5-9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

802 :1/2:2009/05/05(火) 12:41:24 ID:???
アルセウス「もーうーいーくつねーるーとー♪こーどーもーのーひー♪」
フィオネ「音程どころか曲が違うわけだが」
アルセウス「かみなり☆」
フィオネ「ソクノ」
アルセウス「どろぼう☆」
フィオネ「あばばばば」
クレセリア「ちょっとフィオネ、アルセウスと遊ぶのはいいけど兜運ぶの手伝ってくれないかしら?」
フィオネ「カブト?それなら化石研究所に持ってけばいいだろ」
クレセリア「あ、もしもしギラティナ?柏餅一つ分買わなくていいから」
フィオネ「ごめんなさい」
クレセリア「分かればよろしい。じゃあ兜の端を持って。私は逆の端を持つから」
フィオネ「はいはい…。ところでウインディとルカリオはどこに行ったんだ?」
クレセリア「波導学の先生の所みたいよ。こどもの日だからそこに居るリオルやガーディ達と一緒に遊んであ
げるみたい」
ラティオス「こどもの日は端午の節句に男の子の健康を祈る日として昔からあるんですよ!」
ラティアス「お兄ちゃん…そんなに出番が欲しいからって何の脈絡も無しに出て来ちゃ(ry」
ガラッ
ギラティナ「ただいまー」
アルセウス「お帰り☆」
ヒードラン「あぁ、お帰り」ムシャムシャ
クレセリア「あら、いいところに帰って来たわね。もうお昼ご飯は出来てるわよ」
ギラティナ「うむ、それは丁度良かった…っておいヒードラン!勝手に私の買ってきた柏餅を食うな!」
ヒードラン「腹減っただー!もう耐えられないぞいー!」
クレセリア「ズェイアアア!」
ヒードラン「あべし!」バタン
ギラティナ「(…チョップ一発でヒードランを気絶させただと…)」
クレセリア「さて、ゴキブロスは無視してもうお昼ご飯にしましょ♪」
ヒードラン「誰がゴキブロスだ!」
ギラティナ「(あ…生き返った)」

803 :2/2:2009/05/05(火) 12:43:28 ID:???
アルセウス「このちらし寿司美味しいね☆」
フィオネ「ひなあられうめぇwww」
ギラティナ「(おかしいだろ…料理がおかしい事に気付けよ…)」
ラティアス「おかわりは沢山あるからいっぱい食べてくださいね!」
ヒードラン「ひなあられおかわり!」
クレセリア「ただしヒードランを除いて」
ヒードラン「…orz」
ギラティナ「ムシャムシャ…しかし、我が家には子供が居ないからそんなに特別な日には感じられないな…ムシャムシャ」
フィオネ「そうだな」ムシャムシャ
ギラティナ「というわけでクレセリア、お前もいい加減結婚を考えたらどうだ?子供も欲しいだろう」
クレセリア「嫌よ面倒くさい。それとセクハラで訴えるわよ」
ギラティナ「むう…ならばダークライ、お前はクレセリアが好きなのだろう。クレセリアと結婚して子供を作
ってやってくれ」
フィオネ「(…何かギラティナ必死だな)ムシャムシャ」
アルセウス「(クレセリアがもう「オラァ!」歳独身だからね…それでいて異性に興味無いんだもの)ムシャムシャ」
ダークライ「・・・」
ギラティナ「…?どうしたダークライ?」
 ドバァァッ!!
クレセリア「ギャーッ!ダークライが突然致死量を超えるであろう量の鼻血をーっ!」
フィオネ「うわーっ!しっかりしろダークライ!」
ヒードラン「お、俺のちらし寿司が鼻血で…」
ダークライ「わ…私と…クレセリアの…こっ…こどこどこど…ぐふっ…」ピクピク
ギラティナ「えぇいダークライ!ドMのくせに何故こういう事にはウブなのだ!別にクレセリアと(ダキュンダキュ
ン!)とか(タコス!)する事くらい何とも無いだろう!」
クレセリア「あー、もしもしジバコイル保安官ですか?ちょっと一匹逮h…いや、ポケダンズに始末して欲し
いんですけど」

リオル「ねー、パトカーと救急車が音鳴らしながらあそこに走ってるよ」
ルカリオ「本当だ…全く、こどもの日なのになんて物騒な」
ドサイドン「HEY!今日はウインディさんとTOGETHERしてKOI☆NOBORIをMAKINGしましょうNE!」
ウインディ「よろしく頼む。命令は一つだ、みんな楽しむぞ!」
子供「はーいウインディ先生」

今日もアルセウス町は平和です

804 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/05(火) 16:25:13 ID:???
良作乙ですー。

805 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/06(水) 00:26:49 ID:???
すわ

806 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/06(水) 06:44:46 ID:???
おつっつっつ

807 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/06(水) 15:50:01 ID:???
アルセウス「何か面白いスレはないかなっと・・・・・」
 
信者とアンチに囲まれるポケモンのスレ 
1 サーナイト [sage] 2009/05/06(水) 13:30:21 ID:Sirnites
タイトルの通り信者とアンチに囲まれてウンザリしているポケモンたちのスレです。
正直、いい加減にしてほしい。
2 ミュウツー [sage] 2009/05/06(月) 13:58:10 ID:MewtwoSP
>1乙。私もツー様最強とか讃えられたかと思えば、厨二病などと陥められたりで.......。
3 ルカリオ [sage] 2009/05/06(月) 14:00:02 ID:HadoUPK#
私も、映画の影響で沢山ファンがついたり、私のスレが変なのに荒らされたりして大変ですよ。
4 ピカチュウ [sage] 2009/05/06(月) 14:10:10 ID:PikachUP
俺なんてよぉ~、アニメとか色んなとこで人気が出てるのを妬んでるのか、このスレじゃ完全な悪役だぜ?
5 エルレイド [sage] 2009/05/06(月) 14:20:15 ID:Elleido2
>4カエレ
我々は何故こうも好き嫌いの落差が激しいのでしょうか。
6 サーナイト [sage] 2009/05/06(水) 14:30:31 ID:Sirnites
好き嫌いの好きの方だって行き過ぎればこんな絵をネットにながしたりするのよね
http://imepita.jp/20090506/522600
7 ミュウツー [sage] 2009/05/06(月) 14:58:19 ID:MewtwoSP
これはひどい。思わず保存してしまった。
 
アルセウス「僕もファンやアンチに取り囲まれてみたいな」

808 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/06(水) 23:16:01 ID:???
>>807
ルカリオ「アルセウスさん貴方は全然分かっていません」
アルセウス「そうなの?」
ディアルガ「ルカリオは信者がたくさんいるだけましだ」
フィオネ「ディアルガは構ってもらえるだけましだ」
ディアルガ「そ れ は な い」

809 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/06(水) 23:25:09 ID:???
ヒードラン「前から思ってたんだが…フィオネの触覚?の根もとの団子は何なんだ?」
アルセウス「いいところに気がついたね☆あれは枷なんだよ☆」
クレセリア「枷?」

