


158 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/27(月) 22:46:22 ID:???
ダークライ「(…スカーフトリックで乙だがなんともないぜ)」
ラッキー「ダークライさん、今はテレビを見ないで安静にしていたら?」
ダークライ「あぁ…。ところで私はいつ頃退院出来るのだ?」
ラッキー「明日には退院出来ますね」
ダークライ「そうか…あの家で私は数少ない稼ぎ役なのだ、早く帰ってやらねばな」

クレセリア「このやすげっきゅうが!」
ギラティナ「な…何を言い出すのだクレセリア」
クレセリア「し、失礼…突然言いたくなったものだから…オホホ♪」
ギラティナ「…」

ラッキー「ダークライさんは他人思いなのですね」
ダークライ「そんな事は無い、皆私の事を嫌っているだろう。悪夢を見せたり悪戯をしているんだからな」
ラッキー「けどあなたは今、他人の事を心配していたわ。あなたの悪戯は愛情の裏返しなんじゃないかしら?」
ダークライ「む…」
ラッキー「あまりネガティブに考えて生きちゃ駄目よ」
ダークライ「そうか…」
ラッキー「それじゃあ私は戻りますね」
ダークライ「…待て!」
ラッキー「はい?」
ダークライ「…クレセリアは居ないのか?」
ラッキー「い、居ませんね」
ダークライ「なんだと!?くっ、なんて事だ…クレセリアがお見舞いに来てくれたらこれを着てもらって看病してもらおうと思ったのに!」
つナース服
ラッキー「( ゚д゚)」
ダークライ「あぁ、ナースなクレセリアに色んな所を看病してもらいたい…ハァハァ」
ラッキー「駄目だコイツ早く何とかしないと…」


ギラティナ「ところでダークライのお見舞いには行ったのか?」
クレセリア「行ったけどその時はアホ面下げて爆睡してたわ。全く…少しは心配してやったのに」


159 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/27(月) 23:57:16 ID:???
>>157
ウインディ「やり方は簡単ですよ?実際に現場に行ってみますね。」

ピカチュウ「フハハハハ!もはや俺様特製の改造ポケモンに勝てる奴はいn…」
ウインディ「何故俺の前に立った…改造で罪なきポケモンを瀕死に至らしめている以上手加減はせん。悪いが…あんたはここまでだ。」

ウインディは どうする?
 『大・天・空』
 『遠吠えフル積みフレアドライブ』
 『晴れ補正大文字急所』
 『必ず怯む炎の牙』
ニア『ぜんぶ』

ピカチュウ「あばばばばばばばばばばば全部とかひどくね?」

ピカチュウの かいぞうツールは しょうきゃくしょぶん された!

ウインディ「手加減してやる程、俺は甘くはない。」

ヘルガー『臨時ニュースです。先ほど大剣を持ったウインディが改造厨ピカチュウを戦闘不能にした模様。犯人の改造ツールは
     焼却処分され、同時に改造ポケモンも消滅したとの報告が入っています。』
ガーディ「…………。」


160 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 00:04:00 ID:???
>>159
ウィンディの方が改造だろw


161 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 01:24:10 ID:???
アルセウス「お見舞いに来たよ☆」
ダークライ「ぐぉ~…Zzz」
アルセウス「起きないな、かみなr」
フィオネ「ストップストップ!こうすれば起きるって、今クレセリアがメイド服着てるぞ!」
ダークライ「何っ!!居ないじゃないか…放置プレイハァハァ」


アルセウス「元気そうでよかったね☆」
フィオネ「(まずいことを言ってしまったな…おそらく…)」
クレセリア「誰がメイド服ですって?めざぱ電気」
アルセウス「かみなり☆」
フィオネ「なんでお前まであばばばばばばば」


162 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 01:24:33 ID:???
ウインディは改造ではなく特殊技能、あびりてぃという奴だろw


163 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 05:05:39 ID:???
例えばムウマージが幸せにする呪文を使っても「バトルで使えない改造だ!」とは言われないだろう
同様にウインディが(ry
改造とは(ry

フィオネ「その理屈は無理があるだろ」
アルセウス「失敗しちゃった☆」


164 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 07:04:40 ID:???
でも大天空はまだしも
 『遠吠えフル積みフレアドライブ』
 『晴れ補正大文字急所』
 『必ず怯む炎の牙』
とかは改造だろw


