※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ふざけないで下さい。引きちぎられたいんですか?」
古泉を押し倒し、俺の息子を手に押し付けてやると、古泉の口からそんな言葉が飛び出した。
普段の優等生然とした奴からは想像もできないような内容だ。意外に口が悪い。
そんな事言う古泉の顔は何時も通りのにこにこ顔な訳なんだが、普段通りの筈なのに目が笑っていないし不穏なオーラが漂い始めている。
「どいて下さい。」
先程の言葉は嘘ではない、とばかりに握った手に力が入る。
そのままやわやわと揉んでくれたら最高なんだけどな。無理か。
俺は一つ息をつくと、抑えつけていた腕の力を緩めた。
あからさまにほっとしたらしい古泉は、息子を拘束していた手の力まで緩めてしまった。…よし。


「あっ…ちょっ、やああ?!」
油断した隙をつき、俺の手はズボンの上から古泉のそれを握りこんでやった。
途端にうろたえ始める古泉だが、離してなんてやらない。
ぐにぐにと刺激してやると、抵抗を見せていた両手が、声の漏れ始めた口を急いで塞ぎに向かった。
「ん…うぅ、はなし…、んっ…やだ…」
強弱をつけ、じわじわと刺激していれば生理現象だ、すぐに若い性は育っていった。
「あ…嫌だ、こん、な、奴の手なんか、で…っ!」
こんな奴で悪かったな。でもイキたいんだろ?我慢できないんだろ?
ほら、見ててやるから。イっちまえ。
「嫌、やだやだいやぁーーっ!!!」

その後射精の余韻にぐでんぐでんになった古泉は、始めのツンツンが嘘のようにベッタリに。
突っ込まれて顔真っ赤にして涙でぐちゃぐちゃになりながら、
「ぎゅって…しててください、指、離さないでっ…!」
と俺の手を握りしめ、腰にくる高い声を上げて果てた。