フィオネ「何?俺の頭のこいつが枷だと?
      コイツを取り外せば俺の真の力が解放されるんだな!」
ヒードラン「いつの間に…」
アルセウス「違うよ☆」
フィオネ「嘘を言うなッ!俺をそうやっていじめるんだろ!俺の真の力を解放させず
      いじめて喜んでるんだ!」
クレセリア「まぁそう考えるのも無理はないわね……」
ギラティナ「でも、なんか嫌な予感がするからやめておけ。」
フィオネ「うるさい!枷を外せ!俺はセクシィフォルムになるんだ!」
アルセウス「しょうがないなぁ……じゃ外すよ☆」

フィオネ「あばばばばばばばばばばばば」
ギラティナ「お…おい!しっかりしろ!…息してないぞ!」
クレセリア「ちょっと…何の枷だったの?」
アルセウス「あそこにはフィオネの黒歴史がたまってるんだよ☆
        恥ずかしい記憶を一気に思い出して卒倒したんだね☆」
ヒードラン「…………」
アルセウス「何?☆」
ヒードラン「いや……」
アルセウス「あんなのだけど、フィオネは友達だからね☆」

810 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/07(木) 23:24:08 ID:???
マナフィ「所詮フィオネは僕の模造品さ。カモスキー♪」

811 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/08(金) 13:15:01 ID:???
プルルルル
ルギア「あ、電話だ。はい、もしもし」
バンギラス「お~い!!!ルギア~~!!!喜べ、金銀がリメイクされるらしいぞ!!!!」

ルギア「何!!!?それは本当か!!?ヤッター!!!!!」
バンギラス「今度こそカリンの手持ちになってフーディンやミュウツーを噛み砕いて存在感を示してやる
ぜ!!!!
そんなわけでハピナスの店で金銀リメイクの祝賀会やることになったからお前も来いよ!!!!ホウオウも参加す
るってよ!!!!!」
ルギア「よし、分かった。すぐ行くぞ!!!!!」
バキャーン
フィオネ「あ~あ。ルギアのやつ喜びのあまり壁壊して行きやがった。でも、アイツがこの家からいなくなる
と思うとせいせいするぜ。」
クレセリア「わたしもそう思うわ。だから、壁の修理代はフィオネとギラティナの食費から引いておくわ
ね。」
フィオネ「え.....そんな......。」
ギラティナ「理不尽だ~~~~!!!!」

812 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/09(土) 11:29:13 ID:???
アルセウス「さて、ハートゴールドとソウルシルバーの発売の準備をしなくちゃね☆」

ウエウエwwwwテンジョウヲwwwwハイマワルwwwwデンセツノwwww(←インターホン)

ルカリオ「はい、どちらさまでしょうか?」
エンテイ「今のインターホンは何なのだ…? それよりアルセウスはいるか?」
アルセウス「あっ、ジョウト3犬のみんなだね☆」
スイクン「金銀リメイクが確定したので、私達の分身についてお話を伺いに来ました。」
ライコウ「人間界での我々の使用率が異常に少ない背景には、厳選難易度が高すぎるからだと聞く。
     そこで、リメイク版では固定シンボルにしてもらい、かつ個体値も普通にランダムになるよう
     設定してもらいたいのだ。」
アルセウス「たしかにバトルビデオを見ていても、君たちの分身の入った動画はほとんどないもんね☆」
スイクン「それと、これはセレビィからの言伝なのですが、セレビィの配布イベントもしくはセレビィを
     ゲットできるようなシステムを作ってほしいとのことです。現在のGTSには改造セレビィが
     大量に蔓延していて、とても手に負えない状況のようです。」
アルセウス「う~ん、なるほどね☆時々おや名がピカチュウやワタルの改造セレビィを見かけるからね☆
      わかった、出来るだけのことはやってみるよ☆」
エンテイ「あと、我にはフレアドライブの習t」
アルセウス「アーアーキコエナーイ」
エンテイ「いい加減我にも使わせろ貴様!エンテイビームを撃t…」
アルセウス「だいちのちから☆」
エンテイ「あばばばばば」
ライコウ・スイクン「……」

813 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/09(土) 18:40:47 ID:???
>ウエウエwwwwテンジョウヲwwwwハイマワルwwwwデンセツノwwww(←インターホン)
>エンテイ「あと、我にはフレアドライブの習t」
>アルセウス「アーアーキコエナーイ」
>エンテイ「いい加減我にも使わせろ貴様!エンテイビームを撃t…」
>アルセウス「だいちのちから☆」
>エンテイ「あばばばばば」

吹いたwww

814 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/09(土) 20:37:24 ID:???
フィオネ「もしソウルゴールドだったらと思うと恐いな。漢字にした時的な意味で」
アルセウス「下ネタ厳禁☆かみなり☆」
フィオネ「ソクノ!まだいいたいことがある。ソウルシルバーって・・・魂銀だよな。」
アルセウス「うん。それが?」
フィオネ「某ジャンプの某漫画のタイトルに似てるよな」
アルセウス「・・・かみなり☆」
フィオネ「あばばばば」

ヒードラン「気付いても誰も言わなかったことを・・・」

815 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/10(日) 01:02:02 ID:???
ホウオウ「ハート(笑)………orz」
ルギア「銀魂(笑)………orz」

816 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/10(日) 08:47:21 ID:???
それを言っちゃあおしめぇよ!

818 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/10(日) 15:38:57 ID:???
ミュウツー「HG(ハートゴールド)とSS(ソウルシルバー)では私も固定伝説で出られるはずだ。」
ファイヤー「は?どこからそんな都合のいい憶測が?」
ミュウツー「憶測ではない!!!確信だ!!!!!これを見てみろ」
つ種族値の配分
ミュウツー:HP106 攻撃110 防御90 特攻154 特防90 素早さ130
ルギア:HP106 攻撃90 防御130 特攻90 特防154 素早さ110
ホウオウ:HP106 攻撃130 防御90 特攻110 特防154 素早さ90
ミュウツー「これを見てみると、まるで三体の種族値をそれぞれ無作為に入れ替えたような配分になっている
ことが分かる。」
ファイヤー「はぁ.....確かにそう見えなくもありませんが.....。」
ミュウツー「このことからポケモン製作スタッフは、同じシリーズに出る伝説ポケモンの種族値を
どれかが強くなりすぎたり弱くなりすぎたりしないよう、このように配分しているものと考えられる」
ファイヤー「いくらなんでもそれは考えすぎでは?」
ミュウツー「そんなことはない。現にダイパでもディアルガ・パルキア・ギラティナの種族値はそういう配分
になっているではないか。
種族値だけを見れば互角になるように。だから、私がHGSSに出る可能性は高いということだ。」
ファイヤー「ホントにそうかな?」

819 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/10(日) 16:51:41 ID:???
シンクロ効くから出てほしいが、デオキッちゃんとかのほうがいいな。。

820 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/10(日) 17:04:20 ID:???
>>818
>強くなりすぎたり弱くなりすぎたりしないよう
>種族値だけを見れば互角
 
ホウオウ「.....................救え~~~~!!!!アルセウス~~~~!!!!タイプを炎飛行から炎ドラゴンに
して俺を救ってくれ~~~~~~~!!!!!!!」

821 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/10(日) 22:00:37 ID:???
ジーランス「ワシの頭突きの餌食がまた増えおったわ。」

822 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/10(日) 22:19:02 ID:???
>>821
ん?なんで?

