※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねぇ……古泉くんはこういうことしないの?」
「あっ……やめてくださいっ」
「どうして?だってもうココこんなになって……」
「そんな……言わないでください……っ」
「ふふ、可愛いわね。……大丈夫。おねぇさんが気持ちよくしてあ・げ・る」
「ああっ、ダメです!……恥ずかしいっ……」

「ほら見て、古泉くん。もうこんなに溢れてる」
「あっ……何か白いの出てる……。僕、病気なんですか……っ?」
「そうよ。でも大丈夫。わたしが毒を吸い出してあげるから」
「ひゃうっ……だめ……ですっ」
「どうして?だって今とても苦しいでしょう?」
「……っひゃい。でもっ!ああっ」
「この毒を吸い出さないと古泉くんはずっと苦しいままよ?それでもいいの?」
「…………イヤ……です」
「じゃあどうして欲しいのか言ってみて?」
「……!そんな……」
「言わなきゃずっとこのままよ?」
「……ソ、ソコを舐めて……毒を吸い出して、くだ……さい」
「ふふっ、良くできました☆」
「あっ、ああああぁっ!」