※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「キョンくんキョンくん。ちょっといい本があるんですよ」
「なんだ。つまらん物なら俺は見ないぞ。」
「ちょっとHな本です。」
「……なんだって?お前も健全な男子高校生らしく、そういう物に興味あったのか。」
「僕だって男です。健康で健全な思考の持ち主なら当然な事でしょう?」
「お前からそんな台詞を聞こうとはな。よし見せてみろ」
「これです。」
「………………………………」
「どうです?Hでしょ?ドキドキするでしょ?」
「…………………お前、コレ………」
「春画です。これは江戸後期の頃のものですね。」

ハルヒ「ちょっとあんた達!男2人で何コソコソやってんのよ?!」
キョン「…ああ、ハルヒか」
いつき「わわ…っす、涼宮さん…!」
ハルヒ「んー?古泉君、今何を隠したの?見せなさい!」
いつき「あぁ!だ、ダメですよ!」
ハルヒ「…何よコレ?春画?」
いつき「か、返してください!見ちゃダメです!」
キョン「…古泉の親戚に、古美術品収集が趣味の人が居るんだと。
    その人が『こっちでしか手に入らないから』とこいつに買い物を頼んだそうだ。
    なんか貴重なものらしいから、あんまり乱暴に扱ってやるな」
ハルヒ「ふーん、そうなの。さすが古泉君の親戚ね!はい、これ返すわ。
    それにしても、有希とみくるちゃん遅いわね。迎えに行ってくる!」
キョン「廊下は走るなよ」
いつき「…ふぅ、助かりました。僕がこんなHな本を所持している、という事は、
    涼宮さんが僕に抱くイメージを崩し兼ねないですからね。
    ありがとうございます。貴方は僕を救ってくれました。
    お礼と言ってはなんですが、僕の秘蔵の『恋川笑山』をお貸ししましょう。
    夜、ドキドキして眠れなくなりますよ」
キョン「いらん」