165 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 08:36:22 ID:???
ウインディ「可能な限りの範囲なら改造ではありません」
カイリュー「バリアー!」
金銀プテラ「いわなだれ!」
ランターン「じしん!」
ウインディ「…ゲーム上実際に出てくる彼らは不具合というべきでしょうか…」


166 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 11:15:14 ID:???
ピカチュウ「じゃあワタル様は改造とは言い切れないぞ」
ウインディ「黙れ大!天!空!」
ピカチュウ「アッー!」


167 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 12:52:22 ID:???
ワタル「HAHAHA、何を言うんだいピカチュウ。そんな事を言うとLV50に変更してやるぞ!」


168 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 13:01:24 ID:???
アルセウス「次の映画なんだけどさ」
 
アルセウス「では、皆さんにはちょっと殺しあいをしてもらいます」
ミュウ.セレビィ.マナフィ「え~~~~っ!!?」
フィオネ「殺しあい?バカジャネ~ノ?プッ」
アルセウス「そこ!!!私語してんじゃねえ!!!!」
アルセウスの投げたナイフがフィオネに刺さる。フィオネ死亡
アルセウス「おっと、俺が殺したらルール違反か、ハハッ」

アルセウス「では、殺しあいに入る前に転校生を紹介します」
ヒードラン・クレセリア入場
そして伝説系同士の殺しあいが始まった。
 
アルセウス「ていうのはどう?タイトルは『ポケットモンスターバトルロワイヤル アルセウスの陰謀』で」
ウインディ「パクリの上、R指定喰らいかねないので没です」


169 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 13:30:37 ID:???
死んでるフィオネ「ア・・ルセ・・ウス・・・の・・性格・・・カ・・オ・・s
性格カオスアルセウス「かみなり☆」
死んでるフィオネ「あばばばばば」


170 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 20:53:09 ID:???
アルセウス「僕はこんな性格じゃないよ☆というわけで>>168-169にかみなり☆」
>>168-169「あばばばばば」
アルセウス「それと最近改造がどうのこうのうるさいから僕たちはアビリティを身に付けたよ☆
      これで改造厨を減らせるよ☆」
ピカチュウ「お前が何をしようと俺様は絶対に冷凍ビームライコウを作ってやr」
アルセウス「うるさいな、アビリティ【瞑想フル積み急所率最大】@だいちのちから☆」
ピカチュウ「ギャアッー!」

ルカリオ「(なるほど…私も瞑想とビルドアップフル積みのアビリティが身に付くよう修行に
     励まなきゃ…)」
ヒードラン「これ以上やるとキリがないからこの話題はこの辺でストップさせるか。」
ギラティナ「そんなことより早く『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』を買いたい…にゅう♪」


171 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 21:17:49 ID:???
フィオネ「そんな事言うとコーヒィがあr
アルセウス「かみなり☆」
フィオネ「あばばばば」


172 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/28(火) 21:40:52 ID:???
ピカチュウ「こうなったら改造でアビリティを・・・」

アルセウス「アビリティ【瞑想フル積み急所率最大】裁きの礫(大地のプレート)☆」
ピカチュウ「アビリティ【影分身フル積みタワークオリティ回避】」
アルセウス「アビリティ【剣の舞いフル積み急所率最大必中】地震☆」
ピカチュウ「アビリティ【不思議の守りタイプ悪・ゴースト】」
アルセウス「アビリティ【敵のアビリティ無効】☆」
ピカチュウ「アビリティ【敵のアビリティ無効無効】!」


フィオネ「キリが無いからアビリティはやめにしないか?」
ヒードラン「>>170がもう言っただろ、アビリティ【金属音3回急所率最大】晴れソーラービーム!」
フィオネ「言いながら使うなあばばばばば」


