※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その日。僕が部室の扉を開けると、机の上に散らばる栗色の長い髪があった。
メイド服を纏ったその姿は相変わらず可愛らしく。しかし何故か衣服が多少乱れていて。
一瞬何事かと凝視し、直ぐに安堵する。細い肩がゆっくりと上下していた。
「……これは珍しいですね」
部室には涼宮さんも長門さんも彼も居らず。
朝比奈さんが一人で机に顔を伏せて寝ていたのだ。
寝ていたと言うと平和的だが、朝比奈さんの姿は着替え途中と言っても差支えが無いくらいで。
大きく開いた襟元から白い肩や首筋が覗いていた。
何故こんな状態で彼女は寝ているのだろうか。
「朝比奈さん……そのお姿は目の毒ですよ」
驚かせないようにそっと話しかけてみる。反応は無い。
もし僕が彼だったら、このまま朝比奈さんを目の保養にしてしまうのだろうか。
いや、彼も案外初心だから早々に退室するだろう。
何故彼女が寝ているのか解らないが、このまま眺め続けるのも問題があるような気がする。

しかし常識的に考えて、こんな寝方はおかしい。
僕は朝比奈さんに近づいて、その顔を覗き込んだ。
閉じた目蓋を縁取る長い睫。桜色の唇が濡れたように光り、半開きになっていた。
思わず目を奪われる。
──いや待て。見ている場合ではない。
いつもの朝比奈さんを考えると、幾らなんでも着替え途中で寝る事は有り得ない。
突如体調を崩したか。それにしてはどこにも不調の見られない安らかな寝顔だ。
では誰かに襲われたのか。それなら何故朝比奈さんをこのまま放置してあるのか。
これは本物の朝比奈さんなのか。まず疑うべきはそこだ。
恐る恐る髪に手を触れる。さらさらと柔らかな感触。
頬に触れれば体温を感じ、その肌理細やかな頬の弾力が微かに指を押し返す。
本物としか思えない。

ではどうして寝ているのか。
朝比奈さんに触れていたい気持ちを抑え、僕は現状の把握を優先させた。
……考えたところで結論も出ないが。

「朝比奈さん。起きて下さい。朝比奈さん」
こんな格好で寝ていたと知れば、恐らく彼女は驚くのだろうが、このまま寝かせておく訳にはいかない。
どういう状況で寝入ったのか聞かなくては。
僕の杞憂に過ぎないのなら、それはそれで良いのだ。
しかし、どれ程に声を掛けても、肩を揺らしても、一向に起きる気配が無い。
これは異常と言える。
「朝比奈さん……!」
揺さぶる手が滑り、滑らかな肩がより露になってしまった。
どうしても手が止まる。服を戻さなければ。
僕は出来るだけ肌を直視しないように、衣装に手を伸ばした。静かに引き上げる。
こんな所を誰かに見られたら、なんと思われる事だろうか。
それに、そろそろ誰か来てもおかしくない時間なのに、扉が開く気配も無い。
明らかにおかしい。そう頭では解っているのに。
「……こんな姿で無防備に寝ていては危険ですよ」
それは現実逃避的な独白のはずだった。
「どう危険なのかな?」
何処かで聞いた事のある声がした。
いや、何処かなどと言う物では無い。今目の前で寝ている人の声に近い。
そして目の前の人物は眠っているのだ。話す訳が無い。
おそらく僕の顔には緊張の色が浮かんでいただろう。
「お久しぶり。ううん、こうやって会うのは初めまして、かな?」
慌てて振り返った僕の前には佇むその人は
今よりも大人びた綺麗な顔に艶やかな笑みを浮かべていた。