823 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/10(日) 22:46:35 ID:???
マチス「結局鳥のままだぜベイビー!」
ライチュウ「ラーイチューゥ!(10万ボルト)」
ホウオウ「あばばばばば!」

824 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/10(日) 22:48:20 ID:???
>>822
ミスった。

826 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/11(月) 23:25:35 ID:???
フィオネ「金銀リメイクではかなり強化or通常戦に出せるようにしてほしいな」
セレビィ「くさのタイプ相性を改善してほしいなあ 弱点を減らして」
シェイミ「↑とスカイの弱体化を期待するでしゅ 半減大杉でしゅ」
ヒードラン「期待するだけ無駄だと思うぞ。あとセレビィいつの間に」
セレビィ「失敗されちゃったポケモンが居座って問題?」
フィオネ&シェイミ「問題無いな(でしゅね)」
ヒードラン「ただでさえ食費が家計を(ry 追い出してやる! マグm
セレビィ&シェイミ「大地の力!」
ヒードラン「あばばばばばばば」
フィオネ「ヒードランが一番の大食らいなのに」

フィオネ「ん? 窓際に座ってどうしたんだ?」
セレビィ「ヒードランを触って治療したら手をやけどした・・・」
ヒードラン「よく考えたらお前水と光で生きてるんだよな、すまない」
フィオネ「シェイミは大食いな件」
シェイミ「それは映画だけでしゅ シードフレア♪」
セレビィ「仲間守りで受ける!」
フィオネ&シェイミ「あれ?」

828 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/12(火) 00:54:16 ID:???
ホウオウ「ウオオオオッ!!!聖なる炎ォォォッ!!!!」
セレビィ「あばばばばばっ!!!?」
シェイミ「今度はお前でしゅか」
ホウオウ「何が『今度はお前でしゅか』だ!!!ミュウツーやルギアと種族値シャッフルなはずなのにエッジで確
一たぁ何だ!!!!!」
フィオネ「そりゃタイプと防御的に悲惨だから......。」
ホウオウ「やかましぃっ!!!!弱点の多いルギアが下位伝説と言われたことがあんのか!!!?
紙耐久のミュウツーが雑魚と言われたことがあんのか!!!?あぁっ!!?」
フィオネ「あの二匹と比較すること自体がそもそも間違いなんだよ。」
ホウオウ「何言ってんだ!!!!ミュウツーとはともかく、ルギアとは共にパッケージを飾ることになってんのに
俺の方が明らかに劣ってたら悪い意味で目立ちすぎるんじゃ!!!!ある意味セレビィ以上に不遇じゃねぇ
か!!!!」
ヒードラン「まさかお前も居座るつもりか?」
ホウオウ「当然だ。」
ヒードラン「それは許さん!!!!ストーンエッ.......」
ホウオウ「地震」
ヒードラン「あばばばばば」
フィオネ「あ、こいつ確か攻撃は高かったんだな。」
ホウオウ「にほんばれ」
セレビィ「ソーラービーム」
フィオネ「なんdあばばばばばば」

829 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/12(火) 00:58:37 ID:???
アルセウス「スーパーツクリエイター21を買ったよ~」
クレセリア「じゃあフィオネは一週間飯抜きね」
フィオネ「orz」

15分後…

アルセウス「フィオネにかみなり☆を落とすゲームを作ったよー」
フィオネ「よし、俺がテストしてやるよ」

フィオネのプレイコーナー

フィオネ「じゃあ行くぜ!」
『テッテッテレ テ-レ-レ-レ-
かみなり☆をおとせ!
ピカッ!ピカッ!
ブブ-!』
フィオネ「なかなか難しいな…もう一回」
『テッテッテレ テ-レ-レ-レ-
かみなり☆をおとせ!
ピカッ!
アバババババ
ピンポ-ン!』
フィオネ「クリアしたぜ!」
ウィ-ン ガチャッ
フィオネ「ん?変なアンテナっぽい物が…」
『か み な り ☆』
フィオネ「うわあああばばばばば」
ギラティナ「凄い細工だな…」
クレセリア「フィオネのプレイコーナーも真っ黒焦げね」
アルセウス「どうお?&かみなり☆」
フィオネ「答えられねーyあばばばばば」

830 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/12(火) 13:11:15 ID:???
ライコウ「みんな色々言ってるけど、金銀がリメイクされるということはそれに便乗して映画化も.......。
そして私が映画の主役になる可能性も。ウホホーイ!!!!」
不遇ポケザムービー
 
第一章:ゴローニャの逆襲
第二作:ライコウ爆誕←今ココ
第三作:Z戦士寮の帝王 ENTEI
第四作:フィオネ メタモンを越えた遭遇
ライコウ「俺ハジマタ\(^〇^)/
厳選激ムズでも 目立たない三犬でも…そんな思い出に心がうずくよ…♪
新作から わいてくる 伝説と 厨ポケで  溺れそう になってる 金銀伝説を助けに♪
誰にも 信じて もらえない どんなに 長い道を 歩いても♪」
エンテイ「何だアイツ?何をいきなり歌い出してるんだ?」
スイクン「きっと昼夜の温度差でおかしくなったのでしょう」
ライコウ「シンオウの旅が 終わるころ 時が絡み合う HS(ハート・ソウル)がそっと 発売日を伏せて 密
やかに 作られ続けてる♪」
スイクン・エンテイ「..........何故『toi et moi』替え歌?」

836 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/16(土) 16:35:55 ID:???
アルセウス「リメイクでかみなりの威力が150になってフィオネがみず・ひこうになってソクノが無くなればい
いな☆」
フィオネ「なんと自分勝手な神だ」
アルセウス「いくぞ~☆」

~実際に やってみた~
フィオネ「えっ?」

アルセウス「かみなりぃぃ☆」
フィオネ「うおぉぉぁぁあああぁばばばばばば」

837 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/16(土) 17:49:31 ID:???
サンダース「しっかし良く当たる雷だ・・・」

838 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/17(日) 00:02:02 ID:???
>>837
カイオーガ「実は俺が住んでるから永遠に雨状態なんだぜ」

839 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/17(日) 02:13:01 ID:???
サンダース
「なるほど、だから全然水ポケに追いつけねぇのか・・・ 
 高威力の雷当たるけど
 今まで鈍いと思ってた奴にヒョイヒョイ抜かされるのは
 精神的に持たない・・・ 俺は10万ボルトで良いからグラードン出て来てくれ・・・」

840 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/17(日) 11:08:46 ID:???
カイオーガ「無理だな、ここは俺の縄張りだからな」
サンダース「そんなこと誰が決めるんだよ」
カイオーガ「確かおととしだったっけな?お互いが勝負して勝った方がそこの土地をゲットして
       一番多く土地をゲットした方が勝ちっていうゲームがあってだな」
サンダース「何だその身勝手なゲームは」
カイオーガ「それでここで戦った時に・・・・」