173 :1/2:2008/10/29(水) 02:14:00 ID:???
フィオネの小学校時代の主な同窓生(スレの設定上、フィオネに小学校時代というものがあったかどうかがそもそも?だが、とりあえず「あった」ことにするか)
【ライチュウ】
周囲からけっこう信頼されている。小学校時代のフィオネの親友。「帯ボルテッカー!!!ミロカロスギャラドスマンタイン死亡確認!!!」
【ユキメノコ】
クールであり計算高い。フィオネとは小学校時代、家が近所だった。「感情を抑えられぬ者ほど醜いものはありませんわ」
【ヘラクロス】
鹿児島弁を喋る熱血漢。西郷隆盛をこの上なく崇拝している。小学校時代、フィオネやライチュウとよく遊んでいた。「西郷どん程の男はなかなかおらんのお」

        フィオネ同窓会へ行く
フィオネ「あ~あ。明日は同窓会か。行きたくね~~な~。」
ヒードラン「一体どうしたんだ?」
フィオネ「母校の同窓会に呼ばれたんだけどよ、ヘラクロスは今トラックの運ちゃんだし、ユキメノコは市役所で働いてるし、
ライチュウにいたってはあの歳で大企業の経理課長だよ。」
ヒードラン「なるほど。みんな仕事してるんだな。俺とは大違いだ。ハハッ(泣)」
フィオネ「ま、まあとにかくあの頃のクラスメイトはみんな働いてるんだよ。しかし俺だけが無職。だから、俺、ライチュウ達に会社を経営してるなんて嘘ついちまったんだ。」
アルセウス「嘘は良くないな☆かみなり☆」
フィオネ「あばばばばば...........そ、そんなこと言ったってさあ.....周りがみんな働いてて俺だけ無職なのは肩身狭いじゃん!!!!」
ダークライ「え?そんなもんなの?私は、小学校時代は何故か友達ナッシングだったし同窓会にもまったく呼ばれないんだよな。グスン」
クレセリア「そりゃアンタなんか誰も呼びたくないわよ。」
フィオネ「仕方ない。とりあえずそれなりに社長っぽく見えるかっこうで行くか。」
アルセウス「それならいいものがあるよ。昨日ミュウツーから届いたこのベンツっぽい車を使うといいよ。どうも、
運転は全自動で目的地さえ指定すれば勝手にそこまでいってくれるらしいよ。試作品だから一度乗ってみて感想を聞かせてくれってさ。」
フィオネ「これなら免許のない俺でも乗れるし、見た目的に社長が乗る車っぽく見えるぞ!!!よし、明日の同窓会はこれに乗っていくか!!!」


174 :2/3:2008/10/29(水) 02:18:17 ID:???
翌日、同窓会会場の料亭にて
ライチュウ「しかし、こうしてみんなの顔見るのも久しぶりだな」
レントラー「ああ、懐かしいな。小学校時代の思い出の数々が蘇ってくるよ。ところで、揃ったのはこれで全員か?」ユキメノコ「まだフィオネ君が来てないわ」
カブトプス「フィオネか。あいつ、小学校時代は確か運動も勉強もまるでダメだったんだよな。しかし、そんな奴が今は社長だなんて。」
ライチュウ「な、なあみんな!!!フィオネが来てもあんまりフィオネの仕事のことには、触れないでやってくれないか....。
な、なんていうか、ホラ、アイツ俺に資本金10億だの海外へ事業展開だのと言ってたけど、多分、それ、少しばかり真実を.....
その.....曲げて話してたような気がするんだ。そういうことを変に詮索したらアイツを傷付けかねないし....な。」
全員「ザワザワ......ま、まあ俺らにも.......詮索されたくないことは......あるし........な。」
ブオオオーーーンギッカランカラーーーン
ヘラクロス「あ、誰か来たバイ」
フィオネ「よーーーっ、みんな、元気してたか!!!?」
ユキメノコ「あら、久しぶりね」
ライチュウ「相変わらず元気そうじゃないか!!!!」
ヘラクロス「よ~~~~来んさったのおお!!!」
    そして...........
ライチュウ「でさあ!!!この前部長が...........!!!」
フィオネ「ハハハ!!!!そりゃすげえな!!!!」
フーディン(小学校時代の担任)「フィオネ君は運動会の時.........とまあ.....ホホホ」
ユキメノコ「フフッ、フィオネ君らしいわ。」フィオネ「先生~!!!ここでそういうこと言うかな~~~タハハハハ」
カブトプス「では......ミュウツーのモノマネ。『私は......なじぇ........ここにいる』」
ライチュウ「ハハハハハ!!!!そりゃ無理がありすぎるよ!!!!!」
とまあ、こんな調子で、フィオネの仕事のことにはふれることなく同窓会はそれなりに盛り上がってお開きとなった。


