※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

満員電車は好きでは無い。
特にこんな時期では、蒸し蒸しとしてクーラーなんてかかっていないに等しいし、
知らない人間と密着することに嫌悪感を抱いてしまう。
早く駅に着いてくれないものか…と窮屈に身体を縮めて耐えて居た時だ。
「っ…?!」
ぞわりとした感覚が、下半身から伝わってきた。
誰かに触られた?何故?誰が?
身動きのできないこの状態で、相手を特定することができない。
女子と間違えた…という事は無いだろう。身長は高い方だし、第一大抵の女子は
専用車両に乗り込んでいるだろうから、この車両に乗っているのは大半が男だ。
溜め息を吐きたくなる。
こんな柔らかみのない男の身体を触って、何が楽しいのか…
「ひっ…ぁっ?」後ろを一度撫で上げた手が、今度は前に回ってきた。
大きくてごつい、男の手。
それが自身をためらいも無く握ってきたのだ。
「ふぁ…っく」
制服の筈を握り絞めていた手を、急いで口に当てる。「んんっ…」
それでも洩れる声が憎らしくて、俯いて袖をキツく噛んで必死に押さえた。
男の手は容赦というものを知らない。痛みを伴う程の強さで扱いてくる。
思考がグルグルとして追いつかない、声を出して周りに気付かれないようにするのがやっとだ。
行動はエスカレートしていき、ジーッという音と共にファスナーが下ろされた。
真っ青になりながら、その音を聞く。
上から触られただけなら後は残らないが、こんな事したら、誰かに見られてしまう。
ガタガタと震えながらも口元の手を男の手に伸ばし、やめさせようとした、が。
「なっ…?!」
逆に捕らえられ、その手を後ろに回される。
そこにあったのは、布地の上からでも分かる熱く猛ったもの。
それを握らされて全身が硬直した。
もう片方の男の手は、ゆっくりとズボンの中へ侵入してきている。

電車がガタン、と大きく揺れた。
何とか体勢を維持している震える体に、男の熱い体が纏わりつくように張り付いた。
荒い息が、首筋にあたり、嫌悪感で吐き気がこみ上げる。
振り解きたいと思うけれど、それも適わない。
男の手は、下着の上からゆっくりと撫で回し続け、刺激に慣れていないそこを、
先ほどとは違ってやわやわと攻め立てている。
もう片方の手は、無理やり回された手の上から、熱い男のソレを強弱をつけて握らせてくる。
誰にも触られた事もないそこを刺激され、触った事もない、他人のソレを握らされて・・・
くくっ、という笑い声と吐き出された息が気持ち悪くて「ひっ」と短く悲鳴を上げてしまう。
「なぁお前、そんなお綺麗な顔して、もしかして初めてかぁ?」
低く耳に届いた声のその内容に、そんなの当たり前だと返してやりたい。

でも、周りに発覚する事が怖くて声を上げることもできない。
片手は拘束されていて、もう片方は鞄を持っている。
唇を噛む事でしか声を抑える事ができない今の状況で、これ以上何かをされてしまっては、
抑える事なんてできないだろう。
早く駅について欲しい。
そうすればこの手から逃れて、悪夢を、すぐに終らせる事ができるのに。

だが、世の中そう思い通りには行くわけも無い・・・
下着の割れ目からごつくて荒れた指が進入し、直接触れられた。

本当に、気持ちが悪いのに。身を捻ろうとすると指が動かされて思わず体が硬直する。
中で窮屈そうに動かしていた指先が、とうとう少しずつ先走りを零していた鈴口に
たどり着いてしまった。そこを直接擦られる感覚に、嫌悪感以外の何かを
感じてしまいそうになり、嫌々と小さく首を振るしかできない。

「ん?なんだ、まだ剥けてもいないのかよ・・・」
「い・・・嫌・・だぁっ」
声を出してはいけないと分かっているのに。押し殺そうとしても、殺しきれない。
そんなこと、個人差ではないか。自分でだってほとんどしたことがないのに、そんな・・・。
男の指にぐっと力が入った。

「綺麗な顔した兄ちゃん、俺が剥いてやろうか・・・?」

走る痛みに、状況に、涙腺までが弱まってきたのか目の前がじわりと滲んできた。