グラードン「よし!ここの地面は硬いから穴をほっても崩れねえ!さてどこから攻撃しようか」
カイオーガ「今だマナフィ」
キッチン「うぇうぇwwwwマナフィにwwww呼ばれてwwww這いまわるwwwwうぇうぇwwwww」
グラードン「ぎゃあああああああ」
カイオーガ「罠にかかったな、雨乞いで天気戻してハイドロポンプ」
グラードン「あばばばばばばば」

カイオーガ「そんなわけで俺が勝ったんだ」
サンダース「卑怯だなおい」
カイオーガ「それでここにはマナフィもいるから住み着いてるんだ」
フィオネ「あれ?俺は?」
カイオーガ「・・誰?」
フィオネ「(´;ω;`)ブワッ」

841 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/17(日) 12:36:18 ID:???
レックウザ「空は全て俺様の物だ!」

842 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/17(日) 13:27:38 ID:???
レックウザ「フハハハハハ!」
ピジョット「おい、あんた邪魔だよ」
レックウザ「あ、ごめん…」
フィオネ「威厳無いなオイ」
レックウザ「黙れ!かみなり!」
フィオネ「ソクノ!お前ごとき俺の冷凍ビームですら確1のくせに!冷凍ビーム!」
レックウザ「ヤチェ!かみなり!」
フィオネ「ソクノ…って今使っちまっtあばばばばば」

843 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/17(日) 20:32:20 ID:???
>>842
レックウザ「俺はギラティナやミュウツーと同じく野生レベル最高の隠れキャラだというのに何なのこの扱
い」

844 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/17(日) 21:12:55 ID:???
ヒードラン「>>843にすら忘れられる俺は一体…」

845 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/17(日) 23:58:42 ID:???
アルセウス「まぁみーんな僕が創った手駒なんだけどね」

846 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/18(月) 00:33:38 ID:???
カモネギ
「単体では直ぐやられてしまう私に
 神はネギを与えてくれました。
 これでメタグロスに勝てるよ☆って
 本当にありがとうございました。 」

847 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/18(月) 12:04:28 ID:???
>>843
ミュウ「真の隠しキャラとは私のことよ。バグ技じゃないと出現しなかった幻のキャラだったんだから」
けつばん「俺も隠しキャラだったね」
ミュウ「アンタ、単なるバグじゃない」
アネデパミ「俺に至っては出したらゲームが止まる危険性がぐーんと上がるんだぜ」
ミュウ「だからアンタ達の存在は単なるゲーフリ開発陣のミスよ」
ワカメッチ・コンブール・メタロード「僕たちルビーサファイアだけの隠しキャラ.........」
ミュウ「ガセポケはカエレ」
 
ダメタマゴ「・・・・・・・・・・・(僕も何気にルビーサファイアからの隠しキャラです)」

848 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/18(月) 13:08:27 ID:???
ドサイドン先生「けつばんの声、なんだか懐かしい・・・ 」

849 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/18(月) 18:38:21 ID:???
ピカチュウ「バグポケは改造して別のポケモンに修正すればおkだぜ」

フシギダネ(元けつばん)「………」
リザードン(元アネデパミ)「………」

ピカチュウ「良かったなお前ら!」
ウインディ「てん☆くう」
ピカチュウ「バグポケを修正しただけなのにあばばばばば!」

850 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/18(月) 21:24:46 ID:???
アルセウス「…で、結局真の隠しポケって誰なの?
 やっぱりミュウなの?」
ミュウ「流石アルセウスさん、わかっていますね
 そうです、私が真の隠しポケモンです」
ヒードラン(自分で自分のことを「真の隠しポケ」って言うのも
 どうかと思うのは俺だけなのだろうか…)
アルセウス「まあ僕も一時期真の隠しポケだったんだけどね…
 もうそれも終わってしまった…配布のせいで…。Lv100なんだってね…
 ああ…僕が真の隠しポケだったあの頃に戻りたい…」

851 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/18(月) 22:33:16 ID:???
ヒンバス「真の隠しポケは俺だろ」

852 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/19(火) 00:06:30 ID:???
コイキング「つーかヒンバスとか見つけてもらう気無くねぇ?」

854 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/19(火) 23:53:51 ID:???
ギラティナ「『ピカチュウの人生』という映画が公開されるみたいだな」つポスター
ヒードラン「どれどれ…」

『ピカチュウ達は創造神を倒し、世界を変えるために最終決戦に挑む…』

ヒードラン「昔どこかで見たような…」
アルセウス「出演者は?」

『ピカチュウ役……ぺかちゅー、アルセウス役……PLATINUM、以下略』

フィオネ「またPLATINUMかよ」
アルセウス「かみなり☆」
フィオネ「あばばばばば」
ギラティナ「そう言えば、ウインディは?」
クレセリア「うるさくなるから縛り付けたわ」

ウインディ「ピカチュウノエイガミタイヨ-ピカチュウノエイガミタイヨ-ピカチュウノエイガミタイヨ-」

855 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/20(水) 00:01:22 ID:???
>>850
レジギガス「ズッズッズッ(お前はまだ技が使えるからマシだろう)」

856 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/20(水) 00:12:41 ID:???
フィオネ「最近ウィンディがただのオチ担当になってきてるな」
ウィンディ「痛い所つくな、しかもかなり前からこんな感じだし」
フィオネ「じゃあ新しい特徴を入れたら?」
ウィンディ「例えば?」
フィオネ「『ポケットモンスターを極める本』を極端に嫌うとか」
ウィンディ「トラウマキター!」

857 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/20(水) 01:15:58 ID:???
>>854
ダークライ「しっ縛る!!!!!」
ヒードラン「はぁ?」
ダークライ「ワタシモシバッテホシイナ-ワタシモシバッテホシイナ-ワタシモシバッテホシイナ-ワタシモシバッテホシイナ-
      ワタシモシバッテホシイナ-ワタシモシバッテホシイナ-ワタシモシバッテホシイナ-ワタシモシバッテホシイナ-」
ヒードラン「なにこいつ」
ダークライ「糞ゴキブリとその他一行! ぶ ち こ ろ す!!!!!!!!!!」
ヒードラン「キャーあんたダレーッ」
ギラティナ「フケツーッ」
アルセウス「イヤラシーッ」
ダークライ「魚大オオ大尾おおおお大オオ大オオ大オオ大オオ大オオ大オオオオオオオ覆
お!!!!!!!!!」
アルセウス「おしおき☆」
ダークライ「あばばばばば」
クレセリア「あーキモかった」