175 :3/3:2008/10/29(水) 02:18:54 ID:???
ガチャン(車のドアを閉める。)ブロロロロロブオーーーン
フィオネ「じゃあ、またいつか会おうな!!!」
ライチュウ「ああ!!!たのしみにしてるよ!!!!」
ブオオオーーーーン
フィオネ「意外と皆仕事のことには突っ込まなかったな。よかったよかった。」ブオオオオオーーーーバキッ
フィオネ「えっ???バキ???ち、ちょっと、その先電柱!!!曲がれ!!!まが.......アーーーーーッ!!!!」ドガーーーン
ギラティナ「ハイ、もしもし........ええ、そうですが......エッ、フィオネが事故!!!?」
ミュウツー(車の感想を聞くためアルセウス宅へ来ていた)「ま....まさか......あの部分を手抜きしたために事故が.......。」
アルセウス「じ、じゃあそんな欠陥車を勧めた僕も同罪ってことに........。」
アルセウス&ミュウツー「.........................................し、失敗しちゃった☆」


176 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 02:25:19 ID:???
フィオネに全俺が泣いた
フィオネ使って天下とってやる


177 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 08:40:41 ID:???
アルセウス「今日はミュウツーカンパニーに行く日だね☆」
フィオネ「どうせまた失敗すr
アルセウス「かみなり☆」
フィオネ「あばばばばば」

アルセウス は しんそく を つかった !

ミュウツー「おお、アルセウス来てくれたか。」
アルセウス「今日はあのMAR(滅却アクションリプレイ)を製作中なの☆?」
ミュウツー「ああ。相手がPARを使ってたら相手に自動的に雷を落とすと言う・・・」
マスターハンド「それで、アルセウス君のかみなり☆ を使いたいのだよ。」
アルセウス「良いよ☆」
サンダー「ではこちらにある機械にかみなり☆を落として下さい。」
そこにはENOIF印の機械があった。

アルセウス「じゃあ行くよ☆ アル・セウ・ス・ゴッド・アルセウス・・ブツブツ」
ミュウツー「(・・・呪文?)」
アルセウス「瞑想・・フル積み・・」
ミュウツー「そっそんな強くしなくてm
アルセウス「か み な り ☆」
ミュウツー「うがああああ!私の・・新しい会社があああ!」
アルセウス「・・・・神速☆」
アルセウス は 逃げ出した
ミュウツー「に・・げるな・・・」バタッ

~翌日~
テレビ「ミュウツーカンパニー、あの改造マナフィ事件以来やっと復活したと思いきやかみなりで崩壊・・・」
アルセウス「・・・・・・・・失敗しちゃった☆」


178 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 10:29:40 ID:???
ミュウツー「会社名を間違えられ、本社もまた破壊され…なんて散々なんだ…!」


179 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 10:44:06 ID:???
>>177 失敗しちゃった☆


180 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 12:55:26 ID:???
もう失敗というか動く大災害じゃねーかwwww


181 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 13:06:41 ID:???
フィオネ「俺も仕事探そうかな……明日から」
アルセウス「そういえばフィオネって何歳なの?」
フィオネ「ん?XX歳だけど」

アルセウス「ボクより年上だったんだ…」
ヒードラン「俺より年上だったのか…」
クレセリア「私より年上だったのね…」


182 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 14:02:10 ID:???
神より年寄りなフィオネって一体・・・・


183 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 15:39:07 ID:???
ダークライ「ちなみに私はXX歳だ」
クレセリア「ただの老害ね、さっさと死ねばいいのに」
ダークライ「ドSクレセリアタソハァハァ」


フィオネ「アブソルの百年も長寿って言われてるんだから、俺たちの寿命って数十年くらいなのかな」
アルセウス「フィオネが居なくなったらこまるなぁ☆」
フィオネ「アルセウス…」
アルセウス「かみなり☆ができなくなっちゃうもん☆」
フィオネ「dsyn」
アルセウス「かみなり☆」
フィオネ「あばばばば」


