※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今、古泉は鏡の前にいた。
鏡と言ってもただの鏡ではなく所謂マジックミラーというやつだ。
鏡の向こうに誰がいるか古泉は知らない。
だが、誰かがいて、自分を舐めるように見つめているのはわかっている。
「ふっ……ぅっ…」
それだけで古泉の身体は疼きだした。
リクエストされた女性もののスーツに身を包んでいる古泉。
見られていることを自覚しながら古泉はゆっくりと自らのスカートをたくしあげていく。
鏡から目を逸らし顔を真っ赤に染めながらもその動きはやめない。
やがて鏡には自らスカートをめくり、下着を穿いていない、だがストッキングに押し込められて幾分窮屈そうな古泉自身が映し出された。
「いやぁ……」
小さく悲鳴じみた声をあげる古泉だが、自身はむくむくと成長を続けている。
自ら秘所をさらけ出しているせいか、それともその姿を見知らぬ誰かに見られているせいか。恐らくはその両方からくる羞恥だろう。
「は、ずかしぃ…」
しかしこれはまだほんの序章に過ぎない。
これから古泉はありとあらゆる方法で自らを辱しめなければならないのだから…。