858 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/20(水) 02:50:02 ID:???
ダークライ「で、クレセからおつかいを命じられたわけなんだが.........。」
フィオネ「何で俺まで..........。ん?向こうから誰か来るぞ。トレーナーか?」
トレーナー「あ、あんなところに伝説ポケモンのダークライとマナフィが!!!!!行け、エビワラーサンダー
ス!!!!!」
エビワラー「ワララー!!!!!」
サンダース「進化して初めての戦闘だけど負けないぞぉ!!!!」
フィオネ「俺をマナフィ如きと間違えるとは.........許せん!!!!!!」
ダークライ「ダブルバトルなら私の得意分野だ!!!!!ダークホー........」
エビワラー「マッハパンチ!!!!!」
ダークライ「あばばばば」
トレーナー「今だ!!!!ハイパーボール!!!」
ダークライ「早速捕獲されて......ボックス行きアーーーッ!!!!!」
フィオネ「・・・・・・こ、こうなったらたきのぼ......」
サンダース「くらえ!!!!!でんじは10万ボルト!!!!!」
フィオネ「あばばばばばばば」
トレーナー「よし、ここでハッサムと交代!!!!」
ハッサム「みねうちみねうちみねうち!!!!!」
フィオネ「みねうち連発するnあばばばばばばば」
トレーナー「今だ!!!!!ハイパー......ってこれマナフィじゃなくてパチモノかよ。イラネ」
 
フィオネ「と、言うわけでダークライは永久に帰って来れないものと思われ........。」
クレセリア「ふ~ん、別にいいんじゃない?」
アルセウス「ダークライがいなくても特に困らないしね」
フィオネ「何て薄情なやつら.........。」

859 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/20(水) 03:06:55 ID:???
 ~ボックス内~
ダークライ「ウ~ム、このボックスから出してくれたら脱走のチャンスも出て来るんだけどな。」
スリーパー「まぁ脱走なんて考えないで気長にいこうや。」
ダークライ「何だお前?何だその写真は?」
スリーパー「ねぇっ、ナタネちゃんさらってイタズラしたいと思わない?ハアハア」
ダークライ「えぇい、気持ち悪いな。こっちへ来るな!!!」
ベトベトン「あ~あ~ヘドロくれ~」
ハブネーク「フシュルルルルル」
モルフォン「なぁ、新顔のあんちゃん。ポケダンでの俺の無双ぶり知ってるかい?」
ダークライ「うわっ、ペド野郎の他にもヘドロの塊と大蛇と巨大な蛾までいるのか!!!!!
お~い!!!!!こっから出してくれ!!!!こんなキショイ連中と一緒だなんて嫌だ~~!!!!!!」
トレーナー「う~ん、このダークライ固体値低いし当分ボックスの中に入れとくか」
ダークライ「ふざけんなこのひとでなし~~!!!!!」
スリーパー「もう対戦相手の幼女に催眠術やったりしませんから僕をまた手持ちに加えてくださ~~
い!!!!!!」

860 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/21(木) 18:28:56 ID:???
PLATINUM「哀れだから助けてやるアル★」
メタモン「りょ~かいだよ、へんし~ん」
メタモンは トレーナーに へんしんした!

メタモン「ねぇ、このマナフィとその雑魚ダークライを交換してくれない?」
フィオネ「…!!!…!!!(おい!違うだろ!)」
トレーナー「おk、あんな雑魚に用は無いからな」
ダークライと マナフィ?を こうかんした!
メタモン「じゃあね」
ダークライ (助かった…でもフィオネはどうするんだ?)

トレーナー「…あっ!コイツは糞劣化存在価値ゼロゴミ&クズ同然偽マナフィじゃねーか!」
フィオネ「なんだとゴルア!」
ライチュウ「ボルテッカー」
フィオネ「あばばばばば」
トレーナー「いらねーよこんなヤツ!消えろ!死ね!息絶えろ!」
ひんしの フィオネを にがした!

ダークライ「フィオネが部屋から出てこないな…」
アルセウス「放置しといておkだよ☆」

フィオネ 「アバババババババババ(ry(精神崩壊中)」

862 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/21(木) 22:41:43 ID:???
フィオネ「どいつもこいつも俺を馬鹿にしやがって……能力が低いなら低いなりの戦い方だってあらぁ!
      タスキ使ったりとかな!でも俺にタスキを生かせる技はないか…」

フォレトス「で、おたくはオレにジャイロボールを教わりたいって?ニョホ♪」
フィオネ「そうだ!…………マナフィよりも上手く扱えそうな技がそれしか思いつかねえんだ!」
フォレトス「おたくさぁ、そもそも覚えられない技だってこと分かって言ってるのか?」
フィオネ「金銀リメイクに向けて特訓したい!」
フォレトス「LESSON1 全ての希望は回転の動きの中にある」
フィオネ「回転……!」

フィオネ「うずしお…」(こんなんで本当に大丈夫なのか?)
フォレトス「ニョホ」

863 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/22(金) 00:09:19 ID:???
アルセウス「しゅぞくちがひくいポケモンはクズいがいのなにものでもないよ(棒)」
ギラティナ「こたいちやせいかくがちゃんとしてないポケモンもやくたたずだぞ(棒)」
クレセリア「要するにフィオネ、アンタは永遠に下等種だから諦めて掃除しなさい」
マナフィ「ソーダソーダwwwww」
カイオーガ「つーかお前誰?」
フィオネ「うわーん!」
アルセウス「うるさいなぁ、かみなり☆」
PLATINUM「かみなりアル★」
フィオネ「あばばばばばばばばばば」

864 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/22(金) 03:01:50 ID:???
ファイヤー「にらみつける。>>861-863いじめカッコ悪い(棒読み)」
フリーザー「そんなことはさておき、社長何でまたスクワットなんかしてるんですか?」
ミュウツー「フォルムチェンジのためだ。」
フリーザー「フォルムチェンジ・・・・ですか?」
ミュウツー「そう。もし私の別フォルムが登場するとしたら、恐らくノーマルフォルムの特攻と攻撃を入れ替
えたエスパー格闘タイプであることが予想される。もちろん特性はふくつのこころだ。」
フリーザー「そんなことありえますかね」
ミュウツー「有り得るさ。既にサーナイトにもそんな別フォルムが存在しているではないか。」
フリーザー「それ、もしかしてエルレイドのことですか?あれはフォルムチェンジじゃなくて分岐進化です
よ?」
ミュウツー「とにかく、フォルムチェンジに備えて腹筋が割れるよう鍛えておかねば」
ファイヤー「もし、本当にそんなことになればノーマルフォルムの旨味がほとんどなくなってしまいますが良
いのですか?」
ミュウツー「・・・・・・・それは困るな。じゃあ鍛えるのや~めた」
ファイヤー・フリーザー「心変わり早っっ!!!!!」

865 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/22(金) 17:25:29 ID:???
>>863
こういう奴よくいるけどコンテストがあるじゃん。

866 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/22(金) 17:46:41 ID:???
まあたしかに性格が粘りにくいマナフィフィオネのほうがコンテストではましだな

867 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/22(金) 17:47:35 ID:???
よりがぬけた

