※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

彼に触られるとどうしてこんなに気持ちがいいのだろう?
彼に抱き締められるとどうしてこんなに気持ちがいいのだろう?
彼にキスされるとどうしてこんなに気持ちがいいのだろう?

どなたか答えをご存知ですか…?



「古泉、何考えてるんだ?」

僕らの唇が離れると、怒るでもなく彼に問いかけられた。
僕より少し低くて穏やかな彼の声に、僕はまた一つ疑問が浮かぶ。


「あなたの声はどうしてそんなに甘いんでしょうか?」

彼の問いに答えず、反対に問いかけてしまったが、彼はその穏やかな顔を崩すことなく、うーんと悩んだ。


「たぶん、古泉が俺を好きだから…かな?」

しばらくして彼は僕の前髪をかきあげながら、ニカリと笑った。
その彼の笑顔があまりに屈託無くて、僕の心はその言葉をすんなりと受け入れる。

僕は、彼が……好き。


彼と想いが通じた日から、毎日のように囁きあっていた言葉、改めて認識すると少し照れくさくなった。


あぁ、きっと今、僕の顔は赤いんだろうな。

彼にはこんな顔見られたくは無い。
…無いのだけれど。


僕は、僕の額に口づけを繰り返していた彼の頬に両手を添えて囁いた。

「あなたが、好きです」

どうか、この幸せな時間が永遠に続きますように………