※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鍵の音がカチリ、と嫌に大きく響いた。それはこれから行われる行為の合図となる。
古泉は小さくため息をついた。それは音の無い生徒会室に響く。
「まだ飽きないのですか?」
「飽きる飽きないじゃない。ただの性欲の処理だ。」
「それほど不自由していらっしゃるのでしたら、機関からそういった女性を用意させますが?」
「それは何度も聞いている。だが今はお前が面白いんだよ。」
そうですか、と古泉は肩をすくめて笑った。
「ではお好きにどうぞ。」
生徒会長は黒いソファに足を組みながら座る。そのまま煙草の箱を取り出し、
さっと振って口に銜えた。古泉はその横に進み、会長の胸ポケットからライターを
さっと取り出すと流れるような動作で煙草に火を付ける。
「…ホストに向いてるぜ。」
「残念ながら、今のバイトを辞められないので。」
笑いながらライターを机の上に置いた。

会長と呼ばれる彼に、機関が申し出た事柄は多々ある。『生徒会長』を演じる代わりの報奨だ。
その中の一つに、「自分専用の女性」があった。もちろんプロの女性を用意するつもりだった。
しかし機関が用意する前に、彼は「こいつでいい、代用する。」と古泉を指定したのだ。
古泉は「酔狂ですよ、僕はプロの女性ほど長けていませんが。」と忠告したが、
「かまわん、処理ならどちらも一緒だ。」と一蹴された。

そして今日も、古泉は会長の前に跪く。
会長はソファーに浅く座ったまま、古泉はその足の間に正座をするように奉仕していた。
「ん…ぅ…」
硬くなった男のモノを口に含み、舌を這わす。
「そのまま、膝、開け。」
「…。」
言われたまま、正座の状態で膝を開いた。
男の足が、その股間に当てられる。
「…っう…。」
「靴を脱いでやったんだ…そう非難の目で見るなよ。」
靴下だけの大きな足が、古泉のズボンを上下する。
「んっ…はぅ…っ…ふ…」
「おい、しっかり咥えろ。」
「…ぐっぅぅ…!」
後頭部を掴まれ、ペニスがのど奥に突き立てられた。
そのままズボンの上を上下していた足が、形を作りだした古泉の中心をなぞる。
「サービスしてやってんだ、しっかり奉仕しろ。」
「んぅっ!…ふっ…」
足を強くおさえつけられ小刻みに振動を与えられると、無意識に膝が閉じそうになる。
どうしても舌に集中出来ず、上手くコントロール出来ない。

「…ちっ、何やってんだ。おい、顔上げろ。」
「…はっ…すみません…。」
中々上手く出来ない古泉に苛立った彼が、無理やり引き剥がした。
「見ろ、長時間かけるから萎えたじゃねぇか…しょうがねぇな。」
古泉は申し訳なさそうに、うつむく。
「とりあえず後で処理させてもらうとして…罰だ、お前後ろに手ぇ付いて足を広げろ。」
「…は…えと、ズボンのままですか?」
「面倒だからそのままでいい。」
古泉は言われた通り、両手を後ろにつき、膝を立ててM字に開脚した。
「あ、あの…?」
「足だけでイッてみせろよ。」
「あっ…!」
また股間に足をかけられ、小刻みに振動を与えられる。
「ぅあっ…はぁっ…ぁあっ…!」
「閉じるな、命令だ。」
自然と足が閉じようとするが、それを言葉だけでくい止められた。
古泉は喘ぎながら必死で足を広げる。
「いいぞ…腰が動いてやがる。エロいなお前。」
「はぁっ…あっ…!」
後ろについていた両手が崩れ落ち、古泉は背中を床に当てて仰向け状態になってしまった。
振動がさらにぐっと強くされる。
「ぃっ…あ゛ぁっ…やぁっ…!」
「丁度、いいっ、両手で、足、押さえとけ!」
涙を流しながら必死で両手を足首にかけ、足を開く。抵抗の言葉も、懇願の言葉もその口から出なかった。
ただ、その目は、何かを諦めたような悲しげな目で空中を見つめている。
「あっ…ぁあ…!」
びくびくっと背をしならせて、古泉は果てた。
「はっ…本当に足だけでイキやがった…お前、向いてるよ。」
それでも古泉は、ありがとう御座います、と小さくつぶやき、笑ったのだ。