184 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 15:53:17 ID:???
フィオネ「DSiか…ウチにも一台必要か?」
ダークライ「カメラ機能付き…これでクレセリアタソを…ハァハァ」
クレセリア「スキスワ(ry」
ウインディ「あんな物いりませんよ、だってダブルスロットが出来なかったり、ダブルスロットが出来なかったり、ダブルスロットが出来なかったりするんでしょう?」
ギラティナ(あいつ、この家で唯一ダブルスロットしないと出ないからな…)


185 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 15:54:46 ID:???
コクーン「全部アルセウスが作ったのに、なんでフィオネはアルセウスより年上なんだ?」
アルセウス「失敗しちゃったからだよ☆」
コクーン「どう失敗したらそうなるんだ?」
アルセウス「大人になったらわかるよ☆」


186 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 19:40:24 ID:???
ディアルガ「…ふぅ、ミュウツーよ、これでいいか?」
ミュウツー「助かったぞディアルガ、会社が壊れる前に戻った。しかし、アルセウスの奴は加減というものを知らんのか?」
ディアルガ「まあそう怒るな。アルセウスは住人達とともに日々改造厨ピカチュウと戦っているのだ。手加減している余裕はないのだろう。」
ミュウツー「ところでパルキアの調子はどうだ?」
ディアルガ「パルキアは今大人向け小説の『クレセリアとダークライの日常』という著書を書いているらしい。ところでMARは完成したのか?」
ミュウツー「今はマスターハンドと相談して、対ピカチュウに特化した地震発生装置も作っているんだ。」
ディアルガ「そうか…しかしピカチュウを倒したところでワタルはどうするのだ?」
ミュウツー「奴はすぐ場所変更コードで姿を隠すからな…捕まえるのが難しいんだ。」


187 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/29(水) 19:41:14 ID:???
ミュウ「私の存在はどうなるの?」
ゲーフリ「アノレセウスを黒歴史にs」
アルセウス「か・み・な・り・☆」
ゲーフリ・フィオネ「あばばばば何で俺まで」


188 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/30(木) 00:58:37 ID:???
>>140のエスパーパネタ
メタグロス「まあ、今回はよお、戦略なんかの研究のためにポケモンバトルの
見学に来たんだzeee!!!!」
ラティアス「あ、バトルが始まったみたいですね、皆さん。」
チャーレム「今回の対戦はチームLakes(ユクシー.アグノム.エムリット)VSいい男三重奏(ダークライ.カイリキー.ゴルダック)だそうだ。」
ラティアス「え!?ダークライさんも参加してるの!!?がんばってね~~~ダークライさ~~ん!!!」
ダークライ「ああ!!?耳障りな声出してんじゃねーーーよ!!!メスブタがああ!!!」
ラティアス「えっっ!!?メスブ......」
エムリット「な、なんか私たちの知ってるダークライとは違う.......ま、ま、まさか、二重人格?」
ダークライ(以後ダイスケと呼ぶことにする)「おい、何を勘違いしてるのか知らんが、お前らがアルセウスの家で会ったのは俺のいとこだ。見た目的に紛らわしいから俺はダイスケと呼ばれてるんだよ。」
ユクシー「アッ!!!そういえばあの人と違い、口元にほくろがある!!!」
ラティアス「といっても、文章だけじゃ『ダイスケ』とでも呼ばなきゃどっちかわからないわよね。」
ダイスケ「俺は女は嫌いだから数秒で終わらせてもらうぜ!!!ダークホール!!!」
ユクシー.アグノム.エムリット「アウウ......三体同時に技をかけるなんて........。zzzzzzz」
ダイスケ「そしてわるだくみ&あくのはどう!!!!」ユクシー.アグノム.エムリット「イヤアアアアア!!!!」
あえなくチームLAKESは敗退してしまった
ダイスケ「やりましたよ。カイリキーさん。」カイリキー「戦ってるときのダイスケの姿、とても魅力的だったぜ」
ダイスケ「カイリキーさん。僕たちの愛は永遠です!!!」カイリキー「俺もさ。ギュッ(ダイスケを抱きしめている)」ゴルダック「さあ、行こう。僕たちのハッテン場へ!!!」
ラティアス「ダークライさんのいとこって......ホモだったの?しかも3P?やっぱり、変態の身内は変態ね。」
メタグロス「でも、まあ、タイプ相性の大切さは学ぶことができたしな。」チャーレム「積みの大切さもな。」
ラティアス「つ、つまり、さっきのバトルで学んだことを忘れるなってことです.....よね。」


