※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小ネタにある、セクハラ教師とハレンチ生徒の続きSS

 

古泉は何やら教室の不穏な空気を感じつつ教壇の横に立った。
今日は保健体育の授業なので、女子は女子、男子は男子で教室移動をしている。男子は理科室だった。
「よし、まぁ中学に大抵は習ったな。今回は避妊について勉強する。」
教室からヒューやらフォーやらの喚声が上がる。どうやら皆この異様な雰囲気に興奮状態らしい。
古泉は集中する視線にもぞもぞと体を動かした。早く席に戻りたい、目立ちたくない。
「静かに!大事なことなんだぞ!…ちなみに古泉、中学で習った事は覚えてるな?」
「はい。」
「じゃあどうやったら子供が出来るか言ってみろ。」
「…?」
これはおかしい、と古泉はさすがに眉を潜めた。一人の生徒を前に立たせてこの質問は。
見れば教室中がニヤニヤと笑いながら静まりかえっている。この優等生がどう答えるか見物、と言うわけだ。
先生も含め、どうやら教室中が興奮状態にあるらしい。
「女性の膣に射精し、精子が卵子に辿り着けばできます。」
出来るだけしれっと答える。
ヒュウ、と何人からか声が聞こえる。マズイ、煽ってしまったかもしれない。
そうだな、と先生が頷く。そしておもむろに指し棒を伸ばした。
「…?」
「じゃあどうやったら射精するのか、田中、説明しろ。」
その指し棒を古泉の立つ目の前の生徒に渡す。
「はーい!ここを、こーやって、」
「っ!…ちょっ…辞めてくださいっ。」
生徒は古泉の股間をズボンの上から指し棒で突き、さらにぐりぐりと回した。
「弄って気持ち良くなれば射精できまーす!」
「やめっ痛っ…!」
慌てて手で払い除ける。皆の視線が古泉の股間に集中した。
「そうだな。では本題に入るぞ、避妊と言うのは…」
古泉は困った。もう席に戻ってもいいだろうか?さっきから皆の視線が痛い。
「…っ?」
先生が後ろを向いて話している。黒板に何か書いている。
その間、先ほどの生徒が指し棒でまた攻撃してきた。
先でつつき、時には回すように股間を棒で弄ぶ。それを慌てて手で払い除ける。繰り返し。
「こらっ!何を遊んでるんだ!」
「先生、古泉がちょっと勃起しちゃったみたいです。」
後ろでニヤニヤして見ていた生徒が言った。
「あぁ?あ~まぁ、若いからな。当たり前だ。恥ずかしい事じゃないぞ古泉、むしろ健康だ。」
もう恥ずかしくてさすがにポーカーフェイスも保っていられない。
古泉が黙っていると、先生がまあいい、と呟いた。
「どれ、どんな感じだ?」
「…やっ!」
先生の手が後ろから股間に延ばされ、さわさわと撫でられる。
これはもう、さすがに犯罪だ。逃げなければ。しかし校内で問題は起こしたくない。
「やっ…やです…やめてくださ…っ!」
また前の生徒が指し棒でつついて来る。今度は乳首を探しているらしい。
教室中が異様な雰囲気に包まれた。生唾を飲み込み、黙ったまま古泉を凝視する。
古泉の小さな非難の声だけが響いた。
「皆に…射精とはどうするのかお手本を見せてもらおうか。」
先生も場の雰囲気にのまれていたのだろう。嫌がる古泉のベルトに手を掛ける。
「て、手伝ってやるよ。」興奮した生徒が横に来た。
「放して…や、やめて下さい…っ!」
「田中、山下、三田、手伝ってあげなさい。」
「はい!」
生徒達は皆から見えやすいよう、古泉を抱えあげて教壇の上に乗せた…