※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

同級生「先生!古泉君の検尿が盗まれました~」
先生「んなもん盗んだ奴は誰だ!
仕方ない、古泉もう一度出してこい。ああ、また無くなったら困るからここでやれ」
古泉「…ここ…で、ですか…?でも皆見てますし…」
先生「それもそうだな。あとで生徒指導室に来い、そこで先生と二人きりでやろう。な?」
古泉「え…?あ、はい…」

~放課後~

先生「よし古泉、きたな。」
古泉「はい、先生」
先生「じゃあ、下を脱いでくれ」
古泉「はっ、はい?・・・わ、分かりました、先生・・・。」
カチャカチャ
古泉「これで・・・良いですか。」
先生「ああ、充分だ。
   じゃあ、ここに注げ。先生が手伝ってやるからな。」
古泉「ひゃっ、・・・触らなくて大丈夫です・・・っ!」
先生「何を恥ずかしがっているんだ。こうした方が、たくさん出るだろう?」
古泉「ですけ、ど・・・っ、あ!」
先生「こら、動くなよ・・・採れないじゃないか」
古泉「ひぁ、あ・・・っ、嫌です・・!先生!・・・っあ!」
先生「ほら、古泉。どうだ、出そうか?
   おや?ここ、大きくなってきてないか?」
古泉「ふぅん・・・っ!だめ、せんせ・・・っ!」
先生「もう少しマッサージして調べてみないとな。病気だったら大変だ」
古泉「んん・・・ッ!?ぁ、はぁっ!あぁ・・・」
先生「ん?この透明な液体は何かな?尿ではないな・・・。」
古泉「せんせぇっ・・・も、らめ・・・っ!ぁ、ぁああ!」
先生「何か白いものが出てきたねえ・・・。これはもしかしたら本当に病気かもしれない。」
古泉「ぼ、ぼく・・・病気、なんですか・・・っ?」
先生「ああ。でも検査してみないと分からないな。
   よし、先生が検査してやろう。ほら、上も脱いでそこに横になってごらん。
   まず、このお薬を塗ってから・・・」

 

~~~

 

先生「次は検便だ」