189 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/30(木) 15:57:11 ID:???
アルセウス「あれをあーしてこーして…できた☆」

ハロウィン特別イベント
Thunder of Nightmare

君もロトシックスになろう!
フィオネを見つけてかみなりをすると豪華商品が貰えるぞ!
10/31 0:00~23:59

フィオネ「久々に死の予感…逃げなきゃ!」

どうなるフィオネ!俺はここで書くのをやめるぞ!


190 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/30(木) 20:38:52 ID:???
ヒードラン「もうすぐハロウィンか」
ラティアス「お菓子くれなきゃイタズラしちゃうぞ♪」
ラティオス「こらこら、もう大人なんだから…」
ダークライ「今年もミオシティでお菓子をたかる作業が始まる…」
クレセリア「あんたまだそんな事を…」
ダークライ「クレセリア、お菓子くれn」
クレセリア「『お菓子くれなきゃ悪戯(勿論性的な意味で)しちゃうぞ』はもう聞き飽きたわ」
ダークライ「・・・」

ガーディズ「ハロウィンって何?」
ウインディ「ハロウィンは武装をした子供達が色んな家に訪ねて『お菓子くれなきゃ…悪いが、あんたはここまでだ』と決闘を申し込む行事ですよ」
ルカリオ「何嘘教えてるんですか!」

レジスチル「トリックオアトリート!」
レジロック「お菓子くれなきゃ悪戯しちゃうぞ!」
レジアイス「というわけでハロウィングッズは大好評です」
レジギガス「ズッズッズッ(こういったシーズンは稼ぎ時だからな)」

ギラティナ「む、ところでフィオネはどこへ行った?」
アルセウス「フィオネなら僕が作ったイベントに心躍らせて出て行ったよ☆」
ギラティナ「そうか、それはよかった」


191 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/30(木) 22:26:56 ID:???
~その頃のフィオネ~

フィオネ「ちくしょう、なんだってアルセウスのやつあんな企画を……
あぁ、腹減ったな…こんなことなら家にあった菓子全部食ってくればよかった。カボチャ味だったけど今流行りだったのかな?」



192 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/30(木) 22:27:58 ID:???
アルセウス「…と言うわけなんだよ。」
ウインディ「どうりでお菓子が少ないんですね…フィオネさんはハロウィンのことよく知らないんですか。」
クレセリア「まったく、今月も赤字だってのに…」
アルセウス「というわけで、フィオネを見つけたらガンガンかみなり☆しちゃってね☆」



