※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン「なぁ、古泉。今度の土曜日暇か?」

古泉「どちらかというと暇ですね」

キョン「じゃあ俺の家に来てくれ。」

古泉「分かりました」

チンポーン

キョン「お、来たか」

古泉「ええ、来ました」

キョン「ジュース飲むか?」

古泉「いただきます」ごくっ

古泉「うーんなんだか眠くなってきました」ドサッ

キョン「うひひ。眠ったな。よし、脱がせるか」ビリッ

キョン「いい体してるなぁ。下の方は・・・」

キョン「すごく・・・大きいです・・・」

古泉「ハッ」

キョン「げっ!おきやがった

古泉「なんでぼくは裸になってるのですか?」

キョン「ま、まずい!なんとかしないと!」

古泉「心の声漏れてます」

キョン「・・・」

古泉「で?どうしてなんですか?」

キョン「禁則事項です☆」

古泉「うわぁ・・・引くわ・・・」

キョン「なぁ、古泉。アダムとエバだって最初は裸だったんだ!ところがおまえと来たら・・・裸の何が悪いんだ!」ヌギヌギ

古泉「な、僕はなんてことを・・・」

キョン「分かってくれたか。友よ・・・」

古泉「なわけねーだろ」

キョン「ですよねー」

キョン「(まずい。どうにかしてエロに持っていかねば明日はない!)」

キョン「古泉、好きだ!もちろんホモ的な意味で」

古泉「僕にそちらの趣味はありません!いたって健全な・・・むぐぅ・・・」

キョン「うるさい!しゃぶってろ!」

古泉「う・・・やめ・・・」

キョン「ああ、いいぞ古泉。そろそろイきそうだ」どぴゅっ

古泉「げほっげほっ」

古泉「何してくれるんですか!?」

キョン「まぁいいだろ?今度はお前を気持ちよくしてやるから」

そういって俺は古泉の堅くなった息子をしごく。

キョン「なんだかんだでここ、こんなに大きくなってんじゃないか」

何もいわないか・・・よし、乳首もいじってやろう

古泉「あっ・・・」

古泉のやつ、そろそろイきそうだな。よし。

古泉「え?・・・」

キョン「古泉、イきたいか?いかせてほしければいかせてくださいと言うんだ。」

古泉「そんなこといいませんよ!」

しごく作業を再開してみる。いきそうになったらとめてまた再開。んでいきそうになったらまたとめてをくりかえす。まぁ定番だな。何度か繰り返してやっと古泉が口を開いた。

古泉「・・・・ください」

キョン「ん?聞こえないな。もっとはっきり言え。」

古泉「いかせてください。」

キョン「ほら、いけよ」

どぴゅっ

キョン「おい、古泉。顔にかかったからなめろ。」

古泉「なん・・・だと・・・」

古泉「な、いつの間に・・・」

キョン「寝てる間にな撮らせてもらった」

古泉「仕方ありませんね」

ぺろぺろ

うん、なかなか舌の使い方がやらしいな。おかげでマイサンがビンビンだ。

キョン「古泉、もういいぞ。それよりもう我慢できない。入れるぞ。」

古泉「え?ちょ、やめ・・・アッー」

なかなか締まりがいいな。にしてもかわいいやつめ。キスしてやろう。

あとは脳内保管してください。