868 :865-866を見て即席で書いてみた 1/3:2009/05/22(金) 23:43:56 ID:???
即席なのでクオリティは大目に見て欲しい

フィオネ「そうか…!つまりポケモンコンテストなら俺の活躍の場所もあるはずだ!」
クレセリア「へぇーがんばってね(棒)」
フィオネ「まずはどの部門に行くかだが…」
アルセウス「うつくしさ部門とかどうかな?特別に今回だけセクシィフォルムを作ってあげるよ☆」
フィオネ「ありがとうアルセウス。じゃあ俺はポケモンコンテストに行く!皆も応援しに来てくれよな!」
クレセリア「がんばってね(棒)」

パルキア「レディース、アーンド、ジェントルマーン!今日もポケモンコンテストマスターランク:うつくし
さ部門の時間が来たぞー!」
ディアルガ「司会は時間の神である私、ディアルガと空間の神であるパルキアでお送りする(何故私がこんな事
を…)」
パルキア「まずはマスターランクの参加者を紹介するぞー!エントリーナンバー1!『もう劣化とは言わせな
い!』不屈の魂を持ったポケモン、フィオネーッ!!」
フィオネ「ふんっ!ふんっ!」ムキンッムキンッ
パルキア「おおっと、フィオネ選手!とんでもなくガチムチだぁーっ!これはどういう事でしょうか、解説の
ディアルガさん?」
ディアルガ「(私は何をやっているのだろう…)…はい、あれは恐らく伝説のセクシィフォルム。フィオネ=ザ
=ブラッドエッジに次ぐフィオネの脳内フォルムです」
パルキア「セクシィフォルム…新たなフォルムを得たフィオネ選手はどのような活躍を見せてくれるのでしょ
うか!これは期待大です!」

クレセリア「気味悪い…うぅっ、寒気が…」
アルセウス「…まさかあそこまでガチムチになるとは思わなかったんだ☆」
ギラティナ「…それはつまり?」
アルセウス「失敗しちゃった☆」
クレセリア「またなのね…それはそうと私は今からちょっと用事があるから抜けるわ」
カイリキー「セクシィフォルムオッスオッス!」
ハリテヤマ「よだれが止まらねえッス!フィオネ兄貴お持ち帰りしたいッス!」
ウインディ「何故貴方達までここに居るんですか…」
カイリキー「うつくしさと言ったら筋肉ッス!」
エルレイド「そう、そこには我々の求める新たな仲間達がきっと居るのです!」
アルセウス「何か違う気もするけどなぁ…」

869 :2/3:2009/05/22(金) 23:46:32 ID:???
パルキア「ではエントリーナンバー2!『今日はカイリューさんのお友達にクッキーを作ってみました』自己
紹介文がいきなりノロケだ!世界一美しいと言われるポケモン、ミロカロスーッ!」
ミロカロス「今日は勝って、みんなで楽しくお茶したいです。がんばります!」
カイリュー「ガクガクブルブル」
600族「ザクグフグランブル」
他観客「(600族…イ㌔)」
ディアルガ「…パルキアよ、何やら観客席の雰囲気が変わったのだが…」
パルキア「何も…何も言うな…」

カイリキー「♀イラネ」
ハリテヤマ「上に同じ」
エルレイド「確かに美しいが我々が求めるのとは違いますね」
ギラティナ「おい、誰かコイツらをつまみ出せ」

パルキア「エントリーナンバー3!『キモヲタは皆死ね』初代ポケダンの重要ポケモン、サーナイトーッ!」
サーナイト「弟はどこかしら…」
ディアルガ「…パルキアよ、自己紹介文にはツッコミは入れないのか?」
パルキア「入れない」
ディアルガ「何故だ?」
パルキア「俺もサーヲタだからだ」
ディアルガ「(コイツ…)」

カイリキー「また♀かよイラネ」
ギラティナ「お前らいい加減帰れ」
エルレイド「あっ、じゃあ私は用事思い出したんで帰ります」
ルカリオ「ところがぎっちょん、サーナイトさんから貴方を確保するよう依頼されています」
エルレイド「あの姉貴…クッ、テレポート!」
ルカリオ「あぁっ、逃げられた!いい加減お姉さんに詫びの一つでも入れないと将来不幸になりますよー!」

フィオネ「(何だよこのメンツ…明らかに俺だけ場違いだろ…)」ムキンッムキンッ
サーナイト「ねぇ貴方、貴方はアルセウス家のフィオネでしょう?弟は元気?」
フィオネ「あ…エルレイドですよね?はい、とても元気です(特にダークライへの下半身が)」

870 :3/3:2009/05/22(金) 23:50:17 ID:???
パルキア「だいぶメンバーが出揃ったぞ!最後はエントリーナンバー4!『結局私が一番凄くて美しいのよ
ね』これだけ自負するのも頷ける美貌を持つポケモン、クレセリアーッ!」
クレセリア「美しさこそ快楽だ!そこに私の望む世界がある!真の美世界がなぁっ!」
フィオネ「げぇーっ、クレセリア!」
ディアルガ「クレセリア選手は現在うつくしさコンテスト勝率100%…これは凄い大物が来ましたね」
観客『うぉおーっ!!クレセリア女王様ーっ!!クレセリア女王様ーっ!!』
ダークライ『クレセリア女王様万歳ーッ!!』
パルキア「観客席も変態共の歓声で溢れかえっています!」
ディアルガ「実績のあるミロカロス選手はともかく、フィオネ選手とサーナイト選手は初挑戦ですからね…こ
れは辛すぎる環境だと思われます。ポケモンコンテストの洗礼を受けた感じですね」
フィオネ「(あの二匹だけならともかくクレセリアまで…駄目だ…終わった…何もかも…orz)」
クレセリア「フィオネ…一つだけ私から忠告があるわ」
フィオネ「ん?」
クレセリア「あなたは今『このメンツで優勝とか無理だろjk』と考えているはず」
フィオネ「まぁ確かに…」
クレセリア「フィオネ…私は戦う前に諦める♂とダークライは大嫌いだわ」
フィオネ「!」
クレセリア「たとえ優勝出来なくてもいい…それにぶっちゃけアンタじゃコンディションカンストでノーマル
ランクに出場した時のCPUのビリ得点がベストだわ」
フィオネ「ほとんどゲージ0じゃねえか!」
クレセリア「けどフィオネ!あなたも♂なら諦めずに最後まで戦いなさい!勝ち負けよりもそれに価値がある
のよ!」
フィオネ「そうか…そうだな!勝ち負けよりも自分がいかに輝けるかだ!よし、やってやるぜ!」
クレセリア「(これでライバルが一匹減ったわ。あとはどうやってミロカロスを潰すか…やはり演技審査で差を
付けるか?)」

結果は1位クレセリア、2位ミロカロス、3位サーナイト、圏外フィオネとなった。しかしフィオネの顔はとても
満足気だったとの事。
その日の午後、病院にカイリューやガブリアスらが運ばれたのはまた別のお話

フィオネ「あれ…結局ポケモンコンテストでも活躍出来てなくね?」
アルセウス「駄目だこりゃ☆」

871 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 00:00:58 ID:???
エルレイド「邪魔だー!どけー!」
ウインディ「てん☆くう(怒)」
エルレイド「うぐっ!」
エルレイドは たおれた!
サーナイト「さて、連れて行きましょう」

サーナイト「ありがとうございます」
ウインディ「お互い様ですよ」
エルレイド「放せー!放せー!」

872 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 00:10:22 ID:???
尋問開始…
サーナイト「アナタはずっと何をしてたのかしら?」パキッパキッ…
エルレイド「ひいぃ」
サーナイト「早く言いなさい!」
エルレイド「…ダ、ダークライの兄貴と(ryしてました」
サーナイト「隣の部屋に行きましょうか」グイッ…
エルレイド「嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ(ry」

ドスッ!バキッ!ヒィィィィ!ドスッ!バキッ!タ、タスケテクレェ-!ドスッ!バキッ!ドスッ!バキッ!