いくら何でもフィオネが可哀想だと思って理由つけてみた。



193 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/31(金) 00:19:04 ID:???
>>190-192かみなり☆されるには充分な理由です。
ガタンゴトーーン次は~ウソッキータウン~、ウソッキータウン~
ライチュウ「(電車の広告を見ながらを見ながら)なになに?フィオネにかみなり☆したら豪華賞品?アイツもずいぶん体張ってるんだな。」
エビワラー「僕らも参加してみませんか?」
ライチュウ「いや、俺はかみなりよりボルテッカーの方が性に合ってるし遠慮しとくわ。」
エビワラー「よく考えたら僕もかみなりは覚えられませんし、かみなりパンチでは豪華賞品は出ないみたいですから参加できませんね。」
ライチュウ「ハハハ、どこにも『ボルテッカーやかみなりパンチも可』とは書いてないしな」
そして電車を降りた二人
ライチュウ「ん?何だ?あの露店は?」
何とピカチュウが駅の近くで店を開いていた。どうも新たな改造ツールを購入する資金を稼ぐためらしい
ピカチュウ「さあいらっしゃい!!!明日はハロウィン!!!ハロウィンパーティーの衣装はもうお決まりですか!!?」
ライチュウ「いいよ、ピカチュウの店で買い物なんか出来るか。」
ピカチュウ「まあまあ。このピカチュウつけ耳はどうです?そちらのエビワラーさんにはルカリオスーツをお勧めします。どうせ出られないんだし、気分だけでもスマブラに出たつもりになってみるのも面白いですよ。」
ライチュウ「ピカチュウつけ耳ィ?プツン」エビワラー「ルカリオスーツゥ?プツン」ライチュウ.エビワラー「つまり俺らに対するあてつけかァ。」二人の表情はかなり険しくなった。
ライチュウ「いかずちプレートボルテッカーーー!!!」
ピカチュウ「あばばば!!!何を!!!?」
エビワラー「ルカリオがなんぼのもんじゃ~~~い!!!ビルドアップ2回積みインファイト!!!」
ピカチュウ「あばばばばばばばぼ............し、傷害だろコレ....バタッ」
ライチュウ.エビワラー「よいしょっと」
ライチュウとエビワラーはピカチュウを近くの川に投げ捨てた。
ポイッドボーン
ライチュウ.エビワラー「何がスマブラじゃ!!!!」
ピカチュウ「..................」プカプカ
アルセウス「あれ?何か黄色いポケモンが浮いてるな。」
ウインディ「あ、よく見たらあれピカチュウじゃないですか。私が行くまでもなく誰かが退治してくれたみたいですね」






194 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/31(金) 00:34:55 ID:???
~その頃のフィオネ~

フィオネ「ちくしょう、マンホールの下になんか逃げるんじゃなかった。何かドブネズミがいるしよ。ゲッ、ベトベターの大群だ!!!」
ベトベター×30「おい!!!あれフィオネじゃねーか!!!かみなりじゃなくてもヘドロ爆弾でもぶつけりゃ何かもらえるかもな!!!よ~しヘドロ爆弾×30」
フィオネ「うああああ!!!!」
と、その時、>>193で川に流され意識を失ったピカチュウが流れてきた
フィオネ「ラッキー!!!ピカチュウシールド!!!」バシバシバシバシバシ
フィオネ「すまねえなピカチュウ!!!毎度やられ役は御免こうむるんでな!!!アバヨ」
フィオネは逃げ出した
                         続く............のかな?


195 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/31(金) 03:04:00 ID:???
コリンク「フィオネはどこだー!」
ルクシオ「まだ一度も雷を落とされていないらしい。
     絶対に俺達のグループが一番乗りで雷を落としてやるぞ!」
コリンク「おー!!」

フィオネ「・・・徹夜組だと!?子供は早く寝ろよ・・・。
     こうなったら影分身×6、光の粉!!これで少しは安心か・・・」

 ピキーン
アルセウス「むっ、雨乞い☆」
ギラティナ「突然どうした?」
アルセウス「なんだかわからないけど、直感的に雨乞いをしなくちゃいけない気がしたんだ☆」
ルカリオ「何かの波導を感じ取ったのでしょうか?私には全然わかりませんでしたが・・・」

フィオネ「orz」


196 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/31(金) 15:26:18 ID:???
ギラティナ「特別ゲストでカイオーガが来たぞ!!」
カイオーガ「強制雨降らしでフィオネにかみなり☆落とし放題!ボーナスタイムスタート!!!」

ドサイドン「YEAH!今日はMEのHEADに雷がよく落ちるZE!」
フィオネ「お前特性『ひらいしん』か・・・助かったy」
クレセリア「スキルスワップ!」
ドサイドン「OH!雷が来なくなったZE!」
ダークライ「くれせ様・・・僕に早くひらいしんをちょうだい!ハァハァ」
フィオネ「何にせよ助かった・・・」

ジバコイル・バンギラス・メタグロス「かみなり」
ダークライ「むさ苦しいんだよおおおあばばばばあああああああ」

アルセウス「ダークライ瀕死でひらいしんなくなったよ☆遠慮なくフィオネを狙ってね☆」
ギャラドス「すいませんアルセウスさん、うちのソクノが今日見たら全部採られていたんですが・・・」
ウインディ「必死ですね、フィオネさん・・・」
アルセウス「じゃあボクも一発! か み な り ☆ 」

