※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン(特大)「あ~わかったわかった、わかったからお前等泣くな…欝陶しいぞ。」
古泉(大)「あなたはまさか…?!」
キョン(特大)「とりあえずお前から足広げてこっちむけ」
古泉(中)「そんな…か、彼はそんな人じゃないはず…!」
キョン(特大)「はいはい、後でな。」
古泉(中)「彼はもっと純粋で、照れ屋で…あなたは違う!」
キョン(特大)「うるせーな、お前から失神させてほしいか?」
古泉(中)「…っ」
古泉(小)「…だぁれ?」
キョン(特大)「まぁ、犯罪は問題だしな…やっぱお前だな。」
古泉(大)「え?やっ…?」

キョン(中)「うわ…何とも表現しがたい光景だな。夢に見そうで勘弁してほしいな。
悪い、古泉。コイツ何言っても聞かねーんだ。
ほらほら、お前は俺達と一緒にゲームしてような~」
キョン(小)「俺とオセロしようぜ!」
(小を部室に連れ去り撤退)

古泉(中)「こんなこともあろうかと(大)には素早く遠隔ローター詰めておきました」

キョン(大)「お前久し振りだなー、元気してたか?」
古泉(大)「ええ、元気ですよ。閉鎖空間もひんぱ…んっ、あぁ!」
キョン「ど、どうした!!」
古泉「な、なんっも、んぁ、はっ、はぁ…っ!」
キョン「顔赤いし、本当に大丈夫か?(なんか辛そうだけどやっぱイケメンだよなあ、不思議だ)」