こうしてエルレイドは健全なポケモンに戻りましたとさ
めでたしめでたし

873 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 00:13:18 ID:???
ホウオウ「M2:ポケダンではドーブル以下の自称最強ポケモン(笑)
ミュウ:奇形の我が子の劣化(笑)
ルギア:耐久戦は得意。でも挑発と状態異常コワイコワイ(笑)
カイオーガ:ヌケニンには全然手がでない低能フルアタ伝説(笑)
レックウザ:氷技コワイコワイ
ジラーチ:星型のかぶりものダセェ(笑)
デオキシス:タコ踊りしてんじゃねぇよ
ディアルガ:超克でもきっと悪役だよ君は(笑)
パルキア:馬鹿キャラが定着しつつある哀れな神
ギラティナ:死を司る神?いえただの巨大なムカデです(笑)
ダークライ:催眠だけが取り柄の幽霊もどき(笑)
アルセウス:普通に火猿に負ける神乙」
 
セレビィ・グラードン・フィオネ「よく言った、ホウオウ。」

874 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 00:24:00 ID:???
>ただの巨大なムカデ
ギラティナ「ただいま」ユラ~
アルセウス「おかえり☆」
クレセリア「どこに行っていたの?」
ギラティナ「あぁ、ちょっとな…」
フィオネ「ん?何だこのにじいろのはねのミンチ?」
ギラティナ「ただのゴミだ、気にするな」
フィオネ「ふぅん…」
ギラティナ「ついでに屋根裏部屋に居るゴミの掃除でもしてくる」ユラ~
アルセウス「…」

875 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 00:32:35 ID:???
>>873
後二匹忘れてるぞ。
セレビィ・フィオネ「マナフィ:雨が降っていなかったらただの水ポケモンでしかありません(笑)
シェイミ:他の伝説ポケに比べてシードフレアぐらいしか特徴のないハリモグラまがい(笑)ちなみに別フォルム
は氷技で即死するプードル」

876 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 03:10:30 ID:???
ラグラージ「ど~も。容姿で悩むポケモンの会会長のラグラージです。」
サーナイト♂「副会長のサーナイト♂です。」
スリーパー「おれはよぉ本当は子供に優しいポケモンなのにさ、この顔つきと図鑑の説明文のおかげでロリコ
ン扱いだよ。
大体さ、図鑑の説明文なんかけっこう適当なもんだよ。例えば、サーナイトは主人を命懸けで守るとか書かれ
てるけど、
実際主人がピンチになっても黙って見てるだけなんだぜ。ラルトスちゃんとキルリアちゃんだけで十分なん
だ!!!!オバハンサーナイトは不要!!!!!」
サーナイト♂「スリーパー君、そりゃポケモンだから仕方ないよ。それに、サーナイトは♀だけじゃないんだ
からオバハンなんて言い方はどうかと思うよ。」
スリーパー「わ、分かったよ。分かったからそのシャドーボールを引っ込めてくれよ」
サーナイト♂「あぁ、僕もRSEから送られてきたときには既にサーナイトだったからなぁ。この姿のおかげでオ
カマ扱いさ」
カイリキー♀「私も、いい男部屋のカイリキーとそっくりな姿のおかげであらぬ誤解を受けたりするんです。
あぁ、こんな姿にした神様を締め殺してやりたいわ」
サーナイト♂「僕も神様に気合い玉を投げ付けたい気分です」
ベトベトン「いい男部屋で思い出したんだけどさ、アンタあのエルレイドと身内なのかい?」
サーナイト♂「彼と血縁関係などありません!!!あんな同性愛者と身内だなんて冗談じゃない。」
ソルロック・ルナトーン「・・・・・・。」
ラグラージ「えぇ、皆さん色んな悩みを抱えてらっしゃるようで。
実は皆さんと同じように容姿のことで悩んでいるポケモンがアルセウス家にもおります。それはヒードランで
す!!!!」
マタドガス「ヒードランか。誘ってみようかな」
サーナイト♂「では、一度彼宛てに会のパンフレットを送ってみましょう」

877 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 12:22:43 ID:???
次の日・・・・
アルセウス「ヒードラン宛てに何か届いてるよ」
ヒードラン「えっ、一体何だろうな?」
 
容姿で悩むポケモンの会―ひとりで悩まないで―
ポケモンは見た目じゃない。容姿のことで悩みを抱えているアナタ、今すぐ入会しませんか?
今、入会するともれなくマグカップをプレゼント致します
会長:ラグラージ
副会長:サーナイト♂
 
ヒードラン「・・・・・・・・何でこんなものが俺宛に。」
クレセリア「せっかくのお誘いなんだから入ってみれば?」
ヒードラン「誰が入るかこんな会!!!!!大体、ラグラージはまだしも何で副会長がサーナイトなんだよコラ
ァ!!!!!」
クレセリア「さぁ、容姿で悩むっていうのには性別に合わない格好のポケモンも含まれるからじゃないの?」
ヒードラン「お、俺は外見のことで悩んでなんかいねぇから絶対入会しねぇぞ!!!!!」
フィオネ「まぁまぁ、ヤモリとゴキブリを掛け合わせたような外見だからそんな風に思われてるんだよきっ
と」
ヒードラン「マグマストーム!!!」
フィオネ「あばばばばばば」
ヒードラン「ちくしょー、みんなして人を不細工扱いしやがって!!!!ウワーン!!!!!!」
アルセウス「あ~あ、泣きながら家を飛び出しちゃって☆」

878 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 12:52:17 ID:???
>>873
グラードンは不遇じゃないよ。

879 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 13:19:49 ID:???
>>878
特性とステタが矛盾してる時点で十分不遇だろ

880 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 13:28:14 ID:???
シェイミ&マナフィ&スカイ「劣化のクズは黙れ(でしゅ)(です)」
アルセウス「代理でかみなり☆」
フィオネ「あばばばばば」

881 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 13:55:34 ID:???
>>879
でも伝説戦では強いといわれているよ。
ビジュアル面もなかなかだし。

882 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 14:32:22 ID:???
対になっているカイオーガが強すぎるだけでグラードン自体は決して弱いわけじゃないんだけどな

883 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 16:31:47 ID:???
フィオネ「ん? 何でこんなところに雪の山があるんだ?」
セレビィ「このごろちょっと気温が高いから私が冬から持ってきたの」
クレセリア「ひんやりするわね」
ダークライ「冷気が気持ちいいな」
シェイミ「何でミーは半分雪に埋めるのでしゅか?」
セレビィ「......雪増量」
シェイミ「あばばばば!」