カモネギ「はたきおとす!」
フィオネ「あっソクノが・・・・」
ゴロゴロゴロゴロゴロ・・・ビシャーン!!!!
フィオネ「タイミング良くあばばばばば」


197 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/31(金) 20:33:39 ID:???
601 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2008/10/31(金) 01:53:10 ID:SWGhS59m
http://ranobe.com/up/src/up315089.jpg
11/27はクレセリアvSダークライ(仮

ダークライ「ktkr」
クレセリア「遂にキター!!」
ヒードラン「(羨ましい…)」
ギラティナ「…というよりヨスガからいきなりミオシティは無理が無いか?」


パルキア「見ろよ、ダークライの奴クレセリアとアニメに共演出来るかも知れないってさ」
ディアルガ「む…どれどれ、タイトルは…『クレセリアVsダークライ』…」
パルキア「?」
ディアルガ「Vsダークライ…Vsダークライ…ディアルガvsパルキアvsダークライ…」
パルキア「…」
ディアルガ「うわぁぁぁぁぁぁあ!!いやだいやだいやだまだしにたくないぃぃぃい!!」
パルキア「落ち着け!もうその映画は過ぎた事だ!」
ディアルガ「パルキアのバカヤロー!ダークライがめざめたわ!ここはみんなのにわだ!グギュグバアッ!ガギャギャアッ!ドドギュウーン!!あなたあなたあなたあなたあなた」
パルキア「(重症だな…)」


198 :名無しさん、君に決めた!:2008/10/31(金) 20:37:13 ID:???
フィオネ「……で、結局アルセウスにかみなりを撃たれるのがオチか……。」
アルセウス「主催者の僕がフィオネに最初にかみなり☆を当てていたんだ…失敗しちゃった☆」
ギラティナ「では、来年のハロウィンではかみなりを使わない企画のほうが良さそうだな。」
ウインディ「ピカチュウに地震や大地の力を当てたら商品をプレゼントというのはどうでしょう?」
ヒードラン「お、いいなそれ。」
ルカリオ「ウインディさん……でもちょっと面白そう。」

ピカチュウ「ハ…ハクション!川に流されたせいで風邪ひいたかな…。」


199 :名無しさん、君に決めた!:2008/11/01(土) 07:05:01 ID:???
ガブリアス「じしん」
ピカチュウ「あばばばば」
フライゴン「じわれ」
ピカチュウ「ちょそれは一撃必さtぎゃあああぁあああああ」
アルセウス「さばきのつぶて地面☆」
ピカチュウ「………」
アルセウス「やりすぎちゃった☆」
ガブ&フラ「どっから沸いた…」


フライゴン「ぼくの勝ちふりゃね、今日の夕食はガブくんのおごりふりゃ」
ガブリアス「勝負だし仕方ないな…高いのはやめてくれよ?」

ガブとふりゃとアルちゃんが大好きです


200 :名無しさん、君に決めた!:2008/11/01(土) 12:27:03 ID:???
ギラティナ「今日ギガスナルドに買い物に行ったら『ポケモンランランルーラー』というものをもらったのだが…。」
アルセウス「レジワロスってファーストフード店も経営してたんだ☆ところでどんなルーラーなのかな☆」
ルカリオ「じゃあ早速この紙に書いてみますね。」
ギラティナ「……ん、このシルエットはどこかで見たような……。」

つ『オリジンギラティナ』

アルセウス「オリジンが書けちゃった☆」
ギラティナ「うがああああああああっ!」
ルカリオ「ああっ、またギラティナさんが暴走し始めた!」
オリジン「昼間から何の騒g」
ギラティナ「滅っせええええええええぃ!流星群!シャドーダイブ!逆鱗!」
オリジン「俺が何をしtあばばばばば」
ヒードラン「ちなみにギガスナルドの総取締役は四天王のオーバが担当しているらしい。見た目的にもアレだからな。」
ウインディ「何ぶつぶつ言っているんですか!早くギラティナさんを止めないと!」

ピカチュウ「やっと念願のPARを手に入れたぞ!これで特性力持ちのレジギガスを造ってやr」
オーバ「焼却処分だ!らんらんるー!」

オーバのブーバーンのオーバーヒート!
ピカチュウの PARは しょうきゃくしょぶん された!▼

ピカチュウ「あばばばばば」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。