※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古泉(大)「ごんぶとと言いましたか?」
古泉(中)「ごんぶとじゃなくて極太でしょう」
古泉(大)「極大が正しいんですけれどね」
古泉(中)「聞こえてるんじゃないですか」
古泉(小)「みくるお姉ちゃんのオッパイおっきくてやわらかぁ~いっ」(キャッキャッ)
みくる(大)「うふふv」
古泉(中)「僕ってあんなにマセた子供でしたっけ!?」
古泉(大)「子供は無邪気でいいですねぇ~…^^」

みくる(中)「ふぇ…すごく…大きいですぅ……」
古泉(極太)「特注バイブですから」
みくる(中)「あのぉ…本当に大丈夫なんですかぁぁ??」
古泉(中)「なっ!何してるんですか!?」
古泉(大)「知識も何もない素人の娘さんにそんな事をさせて大怪我しても
知りませんよ?」
古泉(極太)「性に疎い女性…それも成人前の女性に、卑猥なバイブを挿入される…。
怪我も考えないではありません。ですが、そのリスクを負う行為が余計に
僕をドキドキさせるんです……。はぁぁ…v」
古泉(中)「変態だ…。変態がいる…」
古泉(大)「僕ら、ああなるんですよ」
古泉(中)「ああいう大人にはなりたくないですね…」
古泉(大)「もっとも手遅れではありますが」
古泉(中)「逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ…ぐすっ…」
古泉(極太)「ああぁあああぁぁんっ!!」
みくる(中)「帰りたいです~~~><」