※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒはまるで子供がシーソーに跨るみたいな勢いで古泉の上に乗る。
「あっ、ひぃ、涼宮さんっ!ちょ、ちょっとあの…!」
「有希もみくるちゃんもしたんだからもう同じよ!ちなみに今日、私は安全日!」
そう言いながら古泉の上に腰を落としてくから、俺は動きを止めてそれを待ってやる。
「あ…っ、ん」
「す、すずみや、さ、…ひ、ぃ…!あ、あふぅ、ぁああ…!」
ハルヒが古泉のペニスを呑みこんでくのがこっちにも伝わる。中のとろけた肉が
ハルヒの腰の動きに連動してきゅうっと動くからだ。
ハルヒがすっかり腰を落とす。軽く揺するとぐちゅっ、という音が漏れてたまらん。
「あー…すっごい、きもち、いいわ、古泉君のっ…!」
「…ぁ、あ…ひ…ぁ…か、はっ…」

古泉は息も絶え絶えだ。
そりゃペニスはアソコに締め上げられて、尻には自分の持ってるのと
同じナニを突っ込まれているんだからな。
おまけに体のあちこちは朝比奈さんと長門に刺激されまくっているのだ。
俺はもう1度古泉の腰をしっかり掴むとペニスを軽く抜き差しして、前立腺を突き上げる。
「ひいいぃぃ、やぁ、こ、こんなぁ…!」
「キョン、それ、今の…、すっごく、イイ、中でビクビクしてるの…もいっかい、して!」
「それはいいがお前、楽しようとするな。自分でも動けよ」
「わかってる、わよ、っ」
もう1度軽く引き抜いて、カリの張った部分で狙った場所を突き上げる、
それから深く差し込んだままで腰を使う。
「ひゃあぁああ!あん、あひいっ、もう、もう、らめれすぅ…おかしくなっちゃう、
たすけてぇ…ひ、ひぃ、あひい!」
朝比奈さんと長門は古泉の悶えように時折手を止めて見入ってる。
「…あ、あん、やだ、これ、たまんない…!んんっ、あぁ!」
ハルヒも腰を揺らし出す。絞るように腰を浮かせたりねじ込むように捻りながら
腰を落としたり、深く座ったまま小刻みに揺らしたり。
その動きで古泉の中も軟体動物みたいに俺に絡み付いてくる。
やばいな。癖になりそうだ。そしてそろそろ我慢も限界だ。
「ひ、ひぃ、…ふ、ふぅ、ぁ、あ、んぁ、…ぅぅ…ひっく、ぅ、も、やぁ…」
古泉の喘ぎもだんだん力がなくなって殆んどすすり泣きみたいになってきているし、頃合か。
「あ、あっ、だめ、こんなの、よすぎ…!あたし、も、イきそ…!」
「ひっ、ぅあ!…だめ、また、またくる…、出る、…で、ちゃいますぅ…っ、く」
「ああ…いいわ、古泉君、中に、中にいっぱい出して…!」
ぬるぬるする腰をもう1度しっかり掴むと俺も最後に向けて動きを早めてガンガン突き上げる。
ハルヒごと古泉の体を揺さぶる。あー、マジで気持いい。たまらん。
「キョン、あっ、や、すご…!すごいっ…!も、だめっ、あ、っあ、あああああ!」
「あひぃ!や、こ、こわれちゃう…そ、そんな強くしない、でっ、らめ、ひぃっ!
た、たすけ、てぇ、も、いくぅ、いくぅうううう!」
「っ、くぅ…!」
ハルヒがイッて、それから俺と古泉が殆んど同時にイッた。

その後は運動部のシャワー室を拝借した。
多かれ少なかれ全員とろろ塗れだったからな。
いくら遅いとはいえ見回りの警備員が来たらどうしようかと一瞬思ったが、
そうだ、こっちには長門が居るのだ。それくらいどうとでもしてくれるだろう。
というか、今既にしているのかもしれんな。校内にはまるで人の気配が無い。
奥の一番広いシャワールームに5人で入り、皆で古泉の体を洗う。
古泉は俺にアナルの中の俺の精液ととろろを掻き出されて、また性懲りもなく前を硬くした。
お前敏感すぎるよ。それじゃ大変だろうに。
そこで長門がこれまたベテランソープ嬢も真っ青のフェラチオテクをかまして抜いてやった。
ハルヒと朝比奈さんが後学の為だろう、真剣に見学している。
ちなみに全員全裸だ。裸の付き合いだ。
もう今更恥ずかしがる意味も無くなってしまったからな。
来るところまで来たな、SOS団。

古泉はぐずって泣いている。
「っ、ひ、ひくっ、…み、皆さん、ひ、ひどいです…あ、あんなの…いじめです…!」
「ばっかねぇ古泉君!」
「違いますよぉ」
「その認識は間違い」
「皆お前が好きだから悪戯しちまうんだろ」
「そーよ!古泉君って何かもう可愛くって!」
「かわいいですぅ」
「可愛い」
「な、何をばかな事を…!」
「でも気持よかっただろう?」
そう突っ込むと首から上を真っ赤にしてる。そこが可愛いと言うんだ。

「また今度、趣向を変えて色々してみたいわね!」
「っ…!え、あ、その、それはっ!」

ハルヒが生き生きと言い放った言葉に反論しないのは、お前がハルヒのイエスマンだからじゃないだろ。
満更でもないからだよな?