雪の山の底
スカイ「ミー...を...氷付けに...する...つもり...です...か......動け...ない...助けて...で...す...」
マナフィ「蔓で......縛られ.....動けな...くて....氷で...窒息...しそ...う......助け...て.......」

884 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 19:12:09 ID:???
スカイ「こう...なったら...」
マナフィ「何か...思い....ついた?.....」
スカイ「ギガドレイン...です!.........力尽きるのは...いやです!」
マナフィ「あばばばばば.................」

フィオネ「何か聞こえなかったか?」
アルセウス「気のせいでしょ☆ それよりこの雪を夏に出してくれないかなあ」
フィオネ「そんなの俺のれいとうビームでやれb
スカイ「だれが...気のせいですか!」
シェイミ「スカイ! そんな所にいたのでしゅか!」
スカイ「こんなことしたやつには・・・エアスラッs
フィオネ「れいとうビーム!」
アルセウス「だいもんじ☆」
スカイ「二人掛かりあばばばばばばばばっあばばば!」
アルセウス「そしてだいもんじ☆」
セレビィ「いやしのオーブで無効!」
フィオネ「シグナルビ・・・何でセレビィを攻撃するんだ?」
アルセウス「なんとなくだよ☆ でんげきは☆」
フィオネ「あばば・・・手加減? しかし俺もみずのオーブ欲しいぜ・・・」
アルセウス「そんな物持たせたらこのスレの基本の1つが欠けるよ☆ かみなり☆」
フィオネ「あばばばばば・・・そういえば何で俺はいつも雷を落とされてるんだ?」
セレビィ「(ここで口出したらさばきのつぶて@たまむしプレートが来そう・・・
      最終手段ほろびのうたもあるけど・・・・・黙ってよう)」

マナフィ「....死に.....そう...」

885 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 20:06:11 ID:???
>>873
カイオーガ「ホウオウ:タイプも技も種族値も終わってる下位伝説(笑)
セレビィ:時を駆ける玉葱(笑)
グラードン:特に言うことなし
フィオネ:何ですか?このゴミは☆」
 
フィオネ「ひ、ひどすぎる・・・・・・。」

886 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 21:25:34 ID:???
ウインディ「最近、暴力的だったり誹謗中傷が含まれたネタが多いですよ。
みなさんいい加減マターリしませんか。」
ピカチュウ「お前が言うn・・・・・」
ウインディ「大天空!!!!」
ピカチュウ「あばばばばば」

887 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 22:12:33 ID:???
>>869
ピカチュウ「おいっこら!」
パルキア「ん?」
ピカチュウ「美しさといえばピカチュウ、ピカチュウと言えばこの俺様だろ!
何で呼ばねえんだよ!」
ディアルガ「お前が美しい?ふん、お前などただの蛙ではないか!」
ピカチュウ「なんだとー!きさまこそ蛙と亀のハーフじゃないか!」
ディアルガ「クーッ………よくも…よくも……うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!」
クレセリア「……奴が変身した!」
ピカチュウ「見てみてーこのヒト足がダイコ……………ン…(ばたっ)」
クレセリア「敵は…………去った……。ふっ………」
パルキア「キャー!かっくいー!クレセリアー!」
ディアルガ「無視か…」
ピカチュウ「え~ただ今アンコールをいただきました。私ピカチュウは今ここに復活します!」
ディアルガ「……………」
パルキア「お~復活しやがった。殺るぞ、みんな!」
ディアルガ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぁぁぁっぁぁぁぁぁぁおらおろおら
らおろあららろあおら!!!!!!!!!!」
ピカチュウ「ぎええええええええええええええええーーーーーーー!!!!」
クレセリア「なんだこいつ…アルセウス様より…強い!」
ディアルガ「…はぁっ!はぁっ!…俺を馬鹿にするとこんな目に…!(ガクッ)」
アイク「ディアルガーーーー!!!!死ぬな!死ぬんじゃない!」
パトラッシュ「ワン!ワンワンワン!!!」

888 :887:2009/05/23(土) 22:22:08 ID:???
パルキア「というのは俺の妄想!本当は追い返しただけだからな☆」
ピカチュウ「小説家の才能無いんならやめちまえ!」
パルキア「sっ…!sっsっ……!貴様は我に一度殺されたいようだな…」
ディアルガ「まぁまぁパルキアも落ち着いて(もみもみ)」
ピカチュウ「俺様の方も揉んでくれ」
ディアルガ「ぁぁ!?」
ピカチュウ「ははーっ!すみません親分!」
ダークライ「ははーっ!クレセリア様!」
ディアルガ「なめとんのか貴様…」
ダークライ「えー?だって親分と言えばクレセリアでしょ!」
クレセリア「………ネムネゴスキスワサイコシフト!」
ディアルガ「りゅうせいぐん!」
ダークライ「あばばばばあばば」

889 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 22:27:46 ID:???
きょうのび過ぎ。

890 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 22:28:58 ID:???
きょうのび過ぎ

891 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 22:30:29 ID:???
ごめん。
ごめん。
間違えて連投してしまったた。

892 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 22:33:12 ID:???
>>881
カイオーガ「ビジュアル…。orz
 確かにその通りだ。グラードンに比べると俺は……」
グラードン「ケイコウオ似(笑)」
カイオーガ「はぁ……」

896 :四字熟語:2009/05/23(土) 22:55:12 ID:???
ラプラス「やあフィオネ。夜露死苦というからよろしく。」
フィオネ「はぁ?」
ラプラス「あれ?こういうときは坊主にくけりゃ袈裟までにくいって言うんだっけ?」
フィオネ「祖ですり合うもたしょうの縁だろ…」
ラプラス「あーそっかー!
僕四字熟語に疎くてね~。
この前クレセリアさんに美人だねって言おうとしたときに、なんていったと思う?」
フィオネ「八方美人?」
ラプラス「違う違う!
「美人薄命というから早く死ぬや」っていっちゃったんだーあはははは~」
フィオネ「よく生きてたなお前…」

897 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/23(土) 23:52:37 ID:???
ルギア「不細工海神ワロタwww」
カイオーガ「orz」
Chacu Challhua「まぁ元気出せよ」
カイオーガ「誰?」
Chacu Challhua「一応鯱だぜ」
カイオーガ「なんか似てるな」
Chacu Challhua「そうだな」

898 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/24(日) 00:04:16 ID:???
フィオネ「因みに Chacu Challhua はチャク チャルアと読むぞ。遊戯王のモンスターで、ナスカの地上絵の
鯱(シャチ)が元ネタだ」

899 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/24(日) 00:15:42 ID:???
ギラティナ「Wiki見ながら棒読みする知ったか乙」
アルセウス「かみなり☆」
フィオネ「バレたあばばばばば」

900 :名無しさん、君に決めた!:2009/05/24(日) 00:29:17 ID:???
アルセウス「900get☆」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。