※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さぁ今日はもう帰るわよ!ほら、バカキョンさっさと支度なさいっ!」
はいはい、解ってるよハルヒ。いちいち怒鳴るな。
ん、何だ古泉その目は。
「いえ、微笑ましいと思いまして」
微笑ましいだぁ?お前の考えは良く解らん。何ならお前もハルヒに怒鳴って貰え。
「え、良いんですか!?」
…何故そこで嬉しそうなんだ?
ええと、ハルヒ。古泉にも何か言ってやってくれないか?
「怒鳴られたいの?変わってるわねー。まぁいいわ、他でもない副団長の頼みだしね。
カス!クズ!ドジ!マヌケ!ダメ人間!ダメ人間!NEET!変態!キモイ!臭い!使えない!最低!!!」
おいおいすげぇなハルヒ…。
そこまで言われたら幾ら古泉でも……ああああ、なんか物凄い嬉しそうな笑顔ぉぉぉ!!!

「そんなものですか?涼宮さんの力はそんな程度ではないはずです。」
………力って……おい、お前はハルヒを何だと思っているんだ。
「ふふ……涼宮さんならやってくれると思ったまでですよ。」
「ぅぐ…こうなったら、有希!みくるちゃん!参戦しなさい!」
「…………」
「ふえぇぇぇ…私もですかぁ?」
「多少、暴力的なのも構いませんよ。」
(……こいつ真性かもしれんな。関わり合いたくない。)
「……くたばれ」
「ああぁ……長門さんそんな……」
嬉しそうな顔するな気色悪い!お前が好きだって女の子が見たら泣くぞ!?
「えぇと……えいっ。」
ああ、朝比奈さん何て可愛らしい。爪先で軽く古泉のスネを蹴る姿も愛らしい。
「もっと思い切りやってくれても──「せぃやああぁぁ!!」
「ぐあっ!!」
!!??あ、朝比奈さん!?さっきの可愛らしいお姿はどこへ!?
おお…さすがに古泉もうずくまったか。痛そうだな。大丈夫か?
「だ、大丈夫です。」
おいおいスゲェ嬉しそうな笑顔だな。引き攣ってるが。
無理に笑わなくてもいいんだぞ?
「いいえ…無理なんかしていませんよ……っ……」
「…ハッ!こんのくらいで蹲るとはだらしないね!」
あわわわわ…朝比奈さんが朝比奈さんでなくなっている…!?
そんなに蹴り上げたら、さすがの古泉も根をあげてしまいます。
「ああん!朝比奈さん、いえ、女王様ああぁぁ!もっと蹴ってくださいぃぃ!!」
「お望みどおりにしてあげるわ!このマゾヒストが!
ほら!これがいいのね?おらおら!」
ああぁあぁ朝比奈さん、それくらいにしてやってください。恐ろしいです。
「…ふぇっ!?…あ…私どうしちゃったんでしょう?」
ああ、いつもの朝比奈さんだ…。どうなることかと…。
「ごめんなさい。急に言葉にしがたい感情に襲われてしまって……恥ずかしいですぅ…。」
とにかく元に戻ってくれてよかったです。古泉ももう気が済んだ…うわぃ!?
「朝比奈さん………」
なんだなんだ、その恍惚とした表情は!?気持ち悪いにも程があるぞ!?
「堪りません…ゾクゾクします。」