※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あっ、いけません!…をあああああぁぁぁ……あーっ、はあぁっ、ふっ」
一樹さんの中は、美味しい。
というより、多分今の自分には味よりも何よりも、一樹さんがこんなにも自分に対して乱れているという事実に興奮している。
そのたかぶった気持ちが、こんなにも甘く感じさせているのか、その判別すらつかない
もっと味わいたいと舌を左右に動かすと、だめです、と泣きそうな声が前の方から聞こえた。
ぎゅうとしめつけられた舌は引き抜こうにも引き抜けず、どうせならもう少し楽しもうと舌の先をぐねぐねと動かすと、一樹さんは快感でふとももをびくびくと震わせた。

「ああぁっ、ぐねぐね、てぇ、はぁっ、――うぅーっ、だめ、らめえぇっ!!」

「あいあ、らめ?」
(何が、ダメ?)

中の肉に締め付けられ、動きづらい舌に力を入れて無理矢理喋ると、中をぐいぐいと押し上げてしまい
一樹さんの口からは力の抜けた声と、性器からは先走りと思われる汁が